はじめに・ご挨拶

舞台公演団体Domixは8年前にスマホ時代での次世代漫画の在り方を探ろうとプロ漫画家たちが集まって作ったのが始まりです。

その名は次世代COMICのCの次のアルファベットはD、面白くなるなら何でも「混ぜ合わせる」の意味、Do-Mixを足して命名されたものです。

そして モーションコミック(漫画動画)の制作及び配信、販売を経て、5年前から舞台に進出。動画と演技の舞台は高い評価を得て、回を追って内容も進化、上がり続ける評判に応えて3年で10回の興行を行い、毎回規模を拡大して参りました。

漫画と動画は融合を深め、音楽には生演奏も加わるようになりました。それは舞台として観る漫画であり、演技で見る漫画でもあります。

そんな過去になかった舞台ですので、自然発生的に2.2次元舞台(2.5次元より2次元との融合が深いので)とも呼ばれるようになりました。

そして今回、Domixで公演したい舞台の演目は…最も部数が多かった黄金時代と言われた頃の少年ジャンプに連載された大ヒット作品であり、一昨年gooで行われた「テレビアニメ化熱望!連載終了したジャンプ作品ランキング」でも第4位に入ったほどの衰えぬ人気を誇る、不朽の名作「アウターゾーン」です!

4年前から僕らDomixが目標として掲げ、相応しい団体となって公演すると公言し続けてきたその作品…これまでで最も力を注いで創り上げようと力を結集してきた作品です!

本来なら2020年5月2,3,4日の3日間で公開されるはずだったDomixの集大成となるべき舞台…

それが稽古も半ばという頃に、新型コロナウイルスの襲来によって直前で無念の延期とせざるを得なくなってしまったのです…

ですが、これは僕らの目指した集大成です!なんとしても規模を縮小することなく、さらに充実した形で上演したい!待ってくれているファンに報いたい!

それが僕らDomixの願いです。

ご協力、御援助、この情報を拡散していただけるだけでも嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します!


原作者から

アウターゾーンの連載を開始してから30年も経ちますが、こういう企画を用意していただけるのは本当にありがたいです。コロナ禍で長らく延期になっていますが、どのような舞台になるのか私も期待していますので御支援よろしくお願いいたします。      

光原 伸


このプロジェクトで実現したいこと

公演直前で新型コロナウイルスCOVID19による緊急事態宣言が発令し劇場が封鎖、公演中止を余儀なくされ、Domixは約60万円の損失を被りました。苦労して抑えた人気の劇場、大量に刷ったチラシ、半ばで終了となった稽古、買っていただいていたたくさんのチケット…費やした時間、準備、お金…全てが徒労となり、振り出しに戻りました。

しかし、今もネット上では舞台アウターゾーンへの期待の言葉は散見され続けていますし、僕らスタッフ&キャストの情熱は衰えることなく燃え滾っています。ここに至るまでキャスト、スタッフ共に一人の離脱も出ていません!

スタッフやキャストだけでなく、多くのファンの方のアクターゾーンに向けられたこの大きな情熱を、損害に応じた小規模でこじんまりした場にまとめるなんてことは、勿体なくてできません!

ですから、失ったものを取り戻し、無期延期となった舞台をさらに拡大して実現したい!というのがこのプロジェクトを立ち上げた想いです。


Domix11アウターゾーンで上演されるお話は全10本。その全ての話にモーションコミック動画が制作されていますが、その第2話の予告編がこちら↓

こちらは第33話 の予告編です↓



参考動画です(作品や劇場に応じて最高の表現を目指すため、上演スタイルは変りますし、ライブの迫力こそ動画では伝えられませんが、モーションコミック+演技+生演奏というスタイルは以下の動画で理解していただけると思います。

Domix第8回公演 アシュリ(原作・比古地朔弥)2018年公開↓


プロジェクトをやろうと思った理由

3年ほど前から僕らが活動してゆく中で一つの具体的目標としてきたのが今回のプロジェクト、舞台「アウターゾーン」Domix公演でした。そのために実績を積み才能を集め、準備し続け…そしてそれは何事もなければ本年の5月2,3,4日に行われるはずでした。

ところがご存知のように、新型コロナウイルスによって延期を余儀なくされ…大きな損害を被る事となりました。

Domixは「混ぜ合わせる」の意味通り、舞台演技と動画上映と生演奏音楽ライブの組み合わせです。

舞台演技だけでは表現不可能な空想上の出来事をモーションコミック映像が補完し、映像だけでは足りない情緒やリアリティを役者の演技が補完し、生の音楽演奏がその臨場感を盛り上げます。

ただしこれを一つの舞台で行うには十分な稽古を積んだタイミング合わせが必要となります。

延期前にすでに1ヶ月の稽古は積んでいたものの、残り半分以上の稽古は中止となり、突然空いた日程を多くのスタッフ、キャスト共に急に仕事を入れることもできず、バイトを解雇された者も少なくなく、再度公演するために日程を組んだとしても、それぞれにもう一度稽古に集中するための資金も危うく、同じキャストで集まる事が厳しいかと思われる状況となってしまいました。

Domixは大きな企業が牽引する舞台ではなく、参加したい人が集まって作るユニットであり、先の公演で黒字が出たからと、どこかにプールされることはなく、これまで収入はスタッフ、キャストに全て還元されてきました。

ですから参加者が誰かから補償されることはありません。

このままでは延期公演を最高の状態で行うことは難しく、それはアウターゾーンのファンの皆さまや参加するスタッフ、キャスト、誰にとってもよくないことは明らかです。

したがって…その損害を補填し、これまでに予定していた以上の最高の舞台を目指し、頑張った後には…ささやかでも頑張った者たちに相応しい還元を実現したい…と、考えております。

多くの舞台がそうであるように…元がギリギリの状況で臨んだ舞台の延期…そんなギリギリを超えてしまっている現状を打開すべく本プロジェクトに乗り出すこととしました!

どうぞご支援のほど、よろしくお願いいたします。


これまでの活動
  • 2013年1月11日~13日、Domixの新作漫画を原作としたオムニバス舞台『COMIC☆ACTORS』をプロデュース。

  • 『ネットラジオ漫画元気発動計画!』毎週配信(小学館集英社プロダクションDreamTribeにて)。ゲストは・・・村岡ユウ、とよ田みのる、大石 浩二、北崎拓、犬上すくね、外薗昌也、森田崇、トキワ荘プロジェクト、大江慎一郎、高橋伸輔、やぶのてんや、神崎将臣、アルコ、天乃咲哉、漫画空間、赤松健、平松伸二、こげどんぼ*、森田まさのり、細野不二彦、坂本眞一、新條まゆ、横山了一、佐藤マコト、藤見泰高、梶研吾、東方力丸、その他多数の漫画家の皆さん)。現在は番組終了。

  • アウターゾーンの光原伸ゲスト回はこちらから聴けます…前編
  • アウターゾーンの光原伸ゲスト回…後編

  • ライブ動画配信による漫画家ゲストの漫画紹介番組『鈴木茉美と守屋ユウの漫元姉っくす!』を2013年2月よりスタート。ゲストにモリタイシ、青木俊直、神崎将臣、克・亜樹、えのあきら、深谷陽、武村勇治、工藤真由 など(敬称略)。スティッカムにて配信。2014年から『MANGA姉っくす!』として株式会社ニコ製作、Domix制作としてニコ生に進出…2015年1月まで制作を担当。

  • 2013年6月9日、大宮・宮原のライブハウス『ヒソミネ』にて漫画と音楽の融合ライブ『COMICA×MUSICA』を漫画家40人以上を招いて開催。トークショー、ミニ原画展も同時開催。

  • 2013年9月28日、刈谷アニメコレクションにてトークライブ、Domix新作原画展、森川ジョージ&あんど慶周によるライブドローイング開催。

  • 2014年1月 舞台プロデュースの姉妹団体『はっぴぃはっぴぃどりーみんぐ』との共同プロデュースで週刊少年ジャンプに連載された浅美裕子の人気作『WILDHALF』を舞台化。

  • 2014年 『漫画空間』二号店となる高円寺店の出店に協力。現在は閉店。

  • 2014年2月、ニコ生にて漫画家さんが好きな漫画を語る番組「まんが☆たいむトラベルーム」市原剛&素山恵夢のMCで隔週配信。同年6月終了

  • 2014年、名古屋ぽぷかるパーティーでDomix原画展、Domix新作上映会、ネットラジオ公開収録開催。

  • 2014年、コミティアXで浅美裕子「WILDHALF」ミニ原画展開催。

  • 2014年 音音コミックとの共催で『WILDHALF 銀星烏丸の話』アテレコLive開催

  • 2015年3月 アメリカはカンザスのアニメコンベンションNaka-Konに招待を受け、原画展、Domix英語版上映、日本漫画の技術講座開催

  • 2016年3月 アメリカはカンザスのアニメコンベンションNaka-Konに再び招待を受け、前年とは別作品のDomix英語版上映

  • 2016年6月 Domixモーションコミック×LIVEを清月エンターティメントと開催

  • 2016年10月 第二回Domixモーションコミック×LIVE『ZOMBIEMEN』を開催。

  • 2017年1月 あいちポップカルチャーフェスティバル2017にてDomix作品を使ったアフレコ体験コーナーを担当

  • 2017年 第三回モーションコミックLive『Hungry Soul』開催。演出・佐白啓

  • 2017年 第4回DomixモーションコミックLIVE『交通事故鑑定人 環倫一郎』、渋谷アップリンクにて開催。原画展も併設。

  • 2017年12月第5回DomixモーションコミックLIVE佐々木恵短編集『ShortShortShow』開催決。

  • 2018年2月第6回DomixモーションコミックLIVE『ZOMBIEMEN』演出・佐白啓で開催

  • 2018年6月第7回DomixモーションコミックLIVE『TheBEST』シアター1010(センジュ) ミニシアターにて開催

  • 2018年9月第8回DomixモーションコミックLIVE『咲也此ノ花』武蔵野芸能劇場にて開催。

  • 2019年5月第9回DomixLIVE『Paranoia~パラノイア~』シアター風姿花伝にて開催。演出・佐白啓(アウターゾーン演出)

  • 2019年9月第10回DomixLIVE『交通事故鑑定人 環倫一郎』仙川フィックスホールにて開催

  • 2019年10月 漫画元気発動計画から、興行名であったDomixに団体名を統一

資金の使い道

キャスト、スタッフへの延期による損失の補償+今後の参加活動費用  32万円

リターンとなる…アウターゾーン通行証、特別チケット、サウンドトラック製作費(デザイン料、送料、手数料含む) 22万円

光原伸先生へのサイン色紙のお礼 7万円

新しい日付のフライヤー & ポスター製作費(デザイン料含む) 5万円

見学可能な稽古場所の使用料(コロナ対策としてチームごとの分散稽古) 4万円

ウイルス対策費用(消毒薬・非接触体温計・ひと席ごとに間を空ける場合の劇場費補填・他) 13万円

CAMPFIRE手数料 17万円


リターン(以下の6つのメニューの組み合わせとなります)

・原作者・光原伸先生直筆のカラーイラストサイン色紙…限定25枚

・オリジナルサウンドトラックスマホ用音楽カードSONOCA(音源配信ダウンロードアプリ) 

・ナンバリング付きアウターゾーン通行許可カード + 舞台Domixアウターゾーン支援者記念チケット

・舞台アウターゾーン稽古、及びゲネプロ(本番と同じ劇場での最後の通し稽古)見学権…限定10名

・舞台上映時のパンフレットにお名前掲載権。(希望者のみ)

・舞台アウターゾーンの打ち上げ参加権(コロナの状況次第でリモート打ち上げとなる場合もございます)…限定2名


【注意】リターンについての日程は舞台公演の期日が決まってからの正式決定となることをご承知下さい。


実施スケジュール

元々、予定された武蔵野スイングホールが取れればいいのですが、半年にも及ぶ抽選の末に、やっと取れた場所であったため、再度同じ場がもう一度取るのは…現在難しい状況にあります。

2021年12月から2022年3月の開催を目指していますが、安全且つ最適な広さの相応わしい公演場所が取れた時がその時となります。

隣の席は必ず空く形で上演しなければならないのなら予定の倍の上演期間をとりたいと思います。

現在、状況を伺いながら、そんな条件に見合う候補となる場所を選定中です。


最後に

Domixは漫画家たちから生まれ、ユニット団体として好きな人、やりたい人が集まって、一緒に舞台を作り続けてきました。大きな企業が牽引する団体ではないのです。「漫画が好き」「その作品を演じたい」「面白いことしたい」の集合体なのです。

でもだからこそ僕らは面白いものを作ることに妥協はありません。自分がやりたいからやるのですから、精一杯を当たり前にやります!

ですからご期待ください!!

そして是非、あなたもこのプロジェクトに参加して、ユニットに参加していただけたなら…

漫画と演劇を愛する同好の士としてとても嬉しいです!

一緒に楽しんでもらえたらと思います!

どうぞよろしくお願いいたします!!


尚、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください