新型コロナの影響で存続危機!ローズマリーハートは皆さんの支援を必要としています。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

名古屋市中区東別院でミュージックバー「Rosemary Hart」を経営する
鷲見良子, 前田直人です。初めてクラウドファンディングにトライします。

ご興味を持って頂きありがとうございます。

(追記 2020/5/2)
5月に入り、間も無く募集終了(5/10)を迎えます。
これまでに沢山のご支援本当にありがとうございます。
この間に「緊急事態宣言」が発令されて、5/6以降も延長の公算が高くなり、
先行きは不透明なままではありますが、ローズマリーハート は6月からの店の再開を目指して新たな取り組みも始めました。皆様が御来店下さった時のサプライズにしたいので、ここでは具体的な事は書きませんが、
コロナに負けずに新しいローズマリーハート をお見せ出来るよう準備中です!
残り少ない募集期間となりましたが、引き続きご支援お待ちしています。

(追記 2020/4/22)
5月10日の募集終了日まで残り20日を切りました。
これまで多くのご支援を頂きありがとうございます。
本来であれば、ご支援頂いた方にすぐに御礼のご返事を差し上げるところ、
ご支援くださった方の詳細情報が無い為、個別の御礼は募集終了後となってしまう事をお許しください。
又、アイティムに関しても選択肢が減ってしまい、ご不便をおかけいたします。

(追記 2020/4/13)
募集早々から多く方からご支援を戴きありがとうございます。
当初準備していたリターンの多くがOUT OF STOCKとなってしまい、
大変ご不便をおかけいたしました。新たなリターンを追加致しましたので、
引き続きご支援宜しくお願いいたします。(募集終了日5月10日)

クラウドファンディングの操作方法などご不明の方は、
お気軽に下記メールアドレスまでご連絡ください。
直接ご説明させて戴きます。
rosemaryhart69@gmail.com

これまでの活動

ローズマリーハートは
1999年にオープンし、昨年で20周年を迎えたました。
席数25名程の小さなミュージック ライブバーです。
ロック、ジャズ、フォーク、カントリー、クラッシック、オペラなどジャンルに捉われない音楽のライブイベントを始め、地元の音楽好きが集まるオープンマイクや、各種ワークショップなど幅広いエンタテイメントを開催してきました。

プロ、アマを問わないアーティストの皆さんに出演して頂き、
沢山の仲間に支えられてここまで来ることが出来ました。

店以外でも毎年夏恒例、ローズマリーハート主催の今年で6回目を迎えるイベント
「Americana Music Festival」を開催。

他にも「Say Cheese!」という野外イベント(フリーコンサート)も協賛してきました。

又、音楽と共にオリジナルハンバーガーやビザなど定番の食事メニューから
クラフトビールなど人気の最新のドリンクなども気軽に楽しんで頂けます。

名古屋でこれまで微力ではありますが、
音楽が身近にある暮らしをご提案させていただいてきました。

オフィシャルサイト
https://www.rosemaryhart.com/#!

フェイスブック
https://www.facebook.com/Rosemaryhart.Bar/


リターンのご紹介

追加リターン

● オリジナル ローズマリーハート20周年記念Tシャツ 復刻  5.6oz(半袖)
ブランド United Athle 綿100% カラー(サンドベージュ、キャメル)
サイズ(S,M,L,XL,XXL )
● オリジナル ラグラン ベースボール シャツ 5.6oz(3/4スリーブ)
ブランド United Athle 綿100% カラー(ホワイト/ブラック ミックスグレー/ブラック)
サイズ(S,M,L,XL,XXL )
● オリジナル オリジナル コーチ ジャケット(裏地付き) 
ブランド United Athle T/C ウェザー生地を使用してマットな仕上がり.
素材 ポリエステル 65%、綿 35% ウェザークロス〈裏地〉ポリエステル 100%
※DOTボタンはYKK社製
カラー(ベージュ、ネイビー、ブラック)サイズ(S,M,L,XL,XXL )


●お礼のメール 
●ステッカー 3枚セット
(円形ロゴ2種 直径5,5cm、サポートキャンペーンデザイン1種 横4,5cmX7cm)
●オリジナルTシャツ(半袖)メーカー(United Athle 5001 5,6oz)
カラー(ブラック、アイビーグリーン、バーガンディ)Out of Stock
 サイズ男女兼用(S,M,L,XL,XXL)
●オリジナルTシャツ(長袖)メーカー(United Athle 5011 5,6oz)
カラー(ブラック、アイビーグリーン)Out of Stock
 サイズ男女兼用(S,M,L,XL,XXL)
●オリジナルトートバッグ(幅24cmX深さ37cmXマチ12cm) メーカー(Delawear)
カラー(キナリ、レッド、ダークブルー)Out of Stock

注意)写真は参考サンプルです。
   お一人複数種のリターンのご購入が可能です。
   商品の受け取りご希望の住所、連絡先(メールアドレス)の記入が必要です。
   ご希望のカラー、サイズをご指定ください。
  (商品のお届けまでに募集終了後から約2週間の時間を戴きます。)


プロジェクトで実現したいこと

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスコミでの報道などによる「ライブハウスが集団感染の起こる危険な場所」という悪いイメージが広がったこと、そして政府より自粛要請が出たことが拍車を掛け、予定していた多くのイベントがキャンセルとなり、また開催できたイベントも平時の時のような集客のようにはいかず、残念ながら経営状況が急激に悪化してきました。
(イベントキャンセルなどに関してキャンセル料などの保証は全く頂いておりません)

そんな中で店としてもお客様や応援してくれる仲間、ミュージシャンやそのご家族の方々、そして自分自身の健康を第一に考える必要を感じ、熟慮の結果 4、5月はライブイベントを伴う営業は自粛とさせて頂くことにしました。

これまでの所、政府からの充分な支援も期待できない状況の中で、当然毎月の家賃や光熱費、それ以外の経費は待った無しです。

元々、昨今の社会情勢の中で我々のような個人経営の弱小ライブハウス(ミュージックバー)は毎月の収支的に所謂「自転車操業」を強いられ、充分な貯金や余剰金を得ることが難しい業種です。

正直な気持ちとしてはこの先いったいどの位コロナの非常事態が続くのか、コロナが収束したとしてもその後、経済の立て直しを考えれば以前の様に安心してお客様が来てくれる所まで戻れるのかどうか、と不安は尽きません。この様なクラウドファンディングで支援をお願いしても果たして再開に漕ぎつけられるのだろうか?このまま店をたたんだ方がいいのではないか?自問自答の繰り返しです。

でもこのまま何も自分達からアクションを起こさなければ全く未来も希望も見えなくなってしまいます。苦渋の選択ではありますが、今はまだ店を続けていける自信はありませんが、その希望の灯を消さない為に(もしかしたら時間稼ぎにしかならないかも知れませんが)今回初めてクラウドファンディングという方法を使って、当面の運転資金を得る為の支援を広くお願いすることに致しました。その様な事情をご理解頂いた上で支援を申し出てくださる方がお見えでしたら応援宜しくお願いします。


資金の使い道

当面の運転資金(家賃、光熱費、仕入れ、人件費)+リターンの返礼品の仕入

最後に

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

この世界規模で蔓延している新型コロナウイルスを人類が打ち負かし、
また平和な世界が戻って、みんなが音楽を身近に楽しめる時が来るまで
ローズマリーハートを存続させる為にみなさんの暖かい支援を宜しくお願いします。

〒460-0015 愛知県名古屋市中区大井町1−12−1B
第2沢ノ井ビル 1F ローズマリーハート

店主 鷲見良子、前田直人

rosemaryhart69@gmail.com

052-321-1253


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/05/08 10:07

    営業再開に向けてRenewal Project(Phase One)をスタートさせました!(YouTube動画)https://youtu.be/JSPMaFmO09Q これから先のことを考えると不安材料ばかりが目につきますが、当面の3密対策を念頭にまずは出来ることを始めてみます。身体を動かす...

  • 2020/05/02 10:12

    6月からの営業再開に向けて、準備を始めています。色々制約もありますが、でも前を向いて、再来店して頂いた時のお客様の驚いた顔を見るのを楽しみにリニューアルオープンというサプライズも計画中です!皆様も心と身体の健康と安全に充分留意してお過ごしください。See you in June with sm...

  • 2020/04/22 10:04

    現在店舗における営業は自粛中ですが、今後の営業再開に向けて準備を始めています。当面は自粛前の様な状況は望めない事を考え、新しいサービスも検討中です。今回始めてOnline Open Micという企画にトライしてみました。まだまだ、改善の余地はあるものの、画面を通じて仲間の顔を見ながらコミュニケ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください