東京在住の福井県大野市出身者を中心に活動する東京912は、かつて大野を巣立ったことがある大野人として、この春大野を巣立つ若者を応援したいと考えています。メッセージは、3月下旬の越美北線に掲出するポスターを通して、大野を巣立つ若者たちが、大野を巣立つその瞬間に届けられます。

プロジェクト本文

東京に住み働く福井県大野市出身者の集まり「東京912」と申します。

小さくも強い「大野」という共通点を活そうと、これまで約2年間活動しています。その活動を通し、かつて大野を巣立った同じ大野人として、これから大野を巣立つ若者にできることはないだろうかと考え、このプロジェクトを企画しました。

このプロジェクトで実現したいこと

長い時間を過ごした大野を離れるその瞬間、越美北線の車内、晴れ晴れしくもどこか不安で、期待に胸を膨らませながらもドキドキが止まらないだろう彼らに、かつて彼らと同じように大野を出た大野人として、ポスターをつくり、越美北線車内(越前大野駅も含む)に掲出し、応援メッセージを贈りたいと考えています。

そして、大野を巣立った後も、彼らや私たちそれぞれが、心地よい距離感で「大野」とつながっていられるきっかけを作りたいと思っています。

上記画像は、制作途中のイメージです。メッセージ、写真、レイアウトなど大きく変更される可能性があります。

--
この春、
大野を巣立つ
君へ。

君たちは井の中の蛙。
大野を後にしたら、一心不乱に仕事して、寝る間を惜しんで勉強して、
クタクタになるまで遊んで、心が張り裂けるような恋をしたり。
じかにいろいろなものに触れるような体験を、たくさんしてください。

きっと、緊張するし、落ち込むし、後悔もあるね、(あったあった)
納得できない怒りとか、どうにもならない寂しさとか、笑い飛ばして、
そんないろいろのことをドキドキしながら全身で楽しんでください。

こんがらがったら、ちょっと大野へ帰るのもいいと思う。
越美北線に乗って大野へどんどん近づいて行くと、
自分の濃度が濃くなるような気がするから。(個人差ありますが)
きっと自分が何者で、何で出来ているのか?を感じるから。(個人差ありますが)
そうやってたまに大野をチャージするのもいいと思う。

冬にカラリと晴れ渡る空をみて、冬らしくなってきたなーなどと
大野人らしくないことを思うようになった頃
それでも、その冬の朝の冷えた空気にふと、雪の匂いを感じたら
やっぱり君たちは井の中の蛙。私と同じ井の中の蛙。

一足先に東京に巣立った先輩蛙より。

--

ポスターは、核となる「この春、大野を巣立つ君へ。」のメッセージパート、クラウドファンディング支援者名が掲載されるパート、かつて大野を巣立った先輩のストーリーを伝える「井の中の蛙 上京物語」パート、の3要素で構成されます。資金調達状況によって、掲出可能なパターン数が増えた場合は、「井の中の蛙 上京物語」パートは、複数パターンを作成する予定です。


資金の使い道と実施スケジュール

資金は、メッセージポスターの掲出費用(越美北線や越前大野駅等のポスター掲出枠費用)、印刷費用、制作費用に使用します。それら費用に使用した上での余剰分は、今後の東京912の活動に使用させていだきます。また、目標金額を大きく超えた場合は、掲出の様子などをおさめた映像の制作を行う予定です。

<基本分>
掲出費用:3,600円〜100,000円(掲出タイプ数、掲出場所により変動)
印刷費用:6,000円〜120,000円(印刷数、印刷サイズにより変動)
制作費用:0円〜

<追加分(目標金額を大きく超えた場合に実施検討)>
映像制作費:100,000円

※ 目標金額に達成しない場合でも、最低限、1タイプ程度の掲出を実施する予定です。

2020年2月17日:クラウドファンディング締め切り
2020年2月中:ポスター制作
2020年3月23日〜29日:ポスター掲出
2020年4月以降:リターン実施


リターンについて

以下の3つのパターンをご用意しています。

【ウェブ上 お名前掲載パターン】
・ウェブサイト(note)に、支援者としてお名前を掲載
・実施報告書(noteでの報告。サンクスメールにURLを添付)
・サンクスメール

【ポスターにお名前掲載パターン】
・ポスターに、支援者としてお名前を掲載
・ウェブサイト(note)に、支援者としてお名前を掲載
・実施報告書(noteでの報告。サンクスメールにURLを添付)
・サンクスメール
※ ポスター実物は付属していません。

【井の中の蛙上京物語 出演 パターン】
・ご自身の上京時を振り返っていただく写真付きポスターの掲出
・個別でのインタビュー、写真撮影の実施
・インタビューからメッセージの作成(100-150字程度)
・ご自身の出演されたポスター1枚(それ以外のポスターは含みません)
・ポスターへの支援者としてのお名前掲載
・実施報告書
・サンクスメール
*取材日程:2020年2月中旬頃予定(スタッフとの日程調整をさせてください)
*取材場所:関東エリア、福井県内(それ以外の地域の場合は、ご相談ください)

※ オンラインでの取材は、写真素材のクオリティ担保の関係上お断りいたします。
※ お申込み後、プロジェクト運営担当の東京912より、メールにてご連絡差し上げます。
※ クラウドファンディング経由以外でご支援・ご協力いただいた方々の「井の中の蛙 上京物語」も同様に掲載されます。

以上です。

サンクスメールは、ポスター掲出実施後、ご登録のメールアドレスにお送りする、支援への感謝をお伝えするかんたんなメールです。

実施報告書は、東京912の運営するnote上に、実施結果についての詳細を報告する記事です。掲出の様子、反響などをご報告する予定です。


これまでの活動

東京912は、2018年以来、「東京に住む大野人のしあわせ実現をサポートするプラットフォーム」として、大野人の特技、知見をつなげてやりたことが実現できる(かもしれない)集まりを目指し、活動しています。

これまでに、東京や大野での交流イベントを複数回開催してきました。その中には、東京と大野を中継でつないだ同時開催イベントや、大野を巣立った人達がもっとも大野に集まるタイミングで開催される忘年会0次会などが、あります。

また、大野を巣立った人たちが、その後、どのようなことを考え、悩み、歓び、生活しているかを取材するインタビューシリーズ「大野人in東京」をはじめています。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください