被災地福島県相馬市を盛り上げたい!イオン相馬店の婦人服・雑貨店miura2をライフスタイルショップにリニューアル!3・11の震災や台風9号による影響でお店がボロボロです。「人がいない」「小売は厳しい」「みんな都会に行くから」私はそれを言い訳にして終わりたくない!

プロジェクト本文

はじめに


ページをご覧いただきありがとうございます。



はじめまして。株式会社三浦京染貸衣装店の三浦寛基です。今年で23歳になります。

東北学院大学で経営学を専攻後、昨年から地元 福島県相馬市に戻り

家業を継ぐために日々邁進しています。



慶応元年(1868年)三浦京染貸衣装店は呉服業から始まり

現在は振袖や袴、ブライダルドレスなどの貸衣装や写真スタジオ、

雑貨婦人服屋など小さな会社ながら地元相馬市に密着し元気に営んでおります。



このプロジェクトで実現したいこと

三浦京染貸衣装店で運営している婦人服・雑貨店【MIURA2】(イオン相馬店)


「なんかぱっとしない店だな・・。


仙台から地元に帰ってきて店舗を見たとき正直そう感じました。

なんとかしたいなあと悩んでいた矢先




先日の台風9号で浸水被害に遭い、近くの宇多川は決壊しました。

元々3•11の震災の影響で店舗の下の地盤が低くなっていたこともあり
イオンも浸水し一時営業停止に。

床や什器も汚れてしまいましたが掃除や簡単な修復だけで営業しています。

私としては早急に改装した方がいいと考えていますが、

社長云く「年々相馬市の人口が減っていて、イオン相馬店の客数も減ってきている。

売上が立っておらず、改装費まで手が回らない。」というのが現状。



プロジェクトをやろうと思った理由・課題


「人がいない」「小売は厳しい」「みんな都会に行くから」


お店云々ではなく、人がいないのが原因だと社長や従業員は口を揃えて言いますが

私はそれを言い訳にして終わりたくない!


なぜ客足が遠のいていくのか?


お店と改めて向き合ってみると

ショップコンセプトが定まってないことや、

内装やディスプレイ・店内の雰囲気が良くないこと

商品鮮度が悪いことなど改善点はたくさんあります。

雑貨は幅広く取り扱っているものの、アパレル商品が高い年齢層に
偏っているため若者にとっては入りづらさもあります。


より多くの年齢層に足を運んで頂けるような、フレッシュなお店作りで

相馬市の活気を取り戻す!


婦人服・雑貨店【MIURA2】を

最新ファッション・雑貨・インテリアを取り入れたライフスタイルショップとして

リニューアルオープンしたいと考えてます。



ー  現在の店舗の現状  ー

・什器の老朽化


 浸水や経年劣化で黒ずんでいるタイル。

什器は塗装が剥がれていたり、傷があるまま営業している。



・内装の問題点

バックヤードをダンボールなどで隠している為
お客様から見えてしまっている。


1つのラックにぎゅうぎゅうに商品が並んでいて、卸売のようになっている。




ー リニューアルオープン後の内装イメージ ー


内装コンセプトは【シャビーシック×グリーン】

白を基調としたアンティークでナチュラルな店内に

グリーンインテリアを融合した優しい空間を目指します。




ー 什器のリニューアル ー


福島県相馬市は、海に面しています。


それを利用し、松川浦の海岸で収集した流木を使った什器をDIYして

コスト削減しつつ、相馬市らしさを出していけたらいいなあと思っています。



–– 商品イメージ ––

シャビーシック×ドライフラワー

イオン相馬店には今お花屋さんがありません。

生花よりも手に取りやすくインテリアとしても長く楽しめて
ギフトにも最適なドライフラワーやスワッグを提供していきます。


ライフスタイルに沿った日用品やインテリア

若者からご年配の方まで抵抗なく使っていただける
アノニマスデザインのものをメインに取り扱っていきます。





資金の使い道

床・壁リノベーションの材料費

什器塗り替えのための塗料費

その他備品費

手数料


リターンについて

・店内商品割引券 (有効期限ナシ!)

・ねこちゃん雑貨詰め合わせ

・バラ,花系雑貨詰め合わせ

・スタッフセレクト雑貨詰め合わせ

ご支援いただいたみなさまにありがとうメールをお送りします。


実施スケジュール


3月〜5月末 改装決算セールを実施

6月 改装スタート(2週間〜1ヶ月)

7月 リニューアルオープン



最後に

3•11から9年。

いつまでも被災地ではいられない!

また相馬市に人々を呼び込み
イオン相馬店に活気を取り戻したい!

これまでのやり方を一新し、相馬市初のライフスタイルショップとして
リニューアルオープンして相馬市に貢献したい!

ですが、自分の力ではどうにもできず、リニューアルするにはお金が足りません。

藁にもすがる思いでプロジェクトを企画しました。

是非みなさまのお力添えを頂きたく考えております。



※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください