全国のライブハウスにもれず、福岡市内のライブハウスも大打撃を受けています。このままでは、たくさんのライブハウスが閉店に追い込まれてしまいます。そこで、福岡市内のライブハウスをまとめて支援するプロジェクトを立ち上げました。GO!アマビエ GO!

プロジェクト本文

<4/17更新>
 ランチ・テイクアウトを行っているライブハウスです。
 臨時休業などありますので、来店前に各店舗にお問合せください。


sixpines sandwitches(中央区・草ヶ江):時短営業20時まで
Tupelo(中央区・赤坂):テイクアウト、要予約
遊来友楽~yurayura(中央区・高砂):金土ランチ、平日テイクアウト



こんにちは。

このプロジェクトに興味を持って頂きまして、どうもありがとうございます。
福岡市を中心に活動している、ジャズコーラスグループ【The Cotton Sisters(ザ・コットン・シスターズ、略:コトシス)】のリーダー、チバマサミです。

福岡市は、音楽の街、音楽があふれる街です。
たくさんの音楽ファンが住んでいて、たくさんのミュージシャンが活動しています。
毎年行われている大きな音楽イベントには、大勢の音楽ファンが駆け付けます。

多くの素晴らしいミュージシャンを生みだし続けている博多。
いま、博多の音楽を支えているライブハウスが、危機を迎えています。



ずばり「福岡市内にある全てのライブハウスを支援したい」です。

4月7日の緊急事態宣言により、ほとんどのライブハウスが休業に入りました。
3月の40~70%の減収(店舗による)、4月の休業、緊急事態宣言の解除がいつになるか分からないことから、半年以上の無収入の時期が続きます。
このままでは、多くのライブハウスが閉店を決断しなければなりません。 

国庫からの融資を受けるにも、相談の予約が3週間先まで埋まっており、書類を提出しても審査が通るのは3か月も後だと聞きます。

そこで、皆さんのお力をお借りして福岡市内にある全てのライブハウスを支援できたらと考えています。
まとめて支援金を集めて、均等に分配します。
今回の事態は、それぞれのライブハウスの問題でなく、博多の音楽全体の問題だと思うからです。

コロナ流行はピンチです。
でもピンチチャンスに変えることができます。

博多の音楽好きなみなさんが団結するチャンス。そして、この状況を乗り切った後に今まで以上に音楽を盛り上げていけるチャンスだと思うのです。

プロジェクトが終了しライブハウスへ皆さんからのご支援を届けた後に、ライブハウスやミュージシャンと協力した、無料ライブや特別イベントの開催等の企画も考えています。



(1)音楽はライブハウスがないと育たないからです!

皆さんがCDなどで聞いている音楽。
誰かが作曲作詞して、バンドで練習して、ライブで演奏する。
最初に演奏した時点では、その曲はまだ生まれたばかりの状態です。
皆さんの前で何度も演奏し続けると、どんどん成長していきます。
それからレコーディングしてCDになって、皆さんの手元に届く。
ライブハウスがなくなったら、ミュージシャンの活動の場所がなくなったら・・・。

そして、生演奏は生きもの。同じアレンジでも同じ曲でも、二度と同じ様には演奏できません。
その日だけの、そのメンバーだけの、そして、その日集まったお客さん達だからこその演奏。

演奏者と観客が一体になる、その興奮やスリルや幸せを味わえる場所がなくなったら・・・。
そんな未来は想像したくないのです。

(2)音楽はなくてはならないものだからです!

音楽はいつだって私たちを励まし、元気づけてくれます。
音楽はいつだって私たちと一緒にあります。
そして、音楽はいつだって私達の中にあります。
音楽を聴くと、明日も頑張ろう!って思ったり、
昔の出来事を思い出したり、
ただ単純に今を楽しめたり。
もちろん、一人で聞くのもいいけれど、ライブハウスでみんなと一体になって楽しむのは最高です!

そんな機会がなくなっていったら・・・。
そんな生活は想像したくないのです!

(3)ライブハウスが困ってるからです!

それぞれのライブハウスがクラウドファンディングを行うこともできるでしょう。
しかし、現状でクラウドファンディングを行う余裕はないと思います。
そして、21世紀は「横につながる時代」です。
自分だけでなく、みんなで手をつないで幸せや楽しさを分かち合う時代です。

私一人で「福岡市のライブハウスをまとめて応援したい」というのは、常識からいうとおかしいことかもしれません。
そんなの無理だろうと思われる方もいらっしゃるでしょう。

でも、もし皆さんが協力してくれたら・・・。
私が今出来ることは、皆さんに呼びかけて、協力をお願いすることだけなのです。


宣伝用のポスター・フライヤー製作費、リターン品の製作費・郵送料、CAMPFIRE手数料、その他経費を差し引いた全額を、支援先ライブハウスにきっちり等分してお渡しいたします。
プロジェクトがすべて終了した後、集まった資金の使用明細を「活動報告」内で公開いたします。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


音楽プロデューサー深町健二郎さん(twitter)の計らいで、シーナ&ロケッツ鮎川誠さんのご厚意により、「アマビエ」のイラスト無償で使用させて頂けることになりました。

鮎川さん、深町さん、本当にどうもありがとうございます!
鮎川誠さん
深町健二郎さんからコメントを頂きました!
――――――――――――――――――――――――
GO!AMABIE!GO!

新型コロナウィルスは、福岡の音楽シーンにも様々な影響を及ぼしています。特に個人経営のような小さなライブハウスは、存続の危機に直面しており、このままでは今まで多くのアーティスト達を育み、その恩恵を受けて来た現場が、無くなってしまう恐れがあります。

このような危機的状況に対して、何か出来る事はないかと考えていたら、千葉さんの動きをSNSで知りました。すぐに連絡を取って話し合っているところに、今度は福岡の音楽文化の立役者でもある、鮎川誠さんがアマビエのイラストと共に、メッセージを投稿されていらっしゃいました。これはもう鮎川さんにもご協力をお願いするしかないと思い、今回の福岡のライブハウス応援プロジェクトの相談をさせて頂いたところ、無償でイラストの使用許可をご快諾頂きました。我らがKing of Rock'n Roll Heart、鮎川さんにはこの場を借りて、厚く御礼申し上げます。

福岡を愛し、音楽を愛する気持ちは、純粋に一つの輪となり、また大きく広がっていくと信じています。どうか皆さん、力を合わせてこの難局を乗り越えていきましょう!

Love&Unity
深町健二郎
――――――――――――――――――――――――

深町健二郎さん


(1)支援先ライブハウス共通のドリンクチケット
・支援先ライブハウスどこででも使えます。下記の支援先ライブハウスリストで確認をお願いします。
・1枚で1,000円以下のドリンク1杯を提供いたします。
1回の来店で1枚使用できます。ただし、同伴者は使用可能です。
・有効期限は2020年12月末です。
・イベンター主催ライブ、企業イベントなどでは使用できない場合がありますので、各店舗でお尋ねください。
・チケットの使用枚数が、ライブハウスにより偏る可能性があります。あまりにも偏り過ぎるとそのライブハウスの負担が大きくなりますので、(合計発行枚数÷支援先ライブハウス数)で計算し、各ライブハウスで使用できる、だいたいの枚数上限を設けさせて頂きます。
注文時にチケットを提示し、使用可能かをお尋ねください。


(2)鮎川誠さん 「GO!アマビエGO!」イラスト使用グッズ

◆オリジナル缶バッジ(直径38mm):缶バッジをつけて、ライブに行こう!!
※完成予想図です。デザインは変更になる可能性があります。     


◆ オリジナルステッカー(直径100mm ):いろんなところに貼って、ライブに行こう!
※完成予想図です。デザインは変更になる可能性があります。
※耐水性・耐久性に優れている 白塩ビ(PVC)で作成します。


オリジナルコットンバッグ :バッグを持ってライブに行こう!
(W260mm×H330mm、A4サイズ)

※完成予想図です。デザインは変更になる可能性があります。
※4オンス 薄手のコットン、色はナチュラルのみです。

オリジナルTシャツ:Tシャツを着て、ライブに行こう!
※完成予想図です。デザインは変更になる可能性があります。
※6.0 oz厚手のコットン。
※デザインは4種類です。備考欄に希望のデザインをご記入ください。
記入のない場合は「A. モノクロ/ホワイト」をお送りします。
※サイズ表からサイズを選んで、備考欄に希望のサイズをご記入ください。
記入のない場合は「Mサイズ」をお送りします。

A. モノクロ/ホワイト B.モノクロ/ブラック

C. カラー/ホワイト D.カラー/ブラック


<Tシャツのサイズ表>




遠方にお住まいでドリンクチケットを使えない方のために、ドリンクチケットがついていないコースも用意しました。

※4/22コースを1つ追加しました。
◆10,000円コース:缶バッジ1個+お礼のお手紙


・参加ライブハウス募集(4月15日迄)
・プロジェクト終了 4月30日
・支援金をライブハウスへお届け 6月頭(CAMPFIREからの入金が5月末なので)
・リターン品発注 6月
・リターン品発送 7月


福岡市内のすべてのライブハウス(ジャンル、規模を問わず・約60軒)に、このプロジェクトを実施することがもれなく周知できるよう、直接メールまたは電話連絡しています。

次の条件にあてはまるライブハウスは全て対象としました。
・福岡市内にあること
・月に4回以上ライブを行っていること(有料・無料にかかわらず)

・主旨や内容に同意していただけること

資本が大きいライブハウス(全国展開などしている)、オーナーが演奏するミュージックバーは除外させて頂きました。ただし、固定バンドで時間を決めて毎日演奏しているライブハウスは対象としました。


※オーナーの意向により辞退されたライブハウスもあります。
<早良区>
1. CHEAP SIDE(飯倉)
2. Jamlto西新(西新)
<中央区>

3. 80's Music & Culture Bar reflex(高砂)
4. BAR KING BEE(天神)
5. B.B. Kenchan(舞鶴)
6. Beat Station(渡辺通)
7. BuRaRi(警固)
8. Buddy up!(天神)
9. Cafe JAM(舞鶴)
10. Cavern Beat(清川) 
11. Early Believer(天神)
12. graf(天神)
13. INSA(春吉)
14. JAZZ CLUB KING FISH(大名)
15. Jazz Inn New Combo(渡辺通)
16. HOME(舞鶴)
17. Live Bar Michael(舞鶴)
18. Live cafe & bar アクアリウム(大名)
19. Livehouse & Club・Peace(荒戸)
20. Liv Labo(大名)
21. Live&PUB ウインディー(天神)
22. Music bar shangri-la(大名) 
23. Public Bar Bassic.(天神)
24. public space四次元(天神)
25. ROOMS(大名)
26. SHOT BAR KID ROCK(舞鶴) 
27. sixpines sandwiches(草ヶ江)
28. SOUND BAR BRICK(大名)
29. Space Terra(警固)
30. Square Garden(大名)
31. The Back Stage(赤坂)
32. The FIVE Pennies(舞鶴)
33. TUPELO(赤坂)
34. UTERO(清川)
35. 音故知新(高砂)
36. 金太郎ギター(赤坂)
37. 天神ポケット(天神)
38. チャックワゴン(天神)
39. 遊来友楽~yurayura(高砂)
40. ライブハウスCB(長浜)
<博多区>
41. Deja Vu(店屋町)
42. Gate's7(中州)
43. JUMP HOUSE(中州)
44. LiveBar HEARTS(須崎町)
45. LIVE MUSIC Player(中州)
46. Trombone Club(中州)
47. 音楽酒場ブギ(住吉)
48. タイムトリップ(中州)
<南区>
49. Jazz Village GOLBY(大橋)
50. Jonathan(大橋)
51. LIVE & BAR ALAN(大橋)
52. カフェ・ド・トワレ(塩原)
<東区>
53. Blowin' new soul(馬出)
54. Live Cafe Eric(香椎)
55. 箱崎水族館喫茶室(箱崎)


日本全体、個人個人、それぞれが大変な時期です。
以前のような日常にいつ戻れるか、まったく予測がつきません。

今回のプロジェクトは、いろんな業界から個人まで、それぞれが大変なことは十分わかった上での皆さんへのお願いです。

この事態が収束して普通の生活に戻った時に、
もし、福岡市からたくさんのライブハウスがなくなっていたら…。

心の寂しい世界になってしまうでしょう。

私たちを元気にする世界を取り戻すために、
「GO!アマビエGO!」 

是非、皆様のご支援、よろしくお願いいたします。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

チバ マサミ

---------------------
※写真は全て使用許可を取得しています。

Special thanks (敬称略、abc順)
Aimi Ogata, Arisa Oda,
Akihiro Fukuyama, Atsuchi Sakai,
Daisuke Kuwahara, Daisuke Hirata,
Daisuke Saito, Hibiku Fujisaki,
Hiroaki Goto, Jun Otaki
Kenjiro Fukamachi, Kikumi Takayama,
Koichi Fujii, Koichi Somei,
Kotaro Take, Koichi Kikukawa,
Kunikazu Soejima, Kunio Torigoe,
Makoto Ayukawa, Masakazu Fujii,
Mayumi Takeda, Midori Yamasaki, Mikiharu Arita,
Nobuyuki Takaki, Noriko Ichikawa,
Rio Yoshioka, Ryoma Matsuo,
Ryotaro Yamada, Sae Takeda,
Satoko Goto, Satsuki Tanahashi,
Sei Yamamoto, Setsuko Nakamura,
Shigeki Nakano, Shinya Matsuo,
Shuta Yamane, Syuhei Shirouzu,
Syuji Hirai, Takashi Masuda,
Takayuki Kimura, Tetsushi Hanamure,
Tomoko Yamasaki, Yosuke Kadota,
 Yuki Ishimura, Yumiko Togami

★記事掲載協力(順不同)
ぐらんざ(WEB)西日本新聞(WEB)
ファンファン福岡(WEB)、サンデー毎日、
朝日新聞読売新聞毎日新聞
日刊スポーツ新聞、時事通信社

★ フライヤーを置いてくれたお店(順不同)
Juke Jointピース餃子闇よだれ
小鉢&Bar ふぅヤンニョムチキン専門店 とりこっこ 、
居酒屋食堂クロスローズ清川ゴールデン
月夜のことり博多うまか遊び庵
星期菜(サイケイツァイ)
博多元気一番‼︎柳橋本店唐揚げ専門まる井商店
唐揚げ専門はっぴ商店飯塚店珈香

★ 協力会社
ラシン株式会社
株式会社リーボ
有限会社フリースタイル

  • 2020/07/15 21:16

    みなさん、こんばんは。チバです。昨日、4名様を残して、すべてのリターン品の発送が終わりました。グッジョブ、私!手伝ってくれるというお友達は何人もいたのですが、日にちをセッティングするのが大変だなぁあ(面倒くさいなぁ、が正しいw)、と結局一人で全部やってしまいました。とさ。いや~、楽しかったです...

  • 2020/06/27 04:21

    おはようございます、チバです。お久しぶりの活動報告です!リターン品を今月初めに発注して、出来上がるの待っとったとですよ。何せ、個数や枚数が多いものですから、なかなか時間がかかるとです。缶バッジ、ステッカーはできました。さて、今回Tシャツとバッグは、大名のhachiさんにお願いしています。HAC...

  • 2020/05/01 20:58

    こんばんは、チバです。皆様、ホントにホントに、ホントにホントに、ありがとうございました!目標金額を超え、1千万円を超えました!!あれから、朝までかかって、リターン品の個数とか、封筒の数とか、郵送費とか、がんばって計算しました。概算ですが、各店舗に159,000円前後、支援金をお渡しできます。良...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください