▶︎【4月16日】ネクストゴールとして700万円を目指します!

応援していただいた皆様のおかげで300万円のネクストゴールを設定して1日弱で早々の達成となりました事嬉しく思います。

本日非常事態宣言が発令され、ますます全国的な営業自粛が求められています。

全国でこの活動が広がる事と、賛同いただいた参加店舗様が1日でも長く安心して営業自粛出来るようにという目的からネクストゴールを設定させて頂きました。

少し金額は上がりますが、さらなる挑戦に是非ご支援のほど宜しくお願い致します。


▶︎【4月14日】ネクストゴールとして300万円を目指します!

この度は「京都自主ロックダウン」のクラウドファンディングにご支援いただき、有難う御座います。

公開から3日目にして目標金額の100万円を達成しました!

応援して下さった皆様本当に有難う御座います!

ここからは店舗様の自主ロックダウンの期間(営業自粛)を1日でも長く継続出来るように残りの期間でネクストゴールに挑戦したいと思います。

新たな目標金額は少し背伸びをしますが300万円です。

この取り組みが京都新聞様にも取り上げて頂き、より多くの方々に知っていただくきっかけが出来ております事感謝致します。

京都新聞様の記事はこちら

より一層新型コロナ拡大の防波堤となれるようにこの活動が全国の皆様に届きます事祈っております。


▶︎はじめに・ご挨拶

初めまして。京都自主ロックダウン推進委員会です。

私たちは京都市内で飲食店を営業しております。

まず初めにこちらは1日でも早い新型コロナの収束を願って立ち上げたプロジェクトです。

雑文や分かりづらい部分があるかと思いますがどうぞご了承くださいませ。

この非常事態において何か自分たちに出来る最良の事は何かを考えて立ち上げさせて頂きました。

大変な時期だとは存じますが最後までお読みいただけると嬉しいです。


▶︎このプロジェクトで実現したいこと

連日メディアでも発表されているように、

「3つの密」である

・換気の悪い密閉空間

・多数が集まる密集場所

・間近で会話や発声をする密接場面

これらの3つの条件がそろう場所がクラスター(集団)発生のリスクが高いとされています。

この条件が揃っている場合が多い業態として我々【飲食業界】が挙げられます。

店舗が営業をしている限り、人が集まってしまい感染拡大のリスクは増え続けます。

休業した方が良い事は分かってはいるものの実際問題経営の問題や従業員の生活を守っていく中で、

営業を余儀なくされている店舗様が実際の所ほとんどです。

周りの個人経営の店舗様の中では、1ヶ月休業してしまうと閉めざるを得ないという店舗様も多くいらっしゃいます。

またすぐに閉店するとしても物件の契約上3ヶ月間は家賃を支払わないといけなかったり、

閉めることすら出来ずに先が見えないというお声もとても多く聞きます。

また、休業してしまうとコロナに負けたと周りから思われてしまうのではないかというプライドで閉めることが出来ないというお声もあります。

このような形で休業したくてもできていない店舗様の背中を少しでも押すことのできるようにこのプロジェクトを企画しようと考えました。

小さなスタートであっても、小規模の店舗であっても、共感する一つ一つの大きな覚悟と、支援者様の気持ちによって世界を変えられる事を願っています。

飲食店から京都を守り、京都から日本を、世界を守る

新型コロナウイルスの影響を最も受けている業態の1つである飲食業であるからこそリスクを負ってでも一致団結して日本全国に良い相乗効果が起きる事を願っています。


▶︎具体的な内容

参加店舗は4月12日〜21日までの間全ての日を完全に休業します。


▶︎活動報告について

以下の公式インスタグラムで新たな参加店舗についてなどについて進捗をご報告させて頂きます。

京都自主ロックダウン公式インスタグラム


▶︎参加店舗一覧と、参加申し込みについて

支援していただいた金額によって、下記の飲食店から選択した店舗で使用できるお食事券が受け取れます。2020年4月19日現在、70店舗が参加しています。

現在参加エリア【京都駅】【烏丸】【河原町】【木屋町】【祇園】【先斗町】
*営業時間や定休日などは、各店舗にお問い合わせください。

参加店舗は以下の通りです。(アイウエオ順)

ア行

/ café-bar   and.. / bar YeT / SNS bar / ehako / 放課後駄菓子バーA-55 京都四条河原町店 

/ 居酒屋 尾嵜酒店

カ行
カオニャオヒルズ / 美味旬菜 和馬 / Curry & Bar Kathmandu /  牛トキドキ猪鹿蝶 / 町衆料理 京もん 三条店 / Kyoto Sake Garden / 京のおへそ / KEMURI -mist jungle- / Entertainment BAR Gossip 京都木屋町店 / Bar COM祇園店

サ行
祇園さあや / THE VR ROOM KYOTO / SUGAR TRIP / 将月河原町店 / sharif / ジンジャーマン / SVAHA / mixologybarsmooth / 炭焼極 / second  B / soul(s)kyoto

タ行

BarTime / Tada Cafe (※1) / ダブルピースサイン / Bar2Door / BURSTつんくbar / Bar D2 / 季-とき- / 祇園 巴

ナ行
名前のないBar / 肉酒家3610

ハ行
HaLe ResortDining&bar 河原町店 /  BAR PARTENZA / 隠れ家ダイニング林 / Panton / 学生カフェ HYGGER (※1) / 5star / CLUB FIRST / Bar Bliss  / HEZ cafe

Fantasista / 鰹節丼専門店 節道 BUSHIDO / BAR freator -フレアトール- / カラオケBAR freator -フレアトール- 祇園店 / 飲み処 ふれあ /  Bar Home木屋町店 / 祇園酒羽ほむら / 日本酒バル ポキ家

マ行
京都マッチョバー / MOON and BACK

ヤ行

美味旬菜 靖馬

ラ行
Shisha Cafe Bar Lough  / BAR R&D /  Lucid / レゲエの居酒家ラスタ / 放課後酒場リスタ / 炉端かば四条烏丸店

ワ行

博多炙りもつ鍋わらじや 京都駅前 

(※1)については店舗の性質上お食事券リターンは発行されず、店舗別支援で店舗名をご記入頂いても「全店舗支援」へ振り替えさせて頂きますのでご注意くださいませ。

(※2)については店舗の意向により支援を受けずプロジェクト自体に賛同している店舗となります。

こちらの店舗につきましては、店舗別支援、全店舗支援の両方についての受け取りを辞退しています。

参加店舗は随時更新しており少しのタイムラグが御座いますので、最新情報は店舗様の方へ直接お問い合わせをお願い致します。


▶︎参加について

途中参加を希望の店舗については下記のフォームにて入力をお願い致します。

参加フォームはこちら

こちらで確認の上、承認させて頂きます。

【京都自主ロックダウン推進委員会】

support@triggerlink.jp

▶︎資金の使い道

集まった支援金の全ては、必要手数料を差し引き、
各店舗へ5月下旬を目安に支援金をお渡しいたします。


▶︎支援、リターンのご紹介

全店舗応援と店舗別応援の2パターンをご用意しております。

【全店舗応援】
感謝の意を込めてお礼のメッセージや動画などお送りします

参加店舗には集まった資金から必要経費(クラウドファンディング手数料、チケット作成費など)を差し引いた金額を、均等に配分いたします

【店舗別応援】
支援者様には応援店舗で使用いただけるお食事券(支援額110%分)をリターンさせて頂きます。

CAMPFIRE社から送られる支援完了メールをお食事券としてご利用可能いただきます
※お食事券は郵送ではありませんのでご注意ください
※来店時に、支援完了メールとお名前をお伺いさせていただきます。完了メールは削除せずに来店時まで保存をお願いします。完了メールを削除してしまったり、第三者がご来店された場合はご使用できない場合が御座います。
※使用時の不足分についてお釣りはでませんのでご注意ください


▶︎リスク&チャレンジ

万が一、行政からの強制的な営業停止や「都市封鎖」級の事態になった時や、ご支援いただきました店舗がもしも閉店、または営業ができなくなってしまった場合は、本リターン使用権は無効となってしまいます。


▶︎スケジュール

・4月10日(金)クラウドファンディングスタート
・5月3日(日)クラウドファンディング 終了
・5月3日以降 終了後にリターン(お礼のメッセージやお食事券など)を進呈
・6月1日(月)~2021年5月31日(月)の期間中、お食事券を各飲食店でご利用いただけます


▶︎最後に

今回のことを、地元飲食店業者がひとつにまとまるきっかけにしたいと思っています。「食」を通して、地元の人々の、観光で来られる方々の、「明日の元気を贈る」そんな飲食業としてのあるべき姿をつづけられるような手助けをしたいです。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


京都自主ロックダウン推進委員会

075-748-1050

support@triggerlink.jp



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください