【世界52カ国のユーザーに愛されるWolffepackのイノベーション】


Wolffepack(ウルフパック)は、元々はバックパックフリークである開発者のDavid Wolffeが、彼自身の今までの経験を基に、3児の父親・サラリーマン・スキーヤー・写真家としての生活の中で、既存のバックパックに感じた不便な点や「バックパックはもっともっと便利になるはずだ」という日頃の強い想いが、革新的なアイデアへと導き、そのヒラメキが、今回ご紹介する、ガジェットの要素を加えたバックパックの原型を生み出しました。


【ウルフパックの基本情報】

【ウルフパックの使用方法】



今回ご紹介するのは定番人気の2モデル
METRO(メトロ)&ESCAPE(エスケープ)

【荷物の出し入れ簡単】
ウルフパックメトロは、両肩から肩ストラップを外すことなく、片手だけで全てのバッグ機能を完結できます。 お買物・旅行・サイクリング・写真撮影・空港内・お出掛け・お子様連れなどなど、どんなシチュエーションでもご利用頂くことができます。

【セキュリティーも安心】
背後に背負うことが危険だと思った際は、バックパックを前に回すことで危険のリスクを少なくします。 マーケット・列に並んでいる時・混雑した電車などの際には、バッグを目の届くところで管理できるので
安心です。

【より快適に、機能的に】
バックパックが衝突したり、狭いスペース内で押し潰されたりということを防ぎます。 背後のスペースに気を遣わなくてもいいので、毎日の通勤もラクラク。 バックパックを両肩から下さず、快適に座ることが出来ます。

【ノートパソコン・タブレットを保護出来るスリーブ搭載】
パッド付きマイクロファイバーのノートパソコンポケットとパッド付きタブレットのポケット。
15.6インチのノートパソコン、iPad2などのようなタブレットにフィット。

【収納ポケット】
ポケット・ポーチ・ペンホルダー・キーホックを装備、どこに何があるのかすぐにわかり、
取り出しに便利です。

【背中に優しいデザイン】
ウルフパックメトロは、パッドが施されたストラップで肩への刺激が和らぎ快適です。さらに背中部分には、空気の通り道を設けています。 EVA気泡構造を採用、バッグの中身と背中が干渉することなく快適に荷物を持ち運ぶことができます。

【METROの特徴】
通勤や旅行中の電車やバス車内での使用に最適です。


電子製品の保護:
15インチノートパソコンやタブレットを保護するパッド付きマイクロファイバー製スリーブ。
収納ポケット:
2つのジッパー付ポケット・キーフック・充電器などを収納するポケットなどなど。
メインコンパートメント: 
充電器・日用品・携帯・本などを収納するポケット。
快適な背面: 
EVAとEPEから形成されたフォームにより背中と肩に負担を与えず快適。
エアフロー機能: 
空気の通り道を作ることで、背中の換気を行い快適。
脱着可能な胸ストラップ: 
自由に高さ調整が可能。前面にバッグをぶら下げる事が可能です。
外側ジッパーポケット: 
電子マネーカードなどの小物入れ収納ポケット。
サイドポケット: 
ドリンクや傘用ポケットホルダー
特徴: 
ストラップ収納スペース、安定したトップハンドル、2つの内側ジッパーポケット、
キーフック、ガンメタルジッププル、Gフック。
色:
黒色を基本に赤いステッチのジッパーと赤い裏地。

【基本スペック】
容量: 22L
寸法: 46cm x 31cm x 15cm
重さ: 約1.4kg
素材: 防水繊維・高品質バリスティックナイロンmカーボンファイバー、ケブラー、ダイニーマコード。


【ESCAPEの特徴】
通勤・ハイキング・サイクリング・スキーなどアクティブな使用に最適です。

電子製品の保護: 
13インチノートパソコンやタブレットを保護するパッド付きマイクロファイバー製スリーブ。
収納ポケット: 
1つのジッパー付ポケット、キーフック、充電器などを収納するポケットなどなど。
メインコンパートメント: 
充電器・日用品、携帯、本などを収納するポケット。
快適な背面: 
VAとEPEから形成されたフォームにより背中と肩に負担を与えず快適。
エアフロー機能: 
空気の通り道を作ることで、背中の換気を行い快適。
脱着可能な胸ストラップ:
自由に高さ調整が可能。前面にバッグをぶら下げる事が可能です。
外側防水ジッパーポケット:
電子マネーカードなどの小物入れ収納ポケット。
2つのサイドポケット: 
ドリンクや傘用ポケットホルダ、ストラップ収納スペース、安定したトップハンドル、
内側ジッパーポケット、反射テープ、サイドコンプレッションフック、キーフック、
ガンメタルジッププル・Gフック。
色:
黒色を基本に赤いステッチのジッパーと赤い裏地。

【基本スペック】
容量: 18L
寸法: 45cm x 28cm x 14cm
重さ: 約1kg
素材: 防水繊維、高品質バリスティックナイロン、カーボンファイバー・ケブラー・ダイニーマコード。


【リターンのご紹介】

通勤用・旅行用でも使える定番人気の2モデル。
METRO(メトロ)とESCAPE(エスケープ)を支援者の方へ、数量限定の特別価格でお届けいたします。

① METRO(メトロ)1個(早割30%OFF)         30個限定
② ESCAPE(エスケープ)1個(早割30%OFF) 30個限定
③ METRO(メトロ)&ESCAPE(エスケープ) 2個セット(35%OFF) 30個限定
④ METRO(メトロ)1個(25%OFF) 30個限定
⑤ ESCAPE(エスケープ)1個(25%OFF)         30個限定

※詳細は、各リターン商品の詳細ページをご覧ください。


【メディア掲載や受賞歴】


【Q&A】

① ウルフパックの使い方はどちらで見れますか?
ホームページの動画をご覧ください。アドバイスのページに商品の使用方法の動画があります。
他のお問い合わせについては、infojp@wolffepack.comへご連絡ください。

② その他の安全情報はありますか?
自転車やバイクで移動してる時は、パック部分を下さないでください。バック部分を下す時は、下にぶつかるものがないことをご確認ください。下ろしている最中に、ハンドルから手を離さないでください。バック部分が下りた状態のまま移動しないでください。

③ 何キロの荷物まで対応できますか?
7.5kg以下の荷物がおすすめです。7.5キロを超えますと、機能の低下の原因となります。

④ 子供が使用することはできますか?
ウルフパックはお子様を対象にしてはおりません。また、サイズもお子様用よりも大きいので、
お子様のご使用には十分にご注意ください。

⑤ ウルフパックは簡単に使うことが出来ますか?
多少のコツを覚える必要はございますが、様々な方に使って頂けます。
使用方法は、基本的にボタンを押してストラップを引くだけです。

⑥ 紐は切れたりしませんか?
とても丈夫なDyneema紐を採用しています。各国の軍隊や、登山で使用する紐と同様のものを使用しています。300kgにも耐えられる設計をしています。

⑦ ウルフパックはどのような荷物にも使えますか?
はい、色々な実験を行っております。機内持ち込みが出来る重さは、問題なく使用することが出来ます。
ただ、その重さを超えますと、ハンドルを強く引っ張って頂く必要が出てきます。

⑧ ExpetoSYSTEMを付ける事で重くなりませんか?
このシステムは軽量です。全体重量もほぼ通常のバックパックと同様の重さです。装置自体の重さは400gほどありますが、タウンユースやアクティブユースにおいては、400gの重さ以上の価値を見て頂けます。

⑨ サイズ調節は可能ですか?
はい、肩のストラップは通常のバックパックと同様、調節が可能です。

⑩ 紐は安全ですか?
バックパックとして背負っている状態時は、紐は装置の中に隠れています。
パック部分を下した時には、紐が体の近くにぶら下がりますので、引っかからない様にご注意ください。

⑪ 左利きの人も使用することは可能ですか?
はい、左利きの人でも使用可能です。ハンドルは右側にありますが、右手、若しくは両手で操作が可能です。簡単に操作ができますので、利き手の問題はありません。

⑫システム内の使用材料で注意することはありますか?
ネオジウム磁石を使用しております、ペースメーカーなどに影響する場合があります。医療機器をご使用の方は、ご使用前はかかりつけの医師とご相談ください。

⑬ 重量が重くてバッグ部分を持ち上げることが難しいですが。何かコツはありますか?
はい、持ち上げかたにはコツがあります。説明動画をご参考ください。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください