当プロジェクトは第1弾募集です。「リターン(お米)をすぐほしい」という方のために募集期間をあえて短くしていますが、今後は第2弾、第3弾と何度も募集いたします。

また、ご支援には支援額に加えて、1支援ごとに別途¥220円のCAMPFIRE システム利用料がかかります (詳細はこちら)…大変申し訳ございません。 

<自己紹介>

新潟県新潟市でイベント会社をしています、株式会社ホイミの齋藤桂と申します。
大学卒業後に大手芸能プロダクションに就職し、7年間、様々なタレントさんのマネージャーを経験しました。その後、米農家の長男だった僕は、家業の農業を継ぐことも含めて新潟に帰り、2010年にイベント会社を立ち上げ、今はイベント業と米農家を兼業しております。

<主催イベントが中止に>

①3/28、29『くがことみ&すぎやまゆうなファミリーコンサート』(長野県、石川県)
⇒Eテレ「いないいないばあっ!」に出演した"ことちゃん"と"ゆうなちゃん"の共演で、2019年6月に新潟で開催して大好評を得たことを受けての県外公演でした。

②4/11『後半真っ暗漫才ライブ』(富山県)
⇒前半は普通、後半は客席も舞台も真っ暗にして行う「耳で笑う新感覚のお笑いライブ」でした。 また、視覚障害者さんをご招待して、視覚障害者協会に寄付をする、「障害者支援」の趣旨もあるライブでした。

①は長野と石川という初めての地での公演、②は暗闇の中での漫才という日本初の企画ライブ、という大きな挑戦でした。 しかし残念ながら…新型コロナウイルスの影響で中止にせざるを得ませんでした。

損害は…広告宣伝費やキャンセル料などで2件で約200万円に上りました。加えて、3~6月に受注していたイベントが全て中止となり、7月も中止になり始めています。長ければ一年以上終息に時間がかかるようで、その間はイベントの仕事が無くなってしまいそうです。

<会社の状況>

基本的にイベント会社は、①受注 ②主催 のどちらかで成り立っていますので、半年間どちらもできなくなって売り上げが無くなってしまったら、普通に考えたら廃業です。

しかしながら…弊社には社員はいませんし、自宅が会社なので家賃もかかっていません。最低限の僕の給料(家族を養える生活費)さえ工面できればなんとか生き延びていけます。

中止イベントのリベンジ開催を目指すためにも、いつも弊社のイベント仕事を喜んでくださる様々な主催者さんやお客さんのためにも、廃業せずにどうにかしてこの苦難を乗り越えたいです。

<リターンのお米>

幸いなことに、家業として兼業でお米を作っています。定期出店している東京や神奈川の農産物マルシェも中止になっているため(再開も未定です)、お米は余るほどあります。 そこで、僕が家族で作っている特別栽培米コシヒカリ「う米」を割引(=送料無料)して、クラウドファンディングのリターンとして出品することにしました。

今後は全国で外出自粛がさらに進むかと思いますが、在宅勤務の方々やお買い物に出ることも不安な方々への応援の気持ちを込めたリターンとして、新潟の美味しいお米をご自宅にお届けします。いつもご購入いただいているお客様も当クラウドファンディングを通してご購入いただきますと、通常よりもお安くお買い求めいただけます。(リターン分に用意した在庫が尽きるまでの期間限定です) 

※「う米」は直売のみのため、お店などでは売っておりません。

う米について⇒「う米」って何?(こちらもぜひお読みください)

<資金の使い道>

新型コロナウイルス感染問題が終息するまでなんとか生き延びて、いずれ中止イベント2件のリベンジ開催を目指したいと思っています。集まった資金はそれまで生き延びるための資金、支援者様からの支援はリベンジ開催への励みにいたします。

<最後に>

今回は資金集めというよりも、「僕の作ったお米を食べて応援してください!」という気持ちです。「う米」をいつもより安く食べていただき、僕も生き延びてリベンジ開催を目指す、そんなWin-Winのクラウドファンディングにしたいと思っています。

<お問い合わせ>

 株式会社ホイミ 齋藤桂
【Mail】info@hoimi.co.jp
【TEL&FAX】0256-72-0831
【URL】 http://hoimi.co.jp/
【Twitter】@hoimi_saito
※領収書も発行いたしますので、その旨をご連絡ください。

<ご注意>

冒頭にも記載しましたが…「リターン(お米)をすぐほしい」というご支援者様のために、募集期間をあえて短くしております。(プロジェクト終了時に個人情報が開示されるため)

今後は、リターン分に用意したお米の在庫がある限り、短期間でくり返しプロジェクトを立ち上げて募集いたします。 

また、配達希望日をご指定いただけますので、「今すぐにはいらないけど…」という方は“予約販売”としてお考えいただき、今後の必要な時期を教えてくださると幸いです。


なお、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、ご支援者みなさまにリターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください