1.自己紹介と私の夢

 

初めまして、

千葉未来(ちばみく)と申します。

 

 

私にはいくつかの夢があります。

自分の中から生まれた夢もあれば、誰かの夢を自分も一緒に追いかけてみたいと想い、

それがいつしか自分の夢の一つになったものもあります。

 

 

今回、私はその夢の一つをたくさんの人と分かち合いたいと思っています。

 

 

それは、

「カンボジアの全ての子供達がいつでも絵本や写真集を手に取り、自由に自分の世界を広げていける環境を作ること」です。

 


今回この夢を、仲間と、そしてこれを読んでくださっている皆さんとともに成し遂げたくて、クラウドファンディングに応募させていただきました。

 



 

 (参考資料http://topic-plus.com/archives/331.htmlより引用)

 


私には大人になった今でも大好きな絵本があります。

それは『はらぺこあおむし』という絵本。

  

 

葉っぱの上の卵が孵って小さなあおむしが生まれ、たくさん葉っぱを食べて大きくなって、やがて蛹になり、美しい蝶が生まれる。 そんなシンプルなストーリーです。

 

 

小ちゃな頃、この本を読んだとき、食べてばっかりでもぞもぞと這い回るあおむしが、自由に空を飛び回る美しい蝶になるなんて!と衝撃を受けたのを覚えています(笑)

 

 

カンボジアに住むある少年の目の前を美しい蝶が飛んでいく姿を想像してみてください。

その少年は、美しい蝶ををみて、きっと興味を持ちます。

 


この少年が、『はらぺこあおむし』を読んでいたとして、その変化の不思議に心をときめかします。

 

 

もしかしたら、その蝶は何から生まれたのか、世界にどれだけいるのか、なんていう名前なのか、研究して、将来昆虫学者になろう!なんて思うかもしれません。

 

 

たった一冊の本が、一人の少年の人生を変えることがある。私はそんなことを思ったりします。

 

 

生き物の成長が面白くて、もっと勉強したくなるかもしれない。

こんな風に美しい絵が描けるアーティストになりたいと思うかもしれない。

絵本を描いていろんな人に読んでもらいたいと思うかもしれない。

この本を描いた人に会って話してみたいと思うかもしれない。

ここに出てきたような世界一美しい蝶を探しにジャングルに行きたい!!と思うかもしれない。

 


1冊の本で、これだけの夢が語れるようになる。

それなら100冊置いたらどれだけの夢が生まれるだろう!そう考えたら途端にワクワクしてきたのです。

 


特に貧しい農村部では、そんな自由に本を手に取れる環境にいる子供たちは、まだまだほんのわずかです。

 

 

昨年カンボジアに行った際に、子供たちに、「将来の夢はなに?」と聞くと、

「先生、お医者さん、警察官」ほとんどこの3つしかでてきませんでした。

  

 

私は30人の子供がいたら30人全員が異なる夢を語り合えるような、そんな世の中にしていきたい。

警察官、お医者さん、先生という選択肢だけではない、自由に夢を追いかけることができる、そんな世界がみてみたいんです。

 

 

 

 

 

2.~Dream Library Project(ドリームライブラリプロジェクト)~

 

  

Dream Library Projectとは、

「カンボジアのすべてのこどもたちが、いつでも自由に本を手に取れる環境をつくる」このVISIONのもと、

NPO法人HEROと数名の有志で昨年スタートした、プロジェクトです。 

 

 

私がこのプロジェクトに参加したきっかけは、2度目のカンボジア旅行での出会いでした。

 

 

初めて私がカンボジアに行ったのは、昨年の6月。初めて一人で飛行機に乗って旅に出ました。

 


ただの観光ではつまらない、もっと地元の人の生活に溶け込めるような旅をしていきたいと思い目的地を決めていた頃、

NPO法人HERO(https://npo-hero.org/)が主催する「3泊4日でカンボジアの子供たちに歯磨きを教えませんか?」という旅のテーマを目にし、即応募しました。

 


カンボジアに降り立った時の衝撃を今でも鮮明に覚えています。

車で5分、都市を離れると見えてくる高床式の住居やわらの家、舗装されていない赤土の道路、横切る牛たち、裸で駆け回る子供たち。

 

 

 

 

 

 

 

そんな子供達と触れ合い、気づいたのです。

 


ただ自分がそこにいるだけで、一緒に遊んでいるだけで子供達が幸せそうにしている。

こんな当たり前のようなことで、子供達が幸せになれるなら、何回でも足を運びたい!!

 

 

 

そう思い立ち、その5ヶ月後の11月に同じ3泊4日の旅に参加することになり、

そこで今のプロジェクトメンバーと出会いました。

 

 

子供達の夢のために汗を流す大人たちを見て、

私もこのメンバーに加わることを決意しました。

 


そして、2館目をつくる今回は、リーダーとしてこのプロジェクトを進めていきます。

 

 

こちらは、昨年11月に建設した一館目の図書館の写真です!

 

 

 

  


3.こんな図書館をつくりたい!


今回も、子供達にとって身近な図書館であるように、小学校に隣接して建設して行きます。

 

 


子供達が座って読めるよう小さなテーブルや椅子を設置し、言葉通り新しい世界と触れ合うことをテーマに、絵本や世界の写真集を置いていきます。

 

 

 

棚ごとに国や地域に分け、その国の風景やインテリア、食べ物や言葉などのジャンルの本や写真集を蔵書し、図書館に入った途端に世界に飛び出せる、そんなイメージの図書館にしたいと考えています。

 

 

 

本の管理は小学校の先生に委託。

本には図書館の本だとわかるよう、印や番号を書き、棚に揃っていることが確認できるような貸し出しの仕組み作りをして行きます。

 


またこの図書館は、他の小学校や地域住民、大人も立ち寄ることができるよう開放し、

大人が子供に読み聞かせをするような場面にでくわせたらいいな、なんて思っています。

 

 

 

2館目の図書館のコンセプトは、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本が読めて、写真も見れる。

入っただけで世界に飛び出せる。

大人も子供も立ち寄れて、

学校に通えない子供も息抜きにふらっと立ち寄れる。

誰でも学ぶことができ、

熱い夢を語り合う友達に会える。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

 


文字が読めなければ写真を見ればいい。

本を読んだり、写真を見ながら和気あいあいとした時間が過ごせる。

そんな場所でありたいと思っています。

 

 

4.みなさんからのご支援で実現したいこと

 

図書館建設の資材、本や本棚、子供が座る椅子や勉強机を揃える費用、に充てさせていただきます。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【70万円の内訳】

 

・図書館資材:3000$

・大工工賃:2000$

・本代(200冊):350$ 

↑目標以上のご資金が集まれば全てここに充てさせていただきます。

・本棚代:300$

・ペイント代450$

【合計】6000$

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1ドル115円とすると、円換算額は【70万1500円】と成ります。

 


70万円で200冊の絵本や写真集を蔵書した図書館を一つ作ることができます。

図書館を作ることで、多くの子供達の未来の選択肢が増えます。

 

 

 

私と一緒に子供達のワクワクする未来をつくりませんか?

 

  • 2017/10/14 23:30

    ご報告が大変遅くなりました。   皆様に、ご支援いただき、 無事に7月29日にDream Library2館目が完成いたしました!!   クラウドファンディングでは惜しくも目標達成には至りませんでしたが、その後も建設費用として必要な資金をたくさんの人の協力をいただき無事に合計【736...

  • 2017/03/20 23:40

    みなさんこんにちは!!   夢が広がるニュースです!!   今回の図書館建設に、カンボジア人の社会起業家のコンギさんという方の協力のもと、コンギさんの会社で作っているレンガで建設をすることになりました!!   以下、この方のFacebookページです。 My dream home...

  • 2017/03/20 23:17

     みなさんこんにちは!   現在までにご支援いただきました皆様、本当に本当にありがとうございます。   本日は、昨年11月に建設した図書館の最新情報をお送りさせていただきます!!   前回ご支援いただいた皆様にご用意いただいたメッセージ入りの絵本を手に持った子供達の様子です^^ ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください