はじめに

 私たち宇都宮ブリッツェンは、栃木県宇都宮市をホームタウンとする日本初の自転車ロードレース地域密着型プロチームとして “ 宇都宮を日本一に ” のスローガンの元、国内ロードレースでの最強チームを目指して2009年に発足しました。
 多くの皆様の応援とご支援の元、今年2020年はチーム設立12年目を迎える事が出来ました。
チームを応援ご支援いただく皆様には心より御礼を申し上げます。
 これまでの11年間の活動を通じ、日本のロードレースシーンに於いては一定の実績を残すことが出来ましたが、宇都宮ブリッツェンの選手たちが持つポテンシャルにはまだ大きな伸びしろがあります。
 私たち宇都宮ブリッツェンは、チームキャプテン増田成幸選手のロードレース日本代表選出を通じて、広く社会に知られ夢の対象となる事を目指しています。



2020宇都宮ブリッツェンチームメンバー

BLITZENはドイツ語で“稲光”の意。ホームタウン宇都宮市が“雷都”である事にちなんで命名



本プロジェクトについて

 宇都宮ブリッツェンが皆様の夢の対象になるためにもチームが強くあることは絶対必要条件です。
 宇都宮ブリッツェンは、チームキャプテンの増田成幸選手をロードレース日本代表選手として世界の舞台に送り出すべく全力でサポート致します。

 増田選手がロードレース日本代表に選出されるには、国内外で開催される 国際自転車競技連合(UCI)公認レースに出場しUCIポイントを獲得する事がチャンスにつながります。
国内に於いても、ツール・ド・とちぎ、ツアー・オブ・ジャパン、ツール・ド・熊野などの世界に誇る素晴らしいレースがありますが、開催されるUCI公認レース数は決して多くありません。
これまで国内活動を主としてきた宇都宮ブリッツェンではありますが、増田選手のロードレース日本代表の目標を叶えるためには、必然的にアジア近隣諸国で開催されるUCI公認レースにも参戦し更に増田選手のUCI ポイントの加算を目指す必要があります。

今回のプロジェクトは、宇都宮ブリッツェン増田成幸選手がロードレース日本代表選手に選出される為に
UCI公認レースへ参戦し実績を残す事と、チームの強化費用を皆様から募らせて頂くものです。

 ©Nobumichi KOMORI / HATTRICK COMPANY
2019シーズン最終戦 ツールドおきなわ 残り15kmを独走して優勝
         

©Nobumichi KOMORI / HATTRICK COMPANY
勝利の為にサポートしてくれたチームメートに感謝の言葉を掛ける



本プロジェクトの背景

  増田選手は、2011年から宇都宮ブリッツェンに加入。チームの中心的な選手として数多くの国内タイトルを獲得。そして昨季2019年には念願のタイムトライアル日本チャンピオンの栄冠に輝き、名実ともに日本を代表する選手に成長しました。

しかしその道のりは怪我や故障との戦いの連続でもありました。
何度も何度も不運に見舞われながらも決してあきらめずに常に前に歩み続けてきた増田選手は、その度に見る者の想像を超える強さを携えて最前線に復帰してきました。
本プロジェクトは、そんな増田選手にちなんで不死鳥=『フェニックス プロジェクト』と命名致しました。

増田選手を擁する宇都宮ブリッツェンは、多くの皆様の応援とご支援を受けながら11年の活動を通じて、
チームメンバー・ファンの皆様・運営会社としても誇れるチームに育てて頂きましたが、それは同時に “ 次なる夢 ” の模索に繋がって参りました。
“ 次なる夢 ”として増田選手と宇都宮ブリッツェンが掲げるテーマは、“ 世界で認められる事 ” です。
 “ 次なる夢 ” の具現化の為には、増田選手がロードレース日本代表として世界の舞台で活躍する姿を、皆様にお見せする事が必要不可欠だと考えます。


プロフィール

本名:増田成幸(ますだなりゆき)           

ニックネーム:マスピー 不死鳥 フェニックス

生年月日:1983年10月23日(36歳)

身長/体重:176cm/63kg

出身:宮城県仙台市

略歴:2005-2007  チームミヤタ

   2008-2009  エキップアサダ

   2010 チームNIPPO

   2011-2012 宇都宮ブリッツェン

   2013 キャノンデール・プロサイクリング(イタリア)

   2014- 宇都宮ブリッツェン


戦歴:2012 Jプロツアー年間個人総合優勝

   2013 全日本選手権・ロードレース3位

   2014 ツール・ド・おきなわ 優勝

   2015 全日本選手権・ロードレース3位

   2016 ツール・ド・北海道個人総合優勝

       ツール・ド・おきなわ 優勝

        JBCFおおいたサイクルロードレース優勝

   2018 JBCF宇都宮ロードレース優勝

   2019  全日本選手権個人タイムトライアル優勝

      ツール・ド・おきなわ 優勝

 ©Nobumichi KOMORI / HATTRICK COMPANY
2019全日本選手権個人タイムトライアルで念願の優勝を果たし日本チャンピオンに輝く
 ©Nobumichi KOMORI / HATTRICK COMPANY
5月のツアーオブジャパンでの転倒による要骨横突起骨折が癒えぬまま出走
 ©Nobumichi KOMORI / HATTRICK COMPANY
増田選手の走りを支えるMERIDA TIMEWARP.T.T.
 ©Nobumichi KOMORI / HATTRICK COMPANY
5月のツアー・オブ・ジャパン
ライバル選手の転倒に巻き込まれ腰から地面に叩き付けられたが、
すぐさま立ち上がりレースを続行

 ©Nobumichi KOMORI / HATTRICK COMPANY
チームメートのサポートを受けながら満身創痍でゴールまでたどり着き、
明日の最終ステージに向かう

 ©Nobumichi KOMORI / HATTRICK COMPANY
要骨横突起骨折という大怪我を負いながらも、
8日間に及ぶツアーオブジャパンを総合10位で完走し
応援してくれたサポーターの皆さんに挨拶をする増田成幸選手とチームメンバー




資金の使い道・実施スケジュール

 本プロジェクトを通じた皆様からの支援金は、以下のような使途として使わせて頂きます。
尚、本プロジェクトはレース参戦と同時進行となりますが、チームとしては年間予算をシーズン前半に投資しての活動である事をご理解いただけますと幸いです。


・UCI公認レース 海外遠征活動 

 Tour de Lankawi (Malaysia) 2/6-2/15

 Tour de Taiwan(Taiwan)    3/1-3/5

・国内UCI公認レースに向けた強化費

 ツール・ド・とちぎ    3/20-3/22

 ツアー・オブ・ジャパン  5/17-5/24

 ツール・ド・熊野     5/28-5/31

・上記レース参戦し上位入賞する為の高地トレーニング費・チーム強化費 

 

 

最後にこのページをご覧くださった皆様へ

ツール・ド・フランスに代表される自転車ロードレースは、世界的には100年の歴史を持つスポーツです。選手たちが繰り広げる奥深いレース展開は、世紀を超えて人々に感動を伝えてきました。
力と力のぶつかり合いだけでなく、風の抵抗をめぐる戦術が魅力であるこのスポーツの視聴者は、全世界で35億人とも言われます。サッカーワールドカップやオリンピックに並ぶビッグスポーツです。

そんな世界のロードレースシーンに於いて増田選手と宇都宮ブリッツェンが活躍する事には、大きなメッセージが込められています。

“ 決してあきらめず、夢をもってたゆまず前進する事 ”

決して目新しい単語ではありませんが、このページをご覧いただいた皆様が日々の生活の中で実際に課題や苦難に直面した時、このプロジェクトを通じて知って頂いた増田選手と宇都宮ブリッツェンの選手たちの姿が、皆さんの背中を押してくれる存在になれたら幸いです。
そして不屈のフェニックススピリットで世界への挑もうとする増田成幸選手を、この夏のロードレース日本代表として送り出せますように、皆様からの熱い応援をお願い致します。

 ©Nobumichi KOMORI / HATTRICK COMPANY
熱い応援を頂くサポーターの皆さんと“次なる夢”へ




※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
 目標金額に満たない場合も計画を実行し、 リターンをお届け致します。









このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください