レギュラーツアー時代に果たせなかった夢を叶えるため、ゴルフショップと室内練習場を作り、苦手なアプローチをカバーしてくれるGuardianウェッジを一人でも多くの人に広めながら、あと2年でシニアツアーに行く準備をしたく、宮城県仙台市内での室内練習場とショップ設立資金を皆様ご支援宜しくお願い致します!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

皆様こんにちは~このプロジェクトをご覧いただきありがとうございます!

日本プロゴルフ協会 トーナメントプレーヤー会員  小川拓哉と申します。

1971年11月生まれ 現在48歳 後2年でシニアツアーに参戦できる年齢になります


このプロジェクトで挑戦したいこと

私(小川拓哉)日本プロゴルフ協会 トーナメントプレーヤー会員 はアプローチが苦手で、アプローチが得意な妹の 日本女子プロゴルフ協会 会員小川あい と一緒に考案したウエッジ広めたい

20年以上アプローチに悩み、何度も何度もテストを重ね、開発した Guardian(守護神)ウェッジ

アプローチ、バンカーショットが苦手な人達に使ってもらいたい!!

私、失敗しないのでと言えるまでのウエッジに仕上がりました。特徴は通常よりヘッドが重く、女性でも非力な方でも砂や芝生にも負けない!地面にも刺さりにくいリーディングエッジ、抜けのいいソール形状!長さも日本人に合わせて作りました。アプローチに不安がある方は是非使ってみて下さい!!

アプローチ、バンカーの達人になれます!

僕自身は、シニアツアーまであと二年!妹はあと1年でレジェンズツアーに参戦できる年齢になります。

それまでの期間中に、体の準備と参戦するための資金を貯めたい!

シニアの年間試合数 約26試合 1試合にかかる費用は約300,000円 

年間約7,800,000の費用が必要となります!皆さんご支援お願いします m(__)m



私がこのスポーツを始めたきっかけ

親がゴルフ練習場を経営していたた為に、妹と二人でゴルフを始め

お蔭様で兄妹ともに日本プロゴルフ、日本女子プロゴルフのテスト合格と入会しました。


これまでの歩み・軌跡

1991年、当時最年少でプロテスト合格・日本プロゴルフ協会入会

日本プロゴルフレギュラーツアー に 5シーズン参戦、最高順位8位タイ

日本ゴルフ下部ツアー     チャレンジツアー 1勝

後援競技              NGAオープン     1勝 


妹は1996年プロテスト合格・2006年にはベスト10入り3回、シード権獲得


資金の使い道・実施スケジュール

集まった資金はGuardianウェッジ開発費と

2020年4.5月頃openに向けての、室内ゴルフ練習場設立の為に使用させて頂きます。


リターンのご紹介

50,000円以上の支援をして頂ける方には

小川拓哉、小川あいが考案した

アプローチ私、失敗しないので!と言えるような Guardian(守護神)ウェッジをお届け致します。


最後に

兄妹ともに、レギュラーツアーでは果たせなかった公式戦「ツアー優勝」の夢を叶えたい!!

絶対シニアツアーに出て優勝するぞ!


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

プロジェクト内で使用写真は全て許可を得ております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください