いろんな人が交流し、持続可能な社会について考える…そんな地域の人のにぎわいの場を作りたい!!その拠点を中高生自身の手で作ります!

プロジェクト本文

1.私たちの取り組みについて
2.課題とプロジェクトへの想い
3.今後のプランと支援金の使用用途について
4.代表あいさつ


1.私たちの取り組みについて

こんにちは!私たちは、愛媛県松山市を中心に、シティズンシップ教育・主権者教育の活動を中高生が中心になって行っています

主権者教育とは社会で起きている出来事について自ら考え、主体的に行動できる人間を育成するための教育のことです。2016年に公職選挙法が改正され、選挙権が18歳以上に引き下げられたことから、私たちも学校で学ぶようになりました。

しかし、選挙の仕組みのことや選挙に行くことの大切さを教えられるだけで、実際に選挙に行くことで何が変わるのかがよくわからず、もっと実際に自分たちが主体的に社会参加したり、これからの社会のことを考えたりすることが大事なのではと思いました。

そこで、SDGsや子どもの権利などのテーマを通して、社会の仕組みを楽しく学びあったり、学んだことを小学生にアウトプットをすることで学んだことを深めたりする取り組みを行っています。

<これまでの活動実績>

○ こどもとかける…計5回
小学生の居場所づくり。小学生が年齢の近い中高生と過ごす場をつくり、こども達が安心して過ごせる環境を作る。また中高生は小学生との交流を通して、自分達がこれからの社会でできることを考える時間を作る。

○ 交流イベント…計8回
ゲストをお招きし、食事をしながらこれからの社会についてみんなで考える交流イベント。これまで、地元の議員や大学教授など、多数の方と交流を深めてきた。

○ こどもタウン…計14回(2017年より活動、うち松山市外でも複数回実施)
中高生と小学生が仮想の街を作り、働く体験や議会・投票・裁判といった模擬活動を通して、社会の仕組みを楽しく学び合う。


★ その他、中高生が自由に提案をし、主体的かつ積極的に活動できる環境を作っているため、他にも様々な取り組みを行っています。詳しくはホームページをご覧ください。



2.現状とプロジェクトへの想い

私たちは日ごろ、私たちが主宰するNPO法人(=特定非営利活動法人こどもNPOシビックスクール)の代表をお願いしている方が持っている古民家を借りて、そこを事務所や拠点として活動をしています。そこで、よのなかすくーる(ワークショップ講座)やミーティングを行っています。また、学校の放課後に自習に来たりするなど、自分達にとって大事な居場所になっています。

中高生・大学生など様々な人が交流をし、いろんなことを学びあったり、企画を出し合ったりしている。

しかし、築60年以上が経過しているその古民家は、安全に活動するには不安な部分があるのです。

まずは悲惨な現状をご覧ください


何度手入れしても草が生えてくるため、使い勝手の悪い庭


現在の駐車・駐輪スペース。非常に狭く、みんなが止めるスペースが確保できないし、車を止めるところはない。

玄関横のスペースを駐輪・駐車スペースとして活用したいが、壁があってうまく活用しきれていない。


むき出しになり、部屋を狭く感じさせている柱むき出しになっている危険な段差

歩くときしむ床

このように現在の古民家は、危なく、作業環境が悪く、外の塀で入りにくく、駐輪場は狭く、廊下はきしみ、ものが多いのです!!


一方、今回の私たちのプロジェクトは、あるイベントのあと、参加してくれた小学生の保護者から、このようなご意見をいただいたことがきっかけでした。



「こどもとかける」イベントの様子。事務所がこども達の新しい居場所になった。

コメントをいただき感じたのは、もうこの古民家は自分達だけの場所ではないということ、またこの場所でたくさんの人と交流をし、自分達もこども達も、そしてこれからの社会も成長できる可能性があるということでした。

そこで、自分達の力で古民家を再生し、またそれを自分達やこども達の手で行うことで、より多くの人が集い、学び合える場にしたいと思いました。



3.今後のプランと支援金の使用用途について
① 古民家を改装することで、以下のような場所にしたいです!

○ 小学生やお年寄りも集まって、地域の人との交流ができる
中高生がより自分たちの学びを深めたり、小学生が安心して過ごしたりすることはもちろん、将来的には様々な年代の方が利用する「にぎわいの場」となり、これからの社会についてみんなで考え、行動するきっかけを作る場にしたいです。

○ これからの社会を見据え、持続可能に使用できる空間にする
コロナウイルス感染症拡大に伴い、私たちは学校にいけない時間を過ごしました。その中で、ICT環境を整備し、オンラインで様々なことをする可能性に触れました。これからの社会は、ICTの普及によりこれまでとは違う「つながり方」の選択肢が出てきます。みんなで新しい古民家を通し、スマートシティなどの新しい社会づくりを模索していきます。

そのため、学習スペースや交流イベントとしての利用だけでなく、料理や理科実験、ICT機材使用、リラックススペース、音楽芸術活動など、集まった人が可能な限りやりたいことが何でもできる環境づくりを想定しています。


② 具体的なプランとスケジュールは、以下の通りです。

【6月~7月】クラウドファンディングの実施
★ 実施期間中に、次のことを行います。
  ● 中高生のワークショップ講座を実施し、本プロジェクトから見える社会について議論をする。
  ● 小学生向けのワークショップ講座を実施し、プロジェクトに小学生の声も反映させる。
  ➡ それらの声を踏まえ、具体的な設計やDIYのプランを考える。

【8月】クラウドファンディングの結果を踏まえ、具体的な内装工事に入る

【10月】開催予定のNPO法人の総会開催を新しい古民家で開催したい!

その後は新しい古民家にて、
○ こども達のワークショップ講座や主体的な取り組みを実践するためのミーティングルーム
○ 中高生の自習や図書スペース
○ 子ども食堂
○ 子どもの権利に関する教育プログラム
○ 衣と食に関する教育プログラム
○ 障害者の方との交流イベント
を、継続して行う予定です。

こういった取り組みを通して、多世代がコミュニケーションをとりやすく、ずっと長く残る場所を目指し、持続可能な場所作りを行っていきます!


③ 上記のような場所を実現するための予算は次の通りです。

古民家の内装工事にかかる費用:200万円
○ 玄関横の塀を撤去し、駐車・駐輪スペースの拡充
○ 床を張り替える・段差を除去
○ 効果的な学習環境スペースを作るための防音設備の設置

DIYなどで内装を充実させるためにかかる費用:50万円
○ 収納スペースの設置

その他、クラウドファンディングの手数料などで50万円程度を見込んでいます。



4.代表あいさつ

はじめまして!越智大貴(おちひろたか)といいます。

私は、進学校に通いながら高校の時に「どうして勉強ってしなければいけないんだろう」という疑問を持ち、挫折をした経験から、こども達がこれからの社会について具体的にイメージし、考え、そのために今何をしなければいけないか行動する力を育む場づくりを行ってきました。

そのような活動をする中で、中高生が自分達からこのようなアクションを起こしてくれたことをとてもうれしく思っています。また、このクラウドファンディングという新しいチャレンジへの体験が、こども達を、これからの社会を生きる責任ある市民に育てると感じています。

ぜひ、ご支援・ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

越智大貴(写真中上)
なお、写真は2019年10月19日(土)FC今治協力のもと、ありがとうサービス・夢スタジアム®管理棟にて子どもタウンワークショップを実施した際に撮影しました。

● 特定非営利活動法人こどもNPOシビックスクール 理事長
● NPO法人 NEXT CONEXION 理事長
● 私立中等教育学校 非常勤講師

● 日本シティズンシップ教育フォーラム 役員
● 松山市選挙管理委員会が展開する選挙クルー・プロジェクト メンバー
● 松山NPOサポートセンター 運営協議会運営委員
● NPO法人ワークライフ・コラボ 理事
● 松山市人権啓発課人権啓発推進委員



5.お問い合わせ先

特定非営利活動法人こどもNPOシビックスクール

お問い合わせ:こちらからお問い合わせください。
E-mail:contact@civicschool.org

ホームページ:https://civicschool.org/
Twitter:https://twitter.com/npocivicschool
Instagram:https://www.instagram.com/npocivicschool/
facebook:https://www.facebook.com/npocivicschool/

代表ホームページ:https://www.ochisen.com/

  • 2020/07/05 19:00

    こんにちは高校生スタッフの村田です。今日僕は小学生と一緒に町作りのボードゲームを通してまちづくりの難しさについて学びました。みんなお金がなくなってしまったや思った通りになったなど楽しみながら学びあうことができてよかったです。そこで感じたのがやっぱり段差が危ないなと思いました段差の上に乗って話し...

  • 2020/07/04 19:00

    こんにちは!YOUNGCONNECTION中高生スタッフの高校2年女子です!今回は、私が思うヤンコネのいいところについてお話したいと思います!まず最初に入って思ったことは、ヤンコネのみんなが、とても思いやりのある優しい人達だということです。入りたてのころ、私が居づらくならないように積極的に話し...

  • 2020/07/03 19:00

    記事に入る前に今日の生配信のトークセッションについてのお知らせです!今日のゲストは、若者と政治をつなぐ取り組みを行っている原田謙介さんと愛媛大学教育学部講師の井上昌善さんにご出演いただきます!この後、20:30から配信予定です!是非下のリンクからご覧下さい!また、試験期間中の高校生に代わり、こ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください