TUFS Korean Dance Team - the 10th Anniversary Performance -東京外国語大学・朝鮮舞踊部の初単独公演2020年4月11日(土)14:00~東京外大 ホールで開催!この舞台を通して日本と朝鮮半島の架け橋となることを目指します!

プロジェクト本文

東京外国語大学 朝鮮舞踊部 10周年記念公演
Tokyo University of Foreign Studies Korean Dance Team
- the 10th Anniversary Performance -

Web site → Click here
Facebook → Click here
Instagram → Click here

はじめに

はじめまして!東京外大 朝鮮舞踊部です。
私たちは日々朝鮮舞踊の練習に励み、大学の文化祭や外部公演などで舞踊を披露しています。

朝鮮舞踊部が立ち上がったのは10年程前の2009年。
当時入学した、ある学生の疑問と熱意からでした。
彼女は幼い頃から朝鮮舞踊に親しみ踊っている中で、ある疑問をずっと抱いていました。
「なぜ朝鮮舞踊は日本で知られていないんだろう。」

朝鮮舞踊は「半島の舞姫」と呼ばれた舞踊家、崔承喜が朝鮮半島の伝統舞踊と現代舞踊を掛け合わせ生み出した舞台芸術です。
舞踊音楽は管弦楽で奏でられ、様々な趣向の作品も創作されるなど、芸術性の高い舞踊です。
日本国内でも在日韓国/朝鮮人を中心に踊られていますが、日本社会全体での知名度はほとんどありません。

「朝鮮舞踊も、ひとつの芸術として、民族の枠を超えて沢山の人に楽しんでもらいたい!」

朝鮮舞踊を本当の意味で楽しんでもらうためには、見る人を増やすだけでなく、踊る人そのものを増やさなければ。
そうした思いから、入学してすぐに朝鮮舞踊部の設立を決意。
東京外大の多文化な環境も後押しとなりました。
たった一人で勧誘を始め、3人の友人とともに活動を始めました。

そうして、気づけば10年という年月が経ちました。
過去に入部した部員は総勢30名を超えるまでに成長しました。
大学在学中の現役部員に限らず、卒業したOGには現在も舞踊を踊り続けているメンバーもいます。
大学の文化祭を始め、地域のイベントでの公演や大きなホールでの公演などでも踊ってきました。

民族という枠組みを超えた取り組みであり、芸術を通して日本と朝鮮半島をつなぐ架け橋になるべく活動しています。


プロジェクトをやろうと思った理由

「朝鮮舞踊も、ひとつの芸術として、民族の枠を超えて沢山の人に楽しんでもらいたい!」
その思いで活動してきた私たちですが、やはり日本社会における朝鮮舞踊の知名度はまだまだ低いままです。

朝鮮舞踊を見る人も、一緒に踊ってくれる仲間も、もっともっと増やしていきたい。
創部10周年という節目に、そのきっかけを作りたい。
そのために、朝鮮舞踊部の大きな公演を開催したい!

そうして今回、10周年記念公演を行うことになりました。
朝鮮舞踊部の単独公演を開催することは初めてです。
500人が入る大規模な会場で行いますが、
出演者は舞踊部現役生・OG合わせてたったの10人
とても多人数とは言えません。

披露する作品数は10作品。
複数人で踊るものが多く、そのため各自がいくつもの作品を練習することとなります。。
単独公演であるため、出演に向けた準備だけでなく、照明や音響などの準備、宣伝も、自分たちで行います。

たった10人で単独公演を開催することは、決して簡単ではありません。
公演を成功させるため、毎週2日を費やしています。
休日は丸1日、平日は仕事や授業終わりに夜遅くまで励んでいます。
そんな生活を半年以上続けて、この公演に向けてみんなが一生懸命準備しています。
是非、公演を成功させるため、皆様からの応援をお願いいたします!


資金の使い道

頂いた資金は、主に10周年記念公演の開催費用として活用させていただきます。
公演を開催するにあたってとても多くの費用が必要になります。
公演会場のレンタル費や公演当日に必要となる衣装、小道具の費用に加え、公演に向けた練習場所のレンタル費や練習道具などの消耗品の購入など、日々の練習を行っていく上でも様々な費用がかかります。

出演者はたった10人。演目数は10作品。
決して多いとは言えない人数で、初の単独公演に向け一生懸命準備をしています。
金銭的にも、決して少なくない費用がかかっています。

また、今回の公演はより多くの人に楽しんで頂くため【全席入場無料】としました。
今回の公演の収入源はこのクラウドファンディングのみとなっています。
私たちの活動にご賛同頂ける方は、見に来ていただける方も、そうでない方も、
是非、ご支援を頂けますと幸いです!

- ご支援いただいたファンディングの用途 -

会場レンタル費
衣装レンタル費(10作品すべて別の衣装をレンタル)
小道具購入費(踊りで使用する小太鼓、扇子、装飾品など)
宣伝用チラシ・動画の作成費
パンフレット作成費
練習用スタジオのレンタル費
各種撮影
など

*本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


これまでの活動

- 大学文化祭(外語祭) -

毎年行われる大学文化祭の中の様々なイベントにおいて、朝鮮舞踊を披露しています。
朝鮮舞踊専用の舞台を設けて公演をしたり、外語祭のメインステージでもある野外ステージで舞踊を披露したりしてきました。
外語祭での発表は、東京外大朝鮮舞踊部にとってとても重要なイベントの一つとなっています。


- 金英蘭舞踊研究所 発表会 -

東京外大 朝鮮舞踊部は、より高い技術の習得を目指して、部活での練習とは別に金英蘭舞踊研究所でのレッスンを受けています。
こちらの舞踊研究所では、2年に一度発表会が開催されており、朝鮮舞踊部もその発表会に参加しています。
朝鮮舞踊に精通した方々と同じ舞台で共演できること、さらに1000人規模の舞台で踊る経験が得られることは、朝鮮舞踊部だけでは経験することのできない経験を得られ、大きく成長できる貴重な機会にもなっています。


- その他外部公演 -

第17回水かけまつり&ワールドフェスタ
府中市社協「児童・生徒のボランティア活動紹介展」
府中ワールドフェスティバル
武蔵野の森公園フェスティバル
「庚申様の夜祭」
多摩市国際交流センター主催 文化祭
など


最後に

「朝鮮舞踊も、ひとつの芸術として、民族の枠を超えて沢山の人に楽しんでもらいたい!」

そんな思いのもと、私たちは日々活動しています。
日本における朝鮮舞踊の知名度はまだまだ低く、もっともっと沢山の方に楽しんでもらえるようになるために、私たちもさらに多くの活動をしていきたいと思っています。

今回の公演は【全席入場無料】です。
公演自体の入場を無料とすることで、より多くの方々に気軽に見に来て頂き、朝鮮舞踊を知るきっかけ、朝鮮舞踊部を知るきっかけにして頂きたいと考えているからです。

是非、見に来て頂ける方もそうでない方も、私たちの活動にご賛同頂けましたら、ご支援頂けましたら幸いです!

朝鮮舞踊の発展、朝鮮舞踊部の発展のため、ご支援をお願い致します!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください