はじめに・ご挨拶

はじめまして。システムエンジニアをしながら衣裳製作をしたりネットショップでお洋服を販売したりしているYoko Koretsuneと申します。

私は兵庫県たつの市の隣町で生まれ育ちました。たつの市は高級国産レザーの産地として、皮革業界では名の知れた街です。レザーといえばイタリアを挙げる方が多いかと思いますが、それに匹敵する高品質な国産レザーの産地であり、有名ブランドにも革を提供しています。
私自身も龍野レザーが大好きで革ジャンやブーツ、バック等革製品は全てたつの産のものを愛用しています。

このクラウドファンディングを行うことで大好きな龍野レザーをより多くの方に知っていただけたら嬉しく思います。


このプロジェクトで実現したいこと

高品質な龍野レザーを活かした鞄を制作、販売し、より多くの人に龍野レザーを知っていただきたいです。
リターンの鞄を手に取り使っていただけると大変嬉しいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

地元では有名な龍野レザーですが、地元を離れ上京してから知り合った方達は龍野レザーを知らないという方ばかりでした。
どの程度の知名度があるのかツイッターで約300人の方にアンケートを取ったところ知らない方が80%近く、これは私の予想を遥かに上回る知名度の低さで驚愕しました。
知名度が低い原因の一説として、革自体を製作する工場は数多く存在し日本三大皮革生産地のひとつとして栄えてはいますが、その革を加工し製品化する産業(服や鞄にすること)があまり発達しておらず、革の「龍野レザー」としてのブランド化が進んでいないのだとか。

この現状を知り、少しでも多くの方にこの高品質な革を知っていただきたいという思いからこのプロジェクトをやろうと決心いたしました。


何故鞄なのか

初めてファッションコンテストの一次審査を通過し参加権を取得した際に、革産業の活発な街に住んでいるのだから革を使用したいと思い地元の鞄工場を訪ねました。
それ以来革や革鞄の製造工程に興味を持ち始め、工場が家から近かったこともあり定期的に工場に遊びに行く様になりました。
本やネットで調べながら独学で革製品を制作し、わからないところや本に載っていない様なことを工場の職人さんに聞いたり、職人さんが鞄を作っているところを見たり道具を貸してもらったり、当時は工場内で自由に遊ばせていただいていました。
また、工場で出た端切れ(産業廃棄物として廃棄されます。)をもらってきて自分用に革製品を作る様になりました。

↓取り外し可能なレザーポケットのパンツです。
革を取り入れたかっこいい印象のパンツが欲しかったので自分サイズで作りました。
革は洗濯できない為、取り外せる仕様にしパンツ本体は洗濯できる様にしております。
洗濯の際に取り外したポケットは紛失しない様ファスナーで合体させ小物入れにもできます。

↓デッサン用鉛筆キャップです
デッサン用の鉛筆は通常の鉛筆より芯を長く出す特殊な削り方をします。
普通のキャップですと芯先が飛び出てしまったり、上手くはめれなかったりして使用でき無いので自分で作りました。
白い革の端切れを顔料でムラ染めし鉛筆の持ち手の青に合う色にしています。

革が身近なものとなった結果自然な流れで自分用に革で小物や鞄を作る様になり、この高品質な革を使用して鞄を製造し販売してみたいという思いを持つ様になりました。
この数年後上京し、今回のクラウドファンディングを行うことを決心した際に一番に思いついたものが鞄でした。


鞄の製造について
縫製は前述の「何故鞄なのか」で述べた、たつの市の鞄工場にお願いしております。
私が現在住んでいる東京と地元である兵庫県ですとかなり距離があり、頻繁に通うことは難しいのですが、クラウドファンディングを開始する1年以上も前から何度も帰省し相談や打ち合わせを行い鞄の商品化に携わっていただきました。(商品開発はコロナ前でした。)

資金の使い道

集まった資金はリターン品の製作に使わせていただきます。
リターン品に鞄だけでなく他のものも含めることで資金を集め、鞄のリターン価格を抑えています。


リターンについて

(1)お礼のメール

「支援したいけどリターン品はいらない。」
「リターン品程の支援はできないけど少しなら支援したい。」
この様な方向けのリターンです。
ささやかではありますが、お礼のメールを送らせていただきます。


(2)封筒クラッチバック(ピンク)
龍野レザーで制作したクラッチバックをお届けいたします。
龍野レザーで衣裳を制作した際に残った革で自分用に制作した鞄が元となっています。1年使用し使用感を確かめ、ポケットがある方が良い、ショルダーがついている方が良い、裏地の生地は汚れが目立ちにくいものの方が良い等改良の余地があった部分を改良しより使いやすく、より使う人の生活に寄り添う様にいたしました。(↑画像は改良前の物)
自分で作った物を工場に持ち込み、革職人さんの意見も取り入れ改善したことで見た目だけではなく鞄としての機能性も考慮しました。
詳細はリターンのページを参照ください。

(3)封筒クラッチバック(チョコ)龍野レザーで制作したクラッチバックをお届けいたします。
ピンクの鞄とは異なる質の革を使用し、より革好きの方に向けたものを制作いたしました。
詳細はリターンのページを参照ください。


(4)Yoko KoretsuneとCOFFEE ritmos様に行きましょう

商品撮影のロケ地としてご協力いただいた私の好きな東京都八王子市のコーヒー屋さん、COFFEE ritmos様に一緒に行きましょう。
大学生の頃に映画スタッフとして経験した撮影の裏側の話や衣裳製作の話、芸大のお話、雑談、質問等何でもお答えします。
メールで予定を合わせた上で数時間お話しさせていただきます。
COFFEE ritmos様HPはこちら


(5)龍野レザーで制作した衣裳レンタル権
私の代表作である衣裳をレンタルできる権利です。パンチング(穴開け)により着せる度に劣化する為普段は貸し出しすることのない衣裳です。
全て手作業で穴を空けております。
ヘッドドレス、革衣裳、インナーワンピース、ブーツ の4点セットです。全て使用いただけますがお持ちのものと自由に組み合わせていただいても結構です。

フリーサイズとなっておりますがワンピースは男性の方ですとサイズが合わない可能性がございますのでお問い合わせください。靴は24㎝です。
着てみたい方、この衣裳を使用して写真撮影をしたい方、動画撮影をしたい方ご自由にお使いいただけます。

*着方が難しいので私の同行が必須となります。可能な限り都内近郊もしくは兵庫、大阪、京都、岡山でのご利用をお願い致します。上記地域以外でも場所によっては対応可能ですのでお気軽にご相談ください。メールでの日程調整が必須となります。
*上記地域であっても公共交通機関で行けない場所ですと対応出来かねる場合がございますのでご了承ください。


実施スケジュール

5/1(土)
クラウドファンディング開始


5/1(土)〜5/31(月) 
01u10様店舗にてクラッチバック(チョコ)の実物ご覧いただけます。


【01u10様実店舗】
京都府京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448 清和テナントハウス2F
不定期にてフリーオープン(月初にブログにて予定がでますのでご確認ください)。
※その他の日程は小さなアトリエショップのため[予約制]となっております。一度に多くの方が入っていただけない広さであることと、来られた方はゆっくり見ていただきたいので現状この方法を取らせていただいております。
連絡先
090-2359-6941
Email / hiroito1211@icloud.com
Twitter /@hiro_itoshoten(Hironori Ito@01u10)
【01u10様ご紹介】
ヴィンテージ商品 古着 新古品 自社オリジナルを展開販売されています。
100年愛されるであろう服を見つけ
100年愛される服作りを目指して
・繋ぐものであること。循環するものであること
・時代を越えるものであること。流されないものであること
・余白が残されていること
・纏うものであること
・境界線を持たない自由度をもつこと
をコンセプトに。オリジナルは
”Matoi”(纏い)”Tsunagi”(繋ぎ)”Asobi”(游び)の3スタイルを提案されています。
『100年服』と理想とする服の在り方を目指しています。
100年着ても壊れないではなく
100年間・100年後であっても遺るもの。
フリーサイズで展開されており、老若男女、性別、年齢問わず纏えるお洋服を作られています。
01u10様HPはこちら

5/31
クラウドファンディング終了

6月 
リターン(1)お礼のメール お届け予定
リターン(4)Yoko KoretsuneとCOFFEE ritomos様に行きましょう 日程調整の上順次対応予定
リターン(5)龍野レザーで制作した衣裳レンタル権 日程調整の上順次対応予定

8月
リターン(2)、(3)封筒クラッチバック お届け予定 

※商品の発送に関しては生産の都合上、多少前後する可能性があります。予めご了承ください。

最後に

合皮製品が沢山流通している現在、本革でなくてもお洒落で可愛い鞄は沢山ありますし、値段も安価で手に入れることが出来ます。
本革の鞄であっても裏地を付けず、簡単な縫製で仕上げ、革自体も低品質なものに塗料を重ね質を誤魔化し安価で販売しているショップも沢山あります。
正直に申しますと、鞄が本革である必要性は無いと思います。
更に近年の時代背景として本革製品はサスティナブルで無いと言われることもあります。
しかし本革には本革の良さがありますし、古くからある伝統的な素材であり、文化だと私は思っています。
様々な意見があるとは思いますが、私はただ私の大好きな龍野の革を見て、触って、感じて欲しいと思っています。
決して安い値段ではありませんが安価な合皮製品と違い経年劣化で表面が剥がれてしまうことも無く、永く使用いただけますのでご検討いただけたら嬉しく思います。

ご支援してくださった方はもちろんのこと、支援に至らなかった方も貴重な時間を使用し最後まで読んでくださりありがとうございます。
このプロジェクトが兵庫県たつの市に、日本に、高品質のレザー産地があることを
龍野レザーという革が存在することを知るきっかけになれば幸いです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください