桐コース以外にご支援いただいた方全員に、ステッカーとオリジナル折り紙をお届けします。



【雲コース】 ¥500,000(限定1名様)

Asura初年度オーナー権

Asuraデコレーション(大)の提灯に名入れ



【鶴コース】 ¥80,000(限定2名様)

鶴三頭のうち一匹のネーミングライツ(命名権利)

アートカーにお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【松コース】 ¥77,000(限定5名様)

Asuraデコレーションの提灯に名入れ

アートカーにお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【桜コース】 ¥77,000

ベテラン参加者と共にバーニングマン2日目の夜に会場内のアートやキャンプを3時間程度かけて回る、Wrongtown発の鶴バスツアーにご招待(バーニングマンのチケットは含まれません)

アートカーにお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【藤コース】 ¥50,000(限定1名様)

デザイナーでもある発起人がロゴグラフィック等平面デザイン一式制作いたします。

名入れTシャツ1着

アートカーにお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【桃コース】 ¥22,000(限定5名様)

DJの私塾設立・講師経験のある発起人がリモートでDjのマンツーマンレッスン(90分)を致します。

名入れTシャツ1着

アートカーにお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【茜コース】 ¥35,000(限定1名様)

バーニングマン2日目Asuraの火炎放射器操作担当(バーニングマンのチケットは含まれません)

アートカーにお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【楓コース】 ¥30,000(限定1名様)

バーニングマン7日目Asuraの火炎放射器をガスがなくなるまで押し放題(バーニングマンのチケットは含まれません)

アートカーにお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【竹コース】 ¥18,000(限定100名様)

名入れTシャツ1着

アートカーにあなたのお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【梅コース】 ¥12,000 

Tシャツ1着(名入れ無しデザイン)

アートカーにあなたのお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【蘭コース】¥10,000 (限定3名様)

オリジナルフリーサイズキャップ

アートカーにあなたのお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【結コース】¥9,000 (限定3名様)

オリジナルフリーサイズブレスレット

アートカーにあなたのお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【菊コース】¥7,000 

アートカーにあなたのお願い事や祈りのメッセージをプロジェクション


【桐コース】 ¥3,500 

メンバーからの感謝メールをお送りします


【折紙コース】¥2,500 

ステッカー入りオリジナルデザイン折り紙セットのみ



※三嶋章義氏 プロフィール
1978年、大阪府生まれ。2001年、グラフィックデザイナーとしてエンライトメントに参加。2006年より美術家として活動を開始。国内外で個展を行い、NANZUKA(東京)、Nagel Draxler(ベルリン、ケルン)に所属。その他、ファッションブランドFUGAHUMでの活動や、企業をクライアントとしたクリエイティブディレクションにも取り組む。近年の展示に「TOKYO POP UNDERGROUND」Jeffrey Deitch、NY /「特定の気質の人間に左右されない時」2018(#FR2 GALLERY 2、東京)

https://nug.jp/ja/artists/akiyoshi_mishima





・2020/3/27(金)12:00  クラウドファンディングスタート 

・2020/5/22(金)24:00  クラウドファンディング終了

・2020/6下旬〜 実制作開始(カリフォルニア州フレズノ市)

・2020/7下旬〜 Tシャツ、折り紙、ステッカーリターン発送作業開始

・2020/8/30(日) – 2020/9/7(月)  バーニングマン Camp Wrongtown拠点に運行
※メンテナンスとワークショップ開催中を除く、一日あたりおよそ10時間程度(昼5時間/夜5時間)会場内を走り回る予定です。


(4/16更新)

※2020年のバーニングマンはフィジカル開催がなくなりバーチャル開催が決定したため完成までの上記の日程を繰越しさせて頂き、現地でのリターンは次回フィジカル開催時に実施する予定です。
本年度はバーチャルAsuraを企画中ですので是非ご参加ください。Tシャツ、ステッカー、折り紙につきましては当初のスケジュールで制作進行、発送の準備を進めてまいります。



#楽しいが必要だ





初めまして、小林由美と申します。Yummy名義で選曲家をしております。
子供の頃は絵を描く事と泥遊びが好きでした。


ヤミコとか、ヤミーと呼ばれています。

http://djyummy.net/

画: 小山ゆうじろう


10代の頃、Djという夢中になれるものと出会い、音楽活動に打ち込んでまいりました。

人に感謝されることも少し増え、親にも仕事の報告ができる程度の手応えを感じ始めていた頃。あることがきっかけで、物作りが好きだった自分の更なる原点に立ち返りたいと考えるようになりました。


2008年、中国のクラブでDjするYummy

今回は私が主な発起人となり、Asuraプロジェクトを立ち上げました。





バーニングマンのキャンプや日本での音楽活動を通じて出会った仲間たちと

世界中の祈りのコトバを乗せた最強のアート・エンターテインメントビークル、Asuraを作って走らせたい!



時期:次回フィジカル開催のバーニングマン(8月末から1週間の予定)

場所:アメリカのネバダ砂漠で開催されるバーニングマン会場内

チーム:Camp Wongtown Ashra project team



バーニングマン (Burning Man Project)について

1986年から開催されている参加者主導の巨大アートフェスティバルです。

バーニングマン - Wikipedia


その参加者たちに共有されるいくつかの理念、ルールのうち、「傍観者になるな。表現者であれ。」
という言葉は最も有名なものの一つ。


会場となるブラックロック砂漠の位置



会場では照りつける太陽と、広大で乾いた大地、そして惜しみない祝福と笑顔で出迎える人々。この3つの舞台装置にまず圧倒されるはずです。

会場内で経済活動は行えないため、水や食料など必要な物はすべて持ち込むか、現地で誰かに貰うしかありません。


 2018年 バーニングマンに参加したYummy(cabcab撮影)


親切にされた時には、お返ししたくなるのが人間の性。砂漠地帯の気候は過酷なため、自然と助け合いの気持ちが生まれます。参加者のシンプルな動機に支えられて奇跡的に回っている街なのです。

雄大な景色に囲まれて仲間と冒険する体験は格別ですよ。


2018年 バーニングマン会場にて (Yumi Kobayashi撮影)



アートカー(ミュータントビークル)について

バーニングマンの会場の花形とも言えるアートカー。

Google "Mutant vehicles"の画像検索結果

バーニングマンオフィシャルサイト "Mutant Vehicles"


サウンドカー、アートカーなど目的に応じて呼び方はさまざま。オリジナリティあふれる造形と仕掛けが毎年多くの来場者たちを楽しませながら会場内を移動するモーターやエンジン付きの乗り物をイベント公式では全てMutant vehicles(ミュータントビークル)と呼んでいます。



Asura(アシュラ)について

このシンプルで力強いモチーフは、平和を祈って折り、その幸運を配るという日本の古い折り鶴文化の伝統を原型に持ちます。また、頭の数である3という数字は多くの文化圏において縁起が良く神聖とされています。
顔が3つあることから阿修羅像が連想され、海外スタッフからの受けも良かったためアシュラプロジェクトと名付けられました。左:造形とコンセプトのヒントになった三つ頭の折り鶴
右:Yumiのファーストスケッチ


・トレーラーをベースに全長7.3m程度

・炎を吐く3つの頭

・サウンドシステムとDjブースを完備

・羽ばたき、LEDで発光しながら会場内を昼夜巡航

・皆様から集めたメッセージをプロジェクションする(デジタル絵馬


完成イメージ1 (Designer: FORIE, Blake Reeves


ワークショップ会場や移動手段としてはもちろん、7日間に渡りDj(現在ブッキング中)がチルアウトミュージックや環境音楽、ダンスミュージックで空間を演出し、プロフェッショナルによるデコレーションも施します。




会場にいる方は自由に乗車と参加が可能、会場のアートやキャンプを巡回しながら風景の一部となって盛り上げます。


完成イメージ2 (Designer: Blake Reeves)




Asuraのベースキャンプ、Camp Wrongtown(ロングタウン)について。

Camp Wrongtownは2005年にアメリカ人のMarshallが始めたテーマキャンプです。

 Camp wrongtownのロゴ (Designer: Yoshida Yumiko)



19カ国から約100人が参加(私は2005年と2018年の二回参加)。設備も整っており数々のアートプロジェクトをサポートしているので経験も制作ノウハウも豊富です。昨年末にアートカー制作を相談したところタイミング良く「丁度大きいモノを作りたかった!」と共感頂き、専門のビルドチームを編成して現在は18名のキャンプメイトと一緒に取り組んでおります。

2019年 Wrongtown集合写真


https://wrongtown.xyz/ サイト


Wrongtownヒストリー

・2005年にMarshal Laneが創設したサウンドキャンプ「Techno Oasis」を前身とする

・2010年から「Wrongtown」として活動

・2014年〜2016年:中央のマンベースに日本リージョナルとしてアートグラント獲得・出展

・2015年から登録テーマキャンプとして活動(2015−2016はアートサポートキャンプ)

・2019年:19カ国、約100名のキャンプメイトと、3つの登録アートプロジェクトをサポート

Wrongtownでサポートされたアートや企画の一部 (左上から時計回りに、2019 「Flying Ramen Monster」 Photo by Forie, 2015 「Mega Mikoshi at Midway」 Photo by Masanori Sasaki, 2019「A place for anything」Photo by Otsuki Nobuhiko, 2019年「OOO」Photo by OOO, 2014 「Kanji Dojo 漢字道場」Photo by Eri Narasaki, )







バーニングマンのカルチャーにおける重要なマインドに、"ギフティングの精神"があります。これはお互いが損得勘定なしに、いかに与え続けられるか?という問い、コミュニティの本質を指していると思われます。


2018年に2度目のバーニングマンでDjをした際、13年前から全く進化のない自分に悔しい思いをしました。今までずっと何をやってきたんだろう?
そして、自分なりにコミュニティの役に立ちたいと思うようになったことが一番大きなきっかけです。


左、中:2005年 バーニングマン Camp Wrong townにて
右:2018年(いずれもcabcab撮影)


現在この未曾有の事態にさし当り、ますます人との繋がりや仲間の大切さを痛感しております。Asuraは皆の心の灯台のような存在であるのが理想です。プロジェクトをサポートしてくださる皆様やクリエイターのあるべき未来志向の象徴として。


今こそ、互いに助け合い、違いを認め合い、チャレンジ精神をたたえ合う最高の舞台"バーニングマン"で、離れた人間同士の心をつなぐ"移動する聖地""表現者たちのプラットホーム"づくりを目指す意義は大きいと信じています。






・2002年に両親や友人、当時の高校の先生など自分の身近な人1000人に本気のラブレターを書いて厳封してもらったものを壁一面に展示する「ラブレタープロジェクト」をグループ展で実施。

・2005年美術大学に在学中、とある方にバーニングマンへの参加を勧められ同年運良く参加。

・2008年当時働いていた会社を辞め、メジャーデビューと同時にDjとしてのキャリアを開始、全国43都道府県、世界25都市でプレイ。

・2014年体調を崩し休業。

・現在は、選曲家、デザイナーとして活動を再開しております。






車体購入費として $10,000(100万円)


これは主に建築廃材を活用した上での原材料費全体の一部であり、人件費や旅費、食費等に充てられることはございません。

<予算内訳>
中古トラック車体購入 $9,500(約99万円)
トラック運搬費 $800
車体登録 $1,000
フレーム資材 $3,500
カバー資材 $1,500
火炎放射器 $350
LEDライティング $1,200
コントロールパネル制作 $350
搬出入用ガソリン $600
会場運行用ガソリン $200
合計:$19000(約200万円)

+クラウドファンディングのリターン制作費実費として日米で 40万円


車体購入費をカバーできる100万円を確保し制作に取り掛かり、サウンドシステムと発電機はすでにキャンプで所有しているものを使用予定(2年目以降はアップグレードもしたいですね!)。
キャンプメイトは作業場のあるカリフォルニア州フレズノに集合し、会場への移動や食事も全て自己負担で臨みます。



成功した暁には日本の企画とも積極的に連動させたいと考えています。
よろしくお願い致します!


  • 2020/03/28 15:23

    今週末は自宅で過ごされる方も多い事とと思います。明日はおうちで楽しめるASURAの三つ頭の折り鶴ワークショップに参加したいと思います。皆様も是非。3月29日(日曜)午前11時からと 午後3時からの2回どなたでもご参加ください。キャンプWrongtownのMiyuが超難度の三つ頭折り鶴の折り方を...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください