HARP – House Autonomy Robotair-Purifier、臭いの元を探索し移動し招集するロボット -

空気の悪いところには誰でも近づきたくありませんよね。HARP;House Autonomy Robot air-Purifierは、室内の空気汚染の源を探索しそこに自ら近付き空気清浄を行うロボットです。室内を走行している間に、複数の箇所でセンシングした臭いセンサーの強度の違いから判断し、その源に近付き、HEPAフィルターで空気清浄します。この一連の行動を効率的に実行するプログラムの開発が大きな課題です。

図1 HARP完成予想図 上部に空気清浄孔、側部にセンシング孔がある。

このプロジェクトは、自走式空気清浄機;HARPを高校生が開発し、世の中に広めていくことを目標としています。

自己紹介

ハンドルネーム:Soula

洛星中学高等学校ロボット研究部に所属。高校1年生でこのプロジェクトをスタートすることになります。

2019年4月;ロボカップジュニアレスキューメイズ部門にてジャパンオープン(全国)8位(Team Regulus)

2020年1月;ロボカップジュニアレスキューメイズ部門京滋奈ブロック3位(Team Regulus)。4月末のジャパンオープン(全国大会)に向けて日々開発を進めている。

図2 レスキューロボットRegulus 


 皆さんからいただいた資金は、HARPの開発(主に駆動部や基板、車体の天板、またそれに必要な工作機材等の購入)に使用させていただきます!皆さんの援助をお待ちしております!

リターン

1000円 ・お礼のメールをお送りします。

    ・資金運用報告書(1頁ほど)を郵送にてお届けいたします。

5000円 ・お礼のメールをお送りします。

    ・資金運用報告書(1頁ほど)を郵送にてお届けいたします。

    ・*ロボット報告会への招待状を郵送にてお届けいたします。

10000円・お礼のメールをお送りします。

    ・資金運用報告書(1頁ほど)を郵送にてお届けいたします。

    ・*ロボット報告会への招待状を郵送にてお届けいたします。

    ・小さい基板で作られたHARPキーホルダーを提供いたします。

30000円・お礼のメールをお送りします。

    ・資金運用報告書(1頁ほど)を郵送にてお届けいたします。

    ・*ロボット報告会への招待状を郵送にてお届けいたします。

    ・ロボットの基板もしくは機体に**あなたのお名前を印刷します!

*報告会の開催日時は今のところ2021年3月に京都市内の開催を予定しておりますが、詳細は未定です。決まり次第メールにてごお知らせいたします。尚、申し訳ありませんが交通費はご負担いただきたく存じます。

**支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください