近江八幡に新たな拠点

2021年春、ヴォーリズ建築『旧パーミリー邸』がCafe&Barに リノベーション!

約2年に及ぶ物件探しからデザイン、設計。。。

築100年という古民家に対する土地+建物+改装工事費を含めた多額の融資の手続きに四苦八苦しながらもやっとの事で稼働する時期がきました!

 【地元に気軽に集まれるCafe&Barを、観光客には出会いが生まれる旅の拠点】

こんなスポットになって欲しいと願いを込めヴォーリズ建築再生に挑戦します!




【はじめに ご挨拶】

初めまして、建築デザイナーをしている 田中 涼 です。

昭和59年6月、長男として生まれ、建築専門学校を卒業後、大学へ。

卒業してからは建築に携わる仕事を地元で13年。

※ヴォーリズさんと記念撮影

店舗デザイン、住宅設計を含め100件を超えるプロジェクトを参画。

就職してからは様々な建築物を見たいという思いの中、世界遺産巡りなど20の国を訪れました

将来は独立したいという思いの中、数年前から土地を探しておりました。

そんな中、漸く隣町である近江八幡市で憧れのヴォーリズ建築であるパーリミー邸と巡合い、2019年冬に土地の契約をさせて頂きました。



皆さんはヴォーリズ建築をご存知でしょうか?

ヴォーリズって?


ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories)

1880年、アメリカ合衆国に生まれ、24歳で滋賀県立商業学校の英語教師として来日。

その後、近江八幡に定住し、日本の気候風土や生活に合わせた機能的かつ豊かなデザインと人が和む空間を有した建築を多く生み出した。

代表建築物としては、アニメ「けいおん」の私立桜が丘女子高等学校のモデルとなった滋賀県の旧豊郷小学校や、兵庫県の関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス等があり、手がけた建築物は住宅から学校、教会、デパートメントやホテル、オフィスまで幅広く、その数は戦前だけで1500件を数えました。

建築家でありながら、キリスト教の伝道や社会事業を展開し、ヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)を創立。メンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家でもあり、1941年に日本国籍を取得し、1958年に近江八幡市名誉市民第1号に選ばれました。


来日から 100 年以上が経過し、ヴォーリズ建築は高い評価を得ている一方で、多くの建物 が修復・補修の時期となっていることから、所有者は取り壊しの問題に直面 していることも事実です。

近江八幡には学校や教会、公共建築など身近な近代建築であるからこそ、市民にとってヴォーリズ建築への愛着は深く、関心もとても高いといえます。まさに地域遺産ともいえるヴォーリズ建築のこれからの方向性が求められているところです。

 そこで、ヴォーリズ建築に親しむ人々や観光客が相互に交流をはかり、課題を共有することによってヴォーリズ建築の文化的価値への理解を深めることが後世に継承する事に繫がるのではないでしょうか。。。



【近江八幡ってこんなところ】

 SNSなどで情報が広がり、訪日客が大阪・京都などから近江八幡市にも次第に足を延ばすようになってきており歴史的観光地「八幡山城 八幡堀」は『暴れん坊将軍』、『鬼平犯科帳』、『るろうに剣心』などのロケ地としても有名です。

他には3年連続の滋賀県観光地トップである「ラ コリーナ近江八幡」は駅から遠くアクセスが不便な場所にありながら、年間300万人もの人が訪れます。

300万人といえば、ハウステンボス並みの来場者数です。


コロナ前は近江八幡市を訪れる外国人旅行者は急速に増加しておりました。

特に中国・台湾・韓国といったアジア圏からの観光客が増加傾向にあり、観光客による旅行消費額も急速に拡大。。。

ただ、残念ながら観光客が行くエリアと地元の人が普段行くスポットは分かれています。

両者が出会ったらどんなに素敵でしょうか。。。

それならば作ってしまおう!

そう思い、僕はコミュニケーションが生まれる場とし、今までの経験を活かして歴史あるヴォーリズ建築を改装・・・

『ヴォーリズ精神』が伝承させる様なCafe&Barを作ろうと思い立ちました。


立地

京都や名古屋からのアクセスも非常にし易く、最寄りの「近江八幡駅」から徒歩20分程度。

建物から徒歩15分以内には24時間営業の大型ショッピングセンターやファミレス、コンビニもあり、将来は観光客の宿泊出来るスペースとしても検討しております。


パーミリー邸の歴史と 田中 涼 からのメッセージ

建物は大正13年(1924)に元近江ミッションに参加していたパーミリー女史※1の住宅として建てられ、その後、昭和14年頃にヴォーリズ建築事務所の建築部員の柿元氏が継ぎ、一部増改築を加えて長らく個人の住宅として使われておりました。

その後、内部見学の出来なかったこの建物を、ヴォーリズ建築の保存活動をする「一粒の会」副会長であった方が、2015年に旧柿元・パーミリー邸を購入されました。

しかし、『改修後に一般公開するとともに、コミュニティーの場として開放したい』という思いの中、残念ながら実現する事なく急逝されました。。。

その後、ご遺族から『建替えでなく、修繕して残していってくれる方に・・・』という思いで

建物の引き継ぎ手を募集されている中、私どもが2019年冬に土地の契約をさせて頂きました。

2020年春、ボランティアの方にも沢山ご参加頂き着工!


空き家の期間が長く、建物は老朽化が進み外壁には穴が空き、シロアリによる被害などが多々あり、当初予定していた建築費が膨らみました。

コロナも相まって、当初予定していたボランティアの方々の募集も大々的に募集する事も出来ず、、、

最終的に看板設置工事や厨房機器を購入する費用が削られる事態となってしまいました 。


ヴォーリズ建築の特徴でもあるマントルピースやクリスタルのドアノブなど、

室内は築90年越えのオリジナルな部分も多く残っており、気品と優しさを兼ねた美しさが残っております。

リフォーム後には建物を公開させて頂く等、次の世代に。。。

急逝こされた前の持ち主の思いと共にの建物を引き継いでいきたいと願っております。


ここで暮らした人たちが刻んだ歴史と思いと共に、

この建物を一つの痕跡として残していきたい・・・

そんな思いで今回のプロジェクトを立ち上げました。

※1パーミリー女史は同志社女子部設立に尽力されたのち、ヴォーリズ夫妻と共に近江兄弟社学園に奉職した女性宣教師である。


取材実績

読売新聞 2020年10月24日


資金の使い道について

目標金額は100万円とします。

資金の使い道は以下の内訳です。

駐車場工事・看板設置費・食器 厨房機器購入費



長くなりましたが、以上が「ヴォーリズ建築 パーミリー邸」の全貌です。

この建物を残す事によって地域の方々やコロナ後の訪日外国人の方が楽しめる場所づくり、交流が生まれる拠点となると確信しております。

ぜひ一緒に近江八幡市を盛り上げませんか!

皆様のご支援、お力添えどうぞお願い申し上げます。


十人十家 Vories Cafe & Art Lab


住所:滋賀県近江八幡市土田町819-7

営業時間:現在調整中


https://www.instagram.com/10nintoie___ryo.tanaka/

  

https://ryotanaka.com/





  • 2021/05/03 15:10

    今日は天気が良いので囲炉裏テーブルを製作(^o^)灰を入れる部分は黒いキッチン用シンクを流用させて頂きました♫あと一日あれば完成する予定です。クラウドファンディングあと2日となりました!ラスト悔いのないようにガンバリマス!十人十家 田中涼

  • 2021/04/27 13:31

    クラファン目標達成祝いはお家でひっそりと、、、様々な方に協賛頂き、励ましの言葉を頂き、感情が溢れる。。。裏切らないように、これからガンバリマス!クラファン終了まであと8日!十人十家 田中涼

  • 2021/04/26 08:13

    クラウドファンディング廃墟となったヴォーリズ建築『旧パーミリー邸』を集える場に復活させる!支援額が目標の100万円を達成しました!ご支援頂いた方にはクラファン終了後に改めて個別にお礼のメッセージを送らせて頂きますので、まずは目標達成のご報告とさせて頂きます現在94人、計1,100,000円のご...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください