地区大会代表選手が日本一を目指す「全国こどもチャレンジカップ第13回大会」は新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止となりました。目標に向かって頑張ってきた子どもたちのために今できることは?それは今、できる形で大会に参加するチャンスを作ることです!新しい取り組みに挑戦します。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

日本こどもフィットネス協会は「子ども達の笑顔と元気」をテーマに、子どもフィットネス・キッドビクスの普及をベースとして様々な活動をしております。 基幹となる教育事業では「技術は銀 人柄は金」を基本テーマとし、質の高い指導者を育成しております。イベント事業では「日本中の子ども達を元気にする!子ども達と共に感動し成長する活動」として全国こどもチャレンジカップを各地で開催しております。私たちが今できることは子どもたちの成長を見守り、明日への希望を持ち続けるためにサポートすることと考えています。



このプロジェクトで挑戦したいこと

2000年からスタートした全国こどもチャレンジカップは今年20周年を迎えました。これまでの感謝の気持ちを伝えるために第13回全国大会にて記念イベントも企画しておりました。みんなの気持ちがひとつになり、選手とコーチ、選手と家族、選手と選手、互いをリスペクトし感謝し合う感動の2日間になるはずでした。

コーチからの熱い指導、我が子を心から応援する声、抱きしめる母の姿、リトル選手は母と子がワンチームとなり、家族と一緒に頑張ります。20年かけて真の"子どもたちのための子どもたちの大会"に成長しました。

ひとりだけが選ばれる総合優勝を目指して、苦手なダンスや筋トレを頑張り、日々練習を積み重ねて努力した選手の気持ちに応えられないことが何より辛いと涙ながらに話すコーチの愛を感じ、今できること、それは今できる形で大会に参加するチャンスを作ることです!新しい取り組みに挑戦します。

選手の元気は日本の誇りです、日本の未来です!



資金の使い道・実施スケジュール

チャレンジカップ動画審査開催費用、Tシャツ製作費および配送費用、クラウドファンディング手数料に充当させていただきます。


リターンのご紹介

①ご支援(CCオリジナルストラップをお送り致します)

②CCオリジナルTシャツ(オリジナルデザインのドライTシャツをお送り致します)※サイズ・色選べます

③チャレンジカップ動画審査参加権(ヒップホップ)リターンとしてルーティン動画を先行配信致します

④オンラインチャレンジカップ動画審査参加権(エアロビクス)リターンとしてルーティン動画を先行配信致します

※詳細は事前にホームページにてご確認下さい。

※③④は第13回全国大会チャレンジサーキット(個人の部)出場権をお持ちの選手に限らせて頂きます。次点選手も含みます。

最後に

チャレンジカップはアクティビティ・ヒップホップ・エアロビクスの3つの要素で構成された大会です。遊び”がテーマのアクティビティでは子どもの握力向上プログラムを推進しつつ、“遊び”の大切さ"を伝え続けます。個人サーキットもグループパフォーマンスも常にチャレンジする強い心を育てる、これがこどもチャレンジカップです。仲間と一緒に感動できる大会としてこれからも成長し続けたいと思います。日本中の子どもたちを元気にする活動として47都道府県での開催、この大きな夢の実現は簡単ではありませんが、諦めず夢を追いかけます。応援お願い申し上げます。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


【お問い合わせ】

一般社団法人日本こどもフィットネス協会 https://kids-fitness.or.jp/


  • 2020/06/23 10:36

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/06/01 11:15

    日本こどもフィットネス協会です。昨日を持ちまして本プロジェクト内の「動画審査権」が終了となりましたことご報告致します。これまでの期間多くの皆様からのご支援を賜り誠にありがとうございました。動画審査権をお持ちの皆様は、ご自宅や青空の下での撮影に挑戦してくださっていることと存じます。動画送り先につ...

  • 2020/05/29 18:40

    日本こどもフィットネス協会です。本日東京では航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」が医療従事者などへの感謝と敬意を示し、上空を飛行しました。まだまだ予断を許さない日々ではありますが、緊急事態宣言が解除されたことにより、子ども達は学校へ通い、私たち大人も少しづつ平穏な日々を築いていく...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください