賃貸物件にお住まいの方が引っ越しをする時の退去費用が適正な金額なのか? トラブルを防ぐために写真などの記録が必要になりますが、どう記録すればいいのか、気をつける点や法律の知識をワンクリックでわかるようなアプリを作成します。

プロジェクト本文

目標達成!!


沢山の方々からいただいたご支援・応援のおかげで無事にプロジェクトが目標達成することができました。


誠にありがとうございます。



想定よりも速い目標達成に伴い、アプリ製作を「ココナラ」というプロの技術者が集まるサイトからお願いしている段階でございます。


そこで、残りの期限でご支援いただいた超過金額については実際にアプリを製作いただいてくださる技術者さんへの追加報酬に充てさせていただきます。


さまざまなご意見があるかと思われますが、アプリを実際に制作いただいている技術者さんのモチベーション向上とさらなる質の向上がご支援の最も効果的な使用方法だと判断いたしました。


結果として、より良いアプリを皆様に提供できるかと思われますのでご理解の程、宜しくお願いいたします。


最後になりますが、たくさんの応援をいただき誠にありがとうございます。



・--・--・--・--・--・--・--・--・--・--・--・
はじめに・ご挨拶

入居中・退去時の賃貸トラブルで困る人をたすけ隊❗️

修繕費用ぼったくりや脅迫、退去時に集中する賃貸トラブルはほとんど入居中に対応することで回避できるものが多い

⚠️家を借りるなら知っておきたい知識や物件探しでの押さえておくべきポイントを発信していきます👍

※NPO法人 消費者たすけ隊が運営している賃貸トラブルを抑止するための活動です※


このプロジェクトで実現したいこと

相談の中で多い退去時のトラブルで相手側とのやりとりに「記録」があると早期解決になります。

その記録に、

✅写真を残すポイントがわかるように
✅法的根拠やガイドラインを自動で表記
✅わかりやすく簡単に

をコンセプトにトラブル防止の手助けになれればと考えております。



プロジェクトをやろうと思った理由

毎日のように賃貸トラブルによる相談を受けていて、難しい不動産用語や専門的な知識が必要な点と相談者の差があることがぼったくりが減らない原因だと感じてました。

ブログやTwitterのSNSで情報ノウハウを発信していますが、量が多い上に自分の状況に合わせた知識と組み合わせることも難しいという声が多い現状でした。

そこでトラブルを防ぐために最低限、「記録に残す」ことで知識がなくても出来る対策として案内しています。


その中で、「記録」に残しながら、賃貸トラブルたすけ隊がもっている相談経験からのノウハウや対応方法、知識を組み込めないかと考えました。



これまでの活動

✅年間相談件数1,000件以上

ぼったくり防止金額1,300万円超え


✅Twitter フォロワー1万人以上

https://twitter.com/Ttoraburu


✅Instagram フォロワー 580人

https://www.instagram.com/t.toraburu


✅賃貸トラブルたすけ隊HPで情報公開

https://www.t-toraburu.com


✅Google非営利団体の認可取得

✅YAHOOに記事紹介



資金の使い道

アプリ作成費として利用します



リターンについて

作成したアプリを提供

提供者に御礼メッセージ

希望者をホームページで紹介



実施スケジュール

2020年4月    アプリ作成業者を選定

2020年5月末   アプリ企画書作成。クラウドファンディング終了

2020年6月月初  アプリ作成依頼。1か月程度で作成完了予定

20207月中旬   アプリ開始準備出来次第、リターン発送



最後に

賃貸トラブルは、そもそも不動産の知識が難しく法律などが関わってきたりして難しいです。

さらに相手側の主張が正しいのかテキトーなのかの判断や対応方法もそれぞれで情報も少ない現状でした。


その為に、どうしても泣き寝入りや不快な思いをされがちな状況を改善するためにNPO法人を設立し、そのような被害を減らす手助けができればと活動を行っています。


これまで被害にあわれた方、こちらに相談して解決した方などで活動に共感していただきましたら、ご協力宜しくお願いします!!!

増額寄付もお待ちしております!!




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください