福岡県うきは市吉井町に暮らす猫ちゃんたちの避難去勢の手術費やフード費に力を貸してください。現在、多数の自治体が地域猫のための助成金を出しています。しかし、うきは市では市からの助成金がまだなく、数多くの猫ちゃんたちを救うには個人の負担が大きくなってきました。少しでも不幸になる猫ちゃんたちを減らしたい!

プロジェクト本文

《ご挨拶》

初めまして!

福岡県うきは市在住の女子大学生(22歳)です。

猫ちゃんたちの保護活動やサポートに関心があり、調査していたところクラウドファンディングを知りました。

初めてのクラウドファンディングですので、分からないことだらけですが、何か力になりたいと試みてみました😀


《このプロジェクトで実現したいこと》

うきは市で暮らす猫ちゃんたちが少しでも穏やかに幸せな毎日を過ごすことができるようにサポートしたいです。

まずは、過酷な環境でもご飯が食べられるようにすること。そして避妊去勢手術をすることで病気になるリスクを減らし、ストレスからも解放してあげたいです。

最終的な目標はリリースではなく、猫ちゃんを幸せにしてあげられる飼い主さんとのマッチングとしています。

大きな団体などではなく個人ですので、どこまでマッチングや譲渡に関する広報活動が出来るかまだ分かりません。ただ、自分が最大限できる限り精一杯頑張りたいと思っています。

★苦しむ猫ちゃんたちを増やさないために、活動に取り組んでいきます★


《私の住む地域の紹介》

福岡県うきは市は、福岡県の南部、筑後地方に位置しているところです。自然が多く、川や山に挟まれており比較的穏やかな地域です。

ただ、近年この地域でも高齢化が進み、人口減少にも悩まされています。高齢者がかなり多い地域だと思います。


《プロジェクトを立ち上げた背景》

きっかけは、市役所を訪れた際に福岡県のチラシを見つけたことです。

※福岡県HPより 
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/communally-owned-cat.html

元々、動物が大好きで、野良猫ちゃんたちも自分と暮らす猫たちと同じくらい可愛がっていたので、このチラシを見て嬉しくなりました。

中身は猫たちとの共生に関して記されたものです。最近では自治体が野良猫ちゃんたちのための助成金を出すところも増えています。

うきは市ではまだ助成金がないので、気になり尋ねてみたところ『自治体ごとで違いますもんね〜』と返答されました。

自治体ごとで猫や動物との共生への意識は異なります。隣の久留米市や朝倉市では助成金がでるのに、私の住む場所ではでないことに違和感を覚えました。

財政面を考えれば、確かに動物に対して優先できる政策は作れないのかもしれません。それでも私は沢山の野良猫たちを見てきました。救ってあげたいです。


★避妊去勢手術のメリット

〈オス〉

・ケンカによる怪我の防止

・スプレーやマーキングの抑制

・性感染症など病気の予防

・尿の匂いの原因

〈メス〉

・発情がなくなり、鳴き声を抑制

・妊娠、出産の身体的ストレスから解放

・性感染症など病気の予防


《これまでの活動》

見かけた猫ちゃんたちの保護やご飯をあげるなど小さな事ですが取り組んでいます。

初めての保護は、最寄りの駅で見つけた女の子のきい(key)ちゃんです。

駐輪場で見つけたところ、鳴いてついてきました。とても人慣れしていたのでびっくりしました。私には撫でるなど可愛がるだけが精一杯でしたが、次の日も見かけて放っておけず家族との相談の上保護することに決めました。

初めはなかなか触らせてくれませんでした(^_^;)

かなりガッツリめの鍵尻尾🔑だったので、きいちゃん(key)と名付けました。体重はものすごく軽く、小さかったのでまだ若いかと思っていたのですが、避妊の手術に連れて行くと10歳いってるかいってないか...と言われ驚いたことを覚えています。

もしかしたら家猫だったかもしれない、そして捨てられたのかも。家族ともそう話して悲しくなりました。私は野良猫ちゃんになってしまったかもしれない、こんな子たちのためにも活動したいです!


家猫らしくなりました⭐︎



舐めハゲが酷かったので、母の手作りエリザベスとお友達から頂いた手作りお洋服です⭐︎


ある日小さな子猫を見つけ、さすがに小さすぎたのと明らかに母猫と逸れたようだったのでうちへ迎え入れたはるちゃん。4月に保護したのではるちゃんと名付けました。

室外機の横にひょっこり!

すっかりうちにも馴染んでくれました。瞳の色が水色でシャムっぽいのと小さな鳴き声が特徴的です。

可愛い首かしげ...♡


1番直近の話ですと、数ヶ月前にお尻に大きな傷(穴?)のある黒猫ちゃんを発見。かなり膿んでいて痛そうでした。もともと夜に叫び声が聞こえることが多く、慌てて見に行くとこの子が逃げて行く姿を目にしてました。

ある日こんな姿でうちへ来ました。

お尻のけが。

脚のけが。

いてもたってもいられなくなり、即保護。母が病院へ連れて行き治療していただきました。猫好きの方ならご存知とは思いますが、後ろを怪我する子は喧嘩に負けている子たちです。

去勢してないことによるテリトリー争いは非常に過酷なものになります。一旦テリトリーから離れた子たちは、2度と戻って来れない可能性があります。

こんな風に怪我を負い、縄張り争いに苦しむ子たちを救うサポートがしたいと強く思うきっかけにもなりました。

三兄弟の次男だと家族で予想していたことで、名付けたジナン 君です。

傷も完治しました⭐︎ですがとても怖がりで些細な音にもびくつきます(・・;)

《資金の使い道・実施スケジュール》

まずは、避妊去勢代に使わせて頂きたいと考えています。

ご飯代はできる限り自分で出していきます。



↓以下、私の自宅周辺に暮らす子たちの写真です。まずはこの子たちのために使いたいです。


鏡ではありません(笑)外にいるのはさばいちくんです。

ちび子ちゃんとフィリックス君。

ブッチ君。

さばいち君と黒ちゃんとブッチ君。


かつら君。

かつら君とジナン 君とちび子ちゃんとカワちゃん。フィリックス君。

newフェイス!どことなくはるちゃんに似ています...newフェイス!かなり小さいです...

《リターンについて》

お礼のメッセージとさせて頂きます。

活動実施後に証明としての写真を送らせて頂きたいです。宜しくお願い致します。


《最後に》

まだ分からないことも多いのですが、決めた計画が少しでも前進するよう応援とご協力お願い致します。

皆様の温かいサポートをお待ちしております。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください