はじめに・ご挨拶

残り1日!!

クラファンに関するブログはこちら!様々な声や考えを載せています!

https://ao-labo.com/crowd-funding/


おはようございます。

ヒミツキチ森学園のグループリーダー(先生)をしている「あお@aosenn」です。
本名を青山 雄太と言います。


twitter名は「あお」@aosennです。

https://twitter.com/aosenn


現在のフォロワーは6000人ほどです。たくさんの方にフォローしていただき感謝です。

Twitterの他にもブログを書いていて、こちらも月100000回ほど読んでいただいています。
300もの記事は、日本中の様々な先生に読んでいただき、嬉しい限りです。



ブログURL

https://ao-labo.com/

Facebookはこちら!

https://www.facebook.com/aosen0


小学校に15年勤務ののち、ワクワクに耐えきれず公立小学校を退職してヒミツキチ森学園のグループリーダー(先生)となるべく、一般社団法人PLAYFULへ入社しました。


ヒミツキチ森学園についてはこちら!

URL 

http://himitsukichi-school.com/



プロジェクトを立ち上げた背景



小学校の教員時代は体育主任を務めていました。1年生から6年生まで全ての学年を経験し、15年、どのクラスも楽しかったです。学年主任も務め、学校を動かすという年齢に差し掛かっていました。


しかしながら、

ボクには本当に自分のいる場所はここだろうか

という問いが頭のどこかにずっとあったのです。



自分の特徴として

・習慣化が得意 ・デジタル関係全般に強い ・運動やコーチング向き

・自然が大好き ・アドベンチャー教育が好き ・子育て楽しい

3000m超えの山に登山泊をします!


があります。


自分の不得意なこととしては

・大人数の場所にいるのが苦手 ・机や椅子にずっと座っているのがダメ


ということがあります。


教師という仕事は、目の前の子どもたちの成長に関われる尊い仕事だし、十分なやりがいも感じる。

でも、どこか子どもたちの個性を削りとる方向に進んでいないか、ある方向に動かすような育て方に結果的になっていないか。そう感じることが多かったのです。


本当にボクのいる場所は、この鉄筋コンクリートの中なのか。
理想の教育というものは、もっと違うものなんじゃないか。そのために自分ができるアクションはないか。


自問自答が続いていました。



ヒミツキチ森学園の可能性!


そんな時に出会ったのが、「ヒミツキチ森学園」でした。



2020年に神奈川県の葉山に開校した、オルタナティグスクールです。

何気なく参加した「教育のミライ」で、代表の宮下(以下、いつも通りちほやんと呼びますね!)が話す物語やその熱量に圧倒され、魅力的にうつりました。ワクワクが止まらず、その日はちほやんに名刺を渡して帰りましたが、そのワクワクは数日経っても冷めるどころか増していったのです。


数日後、ちほやんから「話したい」と連絡が来て、カフェで話を聞き、スカウトを受け、まずはカリキュラム部への入部を決めました!

カリキュラム部のみんなとは、たくさんミーティングをして学校のカリキュラムを作成しました!



ヒミツキチ森学園のプロジェクトは300名のチームで動かしていると聞いた時、今の時代に合ったワクワクするプロジェクトに参加できるのが心底嬉しかったです!


ちなみにそのプロジェクトの一環で、校舎のDIYのクラウドファンディング にも成功し校舎改築の資金を得ることができました。


https://readyfor.jp/projects/himitsukichi


PLAYFULが発信するビジョン

自分のどまんなかで生きる人が増える世の中に!

というものにとっても共感し、ここが自分が探していた場所なんじゃないか、そう思ったのです。


ボク自身自分のどまんなかで生きていると思っていたのですが、

「そんなふうに生きられるのはあおだけだよ」

と言われることも多かったです。


どうして何かに我慢するように生きなくてはいけないのか。

もっと明るく自分らしくいられる生き方はないのか。


あぁそれって子ども時代の過ごし方にあるんだよなぁって思いました。



それから半年間、チームでカリキュラムを作り上げ、今思うのは、

ヒミツキチ森学園がこれからの教育に必要な学校」ということです。

もう少しご紹介させてください。





● ヒミツキチ森学園は生きる力を育む学校

いま、この時代を生き抜くにはどんな力が必要なのかの本質に向き合います。

 

ウインタースクールでの様子



柔軟に設計した、オランダ・デンマークの教室と日本の新学習指導要領が融合された時間割


 

これはオルタナティブスクールというシステムをうまく活用することで生み出すことができます。



どうしたらビジョンに沿った学びが実現できるのかはカリキュラム部と一緒に練り上げ、カタチにすることができました。


古民家である一軒家をベースとした、町とともに学ぶ学習環境

海も山も公園も美術館も徒歩20分ほどで着きます。こういう環境は場がとても大切で、どこでも得ることができるわけではありません。




校舎は築年数のある古民家です。昔ながらの障子や縁側があり、日本古来の受け継がれてきたものも大事にしています。舎づくり部が先頭に立ち、この校舎でスタートすることができました。DIYの改築も、建築に携わっているメンバーと進めており、持続可能な住宅としての機能を大事にしています。



自分のどまんなかで生きる子を育てる学校


 

感情価値が高まる時代に、こんなにも

あなたは、何をやりたいの?

に応えてくれる学校が「ヒミツキチ森学園」です。


マイプロジェクトやワールドオリエンテーションといった魅力のある授業や、リフレクション・対話・共創を大事にしたミッションで、それらの生きる力をつけていこうという大事な取り組みと壮大なビジョンがあります。




ボクはこの未来に運命を共にしようと、公立学校の先生という立場を手放し、入社を決意しました。


40歳が近づく中で、昔からの思考が強い両親、現実思考の妻もボクを信じて認めてくれました。
今、ヒミツキチ森学園が持つ教育業界にうねりを起こす可能性に、ボクが一番ワクワクしています


こんな環境で子どもたちと一緒に過ごせることや、みんなと考えてきたカリキュラムで毎日の教育ができることを、待ち望んでいます!


さて、ボクの夢は自分が生まれ育った場所に教育というもので恩返しすること、自分が生まれ育った地元に貢献することです。

次代を担う子どもたちが生き生きとした社会をつくる

これがボクのミッションです。

ヒミツキチ森学園のイベント!


ヒミツキチ森学園は、学校事業の他に、コンサルタントやコーチング、習い事などの事業を計画しています。ここでもボクの夢と重なる部分があり、自分が学ぶ環境としても最適だと考えています。



ボクらができることは、

新たな学びの環境を生み出す

●学びの選択肢を増やす

●小さなスタートから教育業界、そして日本にうねりを起こす!


勉強や習い事、親子共になかなか余白を保つことが難しい時代の環境で、ワクワクを見出し、自ら生きることがワクワクする!と子どもたちが感じること。

それこそが今後の大きな未来へつながるきっかけになると確信しています。


そしてこの未来を作れるのは、

「失敗を恐れず挑戦する人」

だと思います!




このプロジェクトで実現したいこと


ヒミツキチ森学園では、コロナウィルス による全国緊急事態宣言を重く受け止め、4月5日の入学式もオンラインで実施しました。

https://himitsukichi-school.com/entrance-ceremony/


そして、4月13日からは、オンラインでの授業スタートとなりました。子ども、保護者にも好評で、今後も毎日続けていこうと考えています。


その様子は、公式HPのこちらの記事をご覧ください!

https://himitsukichi-school.com/online-start/

https://himitsukichi-school.com/online-point/


さて、ボク自身がヒミツキチ森学園で先生を続けていくためには、「通勤のための車」が必要になります。


葉山は、バス・電車で行くと2時間弱かかってしまいますが、車だと高速を使って30分ちょっとで着くことができます。学園の仲間には、仕事だけではなく家族を大事にする自分のことをわかってもらっているので、車であれば娘を見送ってから今まで通り家を出ることができます。

家族との約束で、「車で通う」ことはボクがヒミツキチ森学園で働くための条件なんです。


子どもたちにワクワクを伝えるためには、ボクがどれだけワクワクした人生を生き抜くことができるか、だと思っています。
自分の人生やみんなの人生をワクワクさせるためには、何より今は「時間」と向き合っていかなくてはいけません。


今は、横浜→葉山まで親の車を借りて通っています。還暦を迎えた両親の楽しみに必要な車なので、コロナの終息や夏ぐらいを目処に返却しなければいけません。我が家には車が一台ありますが、通勤と次女の送り迎えに妻が使うため、もう一台購入する必要が。。。


「自分自身での購入」を考えたのですが、上がり続ける軽自動車の値段を見てびっくり!
高速に乗るため安全に通勤してほしいという妻の願いに応じ、安全性能がしっかりとした軽自動車を購入する場合、こんなに高いのかと。
自分で用意していた予算を大幅にオーバーしてしまいました。


正直に言いますが、今のボクにはお金がありません。

●公立教員からフリースクールの先生となり収入は初任給へタイムスリップ(笑)

●忍び寄る税金の恐怖。

●雀の涙の退職金

家のローンや家族のことを考えると、ここで一気に車を購入!とはいかなくなってしまいました。


そこでこのクラウドファンディングを企画しました。


「通勤に使う車の購入」ということで、正直今回の企画、迷いました。
でも実際問題、ボクが通い続けるには、今は皆様のサポートが必要なんです。


どの子にもその子にあった居場所をつくる」ためには、いろんなカタチの学校が必要です。これはボク自身も不登校の時期があったのでよくわかります。

一条校と言われる「学校」も、「フリースクール」も、「オルタナティブスクール」も子どもの成長を育むために全力で頑張っています。その「いろんなカタチの学校」の垣根がなくなると、「生き生きする子どもたち」はさらに増えていくのではないでしょうか。


ボクはヒミツキチ森学園から、「自分のどまんなか」で生きる力を育む子が増えて、その大きな教育のうねりを作りたい!と強く願っています。

その挑戦のためにも、今は車の購入資金が必要なんです。挑戦し続けるための体力が必要なんです。

どうか、皆様の力を貸していただけませんか。



今回は「ヒミツキチ森学園」という存在を知って欲しいという気持ちも込めて、様々な魅力的なリターンを用意しました

※学園や保護者の方の了解・応援を得ています。


クラウドファンディングは怪しいものではありません。キングコングの西野亮廣さんも「予約販売だと思えばいい」と本の中で話しています。

ボクのブログでもまとめました

https://ao-labo.com/crowdfunding/



満足していただけるリターンを用意したつもりです。ぜひご検討ください!



資金の使い道



通勤のための車の購入資金の一部として125万円を集めたいと思っています。
 ※手元に残る金額は「100万円」です。実際にはここから税金が引かれます。


もし金額が上回るほど集まった場合については、学校運営の資金に充てさせていただきます。



リターンのご紹介


ここからは、ボクのリターンを説明していきます。

コロナウィルスによる現在の状況があり、リターン時期は書いてある時期より遅くなること(場合によっては早くなること)があります。しかしながらコロナウィルスの終息次第、必ず遅れても実施しますので、よろしくお願いいたします。



●講演会「あおは、どうして公立学校を辞めて、オルタナティブスクールに飛び込んだ? 未来予測とこれから求められる先生像」in TOKYO  参加権

価格 6000円  販売個数 50名  リターン実施 夏休み


 あおが半日の講演会を企画しました。

 どうして公立の学校の先生を飛び出したのか、そこには未来予測による理論的なものと、これからの時代を考えた直感的なものの両方がありました。自分の父親を1時間半かけて説得した材料を大公開!夏までのヒミツキチ森学園の様子もお伝えします。

※実際に対面してお話しさせていただくため、支援時必ず備考欄に所属(学校名、企業名等)をご記入ください!


● 講演会「あおは、どうして公立学校を辞めて、オルタナティブスクールに飛び込んだ? 未来予測とこれから求められる先生像」in ヒミツキチ森学園 参加権


 価格 10000円  販売個数 20名  リターン実施 夏休み

 

 上記と同じ講演会ですが、ヒミツキチ森学園の校舎を使って行います。校舎の場所は神奈川県の葉山です。校舎までの交通費は各自でご負担ください。平家の古民家での開催となりますので、この人数とさせていただきました。
(場所については、実施の準備ができ次第、追って連絡します!校舎での実施が難しい場合、近くの素敵な農園レストランを予定しています!)


※対面してお話しさせていただく関係で、支援時必ず備考欄に所属(学校名、企業名等)をご記入ください!


ブログにて、あなたのブログやNoteや出版物などを、詳しく紹介します!


価格 5000円  販売個数 20名  リターン実施 クラファン終了後から少しずつ


 ボクのブログは、月に10万回ほど読まれています。そのブログの中の1つの記事で、あなたのブログやNote、出版物などを紹介させていただきます。自分のアピールしたいものを教えていただければ、ボクが読んで、その良さを引き出す記事にしたいと考えています。 

 紹介とともにリンクを貼らせていただくので、ご自身のサイトにもある程度のアクセスが見込めるかと思います。ぜひ、ボクに紹介させてください!

※1人につき、紹介できるものは1つとさせていただきます。ブログやNoteの場合は、1つの記事でも、サイト全体でもどちらでも構いません。

※どのようなものを紹介するか決めてからのリターン購入になります。紹介するブログ、Note、出版物等のURLを備考欄に必ずご記入ください。


●教員トップクラスのPV数を誇るボクが、ブログのコンサルをします!


 価格 20000円  販売個数 5名  リターン実施 夏休みから冬休みにかけて

 

 ブログを書き続けて3年以上になります。月間100000PVは、教員の中でもトップクラスの実績があります。ブログ内では、実はブログの書き方や進め方についての情報は出していないんですね。これまでの読者対象が学校の先生だったからです。でもこれからの時代は総クリエイター時代です。ブログに限らず、自分のやっていることを書く技術は必要になってきます。

 今回はブログコンサルという形をとらせていただきます。夏休みを利用してコンサルを行います。対面で2回(2時間×2回)、その後zoomでの定期報告(全3回)となります。長期でじっくり取り組みたい方はどうぞ。Wordpress の開設のお手伝い等はできませんので、Wordpressの自力開設や、はてなブログやnoteでの取り組みとなります。

※どのような方かを知っておきたいので、支援時必ず備考欄に所属(学校名、企業名等)とお住まいの地域をご記入ください!


●1on1教員コンサル!

 価格 30000円  販売個数 5名  リターン実施 夏休みから冬休み(要相談)


 ブログは読んでいるのですが、先生をやっていてうまくいかないことが多いです、という悩みに対して、教員コンサルを実施したいと思います。こちらについては、対面もしくは住んでいる地域によっては「zoom」となります。月一回の対面ミーティングを8月から12月までの全5回を予定しています。

 ボクの経験やヒミツキチ森学園の話なども交えながら、伴走し最適解を探っていきます。経験に基づくアドバイス等が欲しい方はこちらまでどうぞ!

※対面してコンサルを行いますので、支援時必ず備考欄に所属(学校名、企業名等)、お住まいの地域をご記入ください!


●学校の先生に活用!Excel座席表データ


 価格 5000円  販売個数 50名  リターン実施 6月

 愛用してきた座席表と、掃除当番給食当番の連動データをお渡しします。座席表に入力すると、勝手に4週分の当番表ができるデータです。低学年、高学年ともにこれでやっておりました。

 「流動性」が高い子どもたちのつながりがあるクラスを作りたい方はぜひどうぞ!

※支援時、メールアドレスをご入力ください。


●重ねられるベンチの設計図 


 価格 5000円  販売個数 50名  リターン実施 8月

 

 ボクのクラスでは自作の「重ねられるサークルベンチ」があります。ボクのパパ友と必死で作った素晴らしい逸品です。(こちらはヒミツキチ森学園に現物があ"るのでぜひ観に来てください!!") 

 その設計図になります。

 正直、設計図があっても金属加工等の技術がないと作ることはできません。しかしながらそのアイディアがある人なら新しい形を生み出せるかもしれません。

 ※一緒に制作をするわけではありません。あくまで設計図です。

 ※支援時、メールアドレスをご入力ください。


●ヒミツキチ森学園、1年目のレポート


 価格 5000円  販売個数 限定なし  リターン実施 2021年春


 ヒミツキチ森学園の1年目のレポートとしてまとめたものを、PDFファイルにてお送りいたします。校舎までは遠いし、関東には出てきにくいけど、内容は知りたいという方は、ぜひお申し込みください。
1月ごとにA41枚程度、合計12ページを最低ラインとして、文章を書いていく予定です。

※保護者の方々の了解・応援を得ています。

※支援時、メールアドレスをご入力ください。


●ヒミツキチ森学園 通っている子にインタビューレポート

価格 5000円 販売個数 限定なし リターン実施2020年 年末



 保護者の方で、この学校が気になっている人も多いはず。学校に通う子にインタビューしながら、まとめたものを「あお」がレポート形式でPDFでお伝えします。

個人情報には配慮しながらになりますが、リアルな声を聞けるリターンです。

※保護者の方々の了解・応援を得ています。

※支援時、メールアドレスをご入力ください。


●ただひたすら「あお」を応援

 価格 5000円  リターン金額をあげての支援も可能です!泣いて喜びます!


 今までのブログで何か感じてくれた人がいたら。何かエネルギーにつながってくださった方がいたら。
ただひたすら応援していただけるリターンです。


 感謝の気持ちを込めて、ブログに名前を載せさせていただきます!

支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ヒミツキチ森学園 連携 リターン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◎1日せんせいができる権利!


価格 30000円  販売個数 5名  リターン実施 秋以降


 ヒミツキチ森学園の時間割の中には、「1日せんせい」があります。これは、自分たちがやりたいことを先生として参画できるプログラムです。実際に葉山の学校に来て、1時間の授業を行なってもらいます。題材は事前に相談させていただきますが、基本的に自由です。大人でしか伝えられない本気の授業を待っています。

※学園に来て、子どもたちと対面で先生をしていただく関係で、支援時に必ず備考欄に所属(学校名、企業名等)とお住まいの地域をご記入ください!


◎1日見学券

価格 10000円  販売個数 10名  リターン実施 秋以降


 ヒミツキチ森学園を見にきませんか?

一般の方へは通常3000円での見学を認めていますが、ありがたいことに現在、多方面からご希望を受けている最中です。現在の状況ですと、一般の方への見学はずいぶん先になるかと思います。そこで優先リターン券をご用意させていただきました!

※学園を案内することになるため、支援時必ず備考欄に所属(学校名、企業名等)をご記入ください!



最後に


もしボクのブログが普段からあなたに届いていたとしたら…

今日の言葉があなたに届いたなら…


どうか応援をお願いしたいのです!

ボクが教育のうねりを起こす火種を作ります!

そこから共に大きな未来をみませんか?


ボクに挑戦し続ける可能性をください!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


一般社団法人PLAYFUL 
ヒミツキチ森学園グループリーダー 
青山 雄太

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください