創業390年でワクワク楽しめるコンセプトルームをつくりたい!

2020年で創業390年を迎える箱根の老舗旅館「一の湯」。箱根で1泊2食付で1万円以下からの価格で提供するリーズナブルな宿です。2045年に200店舗を構えるという大きな夢を達成するために、日々挑戦しています。 

今年、創業390年で長年ご愛顧頂いた感謝の気持ち「39(サンキュー)」をお伝えするために、2020年の1年間で39個のお得な企画をお届けする「創業390年祭り」を開催しています。 

その一つの大きな企画で、仙石原にある「品の木 一の湯」の一部のお部屋をリノベーションし、お客様がワクワクでき、最高の旅の思い出を残すことができるコンセプトルームをつくりたいと考えています。

しかし、今まさに新型コロナウイルスの影響により、客足は遠のく一方。ただ、我々一の湯は創業390年。今までも幾多の苦難を乗り越えてきました。お客様に笑顔になって頂けるよう何がなんでもやり遂げます!今後も一の湯がお客様にサンキューをお届けできるよう応援して頂きたくプロジェクトを企画しました!

温泉とお部屋でゆっくりするだけが旅行じゃない!滞在中の新たな価値をお届けします!

お客様の旅の思い出を最高のものにするための仕掛けを施したコンセプトルームを企画中!このプロジェクトを通して、下記のようなお部屋をつくり、お客様に喜んで頂きたいと考えています。


①グループ旅行向け!遊び、楽しみ、おしゃべりが弾むワクワクなお部屋
⇒大きなシアター設備を付け、ボードゲーム等を各種用意し皆でワイワイ楽しめるお部屋です。また露天風呂付のお部屋に足湯やハンモックも設置し、部屋の中でもそれぞれが色々な楽しみ方ができるお部屋を計画中です。

②ファミリー向け!大人も子供も思う存分楽しめるい仕掛けいっぱいのお部屋
⇒定員6名の大きなお部屋の一部にお子様が思う存分楽しめるキッズルームを作ります。キッズルームには隠しトビラやすべり台のほかに、隠し絵や探し絵など親子が一緒に楽しめる仕掛けを計画中。最高の旅の思い出作りをお手伝いします。

③箱根の自然とアートを融合させた五感を刺激する部屋
⇒部屋にいながら箱根の自然と日本の和のデザインを感じられるお部屋です。プロジェクションマッピングを使用したアートを通して、滞在したお客様の五感を刺激し、日々の生活を豊かに感じられる仕掛けを計画中です。

上記の、リノベーション費用に約2千万円必要です。その半分の1千万円をこのプロジェクトを通じてご支援頂きたいと考えております。

ワクワクできるお部屋を届けたいのです!


逆風に次ぐ逆風!台風19号に新型コロナウイルス
でもお客様に感謝をお届けするために下を向いてはいられない!

一の湯は昨年の2019年8月に「仙石原 ススキの原一の湯別館」を新たにオープン。そして9月には箱根湯本に「箱根路開雲」を新たにオープンし、一の湯にとって今後の飛躍につながる大きな一年になるはずでした。

しかし、2019年10月に台風19号によって被害を受け、営業を停止せざるを得ない宿もありました。多くのお客様にキャンセルのお願いの電話し、多大なご迷惑をおかけしながらも、従業員一丸となって復旧作業に取り組み、全店で正常に営業再開がかなったのは、2か月半後の2019年の年末でした。

泥水が入り込んだ塔ノ沢一の湯本館の大浴場


必死で館内への浸水を防ぐ従業員(台風当日)

そして、創業以来の最大の危機といってもいいほどの逆境から這い上がり、迎えた2020年。2020年は今まででも最多の室数を構え、オリンピックイヤーでもあることから、一の湯でも飛躍の年として挑戦を続けていこうと全社一丸となっていました。

台風19号の被害で営業停止をしていたススキの原一の湯 昨年の年末に見事復活!

が、しかし。またもや試練が訪れます。

新型コロナウイルスによる旅行需要の激減です。今も現在進行形で続々と予約がキャンセルされていき、先行きは全く見えない状況です。

まさに四面楚歌というこんな状況だからこそ、一の湯を応援して頂きたい!そして我々もその応援を受け、お客様に旅を楽しんでもらい、みんなに元気になってもらいたい!
今は旅行をしようと思える方は少ないかもしれませんが、このコロナウイルスの騒動が収まった際にご利用頂ける、お得な宿泊券を応援頂いたお礼にお送りしたいと思います。

昨年8月にオープンした仙石原ススキの原一の湯【別館】のお部屋
パトロン様へのリターンについて

リターンは格安でお泊り頂ける宿泊券です。
おひとり様、ファミリー向け、コンセプトルームなど様々なグレードのお部屋の宿泊券をご用意。有効期限は2021年3月までご利用頂けるので、直近の旅行を企画しづらい状況ですが安心です。
さらに!約1年間、何回でもご宿泊頂ける定額宿泊券をご用意いたしました。サンキュー価格の1枚39万円で、限定3枚のみの販売です。


最後に少しだけ聞いて下さい 一の湯のこと
「一の湯はなぜ低価格で販売するのか?」

高価格で高付加価値がもてはやされる傾向にある昨今。一の湯のような低価格路線はともすれば「安かろう悪かろうだ」「箱根のブランドを下げている」と言われがちです。というか聞き飽きるほど言われてきました。

なぜ安い値段で販売するのか?それはズバリ「お客様のため」です。

我々が目指しているものは、より多くの人たちにより良いサービスをお届けし、よりたくさん喜んで貰いたいという事です。そのためには、お金を持っている一部の人たちだけがそのサービスを享受できるような価格ではいけません。より多くの人たちがその価値を享受できるようにすることこそが、一の湯の考える社会貢献だからです。

一の湯の経営理念は「宿泊の常識を変え、宿泊によって日常生活の豊かさを提案する」というものです。一般的には「高い価格を払えば、それだけの高い価値を得られる」という常識がありますが、一の湯ではそのように考えていません。

一の湯は「安い価格でも、高い価値は得られる」というように世の常識を変えたいと考えています。安い価格と高い価値の両方を追求するという、一見矛盾していると感じられますが、その難題に真剣に取組み、お客様により良いものをお届けしていきたいと考えています。また、よりリーズナブルに、より気軽に旅を楽しんでもらう事で、宿泊をより日常生活に身近なものとし、お客様の普段の日常生活をより豊かに感じてもらいたいと考えています。

本当の最後です!

長文お読みいたきましてありがとうございました!
一の湯は2045年までに200店舗を構えるという壮大な目標を掲げており、このような逆境の中でも立ち止まってはいられません。多くの方が大変な状況を過ごしている現状だとは思いますが、この騒動が落ち着いたあかつきには、皆さんに一の湯にお越しいただき、笑顔でお客様をお迎えしたいと思っています!ご支援いただけましたら幸いでございます。

箱根で皆様を笑顔でお迎えいたします!


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください