自分の人生においては、誰もが主役です。あの日あの時の輝いていた自分、懸命にふんばっていた自分にスポットを当ててあげましょう。とびっきりの物語を自分の手で作り上げましょう。そのお手伝いをするのは私達です

プロジェクト本文

初めましてHaLuです。大学卒業後、コピーライター、映像ディレクター、木工作家、フリーペーパー編集長、そして現在のフリーライターと、クリエイティブ畑を歩いてきました。あ、途中、不動産屋と高齢者対象の通販のテレフォンオペレーターというのもありました、半年ずつですが。そんな私が今委託で受けている仕事は、葬儀社の会葬令状のライティングです。誰もが行く道辿る道・・・自分の足跡を振り返るためのお手伝いとなる仕事を立ち上げたいと決意しました。

自分史とは〜「あなたの人生の軌跡です」

自分史とは、簡単に言うと自分の人生の軌跡をまとめたもの。あなたが10代20代なら、生きてきた時間よりまだまだ残された時間の方が長いと思うことでしょう。人生の終焉があるとしても、遠い未来で現実味がないものかもしれません。

これまでも個人的に何度か「自分史」の制作という依頼をいただいたことがあります。ただいずれも「書くことが好きな方」からの依頼でしたので、ある程度ご自分で書かれたものを私が手直しする、という形だったのです。けれど「書けないけれど、自分の人生を振り返ってみたい」と思っている方、もしくは思っても「自分には無理」「頼むほどではない」「書いてもらったら高くつく」等の理由で諦めている方も多いはずなのです。

私が今やっている会葬令状とは、ご葬儀に参列した際の香典返しとしてお配りする品物と共に添えてあるハガキのことです。最初ご遺族のお話を伺って、その方オリジナルのものをお作りするわけですが、「自分史を作った」とか「途中まで挑戦してたけど未完成に終わった」という高齢で亡くなられた故人様のお話も結構聞くのです。ということであれば、料金的なもの、スキル的なもののハードルを下げることができたら需要は多いのでは・・・と考えました。それに今までやってきたライティングのスキル、取材スキルも活かせる、と言うことが大きな理由です。

※下は中面と表紙の作成例です。画像はいずれもサンプルとなります。




このプロジェクトで実現したいこと〜「生きてきた達成感を感じて欲しい!」

非婚率の増加、少子高齢化、バーチャルな人間関係、様々なハラスメント、老若男女問わずの引きこもり・・・。以前なら「ちょっと変わった人」「勉強は苦手な子供」で片付けられていた人にまで病名がつけられる現代。自分の価値を、一体どこに見出せばいいのでしょうか?戦争という異常な世界を体験した方々や高度成長期を支え日本を世界の一流国に押し上げたモーレツサラリーマン達・・・その歴史的な変遷の中で今のこの国の礎になった方達がいるのです。それは経験もしていない私達には想像もできない世界でしょう。そんな歴史の語り部も、年々少なくなっています。

そういう稀有な経験をくぐってきた方々に、生きてきた達成感を感じて欲しいのです。若い世代にとっても同じです。自分が生きる意味がわからない、生きる価値がないと思うことがあるなら、生きてきた軌跡を辿って欲しい。そこにはきっと、未来に繋がる何かがあるはずだから・・・。ちまたでは今、就活・終活それぞれにおいて「自分史」にスポットが当てられているのも、同じような理由でしょう。

興味をもつ誰もが気軽に取り組めるようなものにしたい!・・・ということで、テンプレートを作ってサクサクと完成できるものを考えました。




企画内容〜「選択肢は3つ、用途はいろいろ♫」

3種類のベーシックなコースを準備し、目的や好みによって選択できるようにします。

自分史書籍版・・・A5版。表紙込み36ページ。内容は、①世相と共に併記した「自分年表」、 ②思い出の写真、③あの頃(思い出のピックアップ) 等で構成予定。10冊でワンセット。

⑵自分年表A・・・⑴の年表部分に写真を足して、巻物仕立てとする。紙箱・桐箱を準備し贈答用にも対応できるようにする。

⑶自分年表B・・・自分年表の冊子版。⑴の自分年表の部分のみ12ページ程度で構成。5冊1セット。

用途としては、例えば子供たちから両親へのプレゼント、自分の半生の記録として、企業の福利厚生としての活用なども考えられます。加えて、よりパーソナルなプロフィール機能を持たせた⑶も企画。婚活・冠婚葬祭・成長の記録等の場面での活用が期待できます。いずれも、利用しやすい価格帯を考えています。 (※自費出版となります。書店での販売に関しましては、当方では関与いたしません。)




資金の使い道〜「ゼロからのスタートです」

広報のためのホームページ制作費、広告宣伝費、フライヤー等制作費、テンプレート制作費、機材費等等々必要なものはたくさんありますが、とにかくホームページだけあれば営業開始できますので、みなさん協力してください!m(_ _)m

ホームページ制作費            100,000円

管理費(年間)              240,000円

販促物制作費(パンフレット・フライヤー) 300,000円

テンプレート制作費(書籍タイプ)     100,000円

         巻物タイプ)     100,000円

         (冊子タイプ)      30,000円

機材費(レコーダー、インカム、電話機)  150,000円

    計               1,020,000円

                      100,000円

掲載等手数料、税他 機動費、通信費等   150,000円  

 



企業様へ〜「お願いがあります」

価格を抑える面でネックとなっているのが、「巻物の印刷代」です。もし、この試みが面白い、または社会貢献的観点でも興味を持てる、と思っていただき「安くで印刷できるよ」とか、「印刷はできないけれどバーターでお手伝いできるよ」という会社様がいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。WIN & WINでお付き合いできますよう、取り組ませていただきます。




リターンについて〜「ひとりでも多くのご協力お願いします」

       500円・・・心を込めたお礼メール

    1,000円 ・・・100文字プロフィール (20名様限定
        ※該当者にご連絡の上、掲載希望内容(経歴・職歴等)をお知らせいただきます。

    1,000円・・・心を込めた直筆お手紙

    3,000円  ・・・HPにて スペシャルサンクス  お名前掲載(ご使用希望のお名前をお知らせください)        
 5,000円 ・・・HPにお名前&コメント掲載「あなたの一番 の思い出教えてください(200字程度)」
        ※みんなが思い出を持ち寄るページを作成し、寄せられたものを掲載。
        (ご使用希望のお名前とコメントをお知らせください)

  10,000円・・・HPに広告掲載 (1✖️5㎝バナー、テキストのみ:半年)
  50,000円・・・ HPに広告掲載(サイドにスペース作成:半年 ※データ作成費別途)

 70,000円・・・自分年表(冊子タイプ・5冊)制作、HPにレビュー掲載
        ※出来上がりを見ていただき、その感想を「お客様の声」として掲載

120,000円・・・自分年表(巻物タイプ・1本)制作、HPにレビュー掲載(3名様限定)
        ※出来上がりを見ていただき、その感想を「お客様の声」として掲載

150,000円・・・自分史(リライトなし書籍タイプ・10冊制作、HPにレビュー掲載
        ※出来上がりを見ていただき、その感想を「お客様の声」として掲載

200,000円・・・自分史制作(リライト可書籍タイプ・10冊)(5名様限定
        ※出来上がりを見ていただき、その感想を「お客様の声」として掲載

300,000円・・・自分史制作(リライト可書籍タイプ・10冊)、
HPに広告掲載(サイドにスペース作成:半年 ※複雑なデザインはデータ作成費別途)(5名様限定

●HP掲載広告に関しましては、公序良俗に反するもの、反社会的勢力、アダルトサイトへの関連は
不可とします。掲載内容等につきましては、事前にご相談ください。

 ●掲載HPはプロジェクト実施後に作成、公開となっております。ご了承くださいませ。                                   

                                     


実施スケジュール〜「がんばります!できるところから着実に」

2020年4月末 HP、パンフレット等作成開始
         クラウドファンディング終了
       リターン発送(一部)

2020年6月  HP開設、営業開始

2020年7月  リターン発送(一部)

2020年8月  リターン発送(一部)

●支援者数によって、リターンのお届けが前後する場合もございます。ご了承くださいませ。





最後に〜「あなたの大事な人生のために」

人と比べる必要はありません。あなたの人生はあなたのもの。それをちゃんと実感して欲しいのです。特別な経歴をもつ人だけでなく、ごく普通の方にも生きてきた足跡を記して欲しいと思います。「こんなこともあったなあ」とその時を偲び、がんばった自分を褒めてあげられたら、その分笑顔が増えるはず・・・。甘いですか?でも自分を認めてあげられるのは自分です。殺伐とした世の中に、ひとつでも多くの笑顔の花が咲くことを願うのも、面白いと思っています。「そうだよね」と賛同くださるあなたはもちろん、「そこまで言うならやってみろよ」そう思うあなたも手を貸してくださいませんか? 日常の仕事がパソコンひとつで完結する・・・便利なことこの上なし、と思う反面、「つまんないな、やっぱ人だよね」と思っているHaLuです。人との関わりは面倒くさいけど、面白い。その面倒くさくって愛すべき人間の魅力を引き出すプロジェクトだと思っているのです。どうかみなさんの力を貸してください。




【募集方式】
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください