はじめに・ご挨拶

まずはじめにただいまこのS.M.S GOSPEL STUDIO 存続支援プロジェクト」に対し、貴重なお時間をいただいていることに感謝します。

S.M.S GOSPEL STUDIOは、2013年に主にヴォーカル、コーラスのレッスンやワークショップ、アコースティック・ライブなどのエンターテインメントから、英会話教室やパーティ、各種セミナーなど幅広い目的でどなたにでも楽しく利用いただけるフリースペースとして運営していました。

またこれまでの皆さんに喜んでもらえた数々のイベントの多くは、ますはじめにこのスタジオで小規模なシミュレートを重ねて認知度を上げてから世の中に出したものです。

たくさんの思い入れと失敗、笑いと涙が詰まったラボラトリーでもあります。

(写真:月曜祝日恒例の「弾き語りコンサート」出演メンバーによる記念写真)

このプロジェクトで実現したいこと

もともとこのスタジオ自体はどちらかというと営利目的ではなく、ゴスペルをはじめとする歌やコーラスを愛する人たちの憩いの場であり、笑いながら楽しく交流できる場所として愛されてきました。私どもの主なる生業はゴスペルやコーラス教室の運営ですので、このスタジオの毎月の家賃も教室運営から捻出する形で今まではなんとか維持することができました。

しかしいま新型コロナウィルスの突然の襲来により教室の運営、イベントの運営が完全にストップしてしまいました。

(写真:新潟からBro.Taisuke牧師に来てもらってゴスペル・ワークショップ)


プロジェクトをやろうと思った理由

今回の新型コロナウィルスの感染爆発は、「ゴスペル聖歌隊型」の合唱スタイルを主流とする私達にとってはもっとも活動自粛を余儀なくされるものとなりました。あくまでも憶測ではありますが、世の中の感染の状況が多少終息し、色んな業種が日常を取り戻すときが来たとしても、このスタイルの音楽活動は、世間的にもっとも再開を許される空気は遅くなるのではないかと思います。

いま私たちの運営するゴスペル・チームやそのほかのコーラス・チームが活動再開の見通しが立たない中で、いま新たな形での音楽活動の方法や情報発信のスタイルが模索され始めています。

運営のことだけ考えた場合は、毎月の決して安くはない固定経費のかかるこの施設を、すべての機材を売却処分したのちに解約して身軽になるのが一番手っ取り早いのですが、もしかしたらこの4方向に外気を直接取り込める窓があり、ワンフロア―に他のテナントが出入りしないこの空間は、私たちの再開の第一歩となるのではないか・・・。また活動の場を失った「表現者」のための新しい情報発信基地(例えば動画配信に必要なデバイスや知識を持たない人をお手伝いするスタジオとしてなど)となりうるのではないかということも考えたら、いまの緊急事態宣言という過去に例を見ない状況を諦めずになんとか耐え抜いてみようと思いました。

そこで今回このような形でファンド・プロジェクトを立ち上げさせていただきました。

(写真:現在レッスンは行われてませんが可能な限り換気をし、いろんなところを薄めたハイターで拭いています。緊急事態宣言発出前)

これまでの活動

◆ ゴスペル・スクール「Satisfy My Soul」(旧S.M.S Gospel Choir)の定期レッスン会場

◆ 親子ゴスペル「Tiny Steps」の定期レッスン会場

◆ 洋楽コーラス「Hot Stuff」の定期レッスン会場 

◆ 初心者ゴスペル「Rock-a My Soul」の定期レッスン会場 

◆ 地元ゴスペル・クワイアの定期練習会場およびライブ会場

◆ キリスト教団体による聖書勉強会

◆ はじめてのウクレレ・サークル

◆ ジャズ・コーラスの定期レッスン会場 

◆ 手作りレコーディング・ボーカル・ブースによる個人レッスン

◆ 各種アコースティック・ライブ

◆ 各種セミナー、ワークショップ、後援会への貸出

◆ 各種パーティ

(写真:アメリカの伝説のギタリスト、ダコタ・デイブ・ハルさんのジャパン・ツアーの模様・・・左からザビエル大村さん、ダコタさん、豊田渉平さん)

資金の使い道

メインはずばり家賃および固定経費の支払いです。完全休業状態となり予定していない突然の収支悪化となりましたが、テナントとしての家賃は全額待ったなしの状態ですので窮地に立たされています。

このプロジェクトで支えていただいた資金はすべてこのスタジオの運営経費として充てさせていただきます。もし目標額を越えた場合は、動画配信をお手伝いするための設備に充当したり、この時期にみなさんが背負った大きなストレスを少しでも緩和できるようなイベントを制作する資金に充てたいと考えております。

(写真:親子ゴスペルTiny Steps コンサートの風景)

リターンについて

いまのところ豊中スタジオでのグッズなどの物販商品はありませんので、お返しできるのは各種ライブイベントへの参加券、豊中スタジオでのボイトレ・チケット、レコーディング・チケットなどを用意させていただきます。

ほとんどがこの事態が終息してから使えるものですが、きっとまたこのスタジオにみんなの歌声や笑い声が絶対に帰ってくると信じていますし、それまで守り抜く決意をもってますのでどうかご理解ください。

詳細】

¥1,000- 通常250円いただいてるアルコールおよびソフトドリンク券4枚
¥2,000- イベント参加券(1000円券1枚)と上記ドリンク券4枚
¥3,000- 個人レッスン・チケット(1時間)と上記ドリンク券4枚
¥4,000- 簡易レコーディング個人レッスン・チケット(1時間半)と上記ドリンク券4枚
¥5,000- イベント参加券(1000円券5枚)と上記ドリンク券4枚
¥10,000-  イベント参加券(1000円券12枚)と上記ドリンク券4枚

◆イベント参加券は豊中スタジオで行われるライブ・講演会・ワークショップなどすべての有料イベントにご使用いただけます。(期限は2022年12月末日まで)

(イベントはスタジオが再開すれば第4土曜日以外の週末に行う予定です。現在のコロナの状況を鑑みますとスタジオの再開は早くとも7月頃と思われます。)

 ● 豊中スタジオ主催イベント(通常価格1回1000円)・・・ウクレレ・レッスン、タンバリン・レッスン、弾き語りライブ(演奏・観覧ともに)

 ● 外部アーティストのライブの優待券として・・・一回のライブに対し1000円券1枚ご使用いただく形でご使用いただけます。

◆ ボイトレ・個人レッスンは通常1回2000円/1時間となっております。

◆ レコーディング付個人レッスンは通常1回4000円でラフ・ミックスをお渡ししておりますが、今回のプロジェクトへの感謝の気持ちとしましてミックスダウン後、マスタリングまで含まれた形でお渡しします。

各種イベントの定員は通常は40名ですが、2020年はたがいの距離を取っていただけるよう15名とさせていただきます。人数の管理の為、すべてのイベントは予約制とさせていただきます。

スタジオ・スケジュール、ご予約フォームははこちらのホームページからご確認ください。

ホームページ

https://sms-gospel-studio.site/

フェイスブックページ

https://www.facebook.com/OfficeNoise/

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

最後に

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

本業のスクールはいつまで休業しなければいけないかはまだまだわかりませんけど、自分の生活費などプライベートな部分はアルバイトをしてなんとかします。

とにかく皆さんに愛していただいているこのスタジオをなんとか存続し、みんなの歌声と笑顔が帰る場所を守ると心に決めました。

僕たちはあきらめません!そして負けません!無理に営業を再開するのではなくみんなが心配なく帰って来れる時が来るまで、どうか賛同できる余裕のある方はこの決心にお付き合いください。

よろしくお願いいたします。


  • 2020/09/30 19:38

    お待たせいたしました。豊中スタジオの10月のプライベート・レッスン予約フォームです。コロナで出来ないことが多くて活動がストップしている人がほとんどですが、実はスキルアップの為にできる事ってよく考えたらたくさんあります。レパートリー増やしたり、時間をかけて曲の細かいニュアンスを仕上げたり、新しい...

  • 2020/06/30 15:18

    もう暑くなってきたので、一日でも早くみなさんにTシャツを届けたいと思い、6月後半はひたすらTシャツ、きんちゃく、トートバッグ作りに明け暮れておりました。とはいっても今まではデザインだけやったらあとは業者さんに発注するだけだったTシャツ作成を今回は経費削減のために、自分たちでシルクスクリーン・プ...

  • 2020/06/05 11:39

    本日、リターンのチケットを無事発送できました。全部で183通!ちゃんと「ありがとう」を伝えたいけどまだみなさんには会えないので、一つ一つ手書きのメッセージを書きました。久しぶりにたくさん字を書いたので疲れたけど脳のリフレッシュもできました!まだまだ雰囲気的には気軽に電車に乗って豊中に来てもらえ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください