「伝えたい想いがあるのに、上手く書けない。」「想いが伝わる文章を書きたい。」あなたの想いに寄り添い、伝えたい相手を考え、代筆いたします。いつ、だれと、どこでもつながれる時代に。ほんの少しだけ、ゆっくり時間をかけてみませんか?心を動かす文章を、手紙のよさを、広げていきたいです!

プロジェクト本文

初めまして。早川健星と申します。現在社会人2年目の24歳です。幼い頃からの「消防士になって人の命を守りたい!」という夢を叶えて、新卒で憧れの消防士になりました。1年半の消防人生を終え、ITベンチャー企業に転職して半年になります。

心を動かす文章を考案する「代筆屋」

悩みや相談、手紙で心の拠り所となる「文通屋」

として仕事をしています。

あなたの伝えたい想いを、伝わる言葉にして、届けたい。

「告白したい。」「謝りたい。」「もう一度やり直したい。」「感謝を伝えたい。」

あなたの内に秘めている想いを、紡ぎだすためのお手伝いがしたいです。

「頑張っているのに、上手くいかない。」「話を聞いてほしい。」「夢を叶えるには、どうすればいいの?」

あなたの心を聞かせてください。手紙であなたに寄り添います。


僕が代筆屋になろうと思ったきっかけは、3つあります。

1.代筆屋との出会い

19歳の時、僕は高校3年間付き合っていた彼女を忘れられずにいました。彼女にはもう別に好きな人がいて、復縁することはないことはわかっていました。

ただ僕の中で何とも言えない胸のつかえが残っていて、「このままじゃいけない、ここで断ち切りたい。」とずっと思っていたんです。

そんな時、昔読んだ小説を思い出したんです。辻仁成さんの著書「代筆屋」でした。すぐに調べました。そしたら、実際に代筆屋として仕事をしている人を見つけたんです。

その方が、現在の僕の師匠「代筆屋 中島泰成」さんです。代わりに手紙を書く。僕は自分の思いを手紙にしてほしいと依頼しました。

その時に、代筆いただいた手紙は、僕の伝えたい想いそのもの。言葉の魔法を体感しました。僕は文章の可能性や魅力、代筆屋という仕事に心底惹かれていきました。

2.奥さんとの出会い

20歳の時、僕は人生で初めて、一目惚れをしました。「この人と結婚する。」と本気で思いました。彼女はアパレルの店員さん、僕はただの客。帰り際に「よかったら連絡ください!」と紙の切れ端にメールアドレスを書いて渡しました。それが今の奥さんです。

彼女には何度も手紙を書きました。ただ彼女の誕生日に手紙を初めて渡したとき、泣いて喜んでくれたことは今でも忘れません。そんな彼女に初めて代筆屋の話をしました。

結婚してからも、「やりたいことがあれば、やればいい。失敗してもいくらでもやり直せる!」と言ってくれる奥さんを文章で幸せにしていくと心に誓いました。

3.夢を叶えて

幼い頃からの夢を叶え、消防士になりました。災害があったり、実際に心臓マッサージをしたり、悲しむ家族を目の当たりにし、命には終わりがあることを肌で感じました。

夢を叶えることができたからこそ、「自分は人生をどう生きたいか?」を考えるようになりました。

僕は第1の夢だった「消防士」になったことで、第2の夢である「代筆屋」になる夢を追う決断をしました。

今度は心を動かす文章を書くことで、誰かの人生を変える仕事がしたいと思います。


このプロジェクトをやろうと思った理由は、

「文章で人生を変えられる!」

ということを体感してほしいからです。

これまでに代筆屋としては、数件の代筆依頼をいただきました。ラブレター、両親への感謝の手紙、職場の恩人への感謝の手紙、夫婦仲の直す手紙、新婦のスピーチなどです。

文通屋としては、10代~60代まで数多くの方と手紙のやり取りをさせていただきました。将来の夢の話をしたり、家族の悩み、仕事の相談等内容は様々でした。

その中で感じたことは、「上手く文章にできない。」「誰にも相談できない、一人じゃ解決できない。」と悩んでいる人が多いということ。それによってチャンスを失ったり、後悔している人が多いということでした。

代筆屋という、心を動かす文章を考案してくれる仕事を知ってもらうこと。

人生を動かすためのお力添えをしたいと思っています。


プロの代筆屋として、

手紙や文通を広げていく活動資金にあてていきたいと思います。

文章の可能性を広げていきたいです。


①【1,000円】

支援いただいた、感謝のお手紙をお送りいたします。心からのありがとうを、届けます。

②【3,000円】

「嬉しいことがあったから聞いてほしい!」「頑張っているのに、上手くいかない。」「悩みなんて誰にも話せない。」
そんなあなたに手紙を書きます。
何でも構いません。あなたの想いを聞かせてください。

③【5,000円】

「あの人に告白したい。」「大切な人に謝りたい。」「誰かの心を動かしたい。」
そんなあなたの代わりに手紙を書きます。伝えたい想いを、伝わる言葉にします。
復縁、謝罪、告白、感謝、懇願の手紙。結婚式や大勢の方へのスピーチ。
心を動かす魔法の手紙を、考案いたします。


「書く行為は、書く好意。」

手紙を書くことは、相手のことを思い抜くことです。また手紙を書くことで、自分自身を見つめ直すことができます。

心を動かす文章を、あなたに。

ご支援、何卒宜しくお願い致します!



※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください