ブラシ部分は綿布にゴムを貼り付けた「基布」に金属ワイヤーを植え込んだ「針布」と言うものが使用されています。「針布」は元来繊維産業で繊維を櫛とき不純物を除去し繊維の方向性をそろえる整毛や、フリースや毛布などの高級織物をふわっとやわらかい風合いに仕上げる起毛に使われています。良質の「針布」を製造するには繊細かつ高度な技術が必要です。その繊維産業の精密加工技術を集約したのがスリッカーブラシ ラウンドトップピンです。

ラウンドトップピンは他のブラシでは真似できない、ペットへの負担が少ない、快適なブラッシングを可能にします。


ラウンドトップピンのピン先はなめらかな球面状をしています。

そのため毛の表面をピン先が滑ることなく、ペットの毛の隙間に確実に入り込むため軽い力で十分なブラッシングが可能です。従来のピン先に存在した角張や突起がないため、ペットの健康な毛を傷つけたり、切れ毛を起こすことを防ぎます。ピン先の表面の滑らかさの効果によるスムーズなクシ通りは、ムダ毛をしっかりと除去し、健康な毛を引き抜くことはありません。

また、ペットの皮膚に無用な刺激を与えないので、皮膚を傷つけにくくペットがブラッシングを嫌がることも少なくなります。



ピンには国内製ステンレスSUS304を使用しています。SUS304は、耐久性には優れていますが加工が難しいと言われいます。

ラウンドトップピンはSUS304を使用しながらピン先の表面はなめらかで、凸凹などの突起はなく、球面上の平坦な曲面をしています。SUS304はさびにくく弾力性に富み折れにくく変形しにくいと言われているので長くお使いいただけます。


45度の腰折れの角度がなめらかなクシ通りと仕上がりを実現します。絡んだ毛玉やクセ毛にピン先が入り込んで梳る(くしけずる)ためには、深い角度(45度以上)で一定していることが重要です。45度以上ないとピン先が毛の間に入り込みません。ピンの横腹で引っ掛けて引っ張ることになります。

これはスリッカーブラシの機能を果たさないばかりか、いたずらにペットに刺激を与えるだけです。
なめらかなクシ通りは飼い主さんの指から腕への負担をも和らげます。


1.  飼い主さんやペットの皮膚にやさしく刺激を大きく軽減します。

2.  ペットの毛にダメージを与えません。

3.  ピンの先端が毛玉や縺れ毛の隙間にすみやかに入り込み、効率のよいブラッシングを可能にし、美しい仕上がりを約束します。

4.  ペットの毛の生え際までブラッシングが可能となり、皮膚の老廃物の除去やマッサージ効果があり、皮膚の健康に貢献します。

5.  ピン先にバリ等の出張った形質がないため、ピンに絡んだ毛の除去を容易にします。




スリッカーブラシを製造し続けて37年。この度、かねてからの懸案であったピンの先端を丸く仕上げることに成功いたしました。長年の経験に裏付けられた精巧な技と最新の技術の融合の結晶を支援者の皆さんにお届けします。 

「ペットとペットをかわいがる方々に、安心と安全、そして快適で美しい仕上がりのブラッシングを」 “ラウンドトップピン スリッカーブラシ” に込める私たちの思いです。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください