アコースティック専門ライブハウス someno kyoto は、新型コロナウィルスの影響により存続が難しい状況に追い込まれております。大変恐縮ではございますが 「someno kyotoの存続」 と 「アーティストへの支援 」のご協力をいただきたくプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクト本文

目標額5,000,000円達成!

someno kyoto支援プロジェクトは開始1週間で目標金額の500万円を達成いたしました。
早期達成となりましたのも、ご支援並びに情報の拡散にお力添えいただけた結果です。心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

そしてこれよりsomeno kyotoは、プロジェクト本文中に記載しておりました「高画質・高音質による配信設備の導入」「参加アーティストへの制作費(ギャランティー)の増額」を目的とし次の目標を設定いたします。

この先のご支援で達成したい目標

・「高画質・高音質による配信設備の導入」
・「参加アーティストへの制作費(ギャランティー)の増額」
・「コンピレーションアルバム累計500枚」


◆「高画質・高音質による配信設備の導入」について

【配信ライブの必要性】
新型コロナウィルスの影響により、音楽業界やライブハウス業界の状況は一変しました。
もちろんこの状況が収拾する事を願っています。しかし、現実的に新型コロナウィルスとの共存も視野に入れた運営を行う必要があると考えています。
どんな状況になってもアーティストがパフォーマンスを続けられる環境を作り、音楽ファンの皆様がライブを楽しんで頂く手段として、配信ライブはライブハウス運営の主軸となる可能性もあると思います。

【配信システムについて】
現在導入しておりますシステムといたしましては、高画質な一眼レフカメラ一台と配信用のハイスペックなパソコンです。


生でライブを見るのと全く同じにはなりませんが、配信のカメラを3台に増大し、音響ミキサーに入ってくる音とsomeno kyotoのスピーカーの音をブレンドすることにより、臨場感ある配信がお届けできます。

<追加で導入する設備>
・高画質な一眼レフカメラ2台
・アングル切り替え用のスイッチャー
・スピーカー音収音用コンデンサーマイク
・その他変換器や配線類

【高画質・高音質な配信が必要な理由】
音の専門店であるライブハウスとして、「ミュージシャンのパフォーマンスを100%伝えたい。」という思いでsomeno kyotoの音響システムを設計しております。それは配信ライブとなっても同じです。
アーティストがsomeno kyotoまで出向きパフォーマンスをする以上、本来持っているアーティストの実力を100%に近い状態でお届けしたいと思っております。

そして音楽ファンの皆様にもアーティストの息づかいや表情一つまで、余すところなく感じていただきたいです。そのためには一切妥協することなくシステムの構築に臨みます。


◆「参加アーティストへの制作費(ギャランティー)の増額」について

今回のクラウドファンディングで大きな目的としておりました、「アーティストに対する制作費」の増額を図ります。
5月7日時点では、コンピレーションAとBの累計枚数が220枚です。
出来る限りご参加いただいたアーティスト様に制作費をお支払いしたく考えております。
そこで、コンピレーションアルバム累計500枚を目標に、ご支援終了まで宣伝してまいります。

もちろんどのリターンをご選択になられても、ご支援いただけるだけで本当に感謝いたしております。
今後音楽ファンの方がご支援いただける際は、是非コンピレーションアルバムの入ったリターンをご検討いただけますと幸いです。

◆ ライブ配信視聴券

皆様のご支援により導入した配信システムでの映像を是非ご覧いただきたく、新たに配信に関するリターンを追加いたしました。
・リターンリスト⓪【配信ライブ1回視聴券】
配信チケット代に関わらず、someno kyoto 主催の配信公演であればどの公演でも1回ご覧いただけます。

前記にございます【配信システムについて】 の掲載動画は1台のカメラで配信したものです。
最終的な設備といたしましては3台のカメラを使用しアングルも切り替わりますので、一層臨場感あるれる配信がお楽しみいただけます。


◆ someno kyotoクラウドファンディング限定コラボグッズ追加!

新たに4組のアーティストとのコラボグッズが追加されました。

・コレサワ 激レア刺繍Tシャツ *限定10名
・齊藤ジョニー Wロゴアルミマウンテンボトル
・村山辰浩 Wロゴお弁当箱
・HONEBONE ワイヤレスチャージャー

※以降コラボグッズ追加の予定はございません。


ー以下プロジェクト公開時の本文となりますー


ご挨拶・プロジェクト内容

初めまして。京都のアコースティック専門ライブハウス 「 someno kyoto(ソメノキョウト)」の奥村と申します。

アコースティック音楽を素晴らしい環境で楽しんでいただけるよう、カフェの様な落ち着いた店内に L-Acoustics 社製の音響システムを導入し、ライブハウスとカフェのいいところをあわせ持った空間を目指し、本日まで営業してまいりました。

2017年9月に開催した竹原ピストル氏によるこけら落とし公演を皮切りに、数々のメジャーアーティストや、全国各地でご活躍されているインディーズアーティストにご出演いただいております。

音楽ナタリー様 someno kyoto OPEN記事

しかしながら、この度の新型コロナウィルスの影響により、3月以降の公演は大半を中止にせざるを得ませんでした。開催できた公演も、相次ぐ出演者のキャンセルにより、当初の予定通りに開催できた公演はほとんどありません。

お客様の安全を第一優先とした上で、アーティストがパフォーマンスできる環境は残したいと考え、以降すべての公演を「無観客配信ライブ」に変更しました。

取り急ぎ最小限の配信設備を導入し、配信ライブを開始しましたが、日に日に悪化する状況から、アーティスト自身の移動に伴う感染リスクがより高くなってきていると判断し、現在は配信ライブも含め全ての公演を中止しております。

この状況が数ヶ月続けば someno kyoto は閉店を余儀なくされます。

今日まで営業が続けてこられたのも、ご出演いただいてるアーティストの皆様、そして音楽ファンの皆様のお力添えあってのことと心より感謝しております。
このまま someno kyoto を潰してしまっては、オープン以来お世話になっているアーティストの皆様に、恩返しもできないままになってしまう。someno kyoto を好きでいてくださる音楽ファンの皆様に、もうこの空間を提供することができなくなってしまう。
それだけは絶対に避けたい。

しかし、前述のとおり営業を自粛し、自力で立て直すことが難しい状況です。
そのような理由から、皆様も大変な最中、誠に勝手なお願いではございますが、someno kyoto 存続を目的としたプロジェクトを開始させていただく決意をいたしました。

※someno kyotoにご出演のアーティストからも、沢山の応援のメッセージを頂戴しております。
本ページ内に掲載しておりますので、是非ご覧ください。

someno kyoto オフィシャルサイト


このプロジェクトで実現したいこと

●someno kyoto 営業継続

今まで営業を続けてきましたが、このような状況になることは全く想定できませんでした。
しかしそれ以前に、ライブハウスとしての役割をより深く考え、進化を続けていれば、この状況下でもここまで追い込まれる事はなかったのではないかと、仕事に対する意識の在り方を再認識する必要があると感じました。

またライブハウスに対する報道や様々な方のSNSによる発言を見て、ライブハウスがエンターテインメントを提供する場所として、まだ十分に認識されていない事も痛感させられました。

それもひとえに私たちの努力不足と真摯に受け止め、皆様のご支援により営業が継続出来た際には、より皆様に必要としていただける場所になるよう努めてまいります。

someno kyoto 2nd Anniversary Special 『Sing N' Play』
2019.9.11(WED)京都・someno kyoto
OTO(NEIGHBORS COMPLAIN)・Anly
撮影=森好弘
someno kyoto 2nd Anniversary Special『Sing N' Play』 レビュー掲載ページ


●someno kyoto からアーティストへ

このプロジェクトのリターンの中に、someno kyoto へご出演いただいているアーティストを集めた「コンピレーションアルバム」がございます。今回のご支援をきっかけに、今までご存じなかった素晴らしいアーティストの音楽をお聞きいただきたく、このようなリターンを考えました。

・リターンに「コンピレーションアルバム」を入れた大きな理由

ご出演いただいておりますアーティストから、多数のご心配の声が届きます。維持が難しいのはライブハウスだけではなく、アーティストの活動も同じなのに。それでもアーティストはライブハウスの力になりたいと申し出てくれます。しかし、たとえライブハウスが生き残れたとしても、そこに出演してくれるアーティストが活動できない状況になってしまっては何の意味もありません。

そういった理由から、コンピレーションアルバムにご参加いただいたアーティストに対し、少しでも活動支援になるよう、コンピレーションアルバムのご支援の一部は制作費としてお支払いいたします。

ご支援をいただける方は、是非コンピレーションアルバムのリターンを最優先にご検討いただけますと幸いです。

コンピレーションアルバムイメージ
(ジャケットはイメージとなります。)

●配信ライブによるアーティストのプロモーション拡大

スマートフォンなどのデバイス単体からの配信とは異なり、音響システムを通したサウンドと高画質な一眼カメラからの映像を合わせ、見ごたえあるライブ配信システムを構築する予定でした。営業自粛に伴いシステム自体はまだ完全な状態になっておりませんが、数日行ったテスト配信では、ご覧いただいたお客様より大変満足度の高い評価を多数いただき、ネットを使ったライブ配信の重要性を感じました。

しかし、このような配信システムを設備として持つライブハウスはまだまだ少なく、高画質で高音質な配信をするために専門の業者に依頼すると20万~30万円という費用がかかります。それでは配信という手段がどれだけ効果的であったとしても、アーティストの負担が大きく、実現が難しいのではないかと思います。

そこでこの配信システムが完成した際には、アーティストが金銭的リスクがなく配信システムを使用できるようにしたいと考えております。なお、本プロジェクトの目標金額は someno kyoto を維持するために最低限必要な金額で設定しております。ご支援の総額が目標金額を上回ることになれば、この配信システムを完成させ、ライブハウスでのパフォーマンスの新たな可能性につなげていこうと思います。


資金の使い道

・someno kyoto の維持費(賃料、人件費、諸経費)

・コンピレーションアルバム参加アーティストに対する制作費の支払い

・リターン用グッズの制作費や送料

・CAMPFIREの決済手数料


リターンについて

「someno kyoto」存続支援プロジェクトリターン早見表 ※各リターンにございます someno kyoto オリジナルのステッカー・Tシャツ・パーカー・コンピレーションアルバム・アーティストとのコラボグッズはすべて【クラウドファンディング限定】のものとなります。


【クラウドファンディング限定Tシャツについて】カラーバリエーションの違う計7パターンよりお選びください。サイズは S/M/L/XLとなります。


【クラウドファンディング限定パーカーについて】

カラーバリエーションの違う4色よりお選びください。サイズは S/M/L/XLとなります。


【コラボグッズについて】

※コラボグッズはグッズにより値段が変動します。詳しくはリターンをご確認ください。


【コンピレーションアルバムについて】

2種類のコンピレーションアルバムの売り上げの一部は、アーティストに制作費としてお支払いいたします。リターン選択の際は、是非コンピレーションアルバムを最優先にご検討いただけますと幸いです。

◆コンピレーションアルバムA【参加アーティスト】30組 ※2枚組を予定
asage/アマイワナ/オオタトモキ/大屋朱里/斧出拓也/OCEAN /河郷裕/神戸あかり/KENT/古寺優子/佐伯幸士朗/佐久間丈幸/真田嶺/鈴木友里絵/立石歩/チャー絆/辻内南季/ツダユウキ/共田尚樹/西尾泰我/ハグ林/ハス実/PONGEE/前田和亮/松本耕平/マツモトコウジ/実希/Misaki/吉田マロカズ/和製ケビン (敬称略・アイウエオ順)


コンピレーションアルバムB 【参加アーティスト】※2枚組を予定
アダチケンゴ/岩瀬敬吾(ex19)/金木和也/KEEWO/キクチリョウタ/こじまいづみ(花*花)/小林未奈/齊藤ジョニー(Goose house ) /島崎智子/高木芳基(ザ・マスミサイル )/竹森マサユキ(カラーボトル)/成山剛(sleepy.ab)/間慎太郎/花男/ヒトリルーム/HONEBONE/見田村千晴/ミドリカワ書房/村山辰浩(カサリンチュ)/山崎あおい/LOVE (敬称略・アイウエオ順)


※すでに発表済みの楽曲か書き下ろし楽曲かは、アーティストにより異なります。
※急遽、参加アーティストが変更になる可能性がございます。(追加や参加キャンセル等)ご了承願います。


アーティストからのメッセージ


アダチケンゴ様インディーズ歴が長くなってくると(インディーズ歴しかないです)色んなアーティストの方に「アコースティックでいい箱ってどこ?」と質問を頂く事が多いのですが、迷わず「somenoええで」と即答しています。
奥村さん、店長のゆーきゃん、スタッフさんの皆さんいつも温かく迎えてくれます。専門的な事で言うならスピーカー、電源、ケーブル類、ここまで音質に特化してチョイスしてる場所を僕は知りません。関西のアコ箱宝島を守りたい。

アダチケンゴ


岩瀬敬吾様(ex19)大好きなsomenoに力貸さない理由ないす。自分全力っすよ。 若い京都関西の小僧どもは僕より応援するす!

岩瀬敬吾


金木和也様諸葛亮の遺した言葉に、こんなものがあります。

“立派な人間の友情は
温かいからといって花を増やすこともなければ
寒いからといって葉を落とすこともない
どんな時でも衰えず
順境と逆境を経験して
いよいよ堅固なものになっていく”

ライブハウスとミュージシャンというのはほとんどの場合が仕事だけの関係ですが、ソメノに対しては友情めいたものも感じています。こんな時だからこそ協力し合い、逆境を順境に変えられればと思い、参加を決めさせていただきました。

金木和也


KEEWO様奥村くんと出会って もう17、18年ぐらいかな。
お互い支え 支えられ、ずっと歩いてきた気がします。
somenoが出来上がった時は 自分の事のように本当に嬉しかった。
今でも半分 自分の店って思ってるかも(笑)
大好きな音楽と大好きなスタッフと大好きな音楽仲間と そして それを応援して下さる お客様。

まだ見ぬ感動が この場所で これからも もっと生まれるはずです。

KEEWO


小林未奈様私、小林未奈は3月に上京しましたが、その前の10年間京都を拠点に活動してきました。音楽活動を始めて1年も経たない頃にsomeno kyotoオーナー奥村さんと出会い、ずーーーっと面倒を見て頂いておりました。(当時someno kyotoはまだないです!)
音楽をやめていないのは、奥村さんのおかげと言っても過言ではないです。

そんな奥村さんの「someno kyoto」。

初めてステージに立った時、こんなの作っちゃうなんて、やっぱり流石だな。
純粋にかっこいい。
と思いました。

迫力、開放感、音の質、楽屋の心遣い。
挙げだすときりがないですが、他にはない変態のこだわりです。笑

だからこそ、アーティストからもお客さんからも愛されるんだなぁ。と思います。
ライブハウス自体にファンがつくことってなかなかないんですよ。本当に。

それがあるんです。someno kyotoには。
今はもう奥村さんの「someno kyoto」ではなく、someno kyotoを愛し、関わる人全員の「someno kyoto」です。

本当に守りたいです。よろしくお願いします!!

小林未奈


齊藤ジョニー様(Goose house ) 自分のライブが終わった後に、SNSなどで感想を見るためによくエゴサをするのですが、、笑

「居心地のいい会場だった」

というコメントが書かれるライブハウスはそう多くなかったと記憶しています。

someno kyotoは、サウンドシステムはもちろんですが、リスナーの視点に立ったバリアフリーがちゃんと行き届いていて、初めてライブを見に来る方でも安心して楽しめる空間です。

こういうハコがあることは、これからの音楽シーンにとって本当に貴重なことだと思います。

この会場で、これからも音楽と人との新しい出会いが生まれ、広がって行くことを願って止みません。

齊藤ジョニー


坂口有望様someno kyotoはオープン当初、いやオープン前から大切な場所です。
まだオリジナルもなかった中学2年生の頃、奥村さんはわたしのデビューを確信していると言ってくれました。

そんな奥村さんの箱、someno kyotoは間違いなく、いつもわたしの背中を押してくれます。

どうか、これからも何度も帰って歌えますように。

坂口有望


島崎智子様someno kyotoは私にとって京都の根っこです。
ここで根気よくライブを続けさせて頂くことで、少しずつ少しずつ京都の皆さんに、存在を受け入れてもらっている最中です。
去年になってようやく芽吹いた感触で、ひとり二人、リピーターさんが生まれてきたところです。
音響、ステージ、楽屋、客席、ドリンクメニュー、全ての心地よさが揃っている場所です。

私はこれからもここで育ちたいです。

どうか、みなさん、このクラウドファンディングに参加して、成長を助けてください。
お願いします!

島崎智子

関取花様
ライブをするにもツテがない、そんな私を一番最初に関西に呼んでくれたのが、オーナーのおく村さんでした。(当時は違うライブハウスにいらっしゃいました)

ホテルに泊まるお金もない時、お家に泊めてくれたこともありました。奥さんがこれ帰り道で食べてねって手作りのお弁当を持たせてくれました。関西にも帰る場所ができた気がして嬉しくて、食べながら新幹線でちょっと泣きました。

そんなおく村さんがある時、
「いつか独立して京都にアコースティック専門の箱を作りたい」という夢を語ってくれました。
お店のロゴはこんな感じで、内装はこういうイメージ、音響は…と話す姿を見て、
大人ってこんなにキラキラした目をするんだ、と思いました。
そしてそれから数年経って、出演者とお客さんがもっともっと音楽を好きになれるようにと、あらゆるところにこだわりにこだわって作られたのが、今のsomeno kyotoです。

とにかく行けばわかります。どれだけ音楽愛、ライブハウス愛に溢れた空間なのか。
近い距離でのライブとなると、会場やスタッフさんの雰囲気でお客さんの最初の表情は全然変わります。
この場所に来ると、みんなが自然といい顔になるんです。初めましてでも受け入れてくれる、不思議な温かさがある。だからみんなが同じ温度でライブを楽しむことができるんです。

こんなライブハウス、他に見たことありません。なくなるなんて絶対に嫌です。

皆さんどうか力を貸してください。もちろん私もできる限りのことをします。
大好きなsomeno kyotoで、また歌いたいです。

関取 花


高木芳基様(ザ・マスミサイル)説明文が短編小説並みに長かったのであんまりちゃんと読んでないんだけど、20年来の付き合いの奥村さんがやぁやぁ言ってたので二つ返事でOKしたよ。
ちなみに奥村さんのLINEの名前は「ok」だよ。
これまた同期の花男も参加するってことで、なんかおもろい事できたらなって考えてるよ。

someno、終わっちゃねぇだろ。

高木芳基


竹森マサユキ様(カラーボトル)今回someno kyotoクラウドファンディングに参加させていただく事になりました「竹森マサユキ」です。カラーボトルというバンドのボーカルであり、今は仙台でシンガーソングライターをしております。

someno kyotoの音が、場所が、人が、大好きな一人として、私にも何か出来る事はないだろうかとずっと考えていました。

someno kyotoさんのtwitterをチェックしていて、日を増すごとに切迫していく事態の中、おく村さん始めsomenoのスタッフのみんな大丈夫かな、、と仙台から心配して過ごしていました。
終息したら必ずsomeno kyotoでライブをしたい!(ライブの後は四条河原町で飲み歩きたい。)
と、悶々としながらも、今は全てのライブやスケジュールが無くなってしまい、何も力になれない、世の中のお役に立てない自分に若干落ち気味の日々で自宅で過ごしていました。(正直にいうとね!)

そんな中、someno kyotoさんのクラウドファンディングについてご連絡をいただき、本当に嬉しい気持ちでした。(少しでもお役にたてる!)
京都とは場所も離れた、宮城県仙台で生活する私ですが、居ても立っても居られない気持ちでした。

皆さまに、someno kyotoさんへのご支援をお願いする前に、少しだけ自分語りをさせてください。

長年止まる事なく動いてきたカラーボトルが活動休止となり、これからしばらくは弾き語りのライブ等、ソロでの活動が中心なっていく事が決まった時、

現実問題、、

弾き語りのライブのブッキングとかどうやって決めていけばいいんだろう。
ツアーとかってどうやって組むんだろう。
音源もまだないのに?そもそも僕に需要ある?お客さん集まる?
一人でやってける?仙台から遠征とか出来る?厳しくない?

スーパーネガティブシンガーソングライターでした。(だってめっちゃ不安で怖かったんだもん)

そんな中、おく村さんから声をかけていただき、someno kyotoでライブをさせていただく事になりました。(ライブ出演のご連絡いただいた時めちゃくちゃ勇気もらった。)

スーツケース転がして飛行機と電車と地下鉄乗り継いでsomeno kyotoへ。
シンガーソングライターの皆様にとってそれは日常かもしれないけれど、僕にとっては特別な日でした。ギター背負って京都を歩いてるだけでドキドキした!

慣れない一人きりのステージでめちゃくちゃ緊張したんだけど、その時感じた中音(歌ってる時のステージ上のモニターからの返しの音)に凄く感動したんです。

今からめっちゃ恥ずかしい事言いますよ、

言いますね、

自分の歌声と表現に、自分が感動したんです。凄くいいじゃん俺!って。
この歌、ここで、この環境で、この音で聞いてもらえたらめっちゃよくね?

そう思えた事が自分にとっての財産であり、
ソロ活動をしていく上での自信をsomeno kyotoにいただきました。

え?お客さんの入りはどうでしたって?
いや、まあ、そうですね。それはね!これから本当頑張りたい!

精算の時、おく村さんにね、
「このメンツでこのライブの内容!いやぁ絶対満員になるって思ったんだけどな〜!なんでだろうなー」この言葉にもね、めっちゃ勇気もらったんですよ。覚えてますどころか、いつもよく思い出してます。

そう!だからこそsomeno kyotoでワンマンライブやりたいんですよ、必ず。
someno kyotoの満員の会場で歌うのが僕の次の目標です!

皆さん知ってました?

someno kyotoって、会場全体白壁に、ステージの後ろ黒カーテンだけなんですよ。
音の良さとアーティストパワーを信じてるライブハウスなんですよ。
機材も全部同じメーカーで揃えていたり、音へのこだわり方がえげつない。(実際、無観客配信ライブも、somenoさんの音が僕は一番好きでした。)

いや、ここめっちゃ音良いですね!ってライブ後おく村さんにお話しさせていただいた時
「でしょ!」
って返ってきたんですよ。これは気持ちよかったです。

皆さま、最後になりますが今回のクラウドファンディングご支援、宜しくお願いします。

信じてくれる人がいるって、めちゃくちゃ力になります。

竹森マサユキ


成山 剛 様(sleepy.ab)someno kyoto が好きです。

奥村さんの音に対する無邪気さが好きです。

音に集中させてくれる箱。

怖いくらいに試される。唯一ですね。

someno kyoto はまだ始まったばかり、続きがもっと見たいし、これからも北海道から通いつづけるんだ。

成山 剛(sleepy.ab)


間慎太郎様someno kyoto にはオープン当初からこれまで何度も出演させて頂き、その全てを鮮明に覚えております。
その中でも心に残っているのが、前回、いや前々回やったかな、いやもうひとつ前か!あっ、前回か!いや3回前か!違う違う、4回前か!!
あっ、鮮明に覚えてないこともありますが、本当に大切な場所です。奥村さんは僕にとって恩人なのです。
力の限り応援させて頂きます。

間慎太郎


花男様花男といいます。

ここを見てくれてるみなさんと同じく

“ someno “ を愛している1人です。

京都で歌い続けられているのは、somenoのおかげなんです。
長い文章を書いていたのですが、
書けば書くほど、言葉が足りなくなってしまいます。

もうずっとずっと前、ビールを買う金もない頃。

somenoの前身ライブハウスでビールをご馳走してくれた事もあった。
金がなくてホテルもとれない頃、家に泊めていただいた事もあった。
お客さんが入らない時も、信じてくれて(次いつにする?)と
背中を押し続けてくれた。

情けない事に、お世話になりっぱなしなんです。

「出演者を信じてくれる愛情と、お客さんに最善の居心地のよさを。」こんなにも届けてくれている会場は、なかなかありません。
みなさんどうか、someno支援にご協力よろしくお願いします。

とはいえ、まだ足を運んだ事のない方もいると思います。

でも、somenoとここに参加を決めた音楽家を信じてほしい。
CDはまちがいなく素晴らしい音源になると感じています。

野暮なこと書きますが、

今回どうしてもsomenoを続けるためにお金も必要です。
ストレートに書いてしまいますが、、どうか、、ご協力お願いします!

そして、somenoで必ず会いましょう!

この場所を愛しています。
奥村さん、続けようとしてくれて本当にありがとうございます。

結局長くなった!照れ臭さくなってきたので、もう終わりにします!


奥村さん、次のライブいつにします?

花男


ヒトリルーム様ライブが終わったらすぐ帰る僕ですが
someno kyotoでは気づけば0時過ぎてもずっーと話しをしてます

その時よく話している約束があるので
無くなると
音楽する意味が無くなります

出来る事は何でもします

ヒトリルーム


ヒグチアイ様someno kyotoのオーナー、奥村さんという人がわたしの友だちである。
友だち、と言ってしまえるほど、いろんな話をしていろんな話を聞いてもらっている。
わたしの立場が変わってもなにも変わらず誘ってくれる優しい人だ。

奥村さんが大切に作った場所がなくなってしまうとしたら、それはとてもとても悲しい。

好きな人が悲しむのは嫌だし、somenoにいる奥村さんにまた会いたい。

できることはなんでもしたい。
いつの日かまたsomenoで歌える日をたのしみにしています。

ヒグチアイ


HONEBONE様
someno kyoto は、我々に自信をくれる場所です、そして挑戦させてくれる箱です。
スタッフの皆さんとライブ後にご飯に行くなんて、今までの私たちじゃ考えられなかった。

でも、someno kyoto のスタッフの人の良さ、そこで出会う素晴らしいアーティストとの出会いで我々にも人のためになりたい!という気持ちを芽生えさせてもらった。

これから頑張っていくんだ!っていうライブハウスがなくなってしまったら、私たちはどこに歌いにいけばいいんだ?
世界が落ち着いた頃に、歌いにいく場所がないなんて、耐えられない。
なくなったら困ります。

できることは何でもします。絶対に無くしてはならない場所だ。

EMILY (HONEBONE/Vo)


someno kyoto はすごい。音がいい。場所がいい。人がいい。
ついでにいうと楽屋もいい(分煙されてる)。いいライブハウスに必要なものが全てあっていい。

だからなくなったら困る。

大切な出会いが沢山あった。すごい逸材に出会ったり、舎弟を見つけたり、打ち上げが苦手なHONEBONEが自分らからお誘いしてスタッフさんと打ち上げに行ったこともある。

だからなくなったら困る。

someno kyoto のためにではなく、ほぼ99%私利私欲で、HONEBONEはこのクラウドファンディングに参加しました。

なくなったら非常に困るのだ。だから力を貸してください。

KAWAGUCHI (HONEBONE/Gt)


見田村千晴様「縁もゆかりもない場所」が、時間をかけ、何度も訪れ、笑顔を交わしいつの間にか「馴染みの場所」へと変わっていく。
いろんな場所でライブをするなかで、私が好きな瞬間のひとつです。

someno kyotoは、まさにそんな場所です。

ワンマンで満員にして恩返しするってこっそり決めてるのに、失くなったら困る。

なので、応援よろしくお願いします。

見田村千晴


ミドリカワ書房様今年の最初の頃、someno さんにお邪魔した時は、まさか世界がこんな事になるなんて。つらい。
クラウドなんちゃらね。

よくわからんので今まで未経験だったのですが、someno さんですから。
つうか、僕は何もしておりません。

someno kyoto に遊びに行ける日が、どうか早く訪れますように。

ミドリカワ書房


村山辰浩様someno kyoto
あれ?今日めっちゃ歌よくね!?あれ?ギターいつもより上手くね!?
ソメノで歌うように、どこでも歌えたら、
どんなにいいだろう。

初めてライブさせてもらってから、
毎回そう思っています。

もちろん、スタッフさんの人柄も。
僕は、ソメノさんが好きなんです。
これまでも、これからも。

村山辰浩


山崎あおい様ライブハウスはお客さんの前で歌う場所、というのは勿論、音楽を愛する人たちを繋げるコミュニティとしての役割もあると思っています。

私たちミュージシャンは、そのようなコミュニティなしでは成立しないお仕事です。

someno kyoto でも、お客さんだけでなく、たくさんの素晴らしいミュージシャンや、スタッフの皆さんとの出会いがありました。

ライブハウスの在り方が変化していくであろうなか、someno が関西でその先陣を切っていけるよう応援したく、微力ながら協力させていただきます!

山崎あおい


LOVE様アーティストは楽器を持つだけでライブアーティストになれるかというとそうじゃない気がします。

ステージに立つとき、少し空気が変わる感じ、私が「LOVE」になる瞬間があってからライブが始まるあの感じ...someno kyoto にも確実な、「それ」があります。
照明、お客さんとの距離感、何より音響。私を歌える状態に持って行ってくれる「それ」。

私は野原でも歌えるし、商店街でも、なんならあなたのリビングででも、一番いい響き方を探して、力を入れたり抜いたりして歌えると思います。
でも、someno kyoto のステージは、私が探しに行かなくても、私の声や楽器の音を探し当てに来てくれる感じがするんです。

一人弾き語りアーティストの場合、本番が始まってしまえば、ある意味では自分自身しか頼る人がいないのがステージです。だから不安な音響だと本当にガッツが試され、いい音響だとものすごく自信をもらえてさらなる挑戦ができる。someno kyotoのステージは、後者です。

またライブでお会い出来る時を楽しみにしています。よろしく頼んます。

LOVE xx


実施スケジュール

①2020年5月30日
コンピレーションアルバム参加アーティスト・ジャケットデザイン・コラボグッズデザイン確定
※5/30までに確定された内容につきましてはその都度お知らせいたします。

②2020年6月26日
ご支援数確認後、商品発注

③2020年8月~
リターン商品発送
※2020年8月 以降で商品が出来上がり次第、someno kyoto より順次発送開始
※店頭受け取りをご希望のお客様は、商品完成のご連絡をさせていただきますので、それ以降のご来店時に受付にてお申し出ください。
(商品により納期が大幅に遅れる可能性がございますが、責任をもってお届けいたします。)


someno kyoto

〒604-8022
京都市中京区南車屋町280 キャニオンテラスビル3F
TEL 075-256-3399 | FAX 075-256-3390
MAIL info@someno.kyoto
HP https://www.someno.kyoto/


[最寄駅]
●阪急電鉄 京都線「河原町駅」より徒歩5分
●京阪電車 「祇園四条駅」「三条駅」より徒歩8分
●市バス 「四条河原町」より徒歩5分

 [京都駅よりお越しの方]
● 地下鉄烏丸線 国際会館行にご乗車いただき「四条駅」で下車。阪急電鉄京都線 「烏丸駅」にて 河原町行に乗り換え「河原町駅」で下車
● 京都駅から河原町駅までの所要時間:約20分

※someno kyotoに駐車場・駐輪場はございません。お車・バイク・自転車でお越しのお客様は近隣の駐車場・駐輪場をご利用ください。


最後に

この状況がいつまで続くかはわかりませんが、皆様からご支援を頂戴する以上、必ず営業を維持し皆様に楽しんでいただける進化するライブハウスを目指します。

併せてコンピレーションに関するご支援は、someno kyoto を通じ参加アーティストへ制作費としてお支払いいたしますので、アーティストへの支援もかねてご協力の程何卒よろしくお願いいたします。


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください