かつて平安京の外れにあった『白河』をマインクラフトで再現したい。海外の人, 小さなお子様にも和風建築を、日本の歴史を知ってもらいたい。法勝寺九重塔をはじめ、歴代天皇・皇后によって建てられた6つのお寺「六勝寺」などを再現します。

プロジェクト本文

【はじめに】

はじめまして、よな(Jonah)と申します。
マインクラフトで建築を、特に和風建築をやっております。
この度は『【再現】平安京白河(洛外)をマインクラフトで造る』プロジェクトページをご覧いただき、ありがとうございます。


【このプロジェクトについて】

マインクラフトにおいて、「白河」を再現したいと考えております。

マインクラフトは現在世界で一番売れているゲームとなっています。
そのようなゲームを使って再現したマップを通じて、海外の方や、小さな子供など、多くの人に日本の和風建築のすばらしさを知ってもらい、また日本の歴史に触れてもらいたいと考えています。

KAGAWA GALLERY より転載(許可取得済)

白河には「六勝寺」といわれる、平安時代後期から室町時代にかけて洛外白河に位置していた、名前に「勝」の字をもつ六つのお寺があったとされています。

「法勝寺」、「尊勝寺 」、「最勝寺 」、「円勝寺 」、「成勝寺」、「延勝寺 」

現在においては、応仁の乱以降にほぼ廃絶し、石碑や町名などに面影を残すだけとなっています。寺域や伽藍配置(お寺の建物の場所)などにおいて不明な点が多く、発掘による考古学的調査および復元作業が進められている状態です。 

現在、マインクラフトにおけるプロジェクト進展状況は、「法勝寺」、「最勝寺 」、「円勝寺 」が完成している状態です。


【ご支援いただいた資金の使い道】

1.資料の収集に使わせていただきます。
インターネットに挙げられている情報だけですとどうしてもわからない部分が出てきてしまいます。すでに失われ、存在しない都となりますので、歴史書や研究書等の図書でしか詳細を知ることはできません。またできる限り一時資料などの信用性に足る資料に基づいて作成したいと考えています。
このための図書の購入国会図書館の複写サービスの料金に充てさせていただきたいと考えています。
また、京都の京都市平安京創生館にある模型についても参考にしたいため、交通費や宿泊費に充てることも考えております。

2.PCパーツ代に使わせていただきます。
現在使用しているPCが4年以上になるため、買い替えを検討しています。
その際のメモリ代等に充てたいと考えています。

(目標350,000円が満額の場合、クラウドファンディング手数料17%としての 59,500円が差し引かれた額が資金となります)

【リターンについて】

・1000円
お礼のメールをさせていただきます

・1500円

・法勝寺九重塔のSchematicデータファイル
・法勝寺九重塔の設計図
・お礼のメール

・2500円

・寝殿造(A or B or Cパターン)のSchematicデータファイル
・お礼のメール

画像はBパターン

・5000円

・法勝寺(全体)のSchematicデータファイル
・お礼のメール

【今後の予定】

完成したワールドは『Planet Minecraft』等の海外の方も多く利用しているサイトを通じて世界に向けて配布しようと考えております。


【最後に】

1週間に1~2時間程度のプレイ時間でちまちまと作っております。
また、その大部分を資料の閲覧や収集にあてており、制作速度は非常にゆっくりなものとなっておりますが、誠心誠意をもって制作にあたっております。
どうぞ完成を信じてお待ちいただければと思います。


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
※本プロジェクトはMinecraft公式ではありません。Mojang から承認されておらず、Mojang とは関係ありません。

  • 2020/03/07 22:24

    今ある資料を基に「成勝寺」 、「尊勝寺 」 、「延勝寺 」(見切れてます) および住居等の塀を作成し、土地の確保を行いました。詳しい伽藍図が手元にないため、配置等は難航しそうですが、何とかやっていきたいと思います。マップの大きさとしては1000×1500ほどになりました。まだまだ半分もいってな...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください