はじめに・ご挨拶


はじめまして岡田朋美です。

私は岐阜県羽島市で生まれ、羽島市で育ち、そして保護猫かふぇを羽島市でオープンいたしました。現在は一宮市内にて営業しています。1匹でも多く殺処分される猫達を助けたいとの思いではじめました。




このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトで実現したいことは、まず保護猫達のケアをしっかりできるように。そのケアとは、治療が必要な子には治療、猫達の居場所が継続できるようにその費用、日常のご飯、トイレの砂などの消耗品など、安心して過ごしてもらえるようにしっかり整えてあげたいです。


私たちの地域のご紹介

当店がある愛知県一宮市に住み始めたのは移転してからなのでまだまだ知らない事ばかりで、それでも皆さん優しく接していただけたり、とても住みやすい街です。

しかし、まだまだ野良猫や捨て猫の数はたくさんいます。タヌキもキツネも見てびっくりでした!いつか野良猫、捨て猫がない街にしたいですね!



プロジェクトを立ち上げた背景

このプロジェクトを立ち上げる事にいろいろ考えました。しかし、猫達は生き物でしっかり命があります。そんな救える命を救いたい。継続して救いたい。ただその思いでこのプロジェクトを立ち上げる事を決意しました。

猫かふぇの収益だけでは約50匹の猫達を継続的にしっかりケアする事は資金不足で厳しいです。まずは猫達にしっかりとした環境を整えてあげたいです。





当店はこれまで、年間約100匹ほど保護して、年間約70匹ほど里親様を探して譲渡しています。

今年も里親様探し、保護活動しています。中には県外からの保護要請やボランティアさんからの保護要請もあります。当店は以前、クラウドファンディングに挑戦させていただきまして、皆様のご支援のおかげで二階を住居から猫部屋に改装でき、保護出来る頭数が増えました。その節はありがとうございました。今後も活動は続けていく予定ですのでよろしくお願いします。




資金の使い道・実施スケジュール

このプロジェクトで集まった資金の使い道は、まず保護猫に必要な医療費約14万円、消耗品約10万円、店舗の維持費3ヶ月間約26万になります。最初は投薬や不妊手術が必要な猫達に、そして、店舗の維持費、そして消耗品の流れで実施していきます。


リターンのご紹介

1000円、、、お礼メール


3000円、、、フォトブック


5000円、、、フォトブック、保護活動レポート


10000円、、、フォトブック、活動レポート、ねこぱんちポストカード


30000円、、、フォトブック、活動レポート、当店半年間30%オフ券【本人限定】


50000円、、、フォトブック、活動レポート、当店半年間50%オフ券【本人限定】


100000円、、、フォトブック、活動レポート、ねこぱんちポストカード、当店1年間50%オフ券【本人限定】






最後に

皆さま、まだまだ野良猫や捨て猫、保護を必要な猫達がたくさんいます。保護は一度保護したから終わりと言うものではなく、継続してやらないとすぐに増えてしまうのが現実です。全ての猫達を救える訳ではありません。しかし、私や当店に保護要請があり出会った猫達は出来る限り助けたいと思いますので、皆様どうかよろしくお願いします。

資格

【第一種動物取扱業取得】

登録番号 動尾第1314号 岡田朋美


当店は、現在約50匹の保護猫がいます。保護環境は、一階には里親探しの猫を、二階には保護して、健康チェックがまだの猫をしっかりわけて保護しています。その中でも、隔離部屋などを作り、病気などの猫達も安心して過ごしてもらえるように心がけています。

店内には消毒を各場所に置き、1行為1消毒を徹底しています。お客様には、入り口で必ず手指消毒を行なっています。

当店の消毒は次亜塩素酸やビルコンなども準備していますので安心して楽しんでいただけます。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/04/26 16:35

    こんにちは!皆さまのご支援でなんとか目標達成いたしました。それでも、まだコロナが続き、先の見えないのが不安ですが、まずは皆様に感謝を伝えたいと思います。本当に保護猫のためにありがとうございます。今後も、支援を募りつつですが、やれる事から一つ一つやっていきますので、今後もねこぱんちをよろしくお願...

  • 2020/04/12 04:06

    こんばんは!このチャレンジも残り4日となりました。このチャレンジをはじめる前は、保護猫達の治療費や保護費用が足りなくて、チャレンジする事にしました。しかし、開始とほぼ同時に私の血液検査の数値が少し悪くて、病院で調べるようにと言われ検査したところ、膵臓に腫瘍が見つかり、早急に入院、手術をいたしま...

  • 2020/04/06 20:19

    コロナで収入は3分の1に減少、、、それでも、家賃、光熱費、ご飯代、砂代、医療費、、、はかわらず、、、どうして払えばいいか、、、悩むばかり、、それでも、、、、前向いてやれる事をやっていくしかない、、、コロナ、、、本当に憎い

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください