はじめまして、中村 直貴と申します。

私達の会社は、主に介護事業を中心にサービスを実施しており、いくつになっても自分の希望や願いを叶えられるようなコミュニティの形成やご利用者様方(高齢者)の希望を叶えてあげられるようなサービスの創出と楽しみながら生活が送れるようにと目には見えにくいバリアフリーの実現を目指して活動しております。

当社HP→https://www.ni-allure.co.jp/

そして、私達の会社では、従来の高齢者福祉のイメージを打開し、これまでにない時代のニーズとサービスの受け手にとって、真に受けたいと思って頂けるサービスの創出を目標に事業展開を行い、あったらいいなの実現に日々奔走しております。


このプロジェクトで実現したいこと

今回、農園の開園をプロジェクトとし、実現したいことが、3つございます。

具体的には、以下の通りです。

①当社で運営している、介護施設のご利用者様や地域の高齢者様など買い物という行為自体に対し、不自由を感じている方を対象にただ単に日々の買い物の助けになるだけでは無く、なかなか買い物にも行けない皆様方によりおいしく新鮮な野菜を買える機会を創出し、皆様方の無理だと諦めかけていた希望を叶え、食を楽しんで、喜びを感じて頂きたい。

②クラウドファンディングを取り入れる事によって、企業の一事業という範囲内の事業だけで納めるのではなく、沢山の方々と交流を行い、営利目的では無く、ただ純粋に本当に良い物を作り出し、その自分達の繋がりが生んだ作物を普段手にすることが難しい方々に本当に喜んでいただけた時の感動を共にシェアできる仲間づくり。会社以外の方々にご参加いただくことによって、サービスの受け手が本当に求めていることは何なのかといった本質を見抜くキッカケにもなると考えておりますし、何よりも企業外の方々と広く意見や知識の交流を行うことによって、様々なシナジー効果が生まれることを期待しております。

オンラインサロン的な要素も含まれるといいなと思っています。

③この様な活動を通し、介護福祉に対する従来イメージの払拭と常に閉鎖的ではなく、広く交流を行う事により、これからの時代は、介護事業者のみの問題ではなく、広く一般ご家庭においても介護がさらに身近な問題として立ちはだかってくると考えられます。そんな時にすぐに相談し合えたり、助け合えたりすることが出来るコミュニティ作りの一要素となればと考えております。

そして、会社内(介護事業者)だけで知識の交流を図るよりも、もっと様々な分野や視点から多角的に捉え利用者様やサービス対象者により良いサービスの創出の手助けやサポート体制の構築に向けてのさらなるヒントを得られるのではないかと期待しております。

※プロジェクトの内容や過程は、YouTubeなどで動画配信します。

⬇︎     ⬇︎     ⬇︎

01ゼロイチ チャンネル


ですから、遠隔地に置いてもプロジェクトの進行状況をご確認いただけます上に、一緒にプロジェクトの過程を共有し、同じ気持ちでお楽しみいただけると思います。


プロジェクトをやろうと思った理由

プロジェクトをやろうと思った理由は、シンプルになかなか自分で買い物に行けない高齢者の方々にスーパーに買い物に行くだけでも一苦労なのにその苦労をしてようやく買い物に行けても採れたて野菜を扱っているような直売所までは、到底行けず買うこと自体がほぼ不可能な採れたての新鮮な野菜を届けたいと思った事がキッカケです。

やはり、高齢化が進むとご自身の身体能力の低下と共に買いに行けるモノにも制限が掛かり、行ける場所にも制限が掛かる。しかし、当社のデイサービスのご利用者様の意見をお聞きすると皆さんの楽しみはやはり「おいしいものを食べること」と皆様方、口々におっしゃる為、やはり「食」に対する楽しみを持っていらっしゃる方が多いのだと感じました。

そして、このプロジェクトをやろうと決定づけたのは、当社の運営するデイサービスで定期的な外出行事を行うと、道の駅などに売られている新鮮な野菜を皆さんここぞとばかりに大変喜ばれながら沢山買う様子を見て、皆さんなかなか自分でこの様な新鮮な野菜が売ってる場所に来て購入することがほぼ皆無に等しく、このほぼ不可能な状態をより身近に可能な状態にして皆さんに喜んでいただきたいと思ったと同時にご利用者様の皆さんと同じように地域お住まいの買い物に不自由を感じてられる方々に確実に喜ばれると確信し、このプロジェクトをやろうと決めた理由です。

そして、なぜクラウドファンディングを利用するかと言うと私達の活動を広く知って頂きたいということと、企業の中だけのプロジェクトとして、目先の利益を追うだけのものにしたくは無いと強く思うからであります。

何よりも資金集め要素というよりも、一緒に農園の開園にご協力頂ける賛同者やただ純粋に沢山の方々と交流をしながら、一緒に良いモノやサービスを生み出せたらという想いからこのプロジェクトを立ち上げました。


これまでの活動とこれからの想い

2015年7月に株式会社NEXT INNOVATION設立、自分の信念を貫き利用者様(お客様)優先の思考のもと事業を進めて参りました。

そして常にサービスの受け手に喜んでいただけるサービスの追求と提供を続けた結果、現在も沢山のお客様に喜んでサービスをご利用頂けていると自負しております。

そんな中で、これまでは企業努力のみのサービス展開から、これからの時代は更に一歩踏み出した様々な分野の方が参加して創り上げる参加型のサービスを創出し提供することでご利用者様(お客様)により一層の喜びと満足度を向上する事ができると考えております。

そして、その過程を社内の人間だけで無く、社外のご賛同していただける方々と共に共感し、喜びや達成感をまるごとシェアすることによりお互いが満たされ、さらにはそこから生まれた新たなサービス等によって真のサービスの受け手が喜んで頂ける活動へと発展していければと考えております。

↓これまでの活動状況を下記リンクよりご確認下さい。

デイサービスセンターALLUREのFB

デイサービスセンターALLUREⅡのFB


資金の使い道

※支援金は、農園開園の為の資金として100%利用させて頂きます。

具体的には、北海道石狩郡新篠津村の畑レンタル料金(村役場確認済)

5区画(150㎡×10)=年間約5万円

農器具一式=5万円

肥料や種や苗等=20万円

合計 30万円


リターンについて

北海道新篠津村で農園を開き、そこで収穫した採れたて野菜の詰め合わせ(トウモロコシやジャガイモやトマトなど)の詰め合わせ約5kg一箱(3,000〜4.000円相当)を最初の収穫時から3年に渡り、一年に一度お送り致します。

また、沢山の賛同者・参加者を賜りたく存じますので、リターンの種類も豊富に設けております。

01プロジェクトオリジナルTシャツなど

詳しくは、項目の「リターン」でご覧ください。

※お申込み時、お手数ですが備考欄へは、プロジェクトへの直接参加が可能かどうかを記載してください。

 



実施スケジュール

北海道新篠津村の畑な為、2020年5月より、畑起こしを開始します!

5月〜6月植付け(種まき)を行います。

※植付け期間に幅があるのは、野菜の種類によって時期が違う為です。

7月〜10月収穫。

だいたい収穫できる9月頃にリターンの発送を行います。

この周期で3年間行い、リターンは、毎年9月に一回発送し、3年間で計3回のリターンを発送致します。

ですので、実質皆様の支援金額は、一年に一度のリターンを3年間受ける事により、同等の商品で変換されるイメージですので、全くの損する事がないファンディングとなっております。


最後に

私達は、人に常に不可能だと言われる様な事を決して諦める事無く、実現して来ました。

ですので、

「私達は、必ず実現します!」 

「成功するまでやり続ければ、失敗は無く、成功しかありません!」

私達と一緒に何かをやり遂げた時の達成感を共に感じ、私達と一緒にやり遂げた事によって、満足度や幸福感を感じる方(サービスの受け手)の本当に喜ばれている様子を至福の時と感じる瞬間を是非とも一緒にシェアしましょう!宜しくお願い致します!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

プロジェクトは、今年の5月にもう既に計画を実行中でございますので、目標金額に満たない場合も、計画を継続し、リターンを確実にお届け致します。

  • 2020/10/06 16:30

    皆様方のおかげで、01畑大成功で終了致しました!リターンも約束通りに発送させて頂きました!全てのご様子をYouTubeにて配信しております!よろしければご覧ください!動画はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=g8dIZWxq-1I (画像をクリックしてもご覧...

  • 2020/09/09 19:08

    皆様、大変お待たせを致しました!もう既に皆様方のお手元には、01畑で収穫した野菜が届いている事と思います。その皆様方へお送りしました野菜の収穫の様子をYouTubeにて配信しておりますので、是非ご覧ください。YouTube 01チャンネル ←私たちのYouTubeチャンネルへ飛ぶことが出来ます...

  • 2020/08/21 22:58

    はい、皆さんお久しぶりです!大変暑い日が続いている今日この頃の日本ですが、皆様方はいかがお過ごしでしょうか?01プロジェクトの01畑もこの猛暑日が続く中、私達もご支援いただいた皆様方の期待を裏切らないように暑い中でも負けずに作業を行っています!!そんな中、ついに0だった畑から1を作り出すをテー...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください