なぜパンツは巻き上がり、一々整えなければならないのか。その原因は縫い目と生地にあります。oddnormalのシンプルパンツは縫い目がなく、超極細の軽い生地を使用して自然に肌にフィットします。さらに裾に特殊なテープ加工で、巻き上がりません。まるで履いていないかのような最高の快適さをお届けします。

プロジェクト本文


oddnormalは、男性の欠乏に集中します。
彼らが感じる欠乏の瞬間をキャッチし、
より良くなれる方法を提示していきます。

もしかしたら、男性の人生をより良くすること。

それが私たちの目標です。



男なら知ってること_
男性の共感
ㅇㅇㅇㅇ
男なら誰もが共感するシーン


下着が巻き上がって、歩度に邪魔になったり、

または汗をかいて気持ち悪くて気になったことありませんか?
不便だった経験は誰もが一度はあったはずです。
それでもなぜ男性は下着にあまり関心を持たないのでしょうか。

あまりにも日常的なことだったから?
仕方ないことだと思ったから?

下着が巻き上がって、歩く度に擦れたり、蒸し暑い不快感を
私たちはなぜ今まで我慢してきたのでしょうか。


そこで考えました。


下着に対する不快感が消えたら、
日常が変わり、生活の質が高くなるのではないか。

それで、私たちoddnormal
みんなの不便に関心を持って
「良い下着を作ることにしました。



生地が厚くて不便なことって思ったより気になりますよね。
喚起もできないから汗をかいても余計に不快感を感じやすいし、圧迫される気もします。
どうしたら解決できるでしょうか。

答えは素材と、素材の薄さと軽量化にあります。

だからoddnormalはナイロンマイクロファイバーやフルダル生地を使用し、
触り心地はシルクに近く、汗をかいても綿に比べてすごく乾くスピードが早いです。
重量も軽くて、フルダル生地特有のクールさも持っているため、快適さを保つことができます。

▲国家技術標準院告示の家庭用繊維製品分野の試験で合格認定書



また、oddnormalの生地は、韓国の国家技術標準院告示の第2017-0033号、
プロバイダの適合性確認の基準付属書1の家庭用繊維製品の試験で合格しました。
アリールアミン含有量、ホルムアルデヒド含有量、アレルギー性染料含有量、pH、全4つの種目から合格した安定性の高い繊維の生地を使用して作りました。




▲自然な太もものライン


下着が不便な理由は、ズボンの中で巻き上がるからです。
普通の下着は太もものラインから下着が固定力がないため、椅子に座ったり立ったりする、ごく日常的な動作にも下着が簡単に巻き上がってしまいます。

oddnormalは、太もも生地の部分がウェルディングテープで加工されています。

ウェルディングテープは、下着の生地と同じ素材を使用し、より伸縮性があって、自然な太もものラインを作ってくれます。




今、自分が着ている下着、持っている下着の内側を見てみましょう。

前側の縫い目
太ももの部分
後側の太ももの部分

サイド側縫い目ライン











*ラインアップのリターン価格には関税(13%)+消費税(10%)+海外配送料が含まれております。


/

私たちが追求すること_

oddnormaは普通なことと普通でないことについてお話ししようと思います



FAQ_
1. 無縫製工法とは?

無縫製工法は通称「ウルトラソニック」方式と呼ばれる技術です。超音波を用いて生地をカットし、その同時に接着をして仕上げにウェルディングテープを重ねます。それで切断面が見えません。また縫い目がないため、自然に体形にフィットし、伸縮性も最大化しました。

2. 韓国で生産された製品ですか。

はい。韓国国内の関連企業と連携し、作られた製品です。

3. 選べる構成はセットのみですか。

はい。現時点ではセットのみで提供しております。プロジェクトが無事終了し、今後単品も提供できる思いますので今後ともよろしくお願いいたします。


4. 普通の下着でもあまり不便さを感じません。あえて無縫製の下着を選ぶ必要があるのでしょうか。

もちろん、あえて無縫製の下着を選ぶ必要はないのかもしれません。ですが、人々は日々下着とともに日常を過ごしています。下着は一生で2万回ほど脱ぎ着すると言われています。ただの下着かもしれませんが、動くたび頻繁に肌を刺激したり、巻き上がるなどの些細なことに感心を持つことでその一生がより良いものとなっていくと信じています。


5. 洗濯方法は?

ぬるめのお湯で手洗いの洗濯を推奨いたします。ですが、毎日手洗いの洗濯は容易ではないです。

より長くoddnormalと日常を過ごすためには、ネットを使用して下着類をわけて洗濯してください。また、高温での洗濯や乾燥はお控えてください。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください