ご挨拶

コミュニティ・スペースsaculaは、2016年10月に設立し、京都市を中心に子ども食堂や学習スペース、フリースペースや10代20代のご飯会など、様々な居場所活動を展開してきました。

2018年より始めたLINE相談やアウトリーチ支援において、家族との関係性について悩む声を多く聴き、居場所活動から発展させたサポートを行いたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました!(^^)

このプロジェクトで実現したいこと

saculaに届く声の多くは、親からの行動管理や暴言など、時に社会とのつながりさえも家族に遮断されてしまい、自己肯定感も低く、自分は何もできない、しんどいという思いです。その環境から一歩踏み出して、「自分らしく」生活したいけど、バイトが禁止されていて一人暮らし資金がない、家事等をさせてもらえなくてできる自信がない、など、一人暮らしするきっかけがなく、どうにもできない不安に陥ることもあります。

そこで、シェアハウスという共同生活を通じて、生活基盤を身につけ整えながら、ソーシャルワーカーと長期目標やスモールステップを立て、「自分らしく」自立することを目的にこのプロジェクトを始めます。

プロジェクトをやろうと思った理由

子ども・若者の居場所を展開する中で、「アウトリーチも可能な若年女性向けの相談」として関係機関から当団体に相談が来たことが、相談サポートを始めるきっかけでした。相談を受ける中で、家族から離れて暮らしたいという彼女たちの相談は「もうちょっと頑張ってみて」「親と話し合ってみて」と相談機関の窓口で言われたり、貧困家庭やDVではないから金銭的援助はできないとだけ返されるなど、具体的な手立てを考えるに至らず、さらにしんどくなったという声も聴きました。

18歳を超えた彼女たちは特に制度の狭間に悩むこともあり、十分なサポートを受けることは難しいです。さらに関西は、関東に比べて【若年女性支援】が充実しておらず、どこに相談するべきか分からず、相談を諦めてしまうこともあります。

そんな「この現状を何とかしたい!」と話す彼女たちの一歩を踏み出すきっかけになりたいです。


資金の使い道

シェアハウスの家賃や水光熱費、共同スペースで使うものなどの購入に使用させていただきます。

また、アウトリーチ相談のための交通費や人件費などに使わせていただきます。


実施スケジュール

2020年3月1日:シェアハウス準備スタート

2020年4月1日:シェアハウス入居スタート

       クラウドファンディングスタート

2020年5月31日:クラウドファンディング終了

        随時リターン発送

2020年夏頃:コミュニティ・スペースsacula2019年度活動報告会



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください