蛇口を捻ればお湯が出てくるのが当たり前と思っている平成生まれの僕たちが、高知の大自然の中で薪を割って火をおこし、お湯を沸かしてドラム缶風呂に入る。その様子をYoutubeで流し、田舎の良さを知ってもらう。

プロジェクト本文

こんにちは。

高知大学4年生で高知市内でBar「CuCu Tana」を経営し、Youtubeチェンネル「ククタナ」をやっております道野と申します。

BarとYoutubeは僕(ミッチー)とメンバー3人(ケーキ・コースケ・ユースケ)でやっております。


僕たちの紹介動画はこちらになります。

https://www.youtube.com/watch?v=iDRwLoX5P_M&t=91s

https://www.youtube.com/watch?v=PdxiTOK-wk0&t=36s


僕たちは全員が平成生まれ平成育ちで、お湯は蛇口を捻れば出るのが当たり前。

そんな僕たちが、薪を割り、火をおこし、お湯を沸かすといった僕たちには未知の領域をチャレンジしたいです!!

そして僕たち世代やそういった経験をした事ない人へ、当たり前の事は実はスゴク大変なんだとYoutubeを通じて伝えたいです!!


今回プロジェクトを実施する場所は、高知県中心部より車で30分のところにあります、高知県香美市土佐山田町「ほっと平山」さんです。

「ほっと平山」さんは廃校になった小学校を活用して宿泊施設を運営しています。

施設内には黒板や机・イスがそのまま残されており、体育館もそのまま残っています。

懐かしい教室風景で宿泊する事ができます。

また施設の前には桜の木が並んでおり、4月の桜の季節にはキレイな桜並木が目の前に広がります。

「ほっと平山」さんホームページ

http://hot-hirayama.jp/


ドラム缶風呂は施設のグラウンドで実施します。


僕たちは平成生まれの平成育ち、蛇口をひねればお湯が出るのは当たり前と思っている世代です。

そんな僕たちが、薪を割り、火を起こしお湯を沸かしドラム缶風呂に入るといった、今となっては非日常体験をし、社会では経験できないような事を経験したいと思い今回のプロジェクトを立ち上げました。


今回このプロジェクトを進めるにあたって一番苦労したのが、「場所選び」でした。

最初は軽い気持ちで河川でやろと思ったのですが、河川は高知県や国土交通省の管轄等で気軽にできる場所ではないと知り、河川は断念しました。

それからしばらく場所を探していたところ、様々な繋がりで今回実施させていただける「ほっと平山」さんと繋がる事ができました。

「ドラム缶風呂」という一見してバカげたプロジェクトですが、周りの大人たちは僕たちに真剣に向き合ってくれてここまで来る事ができました。

そんな周りの方に恩返しの意味も込めて今回のプロジェクトは成功させたいです!!



【目標支援金額】

 24000円

【内訳】

 ドラム缶:23000円

 ブロック:1000円


【プロジェクト実施時期】

 4月頃を予定しております。

 実施後は実施内容を動画撮影し4月中にはYoutubeにアップします。


【リターン】

 2000円:「ほっと平山」さんにてドラム缶風呂入浴体験が1回できるチケットを送ります。

      ※チケット1枚につきご家族さんや、お仲間も体験する事ができます。


 2000円:ククタナチャンネルの動画内にて、伝えたい人へのメッセージを代弁します。


 1000円:ククタナチャンネルの動画内で、お名前(あだ名等も可能)とお礼のメッセージを伝えます。


今回のプロジェクトを通して、様々な方と出会い協力をいただきました。

僕たちは大学生という世間からみればまだまだ若輩者ですが、ドラム缶風呂で協力いただいた「ほっと平山」さんの名物体験になれば、協力いただいたみなさんに恩返しができると思っています。

今回のプロジェクトを成功させ、みなさんにも「ドラム缶風呂」入浴体験をしていただき、非日常体験をしていただきたいです!!


高知の自然でドラム缶風呂をするという非日常体験の楽しさをYoutubeを通して皆さんにお伝えします!!

支援や協力をお願いします!!


今回のプロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください