はじめに・ご挨拶

はじめまして。
家族4人(夫婦、子供2人)、愛猫3匹
・レオ(♂6歳)
・ノア(♀5歳)
・ロイ(♂2歳)
と暮らしている金子と申します。

この子が1番下のロイといいます。

〈うちに来たばかりの頃〉

〈1歳の頃〉

〈2歳、病気を発症する前〉

ロイは生まれてすぐ、まだ赤ちゃんの時にゴミ捨て場に捨てられていたところを保護され、縁あってうちに来ました。

穏やかでとても優しい性格の子です。

まもなく3歳を迎えようとしていたこの末っ子猫のロイが致死率ほぼ100%と言われる難病、猫伝染性腹膜炎〈FIP〉を発症してしまいました。

1度は余命宣告を受けましたが、日本ではまだ承認されていない海外製の薬で助かる可能性があることがわかりました。
この小さな命を何としてでも助けたい、皆さま、どうかご協力をお願い出来ないでしょうか。


このプロジェクトで実現したいこと

‟ロイの命を救いたい! ”

ロイの病気である猫伝染性腹膜炎〈FIP〉はほとんどの猫が体内に持っている猫コロナウイルスが何らかのきっかけで突然変異し、悪性のFIPウイルスとなり発症します。

1度発症してしまうとほぼ100%死に至るという非常に恐ろしい病です。

残念ながら、日本ではまだ治療法が確立されていません。

唯一、海外製の薬がFIPの治療に高い効果があると報告されています。
しかし、日本では未承認のため非常に高価で個人の力での治療は経済的にもとても厳しいのが現状です。

皆さまにお力を貸していただき未承認薬による治療をやりとげ、また元気なロイに戻って欲しいです。

そして同じ病気で苦しんでいる猫ちゃんや飼い主さんにFIPは治すことができる病であると希望を持ってもらいたいです。

1日も早くFIPの治療法が確立され、FIPで苦しんでいる猫ちゃんたちが安心して治療を受けられる環境が整うことを強く望みます。


※薬事法により薬の名前は明記できない為、ご了承ください。


プロジェクトをやろうと思った理由

長文ですが、読んでいただけると幸いです。

FIP発覚までの経緯と治療開始に至るまで》 

▼3月末頃
歩くときにややふらついたり、高いところに上るのを失敗して落ちてしまう。

▼4月2日
不安に思い、近所の動物病院を受診。
先生はロイを一目診るなり「何かかなり悪そう・・」と一言だけ発し、血液検査をはじめ、エコー検査などあらゆる検査をしました。
診察時間も長くなり不安は募るばかりでした。

〈血液検査の結果①〉

そして診断の結果、腎臓にかなりの炎症が見られ、おそらく腎盂炎だろうとのことで10日分の抗生物質を処方されました。
原因は外からの細菌感染かあるいは自己免疫低下によるものか結果は1週間後に出るとのことでした。

次回の受診は薬を飲み終える10日後の予定でした。

病名もわかり、抗生物質を飲めば良くなると思い安心して帰宅し、その日から投薬が始まりました。
しかし、病状は良くなるどころか日に日に悪化していきました。
ふらつきもひどくなり、それまであった食欲も徐々に落ちていきました。

「薬はしっかり飲ませているのにどうして?」という焦りを感じつつ、投薬を始めてから1週間が経ち、ついにロイが歩かなくなってしまいました。
すぐに病院に電話をして状況を説明したところ、連れてきてくださいとのことでそのまま病院へ向かい診てもらいました。
1週間前より明らかに元気がない診察台の上のロイを見ているのは本当に辛いものでした。

診察が終わり、先生から「四肢の麻痺も出ているし、これまでの検査結果から総合的に判断して猫伝染性腹膜炎〈FIP〉の可能性があります。」といわれました。
猫の飼い主でありながら恥ずかしい話ですが、この時までFIPという病名は聞いたことがありましたが、どのような病気かまでは知りませんでした。
先生から病気についての説明の紙を渡され、1番最初に目に入ってきた言葉は「非常に致死率の高い病気」という文字でした。
それを見てもすぐには理解できませんでした。
ただ、その後先生からFIPには有効な治療法がないこと、発症するとほとんどの子が数日以内に死んでしまう事を聞き、「残り少ない時間をどう過ごすかご家族でよく考えてください」と言われた途端、場もわきまえず、号泣してしまいました。
「大切なロイがいなくなってしまう」ということだけが頭の中をめぐり、その後の先生の話はよく聞こえませんでした。それまで泣くのを必死に我慢していた娘も泣き出してしまい、途方に暮れていたところ、先生から1つの提案をされました。

それは、先の2月に学会でFIPに対して効果がある薬が発表され、もし試してみる気があれば病院を紹介しますとのことでした。ただ非常に高価な治療なので諦めてしまう方も多いと言われました。
ですが、目の前で苦しむロイをみて迷わず紹介してもらうようお願いしました。
幸い、県内に一軒だけFIPの協力医院があったのですが、そちらは残念ながらFIPの薬の在庫がなく、発注はしているが新型コロナウイルスの影響で予定通り入ってくるかわからないとのことで在庫のある他県の病院を紹介していただき、最短の4月13日に予約をしました。 
しかし、翌日に体調が急変してしまい、顔も体も全く動かず、呼吸も弱くなってきているような状況だったため、これ以上待てず無理を承知で夜間にみてもらうことになりました。

〈血液検査の結果②〉

診断結果はFIPドライとウェットの混合タイプの末期でした。

今回の事でFIPのことについて色々調べていたので、麻痺症状が出ている場合は末期に入っているというのはわかってはいたのですが、いざ先生の口からはっきり言われるとやはりショックでした。

確定診断の結果は1週間後になりますが、FIPは非常に進行が速いのでそれを待てる状態ではなく、確率が極めて高いと思われるFIPと仮定し治療を開始することになりました。

ロイの場合、末期ということで体重に対する2倍の投与量となり(4月10現在、2.6㎏)、開始時は100㎎約2640円(税込)の薬を500㎎/日飲ませることになりました。体重が100g増えて2.7㎏になったらさらに50㎎増やし550㎎になります。体重が増えるごとに薬の量も増やしていきます。

体重2.6㎏の場合:1日あたり500㎎投与で約13,200円(税込)になります。

体重2.7㎏の場合:1日あたり550㎎投与で約14,520円(税込)になります。

体重2.9㎏の場合:1日あたり600㎎投与で約15,840円(税込)になります。

体重3.1㎏の場合:1日あたり650mg投与で約17,160円(税込)になります。

それを84日間連続投与します。
薬代だけでも少なくとも125万円以上かかることになります。


先生からは今のロイの状態だと薬の効果がある可能性は約30%と言われましたが、ロイを今の苦しそうな状態から救い出したという一心で治療開始をしました。
その日のうちに病院で1回目の投薬をし、1週間分の薬を処方してもらい帰宅しました。

その時の明細書です。

長時間の移動や病院での診察でロイもかなり疲れてしまったようで朝までぐったりしていました。
あまりにも弱々しくて見ていて辛かったです。

翌朝を迎え、全く動けなかったロイが自分の力で起き上がっていたのです。
思わず目を疑ってしまいました。

薬の効果をものすごい感じました。たった1日でこれだけの効果があることに
とても驚き、感動しました。

この薬の力ロイの生命力を信じてロイと一緒に頑張っていこうと強く思いました。

ですが、そのためにはとても高額な治療費が必要になります。
この先の治療費のことを考えると不安でたまりません。


目の前で必死に生きようとしているロイを絶対に助けたいという思いから何か出来ることはないか模索していたところ、このクラウドファンディングの存在を知り、今回このプロジェクトを立ち上げた次第です。 


※金額はFIPにかかる治療代から我が家で工面出来たお金を差し引き、掲載手数料などを加味して設定させていただきました。

急遽の立ち上げのため、右も左もわからない状態ですが、ロイが初めてうちにやってきた6月25日をプロジェクトの募集終了日とし、ロイの明るい未来の為に頑張っていこうと思います。


資金の使い道

頂いた支援金はすべてロイの治療費にあてさせていただきます。
実際に掛かった費用については、その都度お知らせします。

万が一にも、不幸により治療を途中で中止するような場合には、余剰金はすべて「CAMPFIRE」で【猫伝染性腹膜炎〈FIP〉】の治療費支援を待っている方々への支援を考えております。


リターンについて

心を込めたお礼の手紙またはお礼のメールを送付させていただきます。

またロイの画像やポストカード、ロイの写真入りオリジナルグッズなどを送らせて頂こうと思います。

今はまだロイの病状が予断を許さない状況なので、お礼の品はロイが元気になってから送らせていただこうと考えております。

家族で話し合って心を込めたお礼を出来ればと思っております。

お礼の内容については追加があり次第報告させていただきます。

下の画像は一例になります。

赤ちゃんの頃のロイです。

実施スケジュール

2020年4月10日 未承認薬の投薬開始1日目。

2020年4月17日 未承認薬を14日分処方してもらいました。

次回、5月4日に再診予定。

その後、経過が良ければ1ヶ月ごとに通院し、経過を確認。

84日連続投薬終了後(7月2日予定)、3ヵ月間の経過観察。

再発が無ければ、無事治療終了となります。


最後に

ここまで読んでいただきありがとうございます。

ここでロイのことを少し紹介させていただきます。

2017年6月25日、捨て猫だったロイが我が家にやってきました。

先住猫のレオ(♂6歳)、ノア(♀5歳)に続いて、 我が家で迎える3匹目の猫です。
性格はとても穏やかで優しい男の子です。

〈ロイが初めてやってきた日〉

先住猫達との相性が不安でしたが、驚くほどすぐにロイを受け入れ、
わが子のように可愛がってくれました。


小さい頃の様子です。

〈猫じゃらし大好き〉

〈一緒に遊んで~〉

〈膝の上でマッタリ〉

〈兄弟みたいに仲良し〉

〈寝るときも一緒〉

〈宿題頑張れ~〉

家族みんなの宝物ロイをどうしても助けたいです。1度は余命宣告を受け、諦めなければならないのかと絶望の淵にいましたが、助かる可能性がある治療薬の存在を知り、たった1回の投薬で劇的な変化を見せてくれたこの小さな命をつなぎとめたいです。

どうか皆さまのお力を貸してください。よろしくお願いします。


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/09/27 17:00

    こんにちは、金子です。定期検診に行ってきたのでご報告させて頂きます。8月30日 休薬後4週目の結果9月27日 休薬後8週目の結果相変わらずA/G比の上昇はありませんでした。腎数値が4週目の時と比べると今回はだいぶ上がってしまいました。原因としては腎臓が悪化したと言うよりは体重の増加に寄るものだ...

  • 2020/08/21 15:00

    皆様こんにちは!金子です。8月16日(日)にロイをFIPから救う2回目のプロジェクトが終了致しました。ご報告が遅くなってしまい大変申し訳ありません(>_<)2回目のプロジェクトでは389名の方から121万8500円のご支援をしていただきまして無事目標金額を達成することが出来ました(...

  • 2020/08/06 12:00

    こんにちは!皆様いつもたくさんの応援本当にありがとうございます!こちらのプロジェクトも残すところあと10日となりました。現在までに286名もの方にご支援いただき感謝の気持ちでいっぱいです!本当にありがとうございます!!引き続き見守っていただけると大変嬉しいです(⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)本日は8月2日の検...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください