『イラストを展示会に出展してみたいけど出展料が高い…。』『出展経験がないからハードルが高い…。』そんな風に考えて出展できない人のために、出展しやすい料金・雰囲気の“お気軽イラスト展vivid days”を考案しました!作家入門の第一歩となるような、新しいイラスト展のあり方を提案します!

プロジェクト本文

このプロジェクトは、公開からわずか4日で目標金額を達成いたしました。

皆様、ご協力および応援をありがとうございます。

 

本日(3/23)時点でプロジェクト終了まで23日残っているにもかかわらず、6万4000円ものご支援を賜っております。

 

感謝の気持ちを形にしたい、来場者が喜ぶことを何か追加でできないだろうか…

と考えた末、次のようなことを考えました!

 

 

ご支援が10万円を超えた場合、ご支援していただいた方、当日会場に来られた方全員に

創作空間caféアトリエオリジナルステッカーを配布いたします!

 

印刷予定枚数は、1000枚です。本気です。

創作空間caféアトリエの宣伝を手伝ってくれる店舗やイベント会場にも置かせてもらう予定ですので、是非ゲットしてください!

 

 

============ 目次 ============

 

1.       お気軽イラスト展とは

2.       vivid daysを開催する意義

3.       今後の展望

4.       vivid days詳細

5.       リターンについて

6.       おわりに

 

======= 1. お気軽イラスト展とは =======
    
■□ギャラリーのイメージ□■

 イラストを描くのが好きな人に問います。

『ギャラリーに出展したことはありますか?』

 

 

 『イラスト展の出展料も手数料も高くて、支払いが大変…。』

 『ほかの人のイラストのレベルが高そうで、出展する自信がない…。』

 『趣味程度で描いているから、出展なんて考えたこともなかった!』

こんな風に思っている人、結構多いのではないでしょうか?

 

 
■□一般的なイラスト展出展料の相場□■ 

一般的に、ギャラリーで行われている企画展への出展費用は1週間あたり5000円~数万円、委託販売する場合、販売手数料は40%~60%かかってしまいます。

 

 

なぜこんなに高く設定されているのかというと、そもそもギャラリーのレンタル料が高いからなのです。

ギャラリーの広さによって異なりますが、1週間のレンタルで5万円~10万円以上かかるところがほとんどです。

 

ですので、出展作家の人数でこのレンタル料を割るとしても、上記の出展料でないと運営できないのです。

 

 

■□初心者にとってのハードル□■ 

出展料と販売手数料が高いことで、

『もし売れなかったら、イラストを見てもらうためだけに5,000円か…高いな。』
『出展料の元を取るほどイラスト描くの大変…。』

こう感じている人はとても多いはず。

 

すでにイラスト展への出展経験が豊富で、イラストが買ってもらえた経験がある作家にとっては何の問題もないのですが、未経験の人が出展するとなると、出展料と販売手数料がネックになるのです。

 

そこで、 『出展してみたいけどハードルが高い』と考えている人のために、どんなイラスト展よりも出展しやすく、気軽にたくさんの人に作品を見てもらえる場として、“お気軽イラスト展”を提案します!

 

 

 ====== 2. vivid daysを開催する意義 ======
■□お気軽イラスト展vivid days□■ 

 

今後作家として活動したい人には、”作家入門の第一歩”として。

趣味だけどもっと多くの人に作品を見てほしい人には、”新たな発信の場”として。

描かないけどイラストを見るのは好き!という人には、気軽に楽しめる“癒しの場”として。

 

お気軽イラスト展は、そんな存在として、皆様に関わっていきます!

 

 

◆そのために下記2点の要素を考えました。

 

ⅰ) 格安の出展料

今回のお気軽イラスト展のタイトルは“vivid days”、出展料は下図の通りです。

 今回vivid daysではミニイラスト(7.5×7.5cm)とポストカードの出展者を募集しました。

出展料は破格。しかも、ポストカードのみの出展は無料!!!

 この料金設定によって、出展側の経済的負担をぐんと減らすことができます。

 

 ⅱ) カフェで開催すること

さらに、精神的な負担も軽減したいと思い、お堅いイメージの”ギャラリー”ではなく、”カフェ”での開催を考えました。

これなら、出す側としては気楽で、見る側にとっても居心地の良い場が作れるのではないかと考えました。

 

◇さらに、今回はイラスト展vivid daysを見に来てくれる人にもっと喜んでもらうために、1日限定のカフェメニューも考えました。※詳細は下記に書いています。

 

 

■□作家入門窓口としてのvivid days□■

 上記で述べたように、趣味でイラストを描いている人がイラスト展に出展するのはハードルが高いです。

 

そこで、そのような人がvivid daysを経験することで自信を持ち次のステージ(大きなイラスト展やイベント)にステップアップできるような、

作家入門の窓口的な存在を作りたいと考えました。

 

vivid days自体は一つの小さなイラスト展にすぎませんが、出展者にとっては、vivid daysの先には個展やグループ展、さらにはデザインフェスタやアートダイブなどのビッグイベントが待っているのです!!!!!

 

 

■□vivid daysに対する作家の反応□■
 

Twitterでvivid days出展者募集を行ったところ、3/2から3/3までのたった2日で50名の申し込みがあり、現在募集を終了しました。

 

しかも、とても嬉しかったのが、出展申し込み者の半数が過去に出展経験のない人達でした。

 

出展者からは、

『人にイラストを見せたことはあまりないですが、今回思い切って出展してみたいです!』

『出展初めてなのですが、初めてイラストを見てもらえるので、わくわくしています!』

『しばらく描いていなかったけど、このイラスト展のためにイラストを描こうと思います!』

などというお言葉をいただいています。

 

 

====== 3. 今後の展望 ======
■□vivid daysを継続するにあたっての課題□■ 

イラストの募集を終えて、出展者の方たちからの反応からvivid daysの開催意義があるという確信を得ることができました。

 

しかし、vivid daysは“出展料を下げ、カフェで展示する”ことで出展初心者をつかむことができたわけなのですが、現実的な話、

経費が足りません。

 

今回かかる経費の見込みは下記です。

《詳細》

■ギャラリーレンタル料:10,000円

■ポストカード展示用のウォールポケット購入代30,000円

■広報用チラシ代:20,000円

■オリジナルメニュー提供時の原価:10,000円

■設営にかかる交通費および人件費:30,000円

 

実際、売上見込みから経費を差し引くと、

自己負担5万円程度になります…。

 

なので今回、どうしても皆様からのご支援がないと赤字になってしまうのです!

 

ではなぜ赤字でも出展料を1,500円に設定して、このクラウドファンディングで支援をお願いしてまでこのvivid daysを開催するのか?

ということなのですが、この話にはまだ続きがあるのです。

 

 

■□vivid daysの先に□■

どうしても出展料の負担を減らしてハードルの低いイラスト展を開き、たくさんの絵描きんに絵を出展する喜びを与えたい

そして、見る人が気軽に入れる場所を提供し、より多くの人にイラストを見る&描く楽しみを知ってほしい

 

そう考えた結果、この場所作りとして、

自らカフェの開業を準備しています。

 

カフェを開業することは、このお気軽イラスト展継続だけじゃなく、イラスト好きな人のコミュニティが生まれる場としても存在意義があると考え、さらに、カフェの運営があれば出展料を格安にしてもお店がまわると考えたのです。

 

カフェの名前は、『創作空間caféアトリエ』

 

コンセプトはズバリ、【美術部みたいなカフェ】

今年の10月に大阪の日本橋にオープンする予定です。

 

こちらの話はまた新しいプロジェクトにてお話ししたいと思います。

カフェの詳細はこちら→http://cafeatelier.jp/

 

 

つまり、創作空間caféアトリエの需要を確かめたいという意図があり、今回アトリエがオープンする前に赤字覚悟でvivid daysを開催しようと思ったのです。

 

とは言うもののわたし一人で開業準備しているため、5万円赤字になってしまうと生活が結構厳しい状態になってしまいます…。

 

ですのでどうか、vivid daysを応援したいという気持ちを形にしていただけないでしょうか。

大変図々しいお願いですが、よろしくお願いいたします。

 

 

====== 4. vivid daysの詳細 ======

■開催日時:2017年4月22日 (土) 08:00~19:00

■開催場所:大阪府大阪市中央区島之内2丁目10-27 60 minutes café(ロクマルミニッツカフェ)

閲覧料無料※カフェのご利用をお願いいたします。

※ロクマルミニッツカフェのご利用料金はこちら

→http://www.krosskuno1919.com/60minutescafe/

■出展作家数:56名

■出展作品数:380作品(ミニイラスト:155作品、ポストカード:230作品)

 

☆☆今回ロクマルミニッツカフェとコラボし、1日限定のスペシャルメニュー☆☆

“ラテ子のティーポットパフェ(¥800)オリジナルポストカード付”をご提供します!

 

オリジナルポストカードは、vivid days出展作家様のイラストをコラージュした、今回限定のグッズになりますので、みなさん是非ゲットしてくださいね!!

※メニューの内容に変更がある場合がございます。

 

 

====== 5. リターンについて ====== 

今回のプロジェクトにおいて、下記のリターンを準備しています。

A. お礼のお手紙

・ミニメッセージカード(名刺サイズのカード)に手書きで一言メッセージを書きます。

※文字のみ

 

B. HPスペシャルサンクスページにお名前掲載

・HPのスペシャルサンクスのページにお名前表示させていただきます。

 

C. vivid days1日限定スペシャルメニュー無料特典

【オリジナルポストカード付ラテ子のティーポットパフェ¥800】

・おひとり様1回限り有効。
・2017年4月22日(土)8:00〜19:00にロクマルミニッツカフェにてラテ子のティーポットパフェを無料で注文できる特典です。
・ご注文時に、このプロジェクト支援後に送られるCAMPFIREからの【支援完了メール】をご提示下さい。
・提示されたご本人様のみ有効。お連れ様は使えませんのでご注意ください。
・ご提示がない場合はこの特典を利用できませんのでご了承ください。

 

D. vivid days限定オリジナルポストカード

・vivid days限定のオリジナルポストカード(非売品)1枚をAと共に郵送します。

・オリジナルポストカード付ラテ子のティーポットパフェについてくるポストカードと同じものです。

 

E. vivid days特製ミニイラスト原画

・vivid daysのイメージに合うようなカラフルなイラストをわたしが描きます。
・ATCというイラスト用カード(サイズ:64x89 mm)にコピックとペンを使って描きます。
・イラストリクエストは受け付けません。
・原画をAと共に郵送します。

・イラストの雰囲気はHPにてご確認いただけます。→http://chararevo.com/

 

F.  vivid days特製ミニ色紙原画

・vivid daysのイメージに合うようなカラフルなイラストをわたしが描きます。
・121×136 mmサイズの色紙にコピックとペンを使って描きます
・イラストリクエストは受け付けません。
・原画をAと共に郵送します。

・イラストの雰囲気はHPにてご確認いただけます。→http://chararevo.com/

  

G. vivid days裏話ページへのアクセス権

・創作空間caféアトリエの秘密ページにて、vivid days準備~終了までの裏話を公開します。

・ぶっちゃけ大変だったこと、失敗したこと、うまくいったこと、売上について包み隠さず語ります!

・裏話ページのURLとアクセスパスワードをメールにて送ります。

※URLとパスワードを知らない人はアクセスできないページです。

 

 

====== 6. おわりに ======  

自己紹介が遅くなりましたが、はじめまして!イラストレーター きゃん と申します!

 

わたしは幼いころから絵を描くことが好きでした。

 

社会人になってからもラクガキ程度のイラストは描き続けていて、

あるとき知り合いからイラストを頼まれたのをきっかけに様々な依頼を受けるようになり、イラストレーターとして活動するようになりました。

 

そこまで上手いイラストは描けなかったのですが、自分のイラストが人を癒したり、笑顔を与えることができると知った時、本当に絵を描いていてよかったと思いました。

 

上手くなりたいと思うようになり、画力も少しずつ上がっていきました。

 

私にはたまたまきっかけがあったからイラストが公に出るようになったのですが、同じように趣味でイラストを描いている人は無数にいるはず。

 

そんな人に、イラストを人に見てもらえるようなきっかけを与えたい!
人にイラストを見てもらう喜び、イラストを描く楽しみを、もっと共有したい!!!

 

そう考えたのがvivid daysの原点です。

 

 

 

vivid daysが5年後、10年後に、人を笑顔にするような作家を育みますように。

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください