いま、世界中の多くの方が新型コロナウイルスの蔓延に苦しみ、また見えない不安を抱えている時だからこそ、私たちは最前線で働く医療従事者への支援がとても重要であると考えています。私たちにできる支援の一環として、最前線で新型コロナウイルスと闘う医療従事者・病院勤務者にサラダを無償で提供・配達します。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして。株式会社クリスプ代表の宮野と申します。

私たちの会社、株式会社クリスプは「熱狂的なファンをつくる」ことを目的に2014年に誕生しました。創業ブランドであるクリスプ・サラダワークスは、美味しくて満足できるサラダを、一つひとつ手づくりで提供するカスタムサラダ専門のレストランです。現在は、カスタムピザ専門店「アール・ピザ」を含め、麻布十番、六本木ヒルズ、広尾など東京中心に15店舗を展開しています。



今回のプロジェクトをはじめた背景

いま、状況が日々変化していく中で本当に様々な判断が難しい時期ではありますが、同時に今こそ「食べる」と言う行為だけではない本当の意味での飲食店の価値が最も問われているのではないかと考えています。正直3月に入ってからは、私たちもお店によっては大幅にお客様の来店が減っているなど、なかなか目先の売上だけで言うと厳しい状況もあります。

ただ、こんな時だからこそ自分たちだけのことを考えるのではなく、クリスプとして少しでも世の中に何かお返しできることはないのだろうか?私たちのミッションである「熱狂的なファンをつくる」ことに立ち返るべきではないだろうかと考えた時に、その一つが最前線でコロナウイルスと闘っている病院などで働く医療従事者の方たちへの支援なのではないかと思いました。国民の不安に対峙し、献身的そして勇敢に感染予防や診療などに日夜従事し医療を支えている医療関係者の方々には心から敬意を表します。

私たちにできる支援の一環として、3月25日(水)より CRISP SALAD WORKS 全14店にて新型コロナウイルスと闘う全ての医療従事者と病院勤務者(医師・看護師・事務職員・清掃スタッフなど)へのサラダの無償提供を始めたところ、6日間で「2,296個」と本当に多くの方にご利用いただくことができました(R PIZZA でのピザの無償提供も含む)。



また、多くの方からの温かい言葉や、店頭やSNSなどでも私たちの取り組みをたくさん応援していただき、私たちができる事はわずかなのですが、もしかしたら少しは皆さんの1日を明るくする事ができているかもしれないな、と本当に嬉しく思っています。

同時に最前線で新型コロナウイルスと闘っている医療関係者の中には、忙しくて注文をして店舗でピックアップをすることもできない方が多く、また東京都でも新型コロナウイルスの感染拡大を受けてより緊張感が増す中で、病院に直接届けてもらうことはできないだろうか?という声を多くいただきました。

また、同時に私たちの活動をサポートしたいという多くの方の声をいただき、今回新型コロナウイルスを闘う医療従事者・病院勤務者を支援するためのコミュニティ「CRISP CONNECT」を設立し、今後はサポーターの支援や寄付を受けながら、コミュニティメンバーと一緒に東京都および神奈川県東部における前線の医療現場にサラダを無償提供・配達を行います。


私たちの商品・お店のこだわり

クリスプ・サラダワークスは、美味しくて満足できるサラダを、一つひとつ手づくりで提供するカスタムサラダ専門のレストランです。

ダイエットのための代替メニューとして食べたり、なにかのついでにサイドメニューとして食べるのではなく、「好きだから食べる」「美味しいから食べる」。サラダをそんな存在にしたいと考えたら、「カスタムサラダ」というスタイルに辿り着きました。


リターンのご紹介

リターンは、ただのモノじゃなくて出来るだけ私たちの感謝の気持ちが伝わるようなものにできればと思い、あえてサラダの無料券とかにはしていないです。これをきっかけに、医療従事者の方やその他の大変な方に目を向けるきっかけになったり、あとは私たちのことも少し好きになってもらえたら嬉しいな、と思っています。


プロジェクトで実現したいこと

私たちのできることは限られていますが、こんな時だからこそ少しずつでも一人ひとりが誰かの役に立つこと、誰かを助けることができたら、結果的にもしかしたらたくさんの人が「今日は良い日だったな」「こんな時でも自分のことを想ってくれる人がいるんだな」と温かい気持ちになって1日を終えることができるのではないかと考えています。

今回のプロジェクトのゴールはもちろん本当に大変な中で闘っている最前線の医療従事者の方を支援することですが、それは1つでも多くのサラダを無償で提供すると言うことではなく、医療従事者の方も含めて一人でも多くの人に温かい気持ち、幸せな気持ちになって欲しいと言うことだと思います。

だからこそ、私たちだけではなく皆さん一人ひとりの支援が本当に嬉しいです。もちろん医療従事者の方以外でも、本当に様々な人たちがいま大変な思いで毎日を過ごしているかと思います。なので、私たちは私たちのできる範囲で誰かに対してできることをしたいと思いますし、そんな小さな輪が大きくなって日本各地で誰かが誰かを支援するような世界になったら本当に素敵だと考えています。


資金の使い道・スケジュール

皆さんから支援いただいた資金は、2020年4月から開始予定の新型コロナウイルスと最前線で闘う病院向けのサラダ無償提供プログラム「CRISP CONNECT」の運用資金の一部にあてさせていただきます。

既に配送先候補となる病院から日々多くのリクエストをいただいており、もちろん私たちの資金の中でも運用はしていきたいと考えていますが、正直そこまで余裕があるわけでもないので、これから医療現場がより一層過酷さを増すことが想定されている中でサステナブルに支援をしていくことが難しいと考えています。

私たちのサラダは店頭売価だと1食1200-1500円(税込)くらいなのですが、食材の原価と調理・配送の人件費等を合わせると1食「750円」くらいがギリギリのコストかな、と考えています。

なので、あなたからの750円の支援で必ず最前線の医療従事者に1食のサラダを届けます(実際にやってみてもっと安くできたら、もっとたくさん届けます)。

また、支援いただいたの資金の使用使途や無償提供食数などはもちろん、できれば支援先の病院の方の声なんかもホームページやSNSなどで、出来るだけ定期的にリアルタイムで公開していきたいと思っています。


最後に

いまは本当に誰もが大変な時なので、本当に無理のない範囲でいいと思います。大変な人は逆に支援してもらうのも全然ありだと思います。

でも、あなたがいまもし少しでも誰かを助けられる余裕があるなら、私たちのプロジェクトじゃなくてもいいので、ぜひ少しでも誰かを支援してその人の1日を素敵なものにしてあげませんか?


*本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください