はじめに・ご挨拶

こんにちは!MODALAVAです。はじめましての方も、いつもお世話になっている方も(いつもありがとうございます!)、「捨てないファッションの聖地」企画にご興味を持っていただきありがとうございます!



このプロジェクトで実現したいこと

みんなの集まりやすい場所、そして今東京の「流行」ではなく、「経済」の中心である茅場町に「捨てないファッション」の聖地を作りたいです。

「エシカルは金にならない」なんてもう言わせたくない。

ここで二次流通の新しい価値創出を行い、「捨てないファッション」のショールーミングを行い、東京だけでなく日本全体や海外へ、「『捨てない』から生まれる経済活動の可能性がファッションによってエンパワメントされる」ことを立証していきたいと考えています。

このプロジェクトで貸借するビルは大きく4つの用途に分けられます。

【1階:店舗】ポップアップストア及びイベントスペースとして

【2階:オフィススペース】シェアオフィススペースとして

【3-4階:倉庫】MODALAVAの捨てないファッション拠点及びシェア倉庫として

【壁面】広告スペースとして

(4枚目:Image ©2020 Google)


プロジェクトをやろうと思った理由

現在、日本での流通のために毎年40億点以上もの服が作られ、そのうちの13億点が新品のまま開封されることもなく捨てられているという現状があります。
<参考: 新品の服、売れずに廃棄「年10億点」 人気ブランドも (朝日新聞デジタル) >

また、問題なのは新品の廃棄だけではありません。一度消費者の手に渡ったものまで含めると、日本の年間の衣服廃棄量は100万トンにものぼるといわれています。作り出したコストが無駄になるだけではなく、膨大な量の廃棄商品の運搬・焼却にかかる環境負荷は計り知れません。

では、お洋服を作ることを突然止めてしまい、みんなが1着の服を長く着る世の中になればいいのでしょうか?私たちはそれは最適解ではないと考えます。なぜなら、ファッションとはその時の自分のトキメキを映し表現するものだから。30年着られる服を作ることよりも、30年同じ服を着る覚悟を持つ方がハードルが高いのです。日本のものづくりは確かに素晴らしい、でもそれだけでは足りません。廃棄を減らすために私たちに必要なのは、30年着られる服を作るものづくりに寄り添う、ワンオーナー前提の物売りでなくてもお洋服と経済活動が回る仕組みです。

今までの「日陰のマーケットのような二次流通」ではなく、「消費者からの逆商流を産みだすマーケットとしての二次流通」の再構築を行い、良いお洋服がたくさんの人に長く着られること、それがブランド資産としてメーカーや商社の利益になり、生産者へも還元されていくこと、そしてその結果、無駄な生産やセールありきでの見せかけの消化がなくなる未来をこのビルから目指していきます。

ロスや無駄が出るのは仕方のないことです。それを消費者もわかっていないわけではないんです。だから、私達MODALAVAは「少しずつでも透明性をもって消費者と一緒に解決して行くこと」が正解だと考えています。

消費者の心の声はこんな感じです、、、(便宜上「おじさん」を仮想敵にしてしまってごめんなさい。)



これまでの活動

MODALAVAは2017年に -for every fashion lover- というミッションと共に設立されました。当時のfashion lover の課題は「センスがあり、ファッションが大好きなのに、業界で必ずしも活躍が出来ていない人が多い」ということでした。そこから、私たちは Open Closet (旧MODALAVA SHOP)というフリマプラットフォームを立ち上げます。インスタグラムへの投稿がそのまま商品情報になり、売上をスコアリングで人物(アカウント)評価に発展させるという仕組みでした。



Open Closet のイベントはいつも大盛況で、たくさんの方に「価格で勝負しない二次流通」の商品をお届けしてきました。また、お洋服を通してユーザーさん同士のSNSでの交流が生まれたり、着用画像をUGCとして買い取らせていただいたり、一度人の手に渡った二次流通だから出来ることがたくさん見えてきたプロジェクトでした。



昨年秋には、今までの「古着」とは毛色の違うプロジェクトをスタートさせました。「捨てない!新品廃棄在庫で作るリメイクコミュニティ:Atelier Hikitsugi (アトリエヒキツギ)」です。このプロジェクトでは、リメイクコンテストに応募したリメイカーさんの力で、約1000点の新品在庫が200点以上ものリメイク商品に生まれ変わりました。廃棄されてしまっている13億から比べれば微々たる数字ではありますが、クリエイティビティとコミュニティの力で「捨てる」問題を解決する糸口になったイベントでした。今夏に第二回を開催予定です。



Open Closetのイベントや、同時に提供していた「#ootd専属買取クラブ」、アトリエヒキツギなどのプロジェクトを通して私たちが気づいたのは消費者の「お洋服を捨てたくない」という気持ちの強さです。お洋服の交換会や、リメイクコンテストを主催し、fashion lover の課題は「捨てたくない」という思いへシフトしつつあることを感じます。そしてそれは廃棄やサステナビリティの問題だけでなく、ファッション業界から離職する人の人材問題まで幅広い問題のトリガーとなっています。「ファッションを捨てたくない!」は「モノ」の廃棄だけでなく、業界を元気にしたい、盛り上げたい、業界から離れたくない、という業界内部からの叫びでもあります。



資金の使い道

集めた資金については、

・ビル賃貸契約関連費用(初期家賃・仲介手数料・敷金等)
・ビル管理に関する人件費
・内装工事に関するDIY材料費等
・資金の振込手数料
・本プロジェクトをソーシャルグッドカテゴリで掲載する際の手数料

に使用させていただきたいと思います。まとまったキャッシュアウトについては、都度プロジェクト報告にてご報告致します。



リターンについて

たくさんの方に「捨てないファッション」に参加していただけるよう、リターンのバラエティをたくさんご用意しています。(ノベルティ等の追加予定あり)
組み合わせてご利用できるようにもしていますので、複数個ご購入いただけると嬉しいです!

【一緒にビルを作る系】A- で始まるリターンです。ビルに支援者様のお名前を書いたり、一緒にリノベしたり、このビル自体を一緒に作れる権利です。

【ノベルティ系】B- で始まるリターンです。MODALAVAの優待付きステッカーや、協賛ブランド様の特別なノベルティなどの追加も予定しています。

【店舗を使える系】C- で始まるリターンです。クラウドファンディング限定の破格でイベント用に店舗スペースを貸し出します。フリマイベント開催の際は、お洋服の取り回し等についてもご相談頂けます。「絶対捨てないフリマ」がワンストップで開催できるのはこのビルだけ!

【その他のスペース使える系】D- で始まるリターンです。こちらもクラウドファンディング限定の破格でスペースをお貸出しします。

【MODALAVAリソース放出系】X- で始まるリターンです。MODALAVAのEC用写真撮影やビジネス構築ノウハウを提供します。

【捨てないビジネス覗き見系】Z- で始まるリターンです。本プロジェクトを応援、またはお家賃の肩代わりをして頂くことで、全フロアのビジネスプラン及び収支状況を閲覧することができます(特典レポート付き)。閲覧なし、ご支援のみのプランもあります。



実施スケジュール

・3/1:物件引き渡し
3/2:プレオープン/ リターンのご案内を順次開始
・4月はじめ:オープニングパーティー開催予定
・4月~ :一般企画受け入れ開始
・4月下旬:アトリエヒキツギアフターパーティー等開催予定
5/1:グランドオープン
・7/1:次回企画告知予定
・9/30:本ビル契約満了予定。7月~の企画が立ち上がれば延長。



最後に

3年近くこの分野でやってきたとは言え、外部資本をほとんど入れていない私たちにとって今回の挑戦は身に余ることこの上ないものです。特に出ていくキャッシュの問題に関しては、恐怖心がないと言えば嘘になります。

だけど、この分野は絶対に誰かがやらなくてはいけないんです。

「廃棄大国」「ソーシャルグッド後進国」の日本にしてはいけない!から、まずはみなさんのご支援をきっかけに、ものづくりの日本だからできる「捨てないファッション」を始めさせてください。

よろしくお願い致します。



※ 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

スライドショーの建物の外部の写真は「©2020 Google」より
スライドショーのその他の写真は「unsplash.com」より


  • 2020/10/29 18:42

    皆様お久しぶりです。「捨てないファッション」の聖地 クラウドファンディング担当のShoです。本日はリターン開放と先日nuwasteにて開催したイベントのご報告となりますので、とくにこれまで延期となっていたリターンをお選びの方は是非最後までお読みください。それでは早速!*************...

  • 2020/07/12 11:40

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/07/12 11:37

    皆様こんにちは。担当のShoです!本日はご支援くださいました皆様へのリターンのご提供状況について現状報告をさせていただきます。まずはお知らせがございます!この度MODALAVA株式会社は2020年7月1日より第四期を迎えることができました。昨今の厳しい状況下において社として新たな一年を迎えられ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください