【今日まで!ネクストゴール挑戦中!】
ついに最終日となりました。
皆様のご支援、心から感謝申し上げます!

温かい沢山のご支援により、目標金額を達成することができました。皆様の応援に心から深く感謝申し上げます。本当にありがとうございます。


プロジェクト開始当初は様々な不安がありましたが、現在500名近くの方にご支援を頂き、目標金額を達成することができました。ご支援頂いた中には、マハラジャ六本木へは行ったことが無いという方もいらっしゃると思います。皆様の温かいお気持ちにお応えすべく、これを機にご来店頂けるますよう、これまで以上にスタッフ一丸となり尽力して参ります。

ご支援者様からの「早く踊りに行きたい!」「必要な場所です!」などの温かいコメントを読ませて頂いていると、『再開しなければならない!』という使命感に駆られております。プロジェクト開始当初よりも休業期間が延びてしまい(現在~5月31日まで)再開も未だ確定出来ない不安な状況ですが、皆様からのご支援が、資金のみならず心の支えとなっております。

安心・安全な遊び場・踊り場を再び提供できるその日まで、マハラジャ六本木は頑張ります!必ず復活祭をやりましょう!皆様の元気なお顔、ダンスが見られますよう、再開に向けてスタッフ一同尽力して参ります。

皆様から頂いたお力を必ず形にして、御礼をさせてください。


マハラジャ六本木 クラウドファンディング
5月30日(土)23:59まで


【ネクストゴール挑戦中!】

残り1週間、僅かな日数ではありますが、ネクストゴールを目指します!

700万を達成しましたら、スペシャルサンクスとして『MAHARAJA DISCO MIX CD』を制作致します。
こちらはリターンの種類・金額は関係なく、ご支援者様全員にお届けさせて頂きます。


▼ご支援者様ボードのリターンについて

ご支援者様ボードのリターンですが、以下画像のように設置予定です。設置期間は改めてお知らせ致します。また、スペシャルサンクスカードのイメージ画像もぜひご覧ください。


※このプロジェクトは5/30 23:59まで継続致します。
目標金額は達成致しましたが、ネクストゴールを設定致しました。引き続きご支援とSNSでの情報拡散のご協力をお願い申し上げます。


日頃より、マハラジャ六本木をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

バブルの象徴 ”MAHARAJA”

2010年11月、時を超え【マハラジャ六本木】として復活致しました。老若男女、男女問わず「安心・安全」をモットーに、CLUB×DISCOという新しいスタイルの楽しみ方を提供すべく精進して参りました。
さらに今年1月には店舗移転し、さらなる遊び場・踊り場を提供できるよう努力していた矢先、新型コロナウイルスの感染拡大により状況は一変してしまいました。

東京都による週末の外出自粛要請を受け、私たちも真摯に受け止め協力しなければならないとの思いで3月27(金)・28日(土)・29日(日)は営業自粛と致しました。
ですが感染状況は変わらず、事態は日に日に深刻化する一方でした。社会情勢を鑑み 、更なる感染拡大を抑えるべく、翌30日(月)~4月12日(日)まで営業自粛期間の延期を決断致しました。しかしながら、政府より発令されました緊急事態宣言を受け、~5月6日(祝・水)まで休業することに致しました。
※緊急事態宣言延長に伴い、~5月31日(日)までの休業延長を決定致しました。


当初の予想より大幅な休業期間となってしまったため、店舗存続が危ぶまれる事態となってしまいました。現在、新型コロナウイルス感染症特別貸付の申込などあらゆる方法での資金繰りを模索しておりますが、融資の可否および営業再開の目途もたたずとても厳しい状況です。大変心苦しいお願いではありますが、皆様からのご支援を緊急で募らせて頂きます。


このプロジェクトで実現したいこと

マハラジャ六本木を存続させ、日々の原動力になるような楽しく華やかな空間を取り戻し、非日常感を提供し続けて参ります!


これまでの活動

▼2010年11月、時を超え【マハラジャ六本木】として復活
「安心・安全」をモットーにCLUB×DISCOというMIXスタイルで、新たなエンターテインメントを創り上げてきました。


▼イベント毎に豪華絢爛なゲストをブッキング
近年では、DJだけではなく、タレント・お笑い芸人・アイドル・アーティストなど、ジャンルの垣根を越えて様々な方をゲストとしてお招きしております。懐かしいあの人から最近TVで気になるあの人まで、お客様の生の声を参考にさせて頂いております。


▼出張イベントの取り組み
店舗だけではなく、全国各地にて出張イベントを開催しております。
ホテルの宴会場・ライヴハウス・イベント会場はもちろん、スキー場・体育館・レストランなど、あらゆる場所での開催経験がございます。


資金の使い道

休業期間中の家賃、光熱費、設備維持費、CAMPFIREの決済手数料


リターンについて

イベント入場チケット・オリジナルグッズ等、様々なリターンをご用意しております。皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。
営業再開時には、これまで以上のおもてなしや充実したお時間など、皆様へ更なるサービスをご提供して参ります。

▼クラウドファンディング限定デザイングッズ

画像キャプション

画像キャプション▼支援者限定イベントを企画しております!
ご支援頂いた方のみが参加できる、特別イベントを企画中でございます。


実施スケジュール

支援受付開始:2020年4月23日17:00
支援受付締切:2020年5月30日23:59
※営業再開目処がたち次第、リターンの履行を進めて参ります。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※営業再開が当初の予定より大幅に伸びた場合、『フリーパス』リターンについてはご支援者様へ個別にご連絡致します。


応援メッセージ 【随時更新致します(順不同)】

※マハラジャの名づけ親である「デヴィ夫人」から応援コメントを頂きました!


MAHARAJAは、この度の新型コロナウイルスのために経営が困難となり、残念ながらクラウドファンディングを余儀なくされました。これまで 日本のDISCOの歴史の中で 色々なDISCOが登場し流行りましたが、次から次へと消えていきました。しかし MAHARAJAは一世を風靡し紆余曲折を経て今日までDISCOシーンのシンボルとして君臨してきました。 MAHARAJAファンは ここで最先端のミュージック、ファッションを愉しみ、生き甲斐を感じ、明日の糧と希望を持つことが出来たのです。MAHARAJAの名付け親として、DISCOの象徴である MAHARAJAを、ここで消えさせるわけにはいきません。これから私達は見えぬ恐ろしい敵、コロナウイルスに私たちの英知をもって 絶対に打ち勝ちます。その時の喜びを MAHARAJAで祝い歓喜で心を踊らせましょう。そのためにも皆さんのご協力で MAHARAJA存続の危機を救わなければなりません。是非ご協力下さい。
デヴィ スカルノ


日本のダンスシーンをつくり支えて来た六本木MAHARAJAがコロナウイルスの影響で苦境のピンチに立っています。90年代を席巻し、沢山の喜びや出会い、元気を与えてくれたマハラジャは、コロナウイルスを乗り越えた先に絶対残しておかなかければならないエンターテイメントです。その復活のために、踊れる未来へ皆様のご支援ご協力をお願い致します。
DJ KOO from TRF




(翻訳)
皆さん、こんにちは。ジョン・ロビンソンです。六本木のマハラジャの友人たちを応援したくて、マニラの自宅の屋上からこのメッセージをお届けしています。昔のマハラジャも、そして新しく生まれ変わったマハラジャもずっと最高の場所です。マハラジャでプレイした時のすばらしい思い出がたくさんあって、またプレイできるのを楽しみにしています。この大変な時期、マハラジャをサポートしたいと思い、彼らのクラウドファンディングの取り組みに協力しています。皆さんにもサポートしていただけたら嬉しいです。またすぐにお会いしましょう。暗い日々が続きますが、東京の皆さんの最善をお祈りしています。どうぞ安全にお過ごしください。
John Robinson


  • 俺が産まれた東京はどんな時代でもディスコという場所は無くてはならないひとつのカルチャーであった。そこに集う人間は、時代の最先端を感じ取れるアーティストやミュージシャン、タレント他、その時代のクリエイター達だった。もちろん、その人間の他にもファッション性豊かな若者が集う社交場でもあった。そんな中、MAHARAJAは嵐の如く現れ、その時代を完璧に魅了したディスコの象徴となった。もちろんユーロービートという4つ打ちのディスコミュージックの本拠地にもなった。俺は14歳から新宿〜渋谷〜六本木〜赤坂〜銀座等の色々なディスコで遊んでいたが、こんなにメジャーになったディスコは無かった。初めてMAHARAJAが麻布十番にオープンした時、入り口でファッションチェックという事をしているのにビックリした。まさにここでそのMAHARAJAにふさわしいかふさわしくないかを区別するというシステム。このシステムによって、日本のディスコ文化が一つ高い位置にいったのは言うまでもないだろう。まさに高貴な文化人の社交場だった。昔からそのような会員制的なディスコはあったが、全国区になったのはこのMAHARAJA だけだろう。そんなディスコの代名詞になったMHARAJAが現在、世界を脅かすコロナという悪魔に勝つ為には、色々な思い出のあるこのMAHARAJAに少しでも協力させてもらいたいと思い、このクラウドファンディングの応援に共感した次第である。そしてこのコロナ終息の暁には又みんなでMAHARAJAに集い、あの頃を思い出しながら、無事に会える事を願うばかりである。サンミナ、シクヨロ、ガイオネ、マスイタシ。(皆さん、よろしくお願いいたします)
  • Bro.KORN


DISCO「MAHARAJA」は、私にとって聖地です。厳格な父のもとから独り立ちし、初めて六本木に足を運んだのは18歳のとき。世の中はバブル真っ只中のなか、六本木の交差点に辿り着いた私は、ひとり完全に浮いた存在でした。それを証明するように、横断歩道ですれ違う女性達はまるで六本木の街に蝶が舞うように美しかった。綺麗な髪をひらひら揺らしながら、キャッキャとはしゃいで、いい香りだけを残し過ぎ去って行く後ろ姿に、羨望の眼差しを送ってしまったことを思い出します。そんな女性達の多くが集う場所は「MAHARAJA」でした。店頭から、モデル並みの黒服の男の子がスタンバイしていて、丁寧なサービスでエスコートをしてくれます。入り口から徐々に聴こえてくるサウンドに気分が高揚してくると、徐々に目に見えてくる店内の広がりは、大理石の床が敷かれ、豪華絢爛な真鍮で出来ていてとても眩しい。まるでコンサートのような音質で鳴り響く音に合わせて踊る人達は、煌くスポットライトを浴びながら、一時の輝きを放って一体となっている。そしてあらゆるジャンルで活躍する有名人達がガラス越しのVIPルームで寛いでいる。私は、MAHARAJAという社交場で光りを知って、いろんな素敵な人達と出会いました。その会話の中から幾つもの知識を学び大人になっていきました。そして笑って踊って、楽しい!ていう感覚に生きる喜びを感じていました。その「MAHARAJA」が、危機に落ち入っています。緊急事態宣言により、容赦なく自粛をしなくてはならずストップしていることに心が痛みます。特に近年はライブをさせて頂いて、スタッフの方々に大変お世話になり感謝の気持ちが湧き上がってきます。今は、自宅待機することしか出来なくて、なんの力にもなれないこの状態に苛立ちさえ覚えますが、なんとかこの苦境を乗り越えてもらいたいと願っております。私の憧れの場所「MAHARAJA」が存続している事は、大切な時代が息づいているに等しいです。きっと「MAHARAJA」にしか出来ない事が、まだたくさんあると私は信じています。いつかコロナ感染が終息して、MAHARAJAに集まってくれた人達と一つになって、思いっきり歌って踊って楽しんで、生きる!という喜びを分かち合いたいと思っています。どうかがんばってください!!!!心より応援しております。
青田典子


日本のナイトエンターテインメントシーンに於いて長きに渡り貢献してきたMAHARAJA。ボディコン・ワンレン・VIP ROOM・お立ち台・煌びやかな内装にハチミツトースト…全てはMAHARAJAから始まり、今現在の日本のナイトクラブの礎となっている。そんなMAHARAJAもコロナウイルスの影響で苦境に立たされていると聞いた。世代を超えてナイトエンターテインメントシーンに現存するMAHARAJAは流行ではない。もはや日本の文化だ。カルチャーの灯火は消してはならない。
DJ 宇治田みのる


DISCO BEATで育った俺達だから、今その流れを止める訳にはいかないでしょう。皆大変な時だけど、こんな時だからこそSTEP揃えて頑張って乗り切りましょう!!皆さん宜しくお願いします。
IKURA


「ディスコの聖地」は、どんな時代に変化しようとも、変化に順応しながら存続し続けなくてはなりません。我が国、日本におけるその聖地こそが、マハラジャ六本木です。マハラジャ六本木無くして、日本のディスコ文化は育ちません。お客様、スタッフ、出演者、携わる全ての皆さんが、最高峰の一体感を生み出すディスコ・エンターテインメント空間。自分の人生を進めていくためにも、必要不可欠な聖地です。
DJ OSSHY


マハラジャのミラーボールは絶対に止まらない!
ROCKETMANふかわりょう)


MAHARAJAの皆様のキラキラした笑顔、踊っている姿を見ていると、MAHARAJA ROPPONGIがどんなに愛されている場所なのか、安心できる場所なのか、すごく伝わってきました。私はまだまだ新参者ですが、歴史的なMAHARAJAはこれからも私たちにとってなくてはならない憩いの場だと思います。年齢層問わずMAHARAJAを楽しんでいた全ての方たちの笑顔を1日も早く取り戻せることを願っています。私もMAHARAJAで、また楽しいお酒をいっぱいおっぱい飲みたいです!全力で応援しています。
DJ TAMAKING from.あやまんJAPAN


バブル文化をリスペクトして活動している私たちにとって、MAHARAJA ROPPONGIは、ずっと憧れてきた「聖地」のような存在です。“あのミラーボールの下で、あのお立ち台で歌って踊ってみたい!”という夢がMORI MORIに叶ったのは、2018年冬のこと。本で読むよりも、人づてに聞くよりも、ずっとずっとゴージャスでリッチなTIME ZONEがそこにはありました。煌びやかな光を浴びながら、心地よい音に身を委ねて踊るフロアの熱気、美しく舞うジュリ扇の景色…まるでバブル時代にタイムスリップしたようなひと時でした。当時をリアルタイムで生きていなかった私たちにとって、この体験がどれほど尊いことか…!まだ体験していない人たちにも体験してほしい!こんなことで、ディスコカルチャーの灯火を消してしまうなんて、淋しい熱帯魚すぎる!日本を元気びんびん物語にしてきたMAHARAJA ROPPONGIをベッド•インとして全力でサポートしたいと思っております。私たちが愛するバブル文化を象徴する、この大事MANな場所を守りたい。また、いつかMAHARAJA ROPPONGIで皆さんとジュリセンを振って踊れる「サラダ記念日」がきますように…!心から祈っています。
ベッド・イン 益子寺かおり&中尊寺まい


東京MAHARAJA Sound Producerを10年間 兼任したDJ TSUYOSHIです。今の俺が DJとして活躍出来るのはMAHARAJAでの経験があったからです。MAHARAJAのDISCO文化を終わらせない為にも MAHARAJA六本木を愛してくれているみんなの協力が必要です。またみんなでバブル時代にタイムスリップした様な空間を復活させましょう!御協力宜しくお願い致します!
EX  東京MAHARAJA Sound  Producer / bayfm  Ocean Tribe  DJ  TSUYOSHI


今や国内におけるダンスカルチャーの礎であり、クラブの歴史、ディスコの聖地とされるMAHARAJAが営業を自粛している。国難ともいえるこの前代未聞のウイルスの脅威に立ち向かうべく国の決断に足並みを揃えるべく経営陣、スタッフそして我々DJも苦渋の決断をした。もちろん、今は国民全体、国全体、いや世界中が緊急事態宣言に合わせ苦しい時を過ごしている。辛いのは自分だけではない。特定の店だけでもない。それは百も承知である。だが実際問題、1ヶ月以上も営業が出来ずに、我々のMAHARAJAが皆さんのサポートを必要としています。明けない夜は無いし、出口の無いトンネルも無いはずです。必ずやこの事態が収束し、皆さんと笑顔で会える日は必ず来ると信じています。その時にMAHARAJAでまた皆さんに会える様にどうか力を貸して下さい。
MAHARAJA SOUND PRODUCER DJ BOSS


平素は、MAHARAJA ROPPONGIをご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。只今、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けまして、MAHARAJA ROPPONGIも営業自粛とさせていただいております。新型コロナウイルス感染症の拡大は、その脅威が目に見えない分、見通しが立たず、皆様もご不安かと思います。他店同様、マハラジャも先が見えない脅威に見舞われ、存続の危機を感じております。これを読んでいただいている皆様はきっとマハラジャを日頃からご愛顧いただいてる方や、応援してくださってる方々と思います。私もマハラジャで皆様の笑顔を見てDJをすること、皆様との楽しい時間を共有出来ることが、何にも変えられない喜びです。1982年に産声をあげたマハラジャ。昭和、平成とかけめぐり歴史を作ってきたマハラジャ。この令和でも歴史を作り続けたいとスタッフ一同考えております。現在、存続の危機に直面しておりますが、『止まない雨はない』を思い、復活できると信じております。その為には皆様のご支持、応援が不可欠と実感しております。是非とも皆様のご協力をお願い申し上げます。まずは皆様の安全を願うと共に、一日も早い終息と元気に皆様とお会いで出来る日をマハラジャスタッフ一同心より願っております。
DJ JANNY


新型コロナウィルスの影響で、私たちの日常はたくさんのものを奪おうとしています。レギュラー出演させてもらっているMAHARAJA ROPPONGIも大変な状況です。この騒動が収束してまた、MAHARAJA ROPPONGIで皆さんと共に楽しい時間が過ごせるように!私たちの貴重な場所に協力できたらと思います。
DJ Dragon


新型コロナの影響は、これまで想像しなかった状況が続いています。被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。休んでいる間なんとなく不安だった「このまま私達のDISCOが!?」…まだ想像したくありません。何かを期待し…同じ時間、同じ場所に集まった人同士が偶然作る、毎晩繰り返される特別な場所…まだまだ期待したいし大切にしたい。それは私がほとんどの人生を皆さんと共に過ごせた、大好きな場所“DISCO”ですから。今は休業する事が皆さん、そして世界にとって大切です。これ以上想像しなかった事は起きて欲しくない。「マハラジャ」…また皆さんと会い…共に笑って…いつでもそこにある…私達の大好きな“KING of DISCO”として必ず戻って欲しい。
DJ BABY


お元気ですか? DJ-JOEです。みなさんの思い出が、たくさん詰まったMAHARAJA。私たちは、MAHARAJA麻布十番本店から現在のMAHARAJA六本木まで、長きにわたりDISCO文化を、一緒に作ってきたと思います。今回は、このような状況になり、日本のクラブシーンや文化の存続が、危機にある中、私もこのプロジェクトに、参加させていただきます。笑顔でまた会える事を、心より願っております。御協力をお願い致します。
DJ JOE


MAHARAJAは麻布十番からDJをしていたお店です。現在の六本木MAHARAJAでもBUBBLY NIGHTを含め様々なイベントでDJをさせていただいていますが、新型コロナの影響は世界規模で苦難の日々であります。DISCOをリードしてきたMAHARAJAの存在は必要不可欠だと思います!マハラジャサウンドは独特の世界観もありファンも多いのでDISCOシーンでも存続させなくてはいけない役割ですので是非皆さんのご協力を宜しくお願いします。
VDJ Shu1


レギュラー出演させていただいていますマハラジャ。マハラジャ育ちの自分において特別な場所。DISCO文化も常にリードしているマハラジャに是非ご協力、応援の程よろしくお願いします。
またMAHARAJAで沢山の笑顔に会える日を楽しみにしております。
DJ TAKASHI


六本木マハラジャでは、旧店舗から新店舗にまたがり10年以上『ROKI PARTY』を主宰させて頂き、お世話になっております。現在は、新型コロナウイルスにより世の中は大変な状況となっていますが必ずやマハラジャは復活します!あと少しの辛抱です。オープン当時から通って下さる仲間と言うか家族同様の皆様とまた元気で笑顔が絶えないパーティーでお会い出来ることを心より願っております。
DJ OKI


歴史と伝統がある店だから、マハラジャはこれからも時代を見続けて欲しい。
DJ Ando


レギュラーゲストとして月に1度出演させて頂いております、DJ SHINと申します。私の生まれは1983年ですが、マハラジャの1号店がオープンしたのが1982年ということで、私よりも先輩なんですね(笑)日本の現存するクラブでこんなに歴史がある名前を持っているのはマハラジャだけではないでしょうか。そして当時からのお客様が現在でもご愛顧頂いているのはもちろんのこと、積極的に外部イベントに携わったり、私のような中堅層のDJを起用したり、若年層へのアピールもしっかり行なっているマハラジャは、現在のクラブ業界において唯一無二の存在であると私は思います。(外部イベントといえば、私がプロデューサーを務める船上フェス「夏クル」に何度か参加して頂いたのも良き思い出です。)
またこの場所「KING OF DISCO MAHARAJA」で、皆様と笑って音楽が楽しめる日が来ることを心から願っております。
DJ SHIN


苦しい時期をみんなで乗り越えて、またフロアで一つになりましょう!またお会いできる日を楽しみにしております!
DJ HAMMER


初めてMAHARAJAでDJをやった時にめちゃくちゃ緊張した覚えがあります。普段、僕は渋谷など若者のCLUBでDJをやることが多かったので、マハラジャと言われても「学生時代にCD屋さんで象のマークのキラキラしたジャケットのCDを見たことあるなぁ。」「ディスコソングがかかる店だよな。」「カレーが美味しそうな店の名前だなぁ。」くらいの情報しか僕の頭の中にはなかったんです。伝説のディスコ、ディスコの聖地、と、すごい場所で参加させてもらうというのはわかりましたが、ディスコの「デ」の字も知らない「デ」ッカチャンがマハラジャ六本木でDJ!?とかなり恐縮していました。マハラジャ六本木でDJをするとなると、僕の普段のDJはJPOPと少しのEDMをミックスするプレイを主にしたので、「デ」を知らない僕はいつも通りにするしか術がありませんでした。「僕なんかのDJで誰も踊ってくれないかも?」ということも考え不安でした。いざ、当日、初マハラジャ六本木でDJを始めると、とてもやりやすくて、みなさん踊って盛り上がってくれました。でも僕のDJがそこまで良かったとも思えないし、「この感覚はなんなんだ?」と疑問に思っていたのですが、理由がわかりました。マハラジャ六本木にきているお客さんは、この空間を、全ての音楽を、マハラジャを楽しみにきているんだと思いました。そして、それはスタッフさんにも言えることで、みんなで同じ空間と空気を楽しんでいるんだと。これが若者のクラブとかとは違う、歴史からなるグルーヴ感とバブル世代の華やかさというものを教えてもらえた気がします。そんな素敵なことを教えてくれたマハラジャ六本木でまたDJがやりたいです!まだ新しくリニューアルした店舗にも行けてないので行ってみたい!誰も想像ができなかった今の状況。今だからこそ踏ん張らないと行けないと思いました!またマハラジャ六本木で楽しいパーティーができるように皆様ぜひご協力よろしくお願いします!きっと、マハラジャ六本木に来ていた皆様はこの状況でも、パワーを持って前に進んでるに違いないと思います。僕も負けないように自分のできることからフンバリガンバリします!
DJ DEKKA (デッカチャン)


新型コロナの影響で緊急事態宣言が発令されて1ケ月以上経ち、さらに延期される状況になってしまいました。僕たちにとっての大切な場所『MAHARAJA』も営業自粛を余儀なくされてます。クラブシーンにおいて『MAHARAJA』は絶対に必要な存在です。六本木を元気にするのも『MAHARAJA』だと思います。そんな『MAHARAJA』を存続させるには皆様のご支援ご協力をよろしくお願いします。
そう遠くない日に必ず皆様と笑顔で再会できることを願っております。
DJ ZU-KA


DISCOといえば「MAHARAJA」っていうくらい、皆さん一度は耳にしたことあるお店ではないでしょうか。昨今の新型コロナウィルス感染、拡大の影響でお店も自粛を余儀なくされてしまいました。
そして当初の予想より大幅な休業期間となってしまったため、店舗存続が危ぶまれる事態となってしまいました。いま、このMAHARAJAを無くさせる訳にはいけません。このような状況を、私達そしてみなさんの力を少しでも良いのでお借りできたら必ず乗り越えられると思います。収束してまたいつもの日常がやってきて営業が再開した暁には、みなさんに最高の場所、最高のおもてなし、最高のエンターテイメントをお届けすることが出来るでしょう。そのためには我々、スタッフ、DJ、ダンサー、パフォーマー、準備は万端にしています。お店のほうも当初からの、老若男女、男女問わず「安心・安全」をモットーに、
CLUB×DISCOという新しいスタイルの楽しみ方の精神で営業することが出来ることでしょう。私個人もMAHARAJA立ち上げ当初から大変お世話になっています。今まで以上に私も盛り上げたいと思いますので
どうかご協力よろしくお願いします。
DJ たーちん


マハラジャは激しい仕事で精神的に行き詰った時に、素晴らしい音楽とお酒、何より片山さんを始めとする素晴らしいスタッフ達の気持ちの良い応対に癒されています。移転をしたばかりでこれからも期待しています!応援をしています!この難局を乗り切ったら乾杯をしましょう♫
楠目節晃


マハラジャは僕の青春であり、これからも生き続けて欲しい!兎に角今、新型コロナウイルスに勝つ免疫力を各々が自覚し、健康第一でまた皆さまと一緒にフィーバー出来る日を楽しみにしております。僕は『第5土曜日のバブリーディスコナイト』のオーガナイザーです!毎回300名越えの大人気イベントを、必ず皆さんのお力もお借りしてマハラジャを存続させ、新たに『進化』させたいと思います。
KINO−P  木野幸久


キング&クィーン時から15年イベントを続けさせて頂いている中、新型コロナの為 自粛にて早2カ月イベントが開けず残念です。グランドオープンして綺麗になった店舗に1日も早く足を運べる日を楽しみにしています。顔馴染みのお客様、大好きなスタッフさんに1日でも早く会えるよう、新型コロナ終息が来る日を心より願っています。そして普段通りいつまでも大好きなマハラジャが営業していますように…
MAGICAL RAVE HYPER スタッフ一同


マハラジャのゴージャスな空間と楽しいスタッフが大好き♪私にとってのパワスポです!再始動を待ってます。
D-gene オーガナイザー さみ


皆様、平素より格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。罹患された方々には謹んでお見舞い 申し上げます。笑顔で溢れる"MAHARAJA"が一日も早く訪れますよう心待ちにしております。今後ともMAHARAJA ROPPONGIをご愛顧いただきますよう、お願い申し上げます。
80's DISCO オーガナイザー DJ Tsukuni


2010年に復活し、今年で10年というメモリーイヤーとなる2020年!現在のマハラジャは、我々のダンスシーンに無くてはならない存在となっています。この輝きを、我々みんなで守りましょう。
DanceFantasy オーガナイザー osamu


(順不同)


最後に

当初は、感染症予防対策として「非接触型体温計による検温」「次亜塩素酸水による空間除菌」「消毒液の設置」「店内除菌清掃」「スタッフのマスク着用」を取り組み、少しでもお客様に安心して楽しんで頂ける環境づくりに励んでおりました。ですが新型コロナウイルスの勢いは一向に収まらず、皆様とスタッフの安全と健康を保つために、長期にわたる休業を決断を致しました。
なんとかこの状況を乗り越え、皆様に元気を与える場を復活させたいと思っております!また笑顔で皆様をお迎えできるよう、スタッフ一丸となり準備していきたい所存です。どうかお力添えいただけますでしょうか。ご支援ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

マハラジャ六本木
代表取締役 片山康生
スタッフ一同


店舗所在地

〒106-0032
東京都港区六本木6-1-3六門ビル6F

東京メトロ日比谷線六本木駅
3番出口から徒歩1分

都営大江戸線六本木駅
5番出口から徒歩2分

https://maharaja-r.jp




Q&A

よくある質問に関してはこちらをご覧ください。

Q:リターンを間違って支援してしまいました。キャンセル・変更できますか?
A:サイトの仕様上、支援後のキャンセル・リターンの変更はできません。また、金額のアップデートもできませんので、よくご検討ご確認の上でのご支援をお勧め致します。
(例:2000円の支援後、追加で3000円を支援しても5000円のリターン内容にはできません)

Q:とにかく応援したいので、リターン価格以上を支援したいです!
A:支援時に支援金額の上乗せが可能です。
(例:3000円のリターンに5000円上乗せ)

Q:友人の分を代理で支援できますか?
A:ご友人様のなど代理での支援に関しては、リターンの譲渡に当たります。リターン権利の譲渡に関しましては金銭の授受関わらず一切禁止です。該当行為が発覚した場合は、各種リターン不履行になる可能性がございますのでご注意下さい。

Q:別途の送料はかかりますか?
A:かかりません。支援金に含まれております。

Q:目標金額に達しなかった場合、リターンの履行はどうなりますか?
A:All-in方式を採用しておりますので、目標金額に満たない場合も全てのリターンは履行させて頂きます。プロジェクト終了かつ営業再開後からリターンの履行を行って参ります。

Q:支払い期限はありますか?
A:決済方法によって異なりますので、詳細な期限に関しては支援後CAMPFIREから送付されますメールをご確認ください。支払い期限を超過した場合、自動キャンセルとなります。

Q:配送先の住所変更はできますか?
A:住所変更の受付はプロジェクト終了までとさせていただきます。配送先の住所変更は「マイページ」で行うことができます。それ以降の住所変更については本プロジェクトページにある「メッセージで意見や質問を送る」というリンクから直接ご連絡ください。

Q:限定数があるリターンが売り切れになった場合、再販はありますか?
A:再販はありませんが、状況により新たなリターンの追加など検討させて頂きます。

その他、クラウドファンディング及びサイトに関わるご質問につきましては、
CAMPFIREヘルプページをご覧ください。
https://help.camp-fire.jp/hc/ja

  • 2020/06/15 17:46

    リターンの発送を開始致しました!リターンのお届け準備ができたものから発送を開始致しました。準備・梱包は最小人数で行っているため、同じリターン内容でもお届け時期が前後する場合がございます。ご理解頂けます様お願い申し上げます。お届けまでもう少々お待ちくださいませ。

  • 2020/05/31 19:00

    クラウドファンディングが終了しました。約1ヶ月間、本当に沢山の方からのご支援と、SNSシェア等のご協力を頂きました。『支援者数 680名 / 支援総額 6,746,000円』目標の500万円を遥かに超えることが出来ましたこと、心から深く皆様に御礼申し上げます。お一人お一人の温かいお気持ちが大き...

  • 2020/05/23 22:05

    温かい多くのご支援によりクラウドファンディングの目標が達成しましたので、次なる"NEXTゴール"を設定しました。700万円達成で、オリジナルCD『スペシャルサンクス MAHARAJA DISCO MIX』を制作します!これまでご支援頂いた方も含め、支援者全員にプレゼントさせて頂きます。沢山ご支...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください