「錠剤が出しにくい」「錠剤を落としてしまう」錠剤をパッケージから取り出す際、こんな悩みはありませんか?高齢になると指の力が弱くなります。ご両親や周りでお困りの方はいらっしゃらないでしょうか?錠剤出取(ジョウザイダッシュ)は服薬時の悩みを解決する画期的なアイテム!ネイル愛用者や調剤薬局にもお薦めです!

プロジェクト本文

株式会社スリーエー代表の高野と申します。
この度は弊社の「錠剤出取(ジョウザイダッシュ)」のクラウドファンディングページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

錠剤出取は発明家「吉村さん」の発明を、一般社団法人発明学会ご紹介のもと弊社にて採用、製品化した器具になります。

詳しくは後述いたしますが、この錠剤出取は吉村さんの奥様が服薬時に薬を落として困っているところから閃いた発明品で、「同様に服薬時に困っている方を助けたい」といった思いの詰まった製品になります。

また、7年以上の歳月を経て改良に改良を重ねております。

この「錠剤出取」を「服薬時に困っている少しでも多くの方に使っていただきたい」という願いから、この度CAMPFIRE様の力をお借りしてクラウドファンディングを実施することにいたしました。

ご自身のみならず、ご両親や周りの方で服薬時にお困りの方がいらっしゃいましたら、是非ご支援・ご紹介いただけると幸いです。

宜しくお願いいたします。

発明者吉村さん、発明学会会長との3ショット

錠剤を取り出すとき、こんな悩みはありませんか?

  ☑ 錠剤が取り出しにくい

  ☑ 錠剤を落としてしまうことがある

  ☑ 指が痛くなったり、爪が傷ついてしまうことがある

  ☑ 薬を多く飲むので、錠剤を取り出すのが手間だ

  ☑ 錠剤を取り出す器具をすでに使用しているが、不満がある

自身にこのような悩みがなくても、身近に困っている方はいらっしゃらないでしょうか?
錠剤出取はこのような悩みをお持ちの皆様に最適な、錠剤取り出し器具です。

錠剤出取は手指の力が弱くなる高齢者に特にお薦めです。

また、ネイル愛用者、調剤薬局、入院患者や病院関係者にもお使いいただけます。


錠剤出取の使い方は簡単!
錠剤をセットし、ホチキスのように、上からレバーを押すだけです。

すると錠剤がパッケージから押し出されて、下の錠剤収納部分に落ちます。

下のケースには開口部分があり、傾けるだけで錠剤を簡単に取り出すことができます。
この開口部分には傾斜があり、一定角度以上傾けない限り、錠剤は落下することなく安心です。

どなたでも簡単に扱うことができ、机やテーブルに置いて使用することもできるため、片手でも使うことができます。

また、錠剤収納部分は取り外して洗うことも可能です。

取り外しも簡単!
ワンタッチで取り外せ、カチャッとはめることができます。


これまでの器具との違い

実は・・・・錠剤を取り出す器具は既に市販されています。

しかし、複数の器具を購入してテストしてみたところ、これまでの器具には次のような欠点がありました。

・使える錠剤のサイズが限られている。
・切り取った1包から錠剤を出そうとすると、パッケージごと孔に押し込まれてしまう。
・取り出した錠剤が転がり落ちてしまう。
・片手では使用できない。
・値段が高い。
(※市販の器具1つ1つに、全ての欠点があるわけではございません。)

市販の錠剤取り出し器具を使ったことがある方は、心当たりがあるのではないでしょうか?

錠剤出取はこれらの欠点を完全に解決!

錠剤は最小サイズのものから、最大で直径11ミリまで使用できます。
また、カプセルタイプも問題なく取り出すことができます。

さらに錠剤出取は、その構造において特許を取得しています。

特許:第5953623号、第6473859号

錠剤の出しやすさ、使いやすさで自信あり!
特許発明である「錠剤出取」を是非お試しください。


発明家の吉村と申します。
これまで40年以上発明を行っています。

「錠剤出取」の開発がスタートしたのは、今から7年以上前のことです。

ある時、妻が薬を落としました。

「薬を落とすことがあるので、発明家なら何とかしてほしい!」

そんな妻の無茶なリクエストに応えるために開発したのが、この錠剤出取です。

最初は「錠剤を落ちないようにする」ことが目的でしたが、開発にあたって周りの人の意見を聞くと、錠剤を落とすだけでなく「錠剤を取り出すのに苦労している」方がいることがわかりました。

そこで、「ホチキスのように錠剤を押し出して回収する」といったアイデアを思いつきました。
この基本的なアイデアはすぐに思いついたのですが、そこからが苦労の連続でした。

初期のころの試作

「錠剤」と一言で言っても様々なタイプがあります。

円形のものからカプセルタイプ。
大きさも数ミリのものから1センチ以上あるものまで様々です。
こういった様々なタイプの錠剤でも、問題なく取り出せるようにする必要があります。

中でも特に大変だったのは「1錠でもしっかり出せる」ようにした部分です。

一般の方や入院されている方等、毎日薬を飲む方に多いのが、朝・昼・夜×一週間分を1錠ずつ切り分けて容器等に保管しているケースです。

このように1錠ずつに切り分けたものから錠剤を取り出す場合、錠剤と共にパッケージが孔の中に押し込まれてしまうといった問題が生じます。
(市販されている既存の器具には、このような問題があるものも多いです)

そのため数々の試作を作り、調整を繰り返す日々が続きました。

開発は大変でしたが、賞をとったりメディアに出演したり、様々な嬉しいこともありました。

テレビ朝日【東京サイト】2020年2月6日(木)でもご紹介いただきました!
https://youtu.be/t0XOdmvU0tE


こうして7年以上の歳月を経て完成したのが、この錠剤出取です。

「錠剤出取」は私の発明人生の中でも特に思い入れがある発明です。

是非多くの方に「錠剤出取」をご使用いただき、お薬を飲む際困っている方のお役に立てれば嬉しいです。


錠剤出取はピンクとグリーンで1セットになります。

ピンクは最小サイズ~直径8mmまでの錠剤に適しています。
グリーンは最大直径11mm程度の錠剤まで使用できます。

↑これで1セットになります

今回はクラウドファンディング特別割引価格にて、リターンをご用意いたしました。
送料もサービスいたします。

・錠剤出取×1セット 10%OFF

・錠剤出取×2セット 15%OFF

・錠剤出取×3セット 20%OFF

ご自宅用や大切な方へのプレゼントにいかがでしょう?


また、調剤薬局や医療関係者向けに、複数セットのリターンもご用意しております。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この錠剤出取が普及し、薬を飲む際のストレスが日本中、否!
世界中から軽減することを願ってやみません。

皆様、是非ご支援の程、宜しくお願いいたします。
また、服薬の際お困りの方が周りにいらっしゃいましたら、是非ご紹介いただければと思います。


今回のクラウドファンディング実行に伴い、一般社団法人 発明学会、株式会社 CAMPFIRE ならびに、ご担当者様には大変お世話になりました。
この場を借りて、お礼申し上げます。

なお、発明学会は発明者の吉村さんが会員として所属している団体になります。
今回のクラウドファンディングにつきましても、様々なご助力をいただいておりますので、少しご紹介させていただきます。
発明にご興味がある方は是非末尾のリンク先をご覧ください。


◎一般社団法人 発明学会と推薦マークについて

(一社)発明学会は、同会会員の主婦が考えた『初恋ダイエットスリッパ(売上総額70億円)』をはじめ、多くのヒット商品を輩出してきた、個人による発明事業化を支援する公益法人です。

同会は、発明学会 会員によるクラウドファンディングの挑戦をサポートするため、CAMPFIREと業務提携を行い、同会の審査に通ったプロジェクトに同マークを付与し、支援しています。

今回、クラウドファンディングに挑戦する『錠剤出取』が、審査の結果、発明学会クラウドファンディング推薦作品として認められました。

・発明学会「発明クラウドファンディング サポートプロジェクト」
https://www.hatsumei.or.jp/hcf-sp/index.html#pr

  • 2020/05/01 13:39

    おかげ様で、最終的にクラウドファンディング目標金額の163%を達成いたしました!ご支援いただいた皆様、情報を拡散してくださった皆様、本当にありがとうございます。錠剤出取は既に発送済みで、そろそろ皆様のお手元に届いている頃かと思います。遅くとも近日中には届くと思いますので、万が一ゴールデンウィー...

  • 2020/04/17 14:26

    おかげ様でクラウドファンディング、目標金額の150%を達成いたしました!ご支援いただいた皆様、情報を拡散してくださった皆様、本当にありがとうございます。そして昨日、発明系YouTuberの原田さんがこの錠剤出取をご支援してくださいました。なんと、YouTubeのライブ配信で実際にクラウドファン...

  • 2020/04/10 07:30

    おかげ様で、クラウドファンディング目標金額の100%を達成いたしました!ご支援いただいた皆様、情報を拡散してくださった皆様、本当にありがとうございます。また、ご支援時に多くの嬉しいコメントもいただき、感謝しております。クラウドファンディング終了まで残り8日となります。目標を達成いたしましたが、...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください