はじめに・ご挨拶

FROM 株式会社FC淡路島 代表 片山純平

こんにちは、FC淡路島代表の片山です。オーナー庄田とFC淡路島を0から創業しました。余りこの話を知らない方が9割ですのですっごくシンプルに自己紹介させて頂きます。今私がFC淡路島を作った理由としてオーナーの庄田が「Jリーガーになりたい」というのでFC淡路島ができた話はちょくちょく知られている方も多いのですが、私にも夢があります。





私自身、オーストリアでプロサッカー選手を経験し選手としてはやりきりました。しかし、やりきった後が地獄でサッカーしかやっていない自分は社会としては何もできることがなく本当に苦労しました。実際、まだ友人はプロでサッカーを選手として続いていますが、きっと彼らも選手が終わった頃、あるいは終わる間際には強烈な不安と、そして実際にサッカー以外の世界に入ったときに相当な苦労を味わうことは間違いありません。そこで彼らを受け皿にするようなキャリア教育をやりたい、ちょうどオーナーの庄田がインキュベート事業の業界では名が売れていましたし、実績も経験も豊富で、まさかの「Jリーガーになりたい」という意味不明な夢を持ったタイミングもあり、「俺Jリーガーにならせてくれるんだったら、キャリア教育は任せて」という話になり、これも運命だなと思い、自分も覚悟をもって決断しました。


今このFC淡路島がシャレにならないことになっています。

若干、ノリで立ち上げた部分もありますが、庄田とコンビを組んで尋常じゃないスピードで動きました。その結果、
たった1年半で全国制覇 今年から淡路島に選手&運営スタッフ総勢30名が移住。元Jリーガー加入 週2から週6の練習試合、洲本市との連携協定締結、コロナの影響によりリーグ戦や練習が延期期間中に立ち上げた出前FC淡路島が全国放送に取り上げられたり、これらは氷山の一角ですが面白いストーリーやドラマを話そうと思えば朝まで語ることができます。

まだFC淡路島は2歳です。3歳にもなっていないのに、形だけかもしれませんが、ぽいサッカークラブになってきました。






          私のやり遂げたいこと クラウドファンディングとキャリア教育の関係

前回のクラウドファンディングのおかげでわずか1年半のチームが全国制覇することができました。まずは感謝とお礼を伝えさせてください。ありがとうございます。おかげさまで本来遠征費に支払う予定だった100万円ぐらいが浮きましたので助かりました。

そして、この経験により「すごい時代だなー」という確信しました。クラファンの仕組みって最近じゃないですか? はじめてやってみたのですが、いろんな発見をすることができ、このシステムが私のやり遂げたいサッカー選手の教育に大きなインパクトを与えることができると確信しています。それは、、、


発見1 誰が信用されて信用されないのか?はっきり分かる。


こんなことを言うとあれですが、前回の遠征費はクラブにお金が困っていたわけではありません。コロナでクラブチームの大半が打撃を受けていることでしょうが、幸いFC淡路島はコロナでも問題なく運営を行っています。ですので、このクラファンもお金がないから助けてという目的でやっていません。

前回のクラファン目的は100万を集めるのではなく、選手がどれだけ能力があるのか?知りたかったのです。当然、信用されている人であれば何十万と支援されているし、普段何もやっていない人は0です。数字は嘘をつきません。

ダイエットでも体重計がないとうまくいっているかいっていないか?分からないですよね。キャリアだって、何がうまくいくかいかないかを数字で計測しないと判断できません。クラファンで集められる人は信用があります。キャリア教育でもっとも大事なのは、自分の信用と影響力をいかに上げるのか、残念ながらサッカー選手はサッカー以外は、お世辞でもイケてると言える人は少ないです。
ですので、ダイレクトに自分が信用があるのかどうかと分かる環境が必要なので、今回もそれがテーマでチャレンジしています。今回はうまくいこうがいかなかろうがどうでもいいです。それより自分たちが認識するということが大切です。


発見2 「負けたらシャレにならない!」というプレッシャーと期待が

選手を人間的に成長させる


単純にお金をもらうもらわないで試合の勝率が変わります。実際私も個人のお金をいくらつぎ込んだか分かりませんし、いろんな支援者から投資をされたりしていますので、責任が違います。

これまでサッカーをやってきましたが、また別の感覚です。いろんな責任がありますが、お金の責任というのはプレッシャーの質が違います。「負けて彼女が泣いてかわいそう」という責任は、まぁ一かわいそうですけど、サッカーの世界は何億というお金が動きます。サッカー選手も1億支払って結果がでなければ当然厳しいことを言われるのは当たり前です。お金がからんでいるからこそ、責任の重さは違います。

もちろん相手がそんなに対して思っていなかったとしてもこっちが勝手にプレッシャーを感じるので、四六時中集中しながら仕事をしています。プレッシャーはたしかにきついですが成長速度は違います。

選手もそれぐらいプレッシャーを感じればいい。プレッシャーと成長は大きく関係すると考えています。選手の為ですし、甘えさせて何でもやってあげたところで何もなりません。キャリア教育をテーマにすると扱いが変わります。


実際全国大会で、「みんなお金をもらっている」という意識があったおかげで、

集中していたし、試合が終わった後にアイスバケツがあるのですがまじで地獄です。
それでも体のケアをしっかりしていたし、それだけ勝つために必要な準備を高めてくれる環境をつくることができます。



(これは去年、全国クラブチームサッカー選手権大会で優勝した時の写真です。これもクラファン支援者の方と勝ち取った結果です。一緒に大きな目標を目指し挑戦し勝つ。これを味わえるのは最高の贅沢です)



発見3 お金を払ったファンの支援者が一番おもしろいみたいです。

    クラファンすると幸せな気持ちになれます。


日本人はお金をもらう罪悪感を持っているみたいですが、お金なんてただの交換の道具に過ぎず、キレイも汚いもありません。大事なのは道具の使い方が綺麗かどうかであって、包丁も料理に使えばいいわけですが、それを人殺しに使うから駄目であって包丁がいいも悪いもないわけです。お金も使い方に品格と美学があればなんでもいいわけです。


話はそれましたが、クラファン支援者はとくに全国制覇したときに喜んで頂けました。これは気持ちが分かります。なぜなら形で貢献したからです。実際すごく助かりました。

実際すごく支えになりました。本来かかってしまう100万円を支援者の方々のお陰で、クラファン支援金から捻出できましたし、選手の責任感も増し、選手たちは負担0ですし、クラファンではじめてお金を集めた選手は自分でお金を稼ぐという経験を手に入れ、みんなが一つになったわけです。


もちろん、クラファンしていない人は貢献していないという話ではありません。

応援されることは非常に嬉しいですし、勇気や希望につながっています。ただ面白い面白くないという視点でいうと、クラファンした方が面白いです。


ギャンブルと一緒で、賭けるのと賭けないのとでは面白さが違います。クラファンはある意味成功するかしないかギャンブルみたいなものなので、投げた額が多ければ多いほど面白いです。リターンがお金じゃなく、人の夢とか喜ぶ姿とか感謝されるとかなわけですけど、最終的に人にリスペクトされる感謝されるというリターンほど価値のあるものはないかもしれません。いくら金持ちで権力があっても、リスペクトされない人は個人的に残念な気持ちになります。リスペクトを得るためには、リスペクトをする何かをアクションしなければいけません。つまり、このクラファンで3000円でも支援してください(笑)できれば選手の懐に直結する支援をして頂けると最高です。3000円でも有り難いですが、それ以上ですともっと有り難いです(笑)FC淡路島は全力であなたをリスペクトします。リスペクトが欲しければ、いくらでも支援お待ちしています。いくらでも、、、



資金の使い道・実施スケジュール


資金の使い道に関しては

主にはクラウドファンディング手数料17%+郵送料、原価などの経費を差し引き、
残った金額をFC淡路島の選手へのファイトマネーとして充てさせて頂きます。





8/29  (土)〜クラウドファンディングスタート


10/30(金)〜クラウドファンディング終了!


9月中旬〜  順次パトロンの方々へ郵送予定。


⚠ユニフォームに関しては工場の生産の関係上、受注させていただいた分を一斉に発注をかけるため、1ヶ月時間を要します。
そのためお届けできるのが11月下旬の見込みです。予めご了承下さい。


リターンは?


これをよく「リターンは?」って聞かれます。一番の醍醐味はサッカー界のアマチュアに大きな
貢献ができるということではないかと思います。アマチュアサッカーがもっと潤うことで
サッカーを続けたい22歳の若い選手たちが諦めて就職というような可愛そうな選手を
救うことができるかもしれません。


やりたいけど、生活の為にサッカーを辞めなければいけないというのは、
ましてやサッカーというのは何歳でもできるスポーツではありません。
納得行くまでやりきらせてあげる。ここに貢献できるということは
選手にとって神様の存在であり、リスペクトというリターンを得ることができます。

こういう方が1人でも多くFC淡路島は出会えるとより新しい何かを生み出させそうですので
ぜひ3000円でもかまいませんのでこれをきっかけにお付き合いができると光栄です。
一緒に新しいサッカークラブ2.0を挑戦しませんか? 一緒に歴史を作りましょう!

最後に


ということで、「俺たちFC淡路島は自分の給料は自分で稼ぐ」

ファイトマネーシステムを文化にする。これをチャレンジしたい。


コロナによって、今までの常識が通用しなくなるかもしれません。リーマンショックを
超えるコロナショックは、世界に大きな損失を与えました。

基本、サッカークラブは、スポンサー収入、入場料、グッズが3大柱です。
コロナでスポンサーしていたけど、できなくなる会社も増えるでしょうし
入場料は規制があるので、大きく売上減少します。昔のように何万人も参加できる日は
いつ来るか分かりません。グッズも、スタジアムに行って購入するのが流れですが
そもそも試合に行かなければグッズも買う確率は下がります。これも大幅減少でしょう。

つまり、今までの当たり前が当たり前じゃなくなります。
そもそも、スポンサーや入場料、グッズ売上は何に使われるか分かりません。
ないとは思いますが、社長の接待費やよく分からないお金の使われ方もしている
かもしれません。


株式会社FC淡路島は違います。この選手に支援したいというのであれば、ダイレクトに
クラファンを通して支援できます。何に自分のお金がどう使われているのかが明確ですので
何が違うかというと納得感が違います。

1人の選手に月1万円30人支援すれば、30万円。これだけあれば選手はサッカーに
集中できますし、支援して頂くために価値をつくるでしょうし、なにがサッカークラブ2.0かというと
システムが個人の努力に直結するのが多くの問題解決をすることができます。

いくら努力してもシステム力がなければ結果は実りません。
サラリーマンの方が給料を10万円上げようと思っても難しいですよね。
なぜなら、そういうシステムだからです。

スポンサーのお金がクラブに入ると当然、そのお金の決済権は選手に
ありませんので、基本本人には入りません。せいぜい契約の報酬、勝利給、アマチュアの人は
名前はカッコいいですがアマチュアの報酬なんて大半の方がフリーターと変わらない金額です
それに一度決まった契約は1年間、いくら結果をあげても報酬は変わりません。






FC淡路島のファイトマネーは、がんばってファン活動して、応援されてクラファンという
形で支援を受けることで、月に10万でも20万でも収入アップする可能性は現実的に
ありえます。そういうシステムですので、、、 

もちろん、全員のアマチュア選手を助けられる仕組みではありません。応援されない選手は
稼げません。魅力のない選手は稼げません。何も価値を与えない選手は稼げません。
それは普通ですし、魅力のない選手、何も価値のない選手、応援されない選手は
お金を受け取ってはいけないというのがFC淡路島の哲学であり方針です。

だからこそ、どうやって価値を与えるのか、多くの人に応援されるのか?を考えるわけですし
それが結果、キャリア支援という形になり、どこでも欲しい人材、自分のやりたい仕事を
選べるような人材になって欲しい。

そういう文化にするのが、FC淡路島の目指すキャリア支援です。
ぜひ、少しでも共感して頂ければぜひ支援して頂けると嬉しいです。
希望がありましたら、私も直接挨拶させて頂きますし、スタジアムに来て頂ければ
クラファンの方は分かりやすい仕組みにしようと思いますので直接あいさつさせて
頂きます。


そのために、今回ご支援頂いた額ごとに郵送させて頂くリストバンドの色を分けています。

来年の試合が観戦できるようになった際はぜひ付けて試合会場まで足を運んで下さい。


19,999円未満の場合→蛍光緑色

20000円以上の場合→オレンジ色

100,000以上の場合→金色



(こちらはイメージ物です。実際に郵送させて頂くものとは異なる場合がございます。)



それでは、情熱が強すぎて長い文章になりましたが、最後までお読み頂き
ありがとうございました。




リターンのご紹介

1.【AWJステッカー 3,000円】

AWJステッカー+パトロン限定Instagramご招待




2.【Jleague or NothingドキュメンタリーDVDセット5,555円】


2019年シーズンDVD+パトロン限定Instagramご招待


3.【オーナーの父が経営する庄田津名バイパス店の玉ねぎ 3キロ 5,555円】

淡路島玉ねぎ3キロ+パトロン限定Instagramご招待



4.【FC淡路島所属選手デザインTシャツ5,555円】

背番号21 今宿選手デザインTシャツ+パトロン限定Instagramご招待


5.【FC淡路島 オリジナルデザインタオル2020年モデル 7,777円】

オリジナルデザインタオル2020年モデル +パトロン限定Instagramご招待


6.【AWJ真ん中ロゴ入りキャップ 7,777円】

AWJ真ん中ロゴ入りキャップ+パトロン限定Instagramご招待



【AWJ文字入りキャップ 7,777円】

AWJ文字入りキャップ+パトロン限定Instagramご招待



7.【FC淡路島所属選手デザインTシャツ7,777円】

宮村選手デザインTシャツ+パトロン限定Instagramご招待

        (表面)

        (裏面)



8.【FC淡路島 選手全員の直筆サイン入り色紙 10,000円】

全選手サイン色紙+パトロン限定Instagramご招待




9.【淡路島1部地域限定発行 FC淡路島NEWSペーパー&1年間で発行した分を郵送 15000円】

NEWSペーパー+パトロン限定Instagramご招待



10.【FC淡路島選手 個人ファイトマネー各選手 個人番号サイン入りユニフォーム20,000円】

各選手ご指名で選手の背番号入りユニフォーム+パトロン限定Instagramご招待



11.【選手全員のサイン入りユニフォーム10番&タオルセット 50,000円】

FC淡路島のサポーター番号である10番の2020シーズン全選手のサイン入りユニフォーム +タオル+パトロン限定Instagramご招待



12.【クラウドファンディングスポンサー一覧への掲載&選手全員のサイン入りユニフォーム10番&タオルセット 100,000円】

HPのスポンサー一覧に記載のみ+FC淡路島のサポーター番号である10番の2020シーズン全選手のサイン入りユニフォーム +タオル+パトロン限定Instagramご招待

                  +





13.【FC淡路島 HP掲載&試合ごとのSNS投稿掲載 300,000円】

HP掲載&試合ごとのSNS投稿掲載+パトロン限定Instagramご招待



14.【FC淡路島 コラボオリジナルジャージスポンサー 1,000,000円】


デザイナーと共に0からジャージを作っていくスポンサーです。

FC淡路島 コラボオリジナルジャージ+パトロン限定Instagramご招待



PS たぶんこのクラファンでうまくいく選手は2割いるかいないかだと思います。でも、やります。

正直、今回の企画を今の段階でうまくいく選手は10いる内2いればいいかな?という風に思っています。そもそも「クラファン何?」っていうレベルですからね(笑)営業経験も0、社会経験0の選手が普通です。


だいたいこうなるとやらない方向になるのですが、逆に僕はポシャってもいいかなーと思います。下手に準備してしっかり教育してからやるという選択肢もありますが、そもそも準備の定義がどこまで整えればというのも分かりませんのでやりもってトライアンドエラーでいいかなと、、、


逆に10あるうち2が成功する2の部分にかけていて、この2が将来FC淡路島のファイトマネー文化をつくる重要な人材だと思っています。失敗しても恥を書くリスクぐらいなので、これぐらいであればやらない理由にはなりません。むしろ、これが成功すればアマチュアサッカーの希望にもなると思います。単純に、深く考えているわけではなく

事例のないことをやってみて、どういう結果になるのか?実験してみたいと思います。面白そうなので、ぜひこういうチャレンジを支援してくれるマニアックな人と出会いたいですね。


皆様、最後まで読んで頂きありがとうございます。


一年でも上のリーグへ昇格出来なければ撤退



という”想い”でここまで2年半走り続けてきたFC淡路島ですが、


7年でJリーグ昇格”を本気で狙っていますので、

ぜひこのご機会に

兵庫県社会人1部後期リーグを1位で終えられるように頑張りたいと思いますので、
是非ご支援をよろしくお願い致します。








このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください