イジメ、不登校、体罰など学校教育はたくさんの問題を抱えています。今の学校教育に足りないものは「個性」「創造性」「コミュニケーション能力」の育成です。海外留学に出て日本の学校教育では学べないものを子どもたちに提供したいです。 好奇心や夢を抱いて日本社会を生き抜いてほしいです。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

 こんにちは。今回のプロジェクトの代表の伊藤です。日本の社会問題を解決するために様々なことにチャレンジをしています。「日本教育の改革」「教師の育成」「児童生徒への平等な環境」をテーマに学校教育では行えない学びを子どもたちに提供したいと思っています。

 子どもたちには海外に出ることで「好奇心」「多様な価値観」「生きがい」を見つけて、自分の新しい可能性を見つけて欲しいです。

このプロジェクトで実現したいこと

 皆さまから集めた資金を元に選考によって選ばれた11歳〜17歳の子どもに以下のプログラムを体験する機会を提供いたします。

 子どもたちには1週間オーストラリアのケアンズに短期留学をしていただきます。滞在中はホームステイ。7日間、学校での語学研修と様々なアクティビティに参加。英語を学びながら、外国の文化を知り、様々な人と触れ合いながら多様な価値観やコミュニケーションを学べます。

プロジェクトをやろうと思った理由

 僕は以前、日本の小学校の教師を行っていましたが、現代社会と学校の教育方針にズレがあり、その煽りを受けているのが子どもたちだと気づきました。子どもを救うためには学校や教師たちが意識を変えていかなくてはいけないと感じ、教員を退職し、現在はオーストラリアでグルーバルな教師を育成して日本へ送り返しています。

 海外で学ぶ教師たちはオーストラリアでの生活をしていく上で、教師に必要な「多様な価値観」「コミュニケーション能力」「英語力」を学ばさせていただいています。その教師たちが皆思うことは、これこそ今の子どもたちに「必要な環境」であり「学んで欲しい力」だということです。

 そこで現代の子どもたちに「時間と環境」を提供できたら良いと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

 「生きがい」や「目標」がなく、学校教育を過ごしている子どもたちがたくさんいると思います。イジメ、不登校、体罰、などの問題が騒がれている中、教師の改革も必要ですが、それに伴い今の子どもたちも学びの意識を変えていかなければいけないと感じております。

 僕たち大人が環境を与えてあげるだけで、子どもたちは自ら学び、グングンと成長していきます。そのきっかけを少しでも子どもたちに与えることで少しずつ日本の社会問題も解決していくと信じています。

これまでの活動

 日本教育の抜本的改革のために、多様な価値観を持つ教師や保育士の育成、グルーバルで活躍できる児童生徒の育成をメインに活動をしてきました。日本国内では、学生の進路相談、不登校児童生徒からの相談や保護者への教育相談も無料で行っています。就職や転職のアドバイスやサポートもしています。

 オーストラリア国内では、子どもたちに日本語教育を中心に学習支援をしてきました。保育士や教師を目指す留学生をスタッフとして起用し、子どもも大人も互いに学び合う環境を作っています。

 

資金の使い道

渡航費往復8万円

ジュニアプログラム費15万円

海外保険代1万5千円

ジュニアプログラム開催に伴うサポート人件費5000円(ビザ申請、航空券、保険などの手続き)

1人25万・集まった支援金額で賄える人数の子どもたちに留学していただきます。(目標10人)

集まった資金は全額子どもたちへプログラムで還元します。

支援金額が25万円以下の場合は、ジュニアプログラムに参加する方に全額寄付をして、プログラム費用の一部に利用していただきます。

リターンについて

・3千円/お礼のメール

・5千円/お礼のメール

・1万円/お礼のメール、7日間の活動報告書をメールにてご報告

・3万円/お礼のメール、7日間の活動報告書をメールにてご報告、ジュニアプログラム活動中の写真アルバムを動画編集してメールにて提供 

・5万円/お礼のメール、7日間の活動報告書をメールにてご報告、ジュニアプログラム活動中の写真アルバムを動画編集してメールにて提供 、ジュニアプログラム参加者からのお礼の手紙

・10万円/お礼のメール、7日間の活動報告書をメールにてご報告、ジュニアプログラム活動中の写真アルバムを動画編集してメールにて提供 、ジュニアプログラム参加者からのお礼の手紙、活動報告動画にての名前の掲載(小、文字サイズ10pt)

・30万円/お礼のメール、7日間の活動報告書をメールにてご報告、ジュニアプログラム活動中の写真アルバムを動画編集してメールにて提供 、ジュニアプログラム参加者からのお礼の手紙、活動報告動画にての名前の掲載(中、文字サイズ20pt)

50万円/お礼のメール、7日間の活動報告書をメールにてご報告、ジュニアプログラム活動中の写真アルバムを動画編集してメールにて提供 、参加者からのお礼の手紙、ジュニアプログラム活動報告動画にての名前の掲載(大、文字サイズ40pt)

※どのリターンについても匿名希望やお礼のメールのみを希望できます。


実施スケジュール

【プログラム内容】(1週間)3月28日、7月20日、7月27日、8月3日、8月24日

1日目/オーストラリア到着、ウェルカムセレモニー、ホームステイ先へ滞在

2日目/語学学校で英語学習(午前)、ウォーキングツアー、(午後)

3日目/語学学校で英語学習(午前)、クロコダイルファーム、ケアンズ散策ショッピング乗馬体験、ボタニックガーデン散策(午後)

4日目/『世界遺産グレートバリアリーフ・グリーン島満喫』(終日)

5日目/語学学校で英語学習(午前)、スイミング、公園散策(午後)

6日目/キュランダ鉄道、アボリジニ文化ツアー、動物園(終日)

7日目/オーストラリア出発


最後に

 このプロジェクトを通して子どもたちに伝えたいことは1つ

「人生って楽しいよ」ということです。

それを伝えるのは僕でもあり、この記事をみている支援者でもあります。環境と時間を提供して、たくさんの子どもたちに生きる楽しさを感じ取ってもらいたいです。

見たこともない景色から得られる「好奇心」

触れ合うことのなかった海外の人々から得られる「多様な価値観」

日本を飛び出して学ぶ「コミュニケーション能力」

この3点を現代の子どもたちに与えてあげたいです。


子どもたちの明るい未来のために!!!皆様のご理解とご協力が必要です。

応援とご支援よろしくお願いします。


【受け入れ学校】

Sun Pacific college 


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください