はじめに・ご挨拶

はじめまして。

KOROと暮らしております、中村と申します。

2020年2月末に保護犬猫カフェから引き取り、家族の一員となった愛猫のKORO。スタッフさんからは体調が良くないことは聞いていましたが、保護猫カフェでは出来る限りの治療や強制給餌等を行い、なんとか状態を回復させようとしてくれていましたが、FIP猫伝染性腹膜炎は既に中後期の症状まで進行しており、先生からはこれ以上苦しまないように安楽死を勧められ、助からないならなるべく楽にしてあげるしかないと思いその方向で話を進めていました。

しかし、産まれてから一度も居場所もなかったKOROをなんとか幸せにしてあげたいという思いで、情報を探し、高額の未承認薬での治療を決断しました。

皆様のご支援を頂戴致したく、なにとぞお願い申し上げます。


このプロジェクトで実現したいこと

FIP猫伝染性腹膜炎に苦しむKOROに唯一助かる可能性がある未承認薬での治療を受けさせてあげたいです。

産まれてからずっと環境の悪いブリーダーで過ごし、今年1月に保護施設に保護されて2月末に我が家に来たKORO。

今度こそ幸せな暮らしを送ることができる可能性があるなら助けてあげたい、それが私たちの思いです。


プロジェクトをやろうと思った理由

FIP猫伝染性腹膜炎とは猫コロナウイルスの突然変異によるもので、一度発病してしまうと死亡率がほぼ100%の恐ろしい病気です。

KOROの治療のためにFIP猫伝染性腹膜炎の情報を探し、唯一寛解までできる可能性があるという未承認薬の情報を見つけました。高額すぎて治療の開始に踏み切れない中、日に日に時間が過ぎてしまいますが、FIP猫伝染性腹膜炎は進行が早く、病魔は待ってくれません…

自分たちが里親になる覚悟を決めて引き取った命は自分たちで責任を取るべき…人様の手を借りるなんて…大変申し訳ない気持ちです…

動物と暮らすということはある程度の治療費がかかるということは覚悟していましたが想像以上の治療費が必要になったこと、時間がなかったこと、恥ずかしながら自分たちでは力不足な為、一緒に助けていただけないでしょうか。


資金の使い道

唯一、寛解できる可能性がある未承認薬は84日間投薬が必要になります。経過が順調ではなかった場合、投薬期間が延長になります。

投薬開始時(2020.3.23)の病状(FIPドライタイプ前期、中期、中後期、後期のうち中後期でした)・体重(1.35kg)では300mg(ウェットタイプの倍)の投薬が必要でした。

体重が増える事に量が増えます。(既に2020.4.7~体重1.7Kgになり350mgに増量になりました。2020.4.27現在1.9kgになり400mgになりました。)

個人輸入では100mg-22USDでの購入になります。届くまで時間がかかってしまう為に個人輸入より少し高額になってしまいますが病院でも購入しています。

そのため薬代と通院検査代と合わせて、試算では100万円以上が必要になります。体重がどこまで成長するかわからないことと(生後10ヶ月~投薬開始で成長途中の為)、経過が悪い場合投薬延長、病状が中期までは保証がありますが、引き取った時から既に中後期だったので保証が無い為、更に高額になるかもしれません…

なるべく自分たちで治療費を用意したかったのですが、急だった為に全額を用意する事が厳しい状況なので、今回、目標額は80万円とし、その全額をKOROの治療費に充てさせていただきます。日々の投与状況やKOROの状態は、活動報告にて随時ご報告いたします。

万が一、ご支援が治療費を上回る様な有難いことになることがありましたら、KOROを保護してくれた保護犬猫カフェに全額寄付させていただきたいです。

リターンについて

支援金額に応じ、写真やポストカード、KOROの日常の動画を収めたDVD、KOROの姿をあしらったオリジナルグッズ(制作中です。マグカップ、トートバッグ)を送らせていただきたいと思っております。

また、支援者者様限定の活動報告機能にて治療状況をご報告いたします。 


実施スケジュール

既に3月23日から投薬を開始しており、検査の経過が順調であれば84日間で投薬終了し、経過観察期間に入ります。

<これまでの治療経過>

※未承認薬の為、薬名は伏せさせて頂きますことご了承下さい。

3/21 FIP猫伝染性腹膜炎 の診断が付きました。

3/23 未承認薬の投薬が始まりました。

4/4 経過観察、投薬を続けております。

自宅では個人輸入した未承認薬の投薬を毎日続けています。


最後に

悪環境なブリーダーで充分な食事もスペースもなく、その後病気を発症して痛みや苦しみに耐えて頑張って生きてきたKOROを今度こそ幸せにしてあげたいです!どうかよろしくお願いいたします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします(既にプロジェクトは実行中です)。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください