●あいさつ

当プロジェクトをご覧いただき、ありがとうございます。

私の実家は、大阪鶴見区で「正和堂」という書店を営んでいます。私自身も平日は会社勤めをしながら、週末には家業を手伝っています 。生まれた時から本に触れて育った私にとって、本のない暮らし、書店のない生活ということは考えられません。

しかし、インターネットの普及に伴ってライフスタイルは変化し、徐々に本離れが進んでいます。 2020年コロナ禍によるおうち時間の増加に伴い、売り上げが微増している書店はあるものの、依然として苦しい状況が続いています。毎年のように閉店する書店が何百とあり、書店には生き残りをかけた工夫が求められています。


「今後も書店を継続していくにはどうしたいいか?自分にできることは何なのか?」と試行錯誤してきました。正和堂での取り組みを通して「本」を知ってもらうことや「来店」してもらうきっかけを作ることが必要だと感じました。

昔ながらの本屋さんや都心部の大型書店までも閉店するというニュースを目の当たりにするにつけ、寂しくやりきれない思いにかられます。微力ながら、正和堂での取り組みを生かして、何とか書店業界を盛り上げたい。 そんな思いで、今回このプロジェクトを立ち上げました。

どうか温かいご支援をよろしくお願いいたします!

●当店のあゆみ

「正和堂」は、私の祖父が立ち上げ、今年で創業51年目を迎える昔ながらの「街の本屋さん」です。

もともとは祖父が経営していたパン屋の片隅で販売していた書籍コーナーからスタートしました。そして、書籍だけを扱うようになり、ビルを建て、カルチャーホールを設け、試行錯誤しながら現在の書店の形になりました。

時代と共に変化し、一時期は本店とさらに2店舗の運営をしておりましたが、出版不況の荒波に揉まれ、現在は本店のみを営業しています。

●当店の取り組みについて

書店としてできることを模索している中で、考えたのがSNSを使った「本のPR」です。なぜならば、本を知ってもらう「きっかけ」が圧倒的に足りていないと思ったからです。

毎日100種類以上の新刊が発刊されますが、種類が多いため、ベストセラーでさえ一般的に知られていないのが現状です。

そこで2017年から、SNSにて毎日おすすめの本を紹介することにしました。想像以上の反響があり、現在約9万フォロワー以上の皆様に見ていただけるまでに成長しました。

また、より読書を楽しんでもらいたいという思いから制作したオリジナルブックカバーは、twitterで13万いいね!がつくほどに話題となり、様々なメディアにも取り上げていただきました。

これをきっかけに、北は北海道・南は沖縄と全国各地から来店してくださる方が増え、一番遠方だとバリからいらしてくれた方もいらっしゃいました。想像以上の反響に、ブックカバーの在庫切れをおこした事も多々あります。

有難いことに、SNSでは「久しぶりに本を読みたくなった」「読書が楽しくなる」 などのコメントをいただきました。本を読むきっかけ作りに少しでも貢献できたこと、さらには、これを機に書店に足を運んでくれる人がいることをとても嬉しく思っています。

ただ、残念な事にブックカバーが欲しいけど遠くて行けない、という声もたくさん頂きました。そこで、もし、このブックカバーを全国の書店で配ることができれば、より多くの書店に足を運ぶきっかけを提供できるのではないか、と考えました。競争よりも協業を!それが今回プロジェクトを立ち上げたきっかけです。


●プロジェクトの内容

当店でプレゼントした中で1番人気が高かった『アイスキャンディ型ブックカバー6種類』と『栞』を、47都道府県の参加書店(200店舗以上)で配布予定です。主に指定書店で書籍を購入していただいた方にプレゼントを予定しております。

※同時並行で書店の募集をおこなっていくため47都道府県に達しない場合がございますが、その点はご了承下さい。

※街の独立系書店、チェーン店、大型店含めた47都道府県の参加書店での配布を検討しています。


●キャンペーンロゴ

17世紀の偉大な科学者アイザック・ニュートンが用いた次の言葉を基に、「巨人の肩に乗れる場所」を表現しました。

  私がかなたを見渡せたのだとしたら、それは巨人の肩の上に乗っていたからです。

  (If I have seen further it is by standing on the shoulders of Giants.)

現代の解釈では、先人の積み重ねた発見に基づいて新しい発見を得ること、とされています。

ニュートンのこの言葉は、本を読んで考えることは、著者の膨大な知識、経験が凝縮されたもの(=巨人) を体験し、新しい発見を得ることだと示してくれているように感じます。

そして、書店はその言葉を体験できる「巨人の肩に乗れる場所」だと思いました。

日の出は、新しい発見、書店の新しい未来をイメージしています。

●スケジュール

4月 クラウドファンディング開始

5月 製造開始・協力店舗募集開始

6月~7月 リターンと各店舗ブックカバー発送


●リターンのご紹介

・応援コースS

・応援コースM

・応援コースL

・読書のお供コース

・Tシャツコース

・オリジナルエコバックコース

・ブックカバーコース

・ポストカードコース

・オリジナルエプロンコース

※ご支援いただいた支援金は、製作費やリターンの経費として大切に使わせていただきます。なお、金額に関しては支援者様の数によって製造数が変わる事や、各種コストの変動がある可能性があるため、あくまで概算となります。

(目標金額に対する内訳)

■ブックカバー製作費+梱包発送費用 約75%

■各種リターン及び人件費 約25%

■CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料:10%

(想定されるリスクとチャレンジ)

・今回クラウドファンディングにて集めた資金は、製造費、人件費、物流費、宣伝費に使用させていただきます。

・購入後のキャンセルは基本的にはお受けできません。

・疫病や天変地異・事故によって納品のスケジュールが大幅に遅延する場合がございます。その際には、わかり次第逐一皆様にご報告申し上げます。

・なお、もし目標金額を超えて資金が集まった場合には、よりたくさんの書店様に配っていただけるよう経費に充当させていただきます。

・同時並行で協力店舗の募集もおこなっていくため47都道府県に達しない場合がございます。


●書店の皆様へ

僭越ながら、今回このようなプロジェクトを立ち上げさせていただきました。

クラウドファンディングが成功したとしても、書店の皆様のご協力なくしては到底成功できない試みです。ご賛同いただける書店の皆様、ぜひ一緒に書店業界を盛り上げていきませんか!


※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください