年末より下痢が続き、体重の減少が著しく獣医の診察を受けたところ致死率ほぼ100%と言われる難病FIP(猫伝染性腹膜炎)のドライタイプだと診断されました。診察の際、日本未承認のFIP治療薬があると知り、それを使用する事で改善の可能性があるとのことです。

プロジェクト本文

*はじめに/ご挨拶*

初めまして。りりぃ(1歳10か月オスソマリ)の飼い主の岡松と申します。
りりぃは2018年6月に縁があって岡松家に迎えることとなりうちの家族の一員となりました。
その際皮膚の病気があり完治した今も鼻の一部に毛が生えていないと言う特徴があります。

年末より下痢が続いており様子を見ていましたが改善することなくさらに体重減少もあり獣医に診察していただいたところFIP(猫伝染性腹膜炎)のドライタイプと診断されてしまいました。
ずっと夫婦二人で過ごしてきた中でりりぃは私たちにとって太陽な存在で息子同然に育ててきました。
このこの病気を治したいと思い今回プロジェクトを立ち上げさせていただきました。


このプロジェクトで実現したいこと*

新薬「MUTIAN」を使用しFIP(猫伝染性腹膜炎)の治療を行い、りりぃに元気になってほしいと思っています。


*プロジェクトをやろうと思った理由*

まず、新薬「MUTIAN」とFIP(猫伝染性腹膜炎)についての説明となりますが、現在の日本での獣医学では100%治すことができないといわれています。この病気にかかった猫は死に至るといわれ、猫コロナウィルスが突然変異をし発症する病気だとのことです。ただ去年より海外では新薬を用いた治療を試た結果治療に成功した猫が多く、活気的な薬が開発されたとのことで主治医より紹介され、今回の新薬を知るきっかけとなりました。ただ日本ではまだ認可されておらずここ最近やっと個人で使用する場合のみ輸入が可能となったのですが、薬100mg=2400円前後とのことで1日猫一匹当たりの体重×100mgの薬が必要とのことです。うちの猫が現在2,2kgですので単純計算でも1日5000円弱は必要、さらにこれを最低12週は続けなくてはならずそうなると45万円程が最低でも必要となってきます。さらに治療状態が良好だと体重も増えていくためそれ以上の資金が必要となってき。

本題に入りますが、今回こちらで資金の募集を募った理由として、一番は経済力の不足によるもので、50万近くもするものに簡単に手が出すことができず往生していた所こちらのサイトの存在を知り募集させて頂きました。また、これを通じ今後同じように苦しむ猫が出た際に新薬の検証結果を伝えたりこれをきっかけに日本でも新薬が認可され安く手に入り救われる猫が増えればと思い、今回のプロジェクトを立ち上げるきっかけとなりました。

初めての体験で色々と戸惑うことがありますが、皆様のご協力、よろしくお願いしいたします。


*これまでの活動*

水様便の症状から病院へ連れて行った際、過去何度か同症状を繰り返していた事で病院側からFIPの可能性があるかもしれないとのことで血液検査や細胞の検査を行いFIP陽性とのことで報告を受けました。

現在食欲はあるが水様便が続いており、脱水やこれ以上状態が悪化しないよう下痢止めのみ服用し様子を見て今後の対策を思案中です。

*資金の使い道*

支援していただいた資金はすべてりりぃの治療費に使わせていただきます。
MUTIAN購入費、通院費、血液検査代など使用した際は適宜報告させていただきます。


*リターンについて*

500円・・・りりぃのポストカードとお礼の手紙

1000円・・・りりぃの缶バッチ、ポストカード、お礼のお手紙

3000円・・・りりぃの写真が入ったトートバック(Sサイズ)、缶バッチ、ポストカード、お礼の手紙

5000円・・・りりぃの写真の入ったトートバック(Sサイズ/ナチュラル)Tシャツ(りりぃの写真が入ったワンポイントモチーフで、裏は無地仕様/半袖/白/ユニセックス)缶バッチ、お礼の手紙

10000円・・・りりぃのミニフォト冊子、トートバック(Sサイズ/ナチュラル)、Tシャツ(前面にりりぃの写真が入ったワンポイントモチーフで、裏は無地仕様/半袖/白/ユニセックス)、缶バッチ、ポストカード、お礼の手紙

50000・・・りりぃのミニフォト冊子、りりぃの写真が入ったトートバック(SサイズとMサイズ/ナチュラル)、Tシャツ(前面にりりぃの写真が入ったワンポイントモチーフで、裏は無地仕様/半袖/長袖/白/ユニセックス)を一枚ずつ、缶バッチ、ポストカード、お礼の手紙

上位内容でリターンをと考えております。これに追加し経過観察のブログを作成しましたので、報告の意味も兼ね閲覧して頂ければ幸いです。


*実施スケジュール*

りりぃの経過報告に関しては、以下のブログにて随時行っていきます。

りりぃ闘病日記

今後の流れ・・・主治医と相談した結果資金が集まるまでは現状維持とし、何か異常があった際はすぐに受診をしその際方向性を考察し、資金が集まり次第海外より新「MUTIAN」を取り寄せそれを12週間服用し治療を行い様子を見ます。また、その間も定期的に主治医に診てもらい回復に向けていけたらと思います。


最後に

今回、りりぃがFIPに罹患してしまい夫婦で話し合いました。
りりぃを飼い、一緒に暮らしていくうえで病気と付き合っていかなければならないと覚悟していましたがこんなにすぐに来るなんて想像していなかったです。
家族を迎えるということは生を全うするまで一生懸命に育てるって決めたのに、自分たちで治療費を賄えないことに不甲斐無さを感じましたが、りりぃがいなくなるって考えたときに想像つかなくて、もう大切な家族の一員なんだと再認識できました。
どうか皆様私たちに力をお借りできないでしょうか。

よろしくお願いいたします。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください