不況、後継者不足、高齢化が課題の農業において、傷や形が不揃いなどの理由で廃棄されるりんごをジュースにして新しい命を吹き込みたい!農産物廃棄ロス軽減、食糧自給率UP、高齢農家さんの所得向上に繋げたい!

プロジェクト本文

青森県藤崎町でりんご農家を営む櫛引卓朗と申します。

私の地元・藤崎町は、世界で一番有名なりんご【ふじ】の発祥地です。

水と空気が美味しく緑豊かな田舎まちで『津軽』という地域に属します。

そんな藤崎町で誕生した【ふじ】は歴代農家より受け継がれた熟練の技術により【元祖ふじ】としてりんごの日本ブランドを画一してきました。甘さや香りは他地域産とは異なる本場の味わいです。

私はこの【元祖ふじ】の美味しさを広めるため、重労働であるりんご栽培をいつも頑張っている藤崎町の高齢農家さんのため、高齢農家さんと協力して【元祖ふじ】の無添加ストレート搾汁100%りんごジュースの製作を始めます!


りんごはとても繊細で、栽培に一番手間のかかるフルーツだと言われています。

そのため、利益に比べて経費がかさみやすく、収入のほとんどが人件費や収穫までに果実を守るための農業用物資の支払いへ回ることになります。

無事に収穫できても、雨風に揺られて枝にぶつかり傷の付いたもの、綺麗な丸い形をしていないもの、日焼けしたもの等は、皮を剥けば美味しいりんごなのに市場では赤字覚悟の安値で叩かれるか、廃棄されてしまうのが一般的です。

天災の有無に関わらずリスクは多く不安定、朝早くから夜遅くまで時間が拘束されること等を理由に、後継者不足が続き、農業者は年々減少・高齢化、農業以外の仕事を求め若者の地方離れも進んでいます。

作業の中にはハシゴを使って高い木に登ったり、腰をかがめる作業や収穫時は約20kgのりんごが入った木箱を運搬したりと高齢者には危険な作業ばかりですが、後継者や従業員となる若者がいないため、祖先より受け継いだりんご園を仕方なく売却し引退を余儀なくされる高齢農家さんもたくさんいます。

農林水産省による統計の通り、全国で見てもりんごの栽培面積・収穫量ともに減少傾向にあります。

そこで私は、

りんごの日本ブランド【元祖ふじ】の栽培を受け継ぐ生産者をこれ以上失いたくない

こんなに大変でも頑張り続ける高齢農家さんのために自分は何が出来るか?

と考えました。そこで、

高齢農家さんから廃棄されるはずの【元祖ふじ】を買い取り、

ストレート果汁100%のジュースを作り、商品として新たな命を吹き込みたいと考えました。

ジュースの原材料となるりんごは、ただの【元祖ふじ】ではありません。

果実に栄養を送る役割である葉を摘まない栽培方法にこだわった【葉とらず元祖ふじ】です。

通常の栽培では、果実を赤く色付けるために葉を摘んでしまいます。

しかし、葉は光合成を行うことで空気中の炭酸ガスを吸収し、果実に糖分や栄養分を運ぶ大切な役割を担っているのです。

そのため【葉とらず元祖ふじ】は通常の【元祖ふじ】よりも、甘みが強いだけでなく、ビタミンC・りんごポリェノールなどの栄養も多く含んだ特別な【元祖ふじ】です。

りんごの栄養は美容・健康効果に期待でき、ガンや動脈硬化などの生活習慣病、肥満防止、整腸作用だけでなく美肌効果もあるという研究結果が発表されており「1日1個のりんごは医者要らず」ということわざもあるほど。

特に、栄養成分の約6割を占めるプロシアニジンポリフェノール美白効果があり、品種別で比べると【ふじ】が一番多く含まれています。

こだわりは原材料だけではありません。

パッケージデザインは、野暮ったい農業のイメージを払拭するため、スタイリッシュな見た目にこだわりたいと考えています。

若い人が憧れ、一緒に挑戦できる農業の未来に繋がり、様々な世代・国の方に受け入れられるようなりんごジュースを目指します!

①5,000円支援コース

無添加・国産ドライフルーツ 

ドライリンゴ 元祖ふじ×3袋セット

②7,000円支援コース

無添加・国産ドライフルーツ 

ドライリンゴ 元祖ふじ×5袋セット

③8,000円支援コース

無添加 元祖ふじ使用ストレート果汁100%ジュース アップルオブライフ

元祖ふじ・王林・金星セット

④8,000円支援コース

無添加 元祖ふじ使用ストレート果汁100%ジュース アップルオブライフ

元祖ふじセット

⑤10,000円支援コース

無添加 元祖ふじ使用ストレート果汁100%ジュース アップルオブライフ 元祖ふじセット &無添加・国産ドライフルーツ ドライリンゴ 元祖ふじ×2袋セット

※支援コース①〜⑤をご選択の方は2020年4月発送予定です。

⑥10,000円支援コース

高齢農家さんと作る 葉とらず元祖ふじ使用ストレート果汁100%ジュース

※製造スケジュールの進行状況により発送時期が前後する場合がございます。

※パッケージ資材はクラウドファンディングが終了次第、製造に移ります。


①農業廃棄物ゼロ

廃棄されるはずの、傷や形が不揃いなりんごを利用し、商品としてあらたな命を吹き込む。

②高齢農家さんの所得向上・作付提案

廃棄されるはずのりんごを仕入れる。商品の普及により継続して高齢農家さんの所得に協力できる。仕入れの安定により作付面積の減少や農家引退を防ぐ。

③国内の食糧自給率アップ

1次産業に留まらず、6次産業にすることで国内の食糧自給率アップに繋げる。

●資金の使い道

800,000円→ジュースの瓶、加工代、パッケージ資材費(ラベル、箱)

200,000円→CAMPFIRE手数料+税

●スケジュール

2020年2月 パッケージデザイン作成

2020年3月 資材発注

2020年4月 ジュース瓶発注・加工(業者委託)

2020年5月 リターン発送完了

【元祖ふじ】を栽培できるのは青森県藤崎町のりんご農家だけです。様々なリスクを背負いながらも品質の良いりんご栽培にプライドを持ち何歳になっても切磋琢磨する高齢農家さんがたくさんいます。

美味しくて安全なだけでなく、かっこいいりんごジュースを周囲の農家さんと協力して作り、3K(きつい・汚い・危険)といわれる農業のイメージを少しでも払拭し古くから受け継がれた【元祖ふじ】の魅力をより多くの方に届けられるように挑戦し続けます。何卒、ご支援よろしくお願い致します。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください