7月に迎えた保護猫2匹の内1匹が9月にFIPを発症してしまいました。現在効果があると言われている薬は日本未認証の高額なMUTIANという薬です。治療薬を輸入し、1ヶ月。もう1匹までFIPになってしまいました。どうか2匹を助ける応援を宜しくお願いいたします。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして。小幅(オバタ)と申します。今年の7月、主人と2人暮らしの我が家に、保護猫の黒猫姉妹ウニ子とネネを迎えました。日に日にお転婆ぶりを発揮し、いたずら盛りの2匹に笑の絶えない日々でした。

山深い土地で野良猫が産んだ子。

きっと病気知らずで強いはずと思って過ごしていました。

ところが9月、ウニ子の体調不良をきっかけに致死率99.9%と言われている伝染性腹膜炎FIPを知る事になります。

そして10月。ウニ子に続きネネまで発症してしまいました。

最後まで2人で頑張るつもりでしたが、2匹分の高額な治療費を工面する事が難しくなり勝手ながらご支援の呼びかけをさせて頂く事に致しました。



このプロジェクトで実現したいこと

FIPの名前すら聞いたことの無い私は主人と二人でSNSを頼りに、人生で初めてと言っても過言ではないほど調べました。

そして日本未認証薬「MUTIAN」を知ります。とても高額な上、扱う獣医師も少なく現在は輸入に頼るしかありません。

「MUTIAN」で寛解し効果が証明できたら、FIPの診断で絶望の淵に立たされている方の希望になると思います。

そして、日本で認証され誰でも安価で手にできるようになって「FIPは治る病」の実現の手助けをして行きたいと思います。


FIPは2つのタイプに分かれます。

腹水や胸水が肺を圧迫し呼吸困難などを起こし死に至るウェットタイプ。

ドライタイプは主に麻痺等の神経症状を起こしウェットタイプに比べやや慢性的ではありますがほとんどの場合ウェットタイプ同様致死的です。

ウニ子とネネはドライタイプです。

薬は100mgあたり1909円です。

神経症状が出ていたウニ子は通常の1.4倍量の投与が必要です。

現在は1日あたり

3.0kg×450mg(1日)=8590円。

早期発見できたネネは1倍の投与です。

2.9kg×300mg(1日)=5727円。

2匹合わせて1日14317円。

84日(12週)間、投薬をすることにより効果があるのが「MUTIAN」です。

今後体重増加により投薬量が増えることは間違いなく、試算では軽く100万円を超えてしまいます。


血液検査の画像です


↑投薬する前のウニ子の数値

低値、正常、高値で示されたデータ結果。健康体であれば多少の誤差はあっても中心の正常に収まります。

ウニ子は高値を示す項目がたくさんありました。

TP(タンパク)の値はとても重要です。

肝機能が悪い数値です。

↑投薬から2週間後

元気は戻りましたが、肝機能の改善が見られません。

↑投薬初めて6週間後

すべて真ん中のラインに収まりとても良い数値に改善されました。

更に詳しいタンパク分画という検査をすると。

院内検査の血液検査では正常値に戻りましたが、更にくわしく検査するタンパク分画という検査結果では

まだ数値が良くありません。

参考基準範囲よりオーバーしているものがいくつかあります。

投薬終了までには全てが良い数値になっているよう頑張って投薬していきます。

↑ネネのタンパク分画

ネネは早めに病気を見つけられ早期に投薬が開始できました。

基準範囲からはずれています。

次のタンパク分画では良い数値に戻っていてほしいです。



プロジェクトをやろうと思った理由

FIPと診断され助けたいと思う気持ちは誰もが同じだと思います。ですが、立ちはだかるのは費用の問題。大多数の方が涙を飲んで諦めているはずです。

私は藁にもすがる思いで「MUTIAN」を取り寄せました。

高額な医療費にも腹をくくったつもりです。

ですが、2匹同時に発症するとは考えておらず途方に暮れてしまいました。

そこで恥ずかしながら、2匹目のネネの投薬分はご支援を呼びかけさせて頂こうと思い立ちました。




資金の使い道

ご協力いただきました全額をウニ子、ネネの投薬、治療に充てさせて頂きます。



リターンについて

ご協力いただけた方には感謝の気持ちを込めてお礼のメッセージ、ウニ子とネネのポストカード、一筆箋、卓上カレンダーなどを考えております。 資金の使い道、かかった費用などの活動報告を致します。



最後に

SNSを通してFIPで大切な家族である猫を亡くされた方をたくさん知りました。又、「MUTIAN」を使えても経済的に追い詰められている方もたくさんいらっしゃいます。FIPの診断は暗闇に突き落とされる思いです。

「MUTIAN」の効果が実証され一日も早く日本で認可される事を願います。

ウニ子とネネは必ず寛解させます!

そして希望あふれる発信を続けていきたいと思っています。

ありがとうございました。

<All-in方式の場合>


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2019/12/07 00:00

    9月30日 178481円10月25日 179421円11月1日 35616円11月7日 181950円11月26日 272425円(現在トータル) 847893円上画像PayPal下画像クレジット明細

  • 2019/12/05 01:30

    活動報告として今までの検査などにかかりました領収書を載せていこうと思います。画像が見づらく申し訳ありません。↑9月4日前後してしまい申し訳ありません。この時は高熱があり、注射をしてもらいました。この時から熱が下がらず、10日後FIP診断が下りました。↑9月5日 次の日も様子が見たいとの事で病院...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください