はじめに・ご挨拶

サックス奏者・作曲家の山中一毅です。

埼玉県で生まれ育ち、大学卒業後いったんは就職するも音楽の道を志し、2010年に東京で演奏活動を始めました。2012年にニューヨークへジャズの音楽留学へと旅立ち、その後アメリカのアーティストビザを取得し音楽活動を続け、在ニューヨーク8年目を迎えます。
[公式ウェブサイト] kazukiyamanaka.com

このたび3/18〜4/3にかけて、2ndアルバム(3/19リリース)のCD発売記念ツアーを日本各地で行う予定でしたが、コロナウイルスの感染拡大に伴い全公演中止とさせて頂きました。非常に残念ですが、ツアーに関わる全ての人の安全と健康に配慮し、かつツアーを安心して盛大に行いたいという気持ちから、止むを得ず時期未定の延期という判断をさせて頂きました。

それにより、スケジュールを空けていた共演メンバーにとってはその間の興行収入が無くなってしまい、非常に心苦しく思っています

そこで、クラウドファウンディングという形で、私のできる範囲での皆様へのリターンも行いながら、補償のためのプロジェクトを行うことに決めました。
  

予定していた全公演スケジュール⬇️


プロジェクトをやろうと思った理由/プロジェクトで実現したいこと

悲しいことではありますが、コロナウイルスの影響で世の中が混乱し、年齢や職業を問わず多くの人たちが多大な影響を受けていることは今更言うまでもないことと思います。その中で、演奏を生業とする音楽家たちへの影響の大きさも、多くの人が知るところかと思います。

まさか自分のツアーがこのような理由で中止になるとは、企画を始めた半年前には思いもしなかったことです。そしてつい最近まで、ツアーの成功のためにあらゆる準備を尽くしていました。共演を心待ちにしていたメンバーとの演奏の機会、それを多くの人に聴いてもらえる機会が失われたのはただただ残念ですが、いくら憂いていても状況は変わりません。メンバーへの補償のために、そして何か新しい未来を創造するためにも、できることをやるしかないと思っています

クラウドファウンディングには元々関心がありましたが、これまでにやったことはなく、今こそそのタイミングだと思いました。音楽ファンの方の中には、音楽を聴きに行きたいけれど、今の状況では難しい、けれども何とか音楽家や音楽シーンを支えたいと思ってくださる方もいると信じます。そのような方たちの思いに応えるためにも、このクラウドファウンディングを互いの思いを繋げ合うプラットフォームにできればこれ以上のことはありません。

また、本ツアーの開始にリリース日を合わせ、大量の新作CDをスペインから日本に直送しました。これを次のツアーまで在庫のまま眠らせておくのも勿体無いので、リターン商品の目玉としてアーティストから直接皆様の元に届けたいと思っています。

⬇︎3/19にリリースする2ndアルバムのプロモーション動画


(⬇昨年のJAPANツアーよりKazuki Yamanaka Japan Quartetの演奏動画)


これまでの活動

<山中一毅の略歴>
埼玉県さいたま市生まれ。14歳でサックスを、大学時代にジャズを始める。
2009年 会社員を辞めて音楽の道を志し、東京を拠点に演奏活動を始める
2012年 ニューヨーク州立大学パーチェス音楽院大学院ジャズ科に入学
2014年 同大学院を卒業、直後に初めてとなる日本ツアー(東京・埼玉・京都・大阪で全8公演)を行う
2015年 1stアルバム”Songs Unconscious-minded"をNYで録音しリリース
2016年 USアーティストビザを取得しNYでの本格的な活動をスタートする
2017年 日本ツアー(本州10公演)を行う
2019年 2ndアルバム"Dancer In Nirvana"をNYで録音し、直後に本州13公演の日本ツアーを行う
2020年 3月にスペインの名門ジャズレーベルFRESH SOUND NEW TALENTより2ndアルバムをリリース


資金の使い道

参加予定だったメンバーへの収入補償(12公演参加の3人、1〜2公演参加の4人)
既に発生したプロモーション費の補填(フライヤーのデザイン費・印刷費・郵送費)


リターンについて

支援して頂いた金額に応じて、以下のようなリターンをさせて頂きます。CDや演奏動画、ビデオ通話による各種レッスン(音楽以外もアリ)の他に、ニューヨークの音楽シーンの空気を少しでも感じて頂けるようなチョイスもいくつか設けさせて頂きました。詳しくはリターンページをご覧ください。
※日本円のみの受付ですが、国外からの支援に対しても国際発送で同様のリターンをさせて頂きます。
すべて送料・消費税込みの支援価格です。

①新作CD "Dancer In Nirvana"
②アルバムMP3データ(1stアルバム&2ndアルバム)
③山中一毅のニューヨークでのライブから非公開演奏動画
④山中一毅責任編集”旅行本にのってないリアルなオススメNew York Jazz Spot”(PDFデータ)
⑤ニューヨーク市内限定配布のジャズ専門紙”NYC JAZZ RECORD”のCD "Dancer In Nirvana"レビュー掲載号(ニューヨークから紙面版を発送)
⑥オリジナル曲の楽譜
⑦各種ビデオ通話レッスン(以下のような内容からご希望に応じます)
・演奏者向けビデオ通話レッスン(サックス・インプロビゼーション・理論・作曲)
・ジャズリスナー向けビデオ通話レッスン(ジャズ史・ジャズの楽しみ方・ジャズ鑑賞入門)
・英語学習法ビデオ通話レッスン
・アメリカ音楽留学相談レッスン
・ニューヨーク滞在に関するアドバイス
⑧延期時のツアー1公演分の招待チケット


最後に

当然のことながら、今回の補償プロジェクトで何かが終わるということはありません。ここで得た皆様からの支援に対して、今後長いスパンで、一人のアーティストとして恩返しを続けていくことが大事だと思っています。短期的には、ツアーの延期開催を実現させ、その時により良い音楽を提供できるように準備し日々鍛錬すること。長期的には、アーティストとして多くの人の心を照らす希望であり続けること。それはすなわち、純粋な愛情で何かを探求し続けるという生き様、作品やライブ演奏で新鮮な音を届け続けることだと思っています。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください