この新春に3周年を迎えたThe Public standが新型コロナウイルス感染症拡大により存続の危機を迎えております。3月外出禁止要請での自粛営業時間短縮・週末臨時休業に続き4月緊急事態宣言で一ヶ月も営業自粛となった中、大変心苦しいお願いではありますが、休業に伴う緊急支援をお願い致します。

プロジェクト本文

日頃よりThe Public standを応援して頂き誠にありがとうございます。

2017 年 1 月に The Public stand 恵比寿店がオープンして以来、
多くの方から愛され、支持を受け、ファンの皆様からは強く次の出店のご要望を頂き、
現在全国19店舗を展開し、多くのお客様より喜びのお言葉を頂いておりました。
2020年にようやく3周年を迎えた矢先に今までに誰も経験をした事のないこの状況下、
The Public standは存続の危機にあります。
新型コロナウイルス感染拡大により、2020年3月より貸切予約の
キャンセル、イベントの自粛や延期が相次ぎましたが、政府・各地方自治体の休業要請や感染拡大の危機的状況もあり、お客様と従業員、スタッフの安全を第一に考え、
2020年5月6日迄The Public standの営業を全店、苦渋にも自粛を決断致しました。

店舗の休業により、お客様から営業再開のお問い合わせも多く頂いておりますが、
収束の見通しも立たない中、店舗存続が困難に陥いり、
閉店の選択肢もよぎる状況となってしまった為、大変心苦しいお願いではありますが、
皆様からのご支援を緊急で募らせて頂きます。

皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

■The Public stand とは

ありそうでなかった出入り自由の時間無制限飲み放題スタイルのバーです。
プロの有名建築デザイナーが監修するゴージャスな装飾と
BAR業界では珍しい「無制限飲み放題」と「出入り自由」 のシステムを採用し、
さらに時間に制限を無くすことで高級イメージが強い業界のイメージを払拭しました。
お求めやすい価格設定により誰でも気軽に通え、
大学生から社会人まで幅広い年代が多く訪れるパブリック空間を実現しました。
自然に交流が生まれるその空間は“大人の社交場”として日々、非日常空間を演出しています。

SAVE The Public stand

【リターンのご紹介】

<実施スケジュール>
支援受付開始:2020年4月16日18:00
支援受付締切:2020年5月6日23:59

『無制限飲み放題事前チケット販売』
◆1枚(1DAY飲み放題) 女性500円 男性1500円
◆5枚セット 女性2000円/男性6000円
◆10枚セット 女性3000円/男性1万円
◆VIPチケット 10万円
※有効期限1年
※本人以外チケット利用可能(ご購入者がご友人へプレゼント可能)
※直営店舗のみ利用可能

【応援メッセージ】

The Public standはいつ行っても、どこの店舗に行っても、誰と行っても、誰とでも仲良くなれて、みんなでフレンドリーに慣れる自分の居場所や自分のライフスタイルを好きな時に楽しめるそんな大切な場所であり大人の憩いの広場的なバーでした。The Public standには出会いも笑顔も驚きも興奮も味わえる、みんなの活力チャージスポットで在り続けます。

【The Public stand 理念 ism 『バズりSMILE !』】
いつでも どこでも 誰とでも 好きな時に 好きだだけ

全ては笑顔の為に。
リアルでしか体験できない興奮がパブリックにはある。いつでもドキドキ、ワクワクするような笑顔が全てのきっかけを与えてくれる。どこでも笑顔をシェアできる。 誰とでも笑える。パブリックで笑顔が繋がる。 好きな時に好きなだけ。人と笑顔、笑顔と世界を繋ぐ、笑顔を爆発的に拡散しもっと豊かな社会を実現させます。

【The Public stand 行動指針】

Happiness(ハピネス);パブリックスタンドは、お客様の期待を上回るサービスで「ハピネス(幸福感)」を提供します。
Energy(活力);パブリックスタンドは、お客様の「活力チャージスポット」となれるよう元気と笑顔をお届け致します。
Assist(支援);パブリックスタンドは、地域社会と全てのお客様を笑顔で結び全力で「アシスト(支援)」し続けます。
Revolution(革命);パブリックスタンドは、努力と挑戦をし「笑顔・感動・革命事業」で豊かな社会を実現致します。
Trust(信頼);パブリックスタンドは、関わる全ての人々に愛を持って接し社会から「信頼されるブランド」となります。

【資金の使い道】
営業自粛期間中の賃料・水道光熱費、従業員への給与、諸経費、CAMPFIREの手数料、取引業者様へのお支払

最後に

再び日本に笑顔で明るい本当の意味での「絆」の文化をThe Public standで体験して頂きたいです。
新型コロナウィルスという見えない敵に世界が不安になる中で、人間としての本質を思い出す良いチャンスでは無いかと思っています。The Public standでは極限までの経費削減と公的融資でコロナ恐慌の波に立ち向かっておりますが、新型コロナ感染拡大を防ぐため、お客様、従業員の安心安全を守る為の営業自粛をし、今回、危機的な状況となりました。多くの飲食企業が同じ状況でこの様なお願いをする事は大変痴がましく、大変恐縮ではございますが、再びパブリックスタンド(The Public stand)が地域社会の活力チャージスポットなれるよう、皆様の御支援を宜しくお願いします。
                    ブランドプロデューサー 竹内仁栄

店舗の詳細情報 (https://www.public-stand.com/shops/)

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください