歌舞伎町で39年営業している美容室「Backstage.AZ」です。

Backstage.AZ(バックステージアズ)は39年前に新宿 歌舞伎町に「ビューティーサロン・アズ」としてオープンした美容室です。
オープン以来、歌舞伎町で働き、楽しむ方々のあらゆるシーンに対応できる美容室として営業。昭和から続く親しみ深い趣はそのままに、令和という新たな時代のニーズにも対応できる美容室になるべく、昨年「Backstage.AZ」に改名しました。

そんなバックステージアズでは、クラブのママさんを輝かせるヘアセット技術を持ち、おもてなしの心を大切にしている経験豊富な美容師が働いています。
現在、歌舞伎町の美容師として20年以上働く2名のスタッフがクラブやバー、スナックなどで妍を競うママさんたちが「美しいヘアスタイル」で出勤できるよう日々サポートさせていただいています。


古き良き高級クラブの文化とそれを支える技術を持つ美容師の存在を未来に残したい!

80年代のディスコブーム、90年代から現在にかけてはスナック、バー、キャバレーなど社交飲食業が盛んな繁華街、さらに現在では海外からの注目も集める観光地として変化し続けている歌舞伎町。
かつては歌舞伎町にも銀座のクラブのような高級クラブが数多く存在し、華やかで魅力ある夜の街の象りを担っていました。

紳士淑女が集う大人の社交場。
けれど、銀座ほど気取ることのない親しみやすい接客をする歌舞伎町のクラブは長年多くの人の人生に学びや彩りを与え、愛され続けています。

そんなクラブのママさんの出勤前のヘアセットをするBackstage.AZで働く美容師たちも、「巻き方、挨拶の仕方、仕事に向き合う姿勢など、お客様であるママさんたちの細かい指摘で人として、美容師として成長したことも多い。」と語ります。


昭和から続く、古き良き高級クラブは令和の時代も残すべき文化です。

現在、歌舞伎町にある高級クラブの数は年々減少しています。いわゆる「大箱」と呼ばれるクラブはなくなり、数名のホステスを抱えるクラブは10軒程度残っているくらいです。

最盛期、1日に130名以上ヘアセットを利用するお客様がいたBackstage.AZも現在では1日に30人程度。

このまま歌舞伎町の高級クラブの歴史が途絶えてしまえば、歌舞伎町という街の魅力である「奥行き」を失います。なぜならば、コミュニケーションが簡略化されつつある現代において、昭和から平成、令和と時代を越えて愛されてきた古き良きクラブの文化は、忘れがちな礼儀やマナーを再認識させてくれる存在だからです。


そしてそんな「ママさん」を輝かせるヘアメイクには技術が必要。

例えば、着物に合う和髪のセット。和髪の技術を持っている美容師は需要の減少と共に少なくなり、継承する若手もなかなか増えません。

2000年代からヘアメイクが台頭しクラブで働く若い女性たちもヘアメイクサロンで今どきのヘアスタイルをするようになりました。しかし、そんな若い女性たちの中にも「いつかママさんになったときは和髪で出勤したい」と和髪にあこがれを抱いている方も少なくありません。


そして、クラブのママ風のヘアスタイルを作る技術は、
最先端のファッションに合わせて新たなスタイルを作り上げる可能性も秘めています。


ファッション業界から注目を集めている歌舞伎町のインディペンデントショップ、「The Four-eyed (ザ・フォーアイド)」とBackstage.AZがコラボレーションした際はモデルさんのヘアメイクを勤続30年のベテランスタッフが担当しました。そして、最先端のファッションにクラブのママ風のヘアセットが見事に融合した斬新なスタイルが完成。

ベテラン美容師たちがもっている技術は後世に引き継ぐべきものだと確信しました。

だからこそ、私達は歌舞伎町の高級クラブの文化、そしてそれを支える美容師の存在がなくなってしまうことを食い止めたいと考えています。


プロジェクトを立ち上げた背景

歌舞伎町という街は老舗から最先端のお店まである、唯一無二のカオティックな歓楽街です。

その歌舞伎町の変遷を肌で感じできた高級クラブ、そして【ヘアスタイル】を通して見続けてきた、Backstage.AZは歌舞伎町の重要な文化遺産といっても過言ではありません。

バブル時代、昼間はヘルスで働く女性、夜はクラブのママさんが通ってくださりました。クリスマスにはお店の外まで人が並び、毛皮のコートがフロントのコート掛けに入り切らないくらい大盛況で、お客様からチップをいただくこともありました。

とBackstage.AZのスタッフは語ります。

これは、Backstage.AZが、歌舞伎町という街の栄枯盛衰を見てきた証です。
そして長年営業している高級クラブのママさんたちは、それを肌で感じてきた生き証人です。

これらの文化を守ることは歌舞伎町をより多様性に満ちた魅力ある街になることに繋がると思い、2019年に先代のオーナーから経営を引き継いだ私、大石雅也が今回このプロジェクトを立ち上げさせていただきました。


資金の使い道・実施スケジュール

①39年の歴史を持つ美容室【Backstage.AZ】の当面の運営費

②若手美容師採用強化のための宣伝広告費


 リターンのご紹介

【1000円プラン】
スタッフより、直筆のお礼状をお送りさせていただきます。

【3000円プラン】
スタッフからお礼のお手紙(直筆)+和髪セット体験

【5000円プラン】
和髪セット+着付け(レンタル浴衣ございます)

【7000円】
AZに常駐する整体師、ゴットハンド早乙女による整体券(90分 1回)

【10,000円】
スタッフ最年長、アズのコンシェルジュ長尾による人生相談会

【30,000円】
スタッフ全員(合計年齢166歳)による人生相談会

【50,000円】
カット、カラー、ヘアセット1ヶ月し放題券

【100,000円】
AZに常駐する整体師、ゴットハンド早乙女による整体券 (60分 20回)

最後に

Backstage.AZで勤続30年になるスタッフは、両親の葬儀の日でも「お客様が待っているから」と休むことなく出勤するほど、お客様に対する思いやりと責任感を持って働いています。
そして、節目節目はもちろん、東日本大震災のような社会全体が不安に陥ったときには、お客様であるクラブのママさんたちと手紙のやり取りをし「一緒に頑張りましょう」と互いを鼓舞しあいました。

歌舞伎町という街で働き続け、仕事に対しても街に対しても愛情と誇りを持つスタッフたちは、これからの時代を担う若者が受け継ぐべき生き様を体現しています。

それはクラブのママさんも同様です。

人と人との繋がりを大切に、お客様に対する細かな気配りを惜しまない。そんな、長年歌舞伎町という街で働き続けている人々を応援していただければ幸いです。

これから永続的にお店を運営していくには若手の美容師が必要不可欠です。
皆様、ご支援ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/06/18 18:49

    歌舞伎町で39年営業している美容室「Backstage.AZ」。 歌舞伎町のクラブで働くママさんたちの美と心を支えてきました。 そんな美容室もコロナ禍による緊急事態宣言を受けて、自粛を余儀なくされ、経営的にも存続が危ぶまれております。 80年代のディスクブーム、90年代から現在にかけてはスナッ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください