Twitterで、ひとつのツイートをきっかけに、リプライより生まれた言葉で作品をつくりました。その作品を展示するためのアートプロジェクトです。(入場無料)

プロジェクト本文



#乾ききったSNSの世界が生んだぼくらの叫びアートプロジェクト



拝啓。乾ききったSNSの世界に生きるぼくたちへ。


SNSは今日まで、変化し、役割も進化してきた。
バズを起こそうと人は躍起になり、ハートの数に振り回される。
Twitterでマネタイズなんてキャッチーな言葉や、
自己啓発の類のツイートには、もうウンザリだ。


ただ、SNSのことは嫌いじゃない。
そんな一面がありつつも、アイコンの向こうにいるのはひとりの生きた人間。
様々な人生を抱えた生身の人間が、画面の向こうで今日も息をしていることは知っている。
無味無臭のテキストが漂う宇宙のなか、生き物の気配を少しでも感じ取りたくて、
ツイートである問いかけをしたことから、今回のプロジェクトは始まった。





こうしてツイートした内容に対し、100件ものリプライが集まりました。
その数が予想以上でびっくりしました。
そして、それぞれが愛の定義を、自らの言葉で答えてくれたことがすごく嬉しかったです。

愛とは「時間」「宇宙」「共感」…
そこには想像もしなかった数々の言葉がありました。
私にとってそれは声にならない叫びに聞こえました。


だからこそ、無限に広いSNSの宇宙の中で、
小さく光った言葉を作品として形にし、展示したいと思いました。
このまま、ただのリプライで終わらせたくなかったのです。


本来の日常生活では考えることのない、こうした問いに触れることで、
みんなの意識が自己表現に向かって行きます。
つまりはあのツイートに関わり、自分の内面と向きあう瞬間こそがアートなのです。
それがTwitterの中に生まれたことがすごく意味のあることに思いました。


このクラファンは、そんな乾ききったSNSの世界に生まれた、
ぼくらの叫びを展示をするためのプロジェクトです。
そしてさらにSNSを通じて、もっともっと、多くの人を巻き込んだ
プロジェクトにしたいと思っています。


作品はツイートをきっかけに生まれた、20作品と、
今回のクラファンプロジェクトでリターンとして設定した、
10作品(仮)をプラスした、30作品を展示予定。
クラファンでの参加人数が増えた場合は、
当日の展示作品数も増やすつもりです。(上限50作品)
もちろん、作品は展示会場にて販売もする予定です。(会期終了後、発送)


ぜひ会場で、直にその作品を見て、感じ、
乾ききったSNSの世界が生んだぼくらの叫びをその目に焼き付けてください。







▼リターン

・1500円
┗ thanks mail

・3000円
┗ thanks mail
┗展示作品の画像データ1点
(複数ある作品の中からランダムで画像データをプレゼントします。
1280×720pixel。ご自由に印刷などして、飾っていただけます。)

・5000円
┗ thanks mail
┗あなたの「愛の定義」が作品として当日展示されます
(リターンをご選択いただいた際に「愛の定義」をコメントしていただく為の、
ツイートリンクをお送りします。そちらにご回答いただいた言葉を元に、オリジナル作品を制作します。)

・8000円
┗ thanks mail
┗あなたの「愛の定義」が作品として当日展示されます
(リターンをご選択いただいた際に「愛の定義」をコメントしていただく為の、
ツイートリンクをお送りします。そちらにご回答いただいた言葉を元に、オリジナル作品を制作します。)
┗ご自身の提供された言による作品の画像データ

・15000円
┗ thanks mail
┗あなたの「愛の定義」が作品として当日展示されます
(リターンをご選択いただいた際に「愛の定義」をコメントしていただく為の、
ツイートリンクをお送りします。そちらにご回答いただいた言葉を元に、オリジナル作品を制作します。)
┗ご自身の提供された言葉による作品の画像データ
┗実際の作品(会期終了後、発送)



▼展示にかかる費用

・ギャラリーレンタル費:30000円

・DM印刷費 :10000円

・作品搬送費:10000円

・作品印刷費:30000円

・制作額装費 or パネル張:@5000円 × 30作品(仮)=150000円


計:230000円


実際に展示をするにあたって上記の額が発生する見込みです。
今回は All-In 方式にし、もし資金が足りない場合でもOffice ioで補填し、
下記のギャラリーで展示を行います。



▼展示場所・時間

開催場所:GALLERY  Ann
┗京都四条河原町から徒歩7分

開催日時:4月11日(土)11:30 〜19:00










このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください